サッカー史目次

日本サッカー通史の試み

日本サッカー通史の試み① 日本のサッカーはいつ始まったのか
日本サッカー通史の試み② 東京高等師範学校とYokohama Cricket & Athletic Club
日本サッカー通史の試み③ 明治期におけるサッカー普及の限界
日本サッカー通史の試み④ 大正期におけるスポーツおよびサッカーの定着とその背景
日本サッカー通史の試み⑤ 大正期の学制とサッカー
日本サッカー通史の試み⑥ 大正期におけるサッカーの普及パターン
日本サッカー通史の試み⑦ 師範学校の雄、御影師範
日本サッカー通史の試み⑧ 極東選手権と日本
日本サッカー通史の試み⑨ 1917年第3回極東選手権東京大会におけるサッカー
日本サッカー通史の試み⑩ 東京蹴球団の創立と活動
日本サッカー通史の試み⑪ 日本最初のサッカーリーグ、英国大使銀杯争奪リーグ戦(仮称)
日本サッカー通史の試み⑫ 日本フートボール大会
日本サッカー通史の試み⑬ 中等学校大会の全国選手権化 全国中等学校蹴球大会 
日本サッカー通史の試み⑭ 大日本蹴球協会の創立(1)
日本サッカー通史の試み⑮ 大日本蹴球協会の創立(2)
日本サッカー通史の試み⑯ 大日本蹴球協会の創立(3)
日本サッカー通史の試み⑰ 初の代表アウェー戦
日本サッカー通史の試み⑱ 全国優勝競技会(現・天皇杯全日本サッカー選手権大会)の開催
日本サッカー通史の試み⑲ 高等教育へのサッカー普及
日本サッカー通史の試み⑳ チョー・ディンの登場と日本サッカーの高度化
日本サッカー通史の試み(21) 小学校へのサッカー普及
日本サッカー通史の試み(22) 極東選手権での敗退続くも代表チームには変化が
日本サッカー通史の試み(23) 東京高等師範学校(東京文理大学)主催全国中等学校蹴球大会と関東中等学校蹴球選手権大会
日本サッカー通史の試み(24) 極東選手権(代表戦)初勝利
日本サッカー通史の試み(25) 東西大学争覇戦
日本サッカー通史の試み(26) 協会理事選とFIFA加盟
日本サッカー通史の試み(27) 極東選手権初優勝
日本サッカー通史の試み(28) 第9回極東選手権対中華民国戦「引き分け」の経緯
日本サッカー通史の試み(29) 東西対抗戦
日本サッカー通史の試み(30) 最後の極東選手権(1) 代表チームの編成
日本サッカー通史の試み(31) 最後の極東選手権(2) 本大会の結果
日本サッカー通史の試み(32) 1932年のサッカー普及状況
日本サッカー通史の試み(33) ベルリンへ
日本サッカー通史の試み(34) オリンピック選手銓衡委員会
日本サッカー通史の試み(35) 代表候補選考に関西側不満爆発
日本サッカー通史の試み(36) オリンピック代表決定

サッカー関係図書の解題書誌

明治・大正・昭和戦前期
1964年(東京オリンピック)まで-再建の昭和20・30年代
1965年~1969年 - メキシコの栄光と観るスポーツとしてのサッカー
1970年~1974年 - W杯と世界のサッカー
1975年~1979年(1975年~1977年)
1975年~1979年(1978年~1979年)
1980~1984年 - 底辺の拡大とトップの停滞(1980年)
1980~1984年 - 底辺の拡大とトップの停滞(1981年)
1980~1984年 - 底辺の拡大とトップの停滞(1982年)
1980~1984年 - 底辺の拡大とトップの停滞(1983年)
1980~1984年 - 底辺の拡大とトップの停滞(1984年)
1985~1989年 - プロ化への胎動(1985年)
1985~1989年 - プロ化への胎動(1986年)
1985~1989年 - プロ化への胎動(1987年)
1985~1989年 - プロ化への胎動(1988年)
1985~1989年 - プロ化への胎動(1989年)

都道府県別サッカー部史、協会史 

雑誌記事索引・総目次


大日本蹴球協会『会報』目次 全文リンク付き

大日本蹴球協会機関誌『蹴球』総目次(no.1-v.9 no.4 1931.10-1941.4) 全文リンク付き
日本蹴球協会機関誌『Soccer』総目次(no.1-v.14 no.4 1948.8-1951.8) 全文リンク付き
日本蹴球協会機関誌『蹴球(第2次)』総目次(v.10 no.1-1958.1 1953.1-1958.1) 全文リンク付き
日本蹴球協会機関誌『サッカー』総目次(no.1-40 1959.1-1964.7)
日本蹴球協会機関誌『サッカー』総目次(no.41-80 1964-1968.4)
日本蹴球協会機関誌『サッカー』総目次(no.81-115 1968.5-1971.4)
日本蹴球協会機関誌『サッカー』総目次(no.116-130 1972.10-1974.4)
『蹴球評論』総目次
『Kick-Off』総目次
『体育と競技』収載サッカー関係記事索引
『アスレチックス』v1no0.1(1922.4)~v2. no.9(1923.9)収載サッカー関係記事索引

『野球界』v.9 1919~v.20 1930収載サッカー記事索引

牛木素吉郎氏の『サッカー・マガジン』コラムで辿る日本サッカー史(~1992) 全文リンク付き
『イレブン』掲載「川本泰三インタビュー」索引
『イレブン』掲載大谷四郎コラム索引
『イレブン』掲載賀川浩著「うちそとサッカー40年」索引
『イレブン』掲載新田純興著「サッカーの歴史」

ワールドカップ関係邦文文献目録

全文紹介

日本最初のサッカー紹介書
我が国最初の日本サッカー史記述 1908(明治41)年刊行の『フットボール』の「我が国のフットボール」
内野台嶺著『蹴球思ひ出話』全文紹介
新田純興「新帯国太郎先生が我が国サッカーの初期から尽された功績の一端」
新渡戸稲造談『野球と其害毒』
田中澄江「サッカーと私」『中央公論』82巻7号通号957号 1967年6月号 pp.307-308
戦前の女子サッカー関係資料
嘉納治五郎談「冬期の好運動 蹴球奨励の意義如何」『東京朝日新聞』1918年1月29日付
1918年2月17日に開催された新愛知新聞主催蹴球大会に関する新聞記事
チョウ・ディン関係資料集
最初の協会批判記事 ウィリヤム・フェーゲン「蹴球協会と台覧試合」
岡部平太のイングランド・リーグ、1924年パリ・オリンピックサッカー観戦記
河合勇「思い出のスポーツマン(4) 岡部平太さん」 
日本人と南米サッカーとの出合い 1924年パリ・オリンピックサッカー決勝ウルグアイ対スイス戦観戦記 竹内広三郎「ウルガイ蹴球チーム」 
原島好文著『ソッカー十年の思ひ出』全文紹介
前田純一「短命に泣く南甲子園運動場」『高校サッカー60年史』(全国高等学校体育連盟サッカー部 1983) p.47
大谷四郎「南甲子園の想い出」『高校サッカー60年史』(全国高等学校体育連盟サッカー部 1983) p.52
満州国の国技は“蹴球”-読売新聞記事より
工藤孝一「我国蹴球の起源」『国際写真新聞』(76) 1934.9 p.45
『蹴球』誌掲載ベルリン・オリンピック選考経過
竹内悌三著「欧州の蹴球」解説
『神戸一中蹴球史』(神中蹴球倶楽部,1937)の座談会(第1、2回)
『神戸一中蹴球史』(神中蹴球倶楽部,1937)の座談会(第3回)
鳩山一郎のサッカー観「最も理想的なシステム 蹴球」 
1931年の東京朝日新聞運動部 小高吉三郎「運動部の組織と活動」
舜堂 「財界人物誌 田辺製薬社長 田辺五兵衛氏」
三鬼陽之助「御曹子社長の放漫経営 田辺五兵衛・田辺製薬会長」
日本最初の蹴球文学 大和田建樹「フートボール」
北原白秋「少年進行曲 蹴球」
松永碵「幻のプロサッカー秘話」『イレブン』9(14) 1979.11 p.135
竹腰重丸のマジック・マジャール観戦記
戦後日本サッカー史のどん底、1958年第3回アジア競技大会東京大会 
クラマー氏来日直前の日本サッカー 3人の殿堂入りジャーナリストによるローマ・オリンピック1次予選韓国戦の総括と再建策 NEW!
牛木素吉郎「新時代を迎える日本サッカー」
日本サッカー・リーグ発足に関する新聞記事
1969年ラウスFIFA会長の女子サッカーへの言及 読売クラブのグラウンド開きと少年サッカー・スクール発足式に関する『報知新聞』『読売新聞』記事 NEW!

コラム

戦前の日本サッカー関係者が参考にした洋書
日本最初のサッカージャーナリスト、山田午郎
“サッカー”という用語考
ベルリン・オリンピック代表選考の舞台裏
ボトム・アップでレベル・アップした戦前の日本サッカー
日本サッカー協会のエンブレムと日名子実三
失われたスタジアムを求めて(未完)
日本におけるサッカーの伝来に関する一考察(未完)
ウォータールーの戦いはイートンの運動場で勝った 
日本最初のサッカー・リーグ、日本へのFAカップ寄贈、大日本蹴球協会の創立 
最初の日本代表の出身校
草創期の東京高等師範学校のサッカー 対YCAC戦と2冊の専門書
1930(昭和5)年第9回極東選手権大会対中華民国戦引分の経緯
大正期におけるサッカーの中学校への普及とその日本サッカーへの影響 
日本(NHK)と英国(BBC)のサッカー初放送 
野球、サッカー、ラグビーの対YC&AC戦 
明治45年(1912年)5月11日の東北ダービー
1984年当時の日本サッカーリーグ(JSL)1部社会人チームの創部の経緯 
戦前の小学生(学童)サッカーに関するメモ
アメリカ女子サッカー
東京オリンピック・トトカルチョ・プロサッカー 
1931年の日米野球と野球統制令 新聞社戦争としての野球統制令
中等学校に関する野球統制令 新聞社戦争としての野球統制令
野球統制令における小学生の対外試合
1940年幻の東京オリンピックに対する蹴球協会の強化策 NEW! 

データバンク

戦前におけるサッカーと野球の中等教育への普及度
世界大会・同予選における日本代表登録選手中の大学生・大学(サッカー部)OB比率 
東京高等師範学校1911(明治44)年卒業生の1921(大正10)年現在の就職先
全国中等学校蹴球大会の予選地区割り
東京蹴球団主催東京朝日新聞後援関東蹴球大会
東京高等師範学校(東京文理大学)主催全国中等学校蹴球大会はなぜ消滅したか
1932年当時のサッカー戦(社会人・高等教育)
1932年頃の各種中等蹴球大会 
関東少年蹴球大会(東京蹴球団主催 東京朝日新聞後援)の記録
豊島サッカー倶楽部主催全国少年蹴球大会に関する新聞記事 
FAからのカップ寄贈から大日本蹴球協会創立までの時系列的整理
体協加盟競技団体の設立年月日
『蹴球年鑑1932年』収載登録チーム一覧
東西大学争覇戦、東西対抗、朝日招待の記録
戦前の関東実業団サッカー 『朝日新聞』1941年4月18日付記事
JFA選出体協役員
文部省の対外試合に関する通達
東京オリンピックにおけるサッカーのテレビ放映
メキシコ・オリンピックにおけるサッカーのテレビ放映
第9回全国中等学校蹴球大会の予選(1925(大正14)年)参加校
全国都市対抗サッカー選手権大会の記録
1955~1964年の全日本選手権、全日本実業団選手権、全国都市対抗選手権の各決勝
『朝日新聞』記事の見出しで辿る東京オリンピック開催決定までの経緯
戦後プロ化までの日本代表国際公式大会戦における社会人・学生比
全日本実業団サッカー大会記録
戦後の東西大学王座決定戦
東西対抗戦 1932~1962年
大正期における大阪毎日新聞の成長とスポーツ・イベント
戦時下で明らかになった「正確な」新聞発行部数
新聞社に運動部ができたのは
戦前の関東実業団サッカー 『朝日新聞』1941年4月18日付記事
戦前の関東実業団蹴球大会(関東蹴球協会主催)結果
戦前の社会人(実業団・クラブ)リーグに関する新聞記事
戦前の関東実業団蹴球リーグ結果
戦前の関東倶楽部蹴球リーグ戦結果

以前の日誌

2001年3月~6月
2001年7月~8月
2001年9月~10月
2001年11月~2002年1月4日
2002年1月7日~2002年3月14日
2002年3月19日~2002年5月5日
2002年5月7日~2002年9月16日
2002年9月19日~2002年11月7日
2002年11月9日~2003年3月7日
2003年3月10日~2004年2月12日
2004年2月17日~2004年7月20日

|

旅行記目次

船旅復活! 北海道1泊2日 ② 帰路は鉄道で

船旅復活! 北海道1泊2日 ① 新日本海フェリー「あざれあ」乗船記

焼津1泊紀行

栗林公園と高知日曜市 ③ 帰路 

栗林公園と高知日曜市 ② 高知日曜市 

栗林公園と高知日曜市 ① 栗林公園 

ニュー「きたかみ」&津軽鉄道ストーブ列車 ③ 津軽鉄道ストーブ列車乗車記 
ニュー「きたかみ」&津軽鉄道ストーブ列車 ② 仙台から青森へ ニュー「きたかみ」&津軽鉄道ストーブ列車

① 太平洋フェリー「きたかみ」乗船記 
四国九州船中泊の旅 ③ 阪九フェリー「いずみ」乗船記 
四国九州船中泊の旅 ② 防予フェリー「しらきさん」乗船記 
四国九州船中泊の旅 ① オレンジフェリー「おれんじおおさか」乗船記 
東武特急リバティで会津へ 
新潟1泊2日  
仙台から伊勢へ ② 伊勢湾フェリー「知多丸」乗船記

仙台から伊勢へ ① 太平洋フェリー「きそ」乗船記(7回目) 
庄内紀行 ② 致道博物館と酒田で飲み 
庄内紀行 ① 鶴岡市立加茂水族館でクラゲを観る 
瀬戸内海フェリー紀行 ③ 両備フェリー「にゅうおりんぴあ」乗船記 
瀬戸内海フェリー紀行 ② 小豆島フェリー「第二しょうどしま丸」乗船記 
瀬戸内海フェリー紀行 ① オレンジフェリー「おれんじ えひめ」乗船記 
今年も北海道2泊3日 ④ 盛岡散策 
今年も北海道2泊3日 ③ シルバフェリー「シルバークィーン」乗船記 
今年も北海道2泊3日 ② 支笏湖遊覧船「サファイア」乗船記 
今年も北海道2泊3日 ① 新日本海フェリー「らべんだあ」乗船記 
銚子入梅いわし紀行  
瀬戸内海お好み焼き紀行 ⑤ 帰路 
瀬戸内海お好み焼き紀行 ④ 竹原散歩 
瀬戸内海お好み焼き紀行 ③ 石崎汽船「四万十川」乗船記 
瀬戸内海お好み焼き紀行 ② 宇和島運輸「あかつき丸」乗船記 
瀬戸内海お好み焼き紀行 ① フェリーさんふらわ「さんふらわあこばると」乗船記 
名古屋台湾ラーメン紀行 ③ 中央線で帰京 
名古屋台湾ラーメン紀行 ② 味仙で台湾ラーメン
名古屋台湾ラーメン紀行 ① 太平洋フェリー「きそ」乗船記(6回目) 
横川釜飯紀行 
宇都宮餃子紀行 
甲府ほうとう紀行 
東京湾フェリー「かなや丸」乗船記(5回目) 
18切符で磐越西線 
有明海フェリー紀行 ③ 阪九フェリー「いずみ」乗船記 
有明海フェリー紀行 ② 九商フェリー「フェリーあそ」乗船記 
有明海フェリー紀行 ① 有明フェリー「有明きぼう」乗船記 
新日本海フェリー「ゆうかり」(秋田→新潟)ヲタ乗船記 
北海道弾丸フェリー旅行記 ② 新日本海フェリー「あざれあ」乗船記 
北海道弾丸フェリー旅行記 ① 太平洋フェリー「きたかみ」乗船記 
18切符北関東甲信周遊紀行 
富山地方鉄道立山線乗車記 
箱根観光船「ビクトリー」「ロワイヤルⅡ」乗船記 
武田神社紀行 
下関・若松・宇多津紀行 ④ オーシャン東九フェリー「フェリーどうご」乗船記
下関・若松・宇多津紀行 ③ 防予フェリー「おれんじじゅぴたー」乗船記
下関・若松・宇多津紀行 ② 若戸渡船「第十八わかと丸」・関門汽船「がんりう」乗船記
下関・若松・宇多津紀行 ① 関門汽船「かんもん」乗船記 
取手市小堀の渡し「とりで」乗船記 
小田原散歩 
佐渡汽船「ときわ丸」乗船記(2回目) 
関東私鉄紀行 
会津若松十日市 
東京湾フェリー「かなや丸」乗船記(4回目) 
太平洋フェリー「きそ」乗船記(5回目) 
銚子紀行 ② 外川・銚子漁港篇 
銚子紀行 ① 犬吠埼篇 
壱岐・関門紀行 ⑤ ハンター坂と旧・ハンター邸 
壱岐・関門紀行 ④ 阪九フェリー「やまと」乗船記 
壱岐・関門紀行 ③ 関門汽船「しいがる」乗船記 
壱岐・関門紀行 ② 行程を変更して下関へ 
壱岐・関門紀行 ① 九州郵船「エメラルドからつ」乗船記 
とろろ汁と駿河湾フェリー ② 駿河湾フェリー「富士」乗船記 
とろろ汁と駿河湾フェリー ① 鞠子・丁子屋のとろろ汁 
野辺山・富士宮紀行 ② 富士宮  
野辺山・富士宮紀行 ① 野辺山  
東京湾フェリー「しらはま丸」乗船記(5回目) 
佐野でラーメン食べてきた 
笹子紀行 
2016年北海道往復フェリー旅行記 ③ 太平洋フェリー「きたかみ」乗船記 
2016年北海道往復フェリー旅行記 ② 北海道12時間滞在記 
2016年北海道往復フェリー旅行記 ① 新日本海フェリー「らいらっく」乗船記 
東海汽船「セブンアイランド虹」「橘丸」乗船記  
式根島日帰り紀行 ② 神新汽船「フェリーあざれあ」乗船記 
式根島日帰り紀行 ① 東海汽船「セブンアイランド愛」乗船記 
「フェリーびざん」に乗って眉山へ ⑥ オーシャン東九フェリー「フェリーびざん」乗船記(復路) 
「フェリーびざん」に乗って眉山へ ⑤ 眉山に登る 「フェリーびざん」に乗って眉山へ ④ 四国急行フェリー「第八十五玉高丸」乗船記  
「フェリーびざん」に乗って眉山へ ③ 小豆島豊島フェリー「フェリーてしま」乗船記  
「フェリーびざん」に乗って眉山へ ② 小豆島フェリー「スーパーマリン」乗船記 
「フェリーびざん」に乗って眉山へ ① オーシャン東九フェリー「フェリーびざん」乗船記 
諏訪で桜と鰻 
道後・広島・別府紀行 ⑤ 白峯神宮と京都の桜 
道後・広島・別府紀行 ④ フェリーさんふらわあ「さんふらわあこばると」乗船記 
道後・広島・別府紀行 ③ 大分交通「別府ゆけむり号」乗車記・周防灘フェリー「ニューくにさき」乗船記 
道後・広島・別府紀行 ② 石崎汽船「翔洋丸」・似島汽船「第十こふじ」乗船記 
道後・広島・別府紀行 ① 四国開発フェリー「おれんじ7」乗船記・道後で朝湯 
松阪リベンジ紀行 
JR四国バースデーきっぷ闘病旅行記 ④ 小豆島フェリー「第七しょうどしま丸」乗船記 
JR四国バースデーきっぷ闘病旅行記 ③ 高知→徳島 
JR四国バースデーきっぷ闘病旅行記 ② 壬生川→高知 
JR四国バースデーきっぷ闘病旅行記 ① 四国開発フェリー「おれんじ7」特別室乗船記 
東京湾フェリー「しらはま丸」乗船記(4回目) 
松島・松本紀行 ③ 松本で山賊焼き 
松島・松本紀行 ② 太平洋フェリー「きそ」乗船記(4回目) 
松島・松本紀行 ① 丸文松島汽船「あすか」乗船記 日本平紀行 
会津・新潟高速バス紀行 ② 信濃川ウォーターシャトル「アナスタシア」乗船記 
会津・新潟高速バス紀行 ① 会津若松へ 
高知・松山紀行 ⑤ 四国開発フェリー「おれんじ7」乗船記 
高知・松山紀行 ④ ごごしま「えひめ2」乗船記 
高知・松山紀行 ③ 高知港フェリー・ターミナル跡の現在 
高知・松山紀行 ② 高知県営渡船「龍馬」乗船記 
高知・松山紀行 ① サンライズ瀬戸乗車記 
岩城島・尾道・鞆の浦紀行 ③ 福山市営渡船「第二べんてん」乗船記 
岩城島・尾道・鞆の浦紀行 ② 芸予汽船「つばめ」乗船記(復路)・尾道渡船「にゅうしまなみ」乗船記 
岩城島・尾道・鞆の浦紀行  ① 芸予汽船「つばめ」乗船記 函館朝獲れイカは不発の記 ③ 太平洋フェリー「きたかみ」乗船記 函館朝獲れイカは不発の記 ② 函館散歩 
函館朝獲れイカは不発の記 ① 恵山温泉旅館宿泊記 
東京湾フェリー「かなや丸」乗船記(3回目) 
諏訪でうなぎ 岩手紀行 ③ 大沢温泉菊水館宿泊記 
岩手紀行 ② 三陸鉄道乗車記 
岩手紀行 ① みやこ浄土ヶ浜観光船(岩手県北交通)「第16陸中丸」乗船記 
新日本海フェリー寄港便フル乗船記 ④ むつ湾フェリー(下北汽船)「かもしか」乗船記 
新日本海フェリー寄港便フル乗船記 ③ 急行「はまなす」乗車記 
新日本海フェリー寄港便フル乗船記 ② 新日本海フェリー「フェリーしらかば」乗船記 
新日本海フェリー寄港便フル乗船記 ① 敦賀へ 
太平洋フェリー「きそ」乗船記(3回目) 
矢切の渡し「新矢切丸」乗船記 
磐梯熱海温泉紀行 
東京湾フェリー「しらはま丸」乗船記(3回目) 
小豆島・本島紀行 ③ 四国開発フェリー「おれんじ7」乗船記 
小豆島・本島紀行 ② 四国フェリー「スーパーマリン」・本島汽船「ほんじま丸」「ブルーオーシャン2」乗船記 
小豆島・本島紀行 ① 小豆島フェリー「第三おりいぶ丸」乗船記 
ハッピーバースデー九州切符の旅 ⑥ 阪九フェリー「いずみ」乗船記(復路) 
ハッピーバースデー九州切符の旅 ⑤ 「つばめ」「ゆふいんの森」「ソニック」乗車記  
ハッピーバースデー九州切符の旅 ④ 「九州横断特急」乗車記・熊本城訪問記 
ハッピーバースデー九州切符の旅 ③ 「はやとの風」「しんぺい」乗車記 
ハッピーバースデー九州切符の旅 ② 「きらめき」「さくら」乗車記・桜島フェリー「第十五櫻島丸」乗船記 
ハッピーバースデー九州切符の旅 ① 阪九フェリー「いずみ」乗船記 
東京湾フェリー「かなや丸」乗船記(2回目) 
18切符会津・越後旅行記 
佐渡汽船「ときわ丸」乗船記 
飯田線鈍行544M紀行 
長崎から船に乗って ④ 伊勢湾フェリー「知多丸」乗船記 
長崎から船に乗って ③ 福岡市営渡船「フラワーのこ」・阪九フェリー「つくし」乗船記 
長崎から船に乗って ② 九州商船「ぺがさす2」・野母商船「太古」乗船記 
長崎から船に乗って ① 長崎まで 
太平洋フェリー「いしかり」乗船記(2回目) 
五箇山・白川郷紀行 
徳島阿房バス・船 海部観光「マイフローラ」乗車記・オーシャン東九フェリー「おーしゃんのーす」乗船記 
東京湾フェリー「かなや丸」乗船記 
清水港水上バス(エスパルスドリームフェリー)「ケー・エス」「フェルケル」乗船記 
横須賀軍港めぐり「Sea friend Ⅴ」乗船記 
天橋立紀行 ③ 京都ダラダラ歩き 
天橋立紀行 ② 茶六本館宿泊記 
天橋立紀行 ① 丹後海陸交通「かもめ12号」「かもめ11号」乗船記 
現存12天守12天守目 丸岡城紀行 ④ 淡路ジェノバライン「まりーんふらわあ2」乗船記 
現存12天守12天守目 丸岡城紀行 ③ 丸岡城訪問記 現存12天守12天守目 丸岡城紀行 ② 新日本海フェリー「すずらん」乗船記 
現存12天守12天守目 丸岡城紀行 ① 津軽海峡フェリー「ブルーマーメイド」乗船記 
温泉津温泉紀行 ④ 現存12天守11天守目 備中松山城 
温泉津温泉紀行 ③ 松江堀川遊覧船「ほりかわ38」乗船記 
温泉津温泉紀行 ② 温泉津温泉「長命館」宿泊記 
温泉津温泉紀行 ① 阪九フェリー「やまと」乗船記 
浦賀渡船「愛宕丸」乗船記 
東京湾フェリー「しらはま丸」乗船記 ② 
卯之町紀行 ③ サンライズ瀬戸乗車記 
卯之町紀行 ② 松屋旅館宿泊記 
卯之町紀行 ① 四国開発フェリー「おれんじ7」乗船記 
越中宮崎でたら汁を食す 
諏訪湖ホテル宿泊記 2013年年末船旅 ⑤ 吉朝一門落語会と西宮戎 
2013年年末船旅 ④ 阪九フェリー「やまと」乗船記 
2013年年末船旅 ③ スオーナダフェリー「ニューくにさき」、若戸渡船「くき丸」乗船記 
2013年年末船旅 ② 防予汽船「おれんじじゅぴたー」乗船記 
2013年年末船旅 ① 四国開発フェリー「おれんじ8」乗船記  
仙台から高山へ ②高山で干支人形を買う
仙台から高山へ ①太平洋フェリー「きそ」乗船記 
富山1泊2日 
横浜クルージング「シーバス5」乗船記 
赤岩渡船(群馬県千代田町-埼玉県熊谷市)「新千代田丸」乗船記 
「カワセミ」日本橋川・神田川めぐり乗船記 
2013年秋北海道紀行 ③ 新日本海フェリー「ゆうかり」乗船記 
2013年秋北海道紀行 ② 小樽「民宿青塚食堂」宿泊記 2013年秋北海道紀行 ① 津軽海峡フェリー「ブルードルフィン」乗船記 
富士急マリンリゾート「イルドバカンス2世号」(伊東→初島→熱海)乗船記 
駿河湾フェリー「富士」乗船記
東京湾フェリー「しらはま丸」

乗船記 湯野上温泉再訪

「ジェットフォイルつくば号」(土浦→潮来)乗船記

太平洋フェリー「きそ」乗船記

湯ノ田温泉再訪 四国開発フェリー「おれんじ8」乗船記

宇和島運輸「さくら」乗船記

庄内温泉紀行 湯野上温泉と大内宿

竹生島と北陸路面電車 ④ 帰路は飛騨高山経由で
竹生島と北陸路面電車 ③ 万葉線乗車記・富山県営渡船「海竜」乗船記・富山地鉄市内線乗車記

竹生島と北陸路面電車 ② 福井鉄道乗車記

竹生島と北陸路面電車 ① 琵琶湖汽船「megumi」「RIO GRANDE」乗船記

津軽海峡秋景色 ② 津軽海峡フェリー「えさん2000」乗船記

津軽海峡秋景色 ① 新日本海フェリー「フェリーあざれあ」乗船記

伊豆大島日帰り紀行

18切符チープ旅越後編

18切符チープ旅会津編 太平洋フェリー「いしかり」乗船記

酸ヶ湯でプチ湯治②

酸ヶ湯でプチ湯治① 京都ブラブラ

阪九フェリー「フェリーすおう」乗船記

関門海峡周遊 別府温泉ホテル雄飛宿泊記

水の子島灯台を見に行く

雪見旅 酸ヶ湯でプチ湯治

三島紀行(4)

大三島紀行(3)

大三島紀行(2)

大三島紀行(1)

会津に行ってきました

佐渡紀行

富岡製糸場

またまた諏訪に

梅より鰻 水戸偕楽園雪中紀行

温泉と鰻 諏訪紀行 瀬戸内紀行

このたびの旅 高山と富山

このたびの船旅 「はくつる」、「きたかみ」、「らいらっく」

|

船旅復活!北海道1拍2日 ② 帰路は鉄道で 

Cimg3846_20190910193701

フェリーターミナルから南小樽駅まで徒歩の予定だったが、体が目覚めておらず、タクシーで(680円)。

Cimg3847_20190910193701

乗車券は身障者割引で半額です。

Cimg3848_20190910193701

5:42発は南小樽駅の始発。

Cimg3849_20190910193701

さすがにガラガラでした・

Cimg3850_20190910193801

Cimg3851_20190910193801

石狩湾の車窓が素晴らしい。

Cimg3852_20190910193801

ら札幌で6:53発スーパー北斗4号に乗り換え。JR北海道は車内販売を無くしたので、アイスクリームは食べられませんでした。

Cimg3862_20190910193801

Cimg3863_20190910193801

左側窓際席だったので、噴火湾が見えます。

Cimg3864_20190910193901

遠くに駒ヶ岳。

Cimg3865_20190910193901

Cimg3867_20190910193901

Cimg3868_20190910193901

だんだん近づく駒ヶ岳。

Cimg3869_20190910194101

Cimg3870_20190910194101

大沼。

Cimg3874_20190910194101

新函館北斗駅で、10:53発「はやぶさ18号」に乗り換え。

Cimg3875_20190910194101

Cimg3876_20190910194101

函館駅弁のランチ。身欠き鰊、カズノコ、帆立煮、イカ焼売など今回唯一の北海道の味覚。

台風の影響はまったくなく、定刻15:04東京着。

| | Comments (1)

船旅復活!北海道1拍2日 ① 新日本海フェリー「あざれあ」乗船記

Cimg3767

とうとう人工透析患者になってしまい、身体障害者になってしまった。週3回透析があるので、連続してフリーな日は週末の2日しかない。

Cimg3718_20190910073401

というわけで、1泊2日で北海道に行ってきた。東京発7:48 Maxとき305号で出発。

Cimg3721_20190910165501

魚沼産コシヒカリは豊作の模様。

Cimg3724_20190910165501

新潟駅着9:56。

7Cimg3725_20190910165601

新潟駅発10:37のバスは。

Cimg3728_20190910165601

フェリーターミナルに横付け。炎天下に末広橋バス停から歩かなくてすみます。

Cimg3729_20190910165601

乗船するフェリーは「あざれあ」。

Cimg3744_20190910165601

客室はデラックスツイン。JRは運賃に障害者割引(50% 特急券は対象外)が効いたのですが、1人乗船の障害者割引はツーリストクラスのみ。ステートやデラックスクラスは対象外でした。

Cimg3745_20190910165701

窓側から。

Cimg3746_20190910165701

プライベート・デッキ付き。左舷の船首近くでした。

Cimg3747_20190910165701

デスク。

Cimg3749_20190910165701

ソファ。

Cimg3750_20190910165701

冷蔵庫。中身は売店で買ったもの。

Cimg3751_20190910165801

バスタブは上げ底、幅狭。暖まるのは至難です。

Cimg3814_20190910165801

ロッカーに金庫がついてました。

Cimg3752_20190910165901

佐渡汽船の「ときわ丸」。

Cimg3753_20190910165901

Cimg3755_20190910165901

Cimg3756_20190910165901

信濃川を見ながら新潟駅弁のランチ。

Cimg3757_20190910170001

台風13号が日本海からそれたのですが、15号が急接近、帰路が心配です。

Cimg3758_20190910170001

新潟港の長い堤防の向こうに佐渡島が見えます。

Cimg3788_20190910170001

船首付近の部屋なので、廊下が長い!

Cimg3789_20190910170001

4F~6Fが吹き抜け。

Cimg3790_20190910170101

6F大浴場。

Cimg3791_20190910170101

6Fトレーニングルーム。

Cimg3792_20190910170101

5F売店。品数豊富です。

Cimg3793_20190910170201

プロムナード。

Cimg3794_20190910170301

5Fデッキのバーベキュー・コーナー。

Cimg3795_20190910170301

大煙突。

Cimg3796_20190910170301

航跡。

Cimg3797_20190910170301

5Fカフェ。

Cimg3799_20190910170401

5Fレストラン入口。

Cimg3800_20190910170401

船内イベント。船内コンサートやビンゴ大会など太平洋フェリーを凌ぐ内容となりました。

Cimg3801_20190910170401

4Fインフォメーション。

Cimg3803_20190910170401

4Fロビーでビンゴ大会前のパーサー・トーク。9.11以前は太平洋フェリーに「船長トーク」というイベントがありましたが、内容は同じで、船の大きさ、速度(ノットの定義)、燃料消費など。

Cimg3804_20190910170501

ビンゴ大会。

Cimg3805_20190910170501

終了直前にやっとテンパイ。

Cimg3806_20190910170501

5Fフォワードサロン。

Cimg3807_20190910170601

船首の眺望。

Cimg3813_20190910170601

かろうじて鳥海山が見えました。

Cimg3815_20190910170601

4Fロビーで、クラリネットとピアノのコンサート。

Cimg3816_20190910170701

売店でTシャツ(1800円)とクリアファイル(200円)をお買い上げ。

Cimg3822_20190910170701

レストランで夕食、しめて1800円。小樽名物ザンギ、シーザースサラダ温玉添え、茄子味噌。グラスビールでザンギをアテにし、残りをおかずにしました。

Cimg3824_20190910170701

窓際のカウンター席で日本海を眺めながら。

Cimg3821_20190910194001

Cimg3823_20190910170701

新日本海フェリー名物のサンセット。

Cimg3827_20190910170801

Cimg3828_20190910170801

BSで「孤独のグルメ」を。

Cimg3842_20190910170801

Cimg3844_20190910170901

Cimg3845_20190910170901

夜、いつのまにか寝入ってしまい、目覚めたのは入港4:30を過ぎた4:45。電話で起こされました。シャワーも浴びず、髭もそらずにあわてて下船。

 

| | Comments (0)

焼津1泊紀行

Cimg3686

品川駅の食堂で豚汁定食

 Cimg3687

静岡停車の「ひかり」で出発

 Cimg3688

静岡で途中下車、アイスコーヒーで一服

Cimg3690

東海道線で焼津駅下車。

Cimg3709

駅前のビジホにチェックイン後、近所の「にじいろ」さんへ

Cimg3697

まずは生ビール

Cimg3698

鯵の刺身

Cimg3699

クロムツの刺身

Cimg3700

静岡の地酒、藤枝の「志太泉」

由比の「正雪」もおかわり

Cimg3701

蛸とシラスのアヒージョ

Cimg3702

甘鯛の煮付

Cimg3708

おかかの焼きおにぎりでシメ

Cimg3710

泊まったビジホの全景

Cimg3711

1泊4800円のビジホだったが、椅子が立派

Cimg3712

ユニットバスだが、バスタブが大きく、ゆったりできた

朝食バイキングは写真撮り忘れw

 

| | Comments (0)

栗林公園と高知日曜市 ③ 帰路

Cimg3537

高知でもう1泊するつもりだったが、体調が思わしくなく、帰宅することにした。高知駅発9:13南風8号に乗車。

Cimg3538

土讃線は吉野川上流に沿っては知ります。

Cimg3539

大歩危駅。

Cimg3540

Cimg3541

Cimg3543

Cimg3544

Cimg3545

大歩危峡。

Cimg3556

琴平駅。

Cimg3557

琴平丸亀間のみ車販がありました。

Cimg3558

Cimg3559

Cimg3560

Cimg3561

Cimg3562

Cimg3563

Cimg3566

Cimg3567

瀬戸大橋。

Cimg3570

岡山駅で天ぷらうどん。

Cimg3571

岡山発12:16のぞみ22号で帰京。


| | Comments (0)

栗林公園と高知日曜市 ② 高知日曜市

Cimg3483

早朝に目覚めたが、気分が悪く、嘔吐した。ホテルから徒歩至近の県庁通りバス停で、7:14発始発の高知行き高速バスに乗車。

Cimg3484

幸い、3列シートの夜行仕様だったので、ぐっすり眠れた。

Cimg3496

9時過ぎに高知駅前到着。高知は雨だった。

Cimg3497

駅前のコンフォートホテルに荷物を預けて、徒歩で日曜市会場へ。

Cimg3498

名産の文旦。

Cimg3499

魚は干物類中心。

Cimg3500

特産の生姜。

Cimg3501

田舎寿司。

Cimg3502

徳谷トマトはおいしいが、メッチャ高い。

Cimg3504

寺田寅彦像。

Cimg3505

盆栽も。

Cimg3507

日曜市の終点は高知城。

Cimg3508

高知城歴史博物館2Fの「イストリア」という高知城の眺めの良いカフェで。

Cimg3510

高知は名古屋と並んで喫茶のモーニングが充実。550円で、スープ、バタートースト(ジャム付き)、ゆで卵、しゃきしゃき美味しいサラダ、フルーツ、薫り高いコーヒー、デザート(コーヒーゼリー)。高知に来たら是非オススメ。

Cimg3515

雨だったので、アーケードの商店街に。

Cimg3516

西原理恵子が中退した土佐女子中・高の書道部だそう。

Cimg3517

Cimg3518

ダンスと書道を合体したパフォーマンスでした。

Cimg3523

体調がすぐれず、飲みに行くのはやめて、チェックイン前に高知駅のカフェでカレーの夕食。

Cimg3524

Cimg3525

Cimg3526

ホテルは新しく、快適だった。

Cimg3528

コンフォートホテルの朝食バイキング。


| | Comments (0)

栗林公園と高知日曜市 ① 栗林公園

Cimg3425

しながわえきのカフェでモーニング。

Cimg3426

9:17発のぞみ15号に乗車。

Cimg3428

E席なので富士山が見えました。

Cimg3430

岡山駅12:42発マリンライナー31号に乗り換え。

Cimg3435

Cimg3436

Cimg3438

マリンライナーの普通車指定席は2階建て車両の1Fで眺望はよくありませんでした。

Cimg3442

終点高松で下車。

Cimg3443

琴電高松築港駅。

Cimg3444

駅のホームは高松城の濠に面しています。

Cimg3446

琴平行きに乗車。

Cimg3462

瓦町駅で下車。うどん一福まちなか店で。

Cimg3461

肉うどん。

Cimg3463

本日宿泊の高松シティホテルという名のビジホに荷物を預け、徒歩で栗林公園へ。

Cimg3464

「栗」林といいながら、松が見事です。

Cimg3465

大きな池が特徴です。

Cimg3466

人工滝。

Cimg3467

石組み。

Cimg3468

Cimg3469

回遊式庭園。

Cimg3470

Cimg3471

Cimg3472

紫雲山のすそ野にあって、借景になってます。

Cimg3473

舟遊びコースもあり。

Cimg3474

梅林。

Cimg3482

晩飯は「ふみや」というお好みy焼き屋で。

Cimg3481

牡蠣肉1100円なり。お好み焼き屋なのにビールはなし。


| | Comments (0)

ニュー「きたかみ」&津軽鉄道ストーブ列車 ③ 津軽鉄道ストーブ列車乗車記

Cimg3351

五所川原駅で下車。津軽鉄道五所川原駅へ。

Cimg3353

待合室にもストーブ。中国人(台湾人)だらけ。

Cimg3374

切符は硬券。下車時に回収されず、記念品として持ち帰れます。ストーブ列車乗車には、普通切符+ストーブ列車券(400円)が必要です。

Cimg3393

先頭は機関車(津軽中里で撮影)。

Cimg3360

観光客用のストーブ客車。

Cimg3359

地元客用の普通客車(ストーブ列車券不要)。

Cimg3389

最後尾になぜかラッセル車。

Cimg3364

津軽の風雪に耐えた廃車車両。

Cimg3361

ストーブです。乗客はストーブ撮影会。

Cimg3365

アテンダントが乗車していて、車内販売やストーブの世話、手書きのパンフを配布したりします。

Cimg3370

ストーブの上でスルメを焼いているので、車内はスルメ臭が充満してます。

Cimg3369

有名な五所川原農林高校が沿線にあります。

Cimg3375

ストーブ客車は観光客で満員でしたが。

Cimg3376

途中駅の一大観光地、斜陽館のある金木駅でほとんど下車してしまい、ストーブ席を独占できました。

Cimg3380

石炭ストーブです。

Cimg3381

車掌さんが石炭をくべているところ。

Cimg3384

ストーブ客車から機関車を撮影。

Cimg3390

終点の津軽中里まで乗りとおしたのは数名で、私以外は全員インバン客。

Cimg3391

スーパースター!

Cimg3396

復路はストーブ席で雪見酒。津軽の地酒「じょっぱり」の六花酒造(弘前市)製、辛口で酒飲み好み。

Cimg3385

津軽の地吹雪対策なのか、鉄道防風柵。

Cimg3397

道路にも防風柵がついてます。

Cimg3400

金木駅。

Cimg3403

五所川原から再び五能線に乗車。

Cimg3413

弘前駅で下車。

Cimg3405

イトーヨーカ堂の8Fにある、岩木山が見えるファミレスで。

Cimg3412

チェックイン前に夕食。

Cimg3415

Cimg3414

駅前のルートイン弘前にチェックイン。

Cimg3417

ルートインの無料朝食。

Cimg3420

部屋の窓から見た朝の弘前。雪が舞ってました。

Cimg3421

弘前駅から奥羽線普通列車に乗車。新青森から「はやぶさ14号」で帰京。


| | Comments (0)

ニュー「きたかみ」&津軽鉄道ストーブ列車 ② 仙台から青森へ

Cimg3311

仙台港フェリーターミナルからタクシーで多賀城駅へ。仙石線で仙台へ。

Cimg3316

Cimg3317

コンフォートホテル仙台駅西口にチェックイン。

Cimg3318

チェックインして風呂に入り、再び外に出るのは寒いので、駅弁を買って夕食に。

Cimg3319

政宗公御膳1200円はオカズが酒肴向けなので選択。

Cimg3324

コンフォートホテルの無料朝食。

Cimg3325

仙台駅発8:06「はやぶさ1号」に乗車、新青森駅へ。

Cimg3326

盛岡を過ぎたあたりで雪景色に。岩手山。

Cimg3330

八戸を過ぎると、八甲田山が見えました。

Cimg3331

新青森駅から奥羽線普通列車弘前行きに乗車。

Cimg3335

川部駅で五能線に乗り換え。

Cimg3337

冬のリンゴ畑。

Cimg3345

Cimg3350

岩木山の稜線がかろうじて見えました。

| | Comments (0)

«ニュー「きたかみ」&津軽鉄道ストーブ列車 ① 太平洋フェリー「きたかみ」乗船記