サッカー史目次

日本サッカー通史の試み

日本サッカー通史の試み① 日本のサッカーはいつ始まったのか
日本サッカー通史の試み② 東京高等師範学校とYokohama Cricket & Athletic Club
日本サッカー通史の試み③ 明治期におけるサッカー普及の限界
日本サッカー通史の試み④ 大正期におけるスポーツおよびサッカーの定着とその背景
日本サッカー通史の試み⑤ 大正期の学制とサッカー
日本サッカー通史の試み⑥ 大正期におけるサッカーの普及パターン
日本サッカー通史の試み⑦ 師範学校の雄、御影師範
日本サッカー通史の試み⑧ 極東選手権と日本
日本サッカー通史の試み⑨ 1917年第3回極東選手権東京大会におけるサッカー
日本サッカー通史の試み⑩ 東京蹴球団の創立と活動
日本サッカー通史の試み⑪ 日本最初のサッカーリーグ、英国大使銀杯争奪リーグ戦(仮称)
日本サッカー通史の試み⑫ 日本フートボール大会
日本サッカー通史の試み⑬ 中等学校大会の全国選手権化 全国中等学校蹴球大会 
日本サッカー通史の試み⑭ 大日本蹴球協会の創立(1)
日本サッカー通史の試み⑮ 大日本蹴球協会の創立(2)
日本サッカー通史の試み⑯ 大日本蹴球協会の創立(3)
日本サッカー通史の試み⑰ 初の代表アウェー戦
日本サッカー通史の試み⑱ 全国優勝競技会(現・天皇杯全日本サッカー選手権大会)の開催
日本サッカー通史の試み⑲ 高等教育へのサッカー普及
日本サッカー通史の試み⑳ チョー・ディンの登場と日本サッカーの高度化
日本サッカー通史の試み(21) 小学校へのサッカー普及
日本サッカー通史の試み(22) 極東選手権での敗退続くも代表チームには変化が
日本サッカー通史の試み(23) 東京高等師範学校(東京文理大学)主催全国中等学校蹴球大会と関東中等学校蹴球選手権大会
日本サッカー通史の試み(24) 極東選手権(代表戦)初勝利
日本サッカー通史の試み(25) 東西大学争覇戦
日本サッカー通史の試み(26) 協会理事選とFIFA加盟
日本サッカー通史の試み(27) 極東選手権初優勝
日本サッカー通史の試み(28) 第9回極東選手権対中華民国戦「引き分け」の経緯
日本サッカー通史の試み(29) 東西対抗戦
日本サッカー通史の試み(30) 最後の極東選手権(1) 代表チームの編成
日本サッカー通史の試み(31) 最後の極東選手権(2) 本大会の結果
日本サッカー通史の試み(32) 1932年のサッカー普及状況
日本サッカー通史の試み(33) ベルリンへ
日本サッカー通史の試み(34) オリンピック選手銓衡委員会
日本サッカー通史の試み(35) 代表候補選考に関西側不満爆発
日本サッカー通史の試み(36) オリンピック代表決定

サッカー関係図書の解題書誌

明治・大正・昭和戦前期
1964年(東京オリンピック)まで-再建の昭和20・30年代
1965年~1969年 - メキシコの栄光と観るスポーツとしてのサッカー
1970年~1974年 - W杯と世界のサッカー
1975年~1979年(1975年~1977年)
1975年~1979年(1978年~1979年)
1980~1984年 - 底辺の拡大とトップの停滞(1980年)
1980~1984年 - 底辺の拡大とトップの停滞(1981年)
1980~1984年 - 底辺の拡大とトップの停滞(1982年)
1980~1984年 - 底辺の拡大とトップの停滞(1983年)
1980~1984年 - 底辺の拡大とトップの停滞(1984年)
1985~1989年 - プロ化への胎動(1985年)
1985~1989年 - プロ化への胎動(1986年)
1985~1989年 - プロ化への胎動(1987年)
1985~1989年 - プロ化への胎動(1988年)
1985~1989年 - プロ化への胎動(1989年)

都道府県別サッカー部史、協会史 

雑誌記事索引・総目次


大日本蹴球協会『会報』目次 全文リンク付き

大日本蹴球協会機関誌『蹴球』総目次(no.1-v.9 no.4 1931.10-1941.4) 全文リンク付き
日本蹴球協会機関誌『Soccer』総目次(no.1-v.14 no.4 1948.8-1951.8) 全文リンク付き
日本蹴球協会機関誌『蹴球(第2次)』総目次(v.10 no.1-1958.1 1953.1-1958.1) 全文リンク付き
日本蹴球協会機関誌『サッカー』総目次(no.1-40 1959.1-1964.7)
日本蹴球協会機関誌『サッカー』総目次(no.41-80 1964-1968.4)
日本蹴球協会機関誌『サッカー』総目次(no.81-115 1968.5-1971.4)
日本蹴球協会機関誌『サッカー』総目次(no.116-130 1972.10-1974.4)
『蹴球評論』総目次
『Kick-Off』総目次
『体育と競技』収載サッカー関係記事索引
『アスレチックス』v1no0.1(1922.4)~v2. no.9(1923.9)収載サッカー関係記事索引

『野球界』v.9 1919~v.20 1930収載サッカー記事索引

牛木素吉郎氏の『サッカー・マガジン』コラムで辿る日本サッカー史(~1992) 全文リンク付き
『イレブン』掲載「川本泰三インタビュー」索引
『イレブン』掲載大谷四郎コラム索引
『イレブン』掲載賀川浩著「うちそとサッカー40年」索引
『イレブン』掲載新田純興著「サッカーの歴史」

ワールドカップ関係邦文文献目録

全文紹介

日本最初のサッカー紹介書
我が国最初の日本サッカー史記述 1908(明治41)年刊行の『フットボール』の「我が国のフットボール」
内野台嶺著『蹴球思ひ出話』全文紹介
新田純興「新帯国太郎先生が我が国サッカーの初期から尽された功績の一端」
新渡戸稲造談『野球と其害毒』
田中澄江「サッカーと私」『中央公論』82巻7号通号957号 1967年6月号 pp.307-308
戦前の女子サッカー関係資料
嘉納治五郎談「冬期の好運動 蹴球奨励の意義如何」『東京朝日新聞』1918年1月29日付
1918年2月17日に開催された新愛知新聞主催蹴球大会に関する新聞記事
チョウ・ディン関係資料集
最初の協会批判記事 ウィリヤム・フェーゲン「蹴球協会と台覧試合」
岡部平太のイングランド・リーグ、1924年パリ・オリンピックサッカー観戦記
河合勇「思い出のスポーツマン(4) 岡部平太さん」 
日本人と南米サッカーとの出合い 1924年パリ・オリンピックサッカー決勝ウルグアイ対スイス戦観戦記 竹内広三郎「ウルガイ蹴球チーム」 
原島好文著『ソッカー十年の思ひ出』全文紹介
前田純一「短命に泣く南甲子園運動場」『高校サッカー60年史』(全国高等学校体育連盟サッカー部 1983) p.47
大谷四郎「南甲子園の想い出」『高校サッカー60年史』(全国高等学校体育連盟サッカー部 1983) p.52
満州国の国技は“蹴球”-読売新聞記事より
工藤孝一「我国蹴球の起源」『国際写真新聞』(76) 1934.9 p.45
『蹴球』誌掲載ベルリン・オリンピック選考経過
竹内悌三著「欧州の蹴球」解説
『神戸一中蹴球史』(神中蹴球倶楽部,1937)の座談会(第1、2回)
『神戸一中蹴球史』(神中蹴球倶楽部,1937)の座談会(第3回)
鳩山一郎のサッカー観「最も理想的なシステム 蹴球」 
1931年の東京朝日新聞運動部 小高吉三郎「運動部の組織と活動」
舜堂 「財界人物誌 田辺製薬社長 田辺五兵衛氏」
三鬼陽之助「御曹子社長の放漫経営 田辺五兵衛・田辺製薬会長」
日本最初の蹴球文学 大和田建樹「フートボール」
北原白秋「少年進行曲 蹴球」
松永碵「幻のプロサッカー秘話」『イレブン』9(14) 1979.11 p.135
竹腰重丸のマジック・マジャール観戦記
戦後日本サッカー史のどん底、1958年第3回アジア競技大会東京大会 
クラマー氏来日直前の日本サッカー 3人の殿堂入りジャーナリストによるローマ・オリンピック1次予選韓国戦の総括と再建策 NEW!
牛木素吉郎「新時代を迎える日本サッカー」
日本サッカー・リーグ発足に関する新聞記事
1969年ラウスFIFA会長の女子サッカーへの言及 読売クラブのグラウンド開きと少年サッカー・スクール発足式に関する『報知新聞』『読売新聞』記事 NEW!

コラム

戦前の日本サッカー関係者が参考にした洋書
日本最初のサッカージャーナリスト、山田午郎
“サッカー”という用語考
ベルリン・オリンピック代表選考の舞台裏
ボトム・アップでレベル・アップした戦前の日本サッカー
日本サッカー協会のエンブレムと日名子実三
失われたスタジアムを求めて(未完)
日本におけるサッカーの伝来に関する一考察(未完)
ウォータールーの戦いはイートンの運動場で勝った 
日本最初のサッカー・リーグ、日本へのFAカップ寄贈、大日本蹴球協会の創立 
最初の日本代表の出身校
草創期の東京高等師範学校のサッカー 対YCAC戦と2冊の専門書
1930(昭和5)年第9回極東選手権大会対中華民国戦引分の経緯
大正期におけるサッカーの中学校への普及とその日本サッカーへの影響 
日本(NHK)と英国(BBC)のサッカー初放送 
野球、サッカー、ラグビーの対YC&AC戦 
明治45年(1912年)5月11日の東北ダービー
1984年当時の日本サッカーリーグ(JSL)1部社会人チームの創部の経緯 
戦前の小学生(学童)サッカーに関するメモ
アメリカ女子サッカー
東京オリンピック・トトカルチョ・プロサッカー 
1931年の日米野球と野球統制令 新聞社戦争としての野球統制令
中等学校に関する野球統制令 新聞社戦争としての野球統制令
野球統制令における小学生の対外試合
1940年幻の東京オリンピックに対する蹴球協会の強化策 NEW! 

データバンク

戦前におけるサッカーと野球の中等教育への普及度
世界大会・同予選における日本代表登録選手中の大学生・大学(サッカー部)OB比率 
東京高等師範学校1911(明治44)年卒業生の1921(大正10)年現在の就職先
全国中等学校蹴球大会の予選地区割り
東京蹴球団主催東京朝日新聞後援関東蹴球大会
東京高等師範学校(東京文理大学)主催全国中等学校蹴球大会はなぜ消滅したか
1932年当時のサッカー戦(社会人・高等教育)
1932年頃の各種中等蹴球大会 
関東少年蹴球大会(東京蹴球団主催 東京朝日新聞後援)の記録
豊島サッカー倶楽部主催全国少年蹴球大会に関する新聞記事 
FAからのカップ寄贈から大日本蹴球協会創立までの時系列的整理
体協加盟競技団体の設立年月日
『蹴球年鑑1932年』収載登録チーム一覧
東西大学争覇戦、東西対抗、朝日招待の記録
戦前の関東実業団サッカー 『朝日新聞』1941年4月18日付記事
JFA選出体協役員
文部省の対外試合に関する通達
東京オリンピックにおけるサッカーのテレビ放映
メキシコ・オリンピックにおけるサッカーのテレビ放映
第9回全国中等学校蹴球大会の予選(1925(大正14)年)参加校
全国都市対抗サッカー選手権大会の記録
1955~1964年の全日本選手権、全日本実業団選手権、全国都市対抗選手権の各決勝
『朝日新聞』記事の見出しで辿る東京オリンピック開催決定までの経緯
戦後プロ化までの日本代表国際公式大会戦における社会人・学生比
全日本実業団サッカー大会記録
戦後の東西大学王座決定戦
東西対抗戦 1932~1962年
大正期における大阪毎日新聞の成長とスポーツ・イベント
戦時下で明らかになった「正確な」新聞発行部数
新聞社に運動部ができたのは
戦前の関東実業団サッカー 『朝日新聞』1941年4月18日付記事
戦前の関東実業団蹴球大会(関東蹴球協会主催)結果
戦前の社会人(実業団・クラブ)リーグに関する新聞記事
戦前の関東実業団蹴球リーグ結果
戦前の関東倶楽部蹴球リーグ戦結果

以前の日誌

2001年3月~6月
2001年7月~8月
2001年9月~10月
2001年11月~2002年1月4日
2002年1月7日~2002年3月14日
2002年3月19日~2002年5月5日
2002年5月7日~2002年9月16日
2002年9月19日~2002年11月7日
2002年11月9日~2003年3月7日
2003年3月10日~2004年2月12日
2004年2月17日~2004年7月20日

|

旅行記目次

瀬戸内2泊3日 ④ 三原から帰京

瀬戸内2泊3日 ③ 弓場汽船「シーホーク」(三原→瀬戸田)乗船記・瀬戸内クルージング「シトラス(瀬戸田→尾道)乗船記」

瀬戸内2泊3日 ② 芸予汽船「つばめ」(今治→土生)乗船記・土生商船「しまなみ」(土生→三原)乗船記

瀬戸内2泊3日 ① オレンジフェリー「おれんじ おおさか」乗船記

三浦半島1泊2日

会津若松1泊2日

小豆島1泊2日 ② 小豆島フェリー「第七しょうどしま丸」乗船記。

小豆島1拍日 ① 小豆島フェリー「第三おりいぶ丸」乗船記

船旅復活! 北海道1泊2日 ② 帰路は鉄道で

船旅復活! 北海道1泊2日 ① 新日本海フェリー「あざれあ」乗船記

焼津1泊紀行

栗林公園と高知日曜市 ③ 帰路 

栗林公園と高知日曜市 ② 高知日曜市 

栗林公園と高知日曜市 ① 栗林公園 

ニュー「きたかみ」&津軽鉄道ストーブ列車 ③ 津軽鉄道ストーブ列車乗車記 
ニュー「きたかみ」&津軽鉄道ストーブ列車 ② 仙台から青森へ ニュー「きたかみ」&津軽鉄道ストーブ列車

① 太平洋フェリー「きたかみ」乗船記 
四国九州船中泊の旅 ③ 阪九フェリー「いずみ」乗船記 
四国九州船中泊の旅 ② 防予フェリー「しらきさん」乗船記 
四国九州船中泊の旅 ① オレンジフェリー「おれんじおおさか」乗船記 
東武特急リバティで会津へ 
新潟1泊2日  
仙台から伊勢へ ② 伊勢湾フェリー「知多丸」乗船記

仙台から伊勢へ ① 太平洋フェリー「きそ」乗船記(7回目) 
庄内紀行 ② 致道博物館と酒田で飲み 
庄内紀行 ① 鶴岡市立加茂水族館でクラゲを観る 
瀬戸内海フェリー紀行 ③ 両備フェリー「にゅうおりんぴあ」乗船記 
瀬戸内海フェリー紀行 ② 小豆島フェリー「第二しょうどしま丸」乗船記 
瀬戸内海フェリー紀行 ① オレンジフェリー「おれんじ えひめ」乗船記 
今年も北海道2泊3日 ④ 盛岡散策 
今年も北海道2泊3日 ③ シルバフェリー「シルバークィーン」乗船記 
今年も北海道2泊3日 ② 支笏湖遊覧船「サファイア」乗船記 
今年も北海道2泊3日 ① 新日本海フェリー「らべんだあ」乗船記 
銚子入梅いわし紀行  
瀬戸内海お好み焼き紀行 ⑤ 帰路 
瀬戸内海お好み焼き紀行 ④ 竹原散歩 
瀬戸内海お好み焼き紀行 ③ 石崎汽船「四万十川」乗船記 
瀬戸内海お好み焼き紀行 ② 宇和島運輸「あかつき丸」乗船記 
瀬戸内海お好み焼き紀行 ① フェリーさんふらわ「さんふらわあこばると」乗船記 
名古屋台湾ラーメン紀行 ③ 中央線で帰京 
名古屋台湾ラーメン紀行 ② 味仙で台湾ラーメン
名古屋台湾ラーメン紀行 ① 太平洋フェリー「きそ」乗船記(6回目) 
横川釜飯紀行 
宇都宮餃子紀行 
甲府ほうとう紀行 
東京湾フェリー「かなや丸」乗船記(5回目) 
18切符で磐越西線 
有明海フェリー紀行 ③ 阪九フェリー「いずみ」乗船記 
有明海フェリー紀行 ② 九商フェリー「フェリーあそ」乗船記 
有明海フェリー紀行 ① 有明フェリー「有明きぼう」乗船記 
新日本海フェリー「ゆうかり」(秋田→新潟)ヲタ乗船記 
北海道弾丸フェリー旅行記 ② 新日本海フェリー「あざれあ」乗船記 
北海道弾丸フェリー旅行記 ① 太平洋フェリー「きたかみ」乗船記 
18切符北関東甲信周遊紀行 
富山地方鉄道立山線乗車記 
箱根観光船「ビクトリー」「ロワイヤルⅡ」乗船記 
武田神社紀行 
下関・若松・宇多津紀行 ④ オーシャン東九フェリー「フェリーどうご」乗船記
下関・若松・宇多津紀行 ③ 防予フェリー「おれんじじゅぴたー」乗船記
下関・若松・宇多津紀行 ② 若戸渡船「第十八わかと丸」・関門汽船「がんりう」乗船記
下関・若松・宇多津紀行 ① 関門汽船「かんもん」乗船記 
取手市小堀の渡し「とりで」乗船記 
小田原散歩 
佐渡汽船「ときわ丸」乗船記(2回目) 
関東私鉄紀行 
会津若松十日市 
東京湾フェリー「かなや丸」乗船記(4回目) 
太平洋フェリー「きそ」乗船記(5回目) 
銚子紀行 ② 外川・銚子漁港篇 
銚子紀行 ① 犬吠埼篇 
壱岐・関門紀行 ⑤ ハンター坂と旧・ハンター邸 
壱岐・関門紀行 ④ 阪九フェリー「やまと」乗船記 
壱岐・関門紀行 ③ 関門汽船「しいがる」乗船記 
壱岐・関門紀行 ② 行程を変更して下関へ 
壱岐・関門紀行 ① 九州郵船「エメラルドからつ」乗船記 
とろろ汁と駿河湾フェリー ② 駿河湾フェリー「富士」乗船記 
とろろ汁と駿河湾フェリー ① 鞠子・丁子屋のとろろ汁 
野辺山・富士宮紀行 ② 富士宮  
野辺山・富士宮紀行 ① 野辺山  
東京湾フェリー「しらはま丸」乗船記(5回目) 
佐野でラーメン食べてきた 
笹子紀行 
2016年北海道往復フェリー旅行記 ③ 太平洋フェリー「きたかみ」乗船記 
2016年北海道往復フェリー旅行記 ② 北海道12時間滞在記 
2016年北海道往復フェリー旅行記 ① 新日本海フェリー「らいらっく」乗船記 
東海汽船「セブンアイランド虹」「橘丸」乗船記  
式根島日帰り紀行 ② 神新汽船「フェリーあざれあ」乗船記 
式根島日帰り紀行 ① 東海汽船「セブンアイランド愛」乗船記 
「フェリーびざん」に乗って眉山へ ⑥ オーシャン東九フェリー「フェリーびざん」乗船記(復路) 
「フェリーびざん」に乗って眉山へ ⑤ 眉山に登る 「フェリーびざん」に乗って眉山へ ④ 四国急行フェリー「第八十五玉高丸」乗船記  
「フェリーびざん」に乗って眉山へ ③ 小豆島豊島フェリー「フェリーてしま」乗船記  
「フェリーびざん」に乗って眉山へ ② 小豆島フェリー「スーパーマリン」乗船記 
「フェリーびざん」に乗って眉山へ ① オーシャン東九フェリー「フェリーびざん」乗船記 
諏訪で桜と鰻 
道後・広島・別府紀行 ⑤ 白峯神宮と京都の桜 
道後・広島・別府紀行 ④ フェリーさんふらわあ「さんふらわあこばると」乗船記 
道後・広島・別府紀行 ③ 大分交通「別府ゆけむり号」乗車記・周防灘フェリー「ニューくにさき」乗船記 
道後・広島・別府紀行 ② 石崎汽船「翔洋丸」・似島汽船「第十こふじ」乗船記 
道後・広島・別府紀行 ① 四国開発フェリー「おれんじ7」乗船記・道後で朝湯 
松阪リベンジ紀行 
JR四国バースデーきっぷ闘病旅行記 ④ 小豆島フェリー「第七しょうどしま丸」乗船記 
JR四国バースデーきっぷ闘病旅行記 ③ 高知→徳島 
JR四国バースデーきっぷ闘病旅行記 ② 壬生川→高知 
JR四国バースデーきっぷ闘病旅行記 ① 四国開発フェリー「おれんじ7」特別室乗船記 
東京湾フェリー「しらはま丸」乗船記(4回目) 
松島・松本紀行 ③ 松本で山賊焼き 
松島・松本紀行 ② 太平洋フェリー「きそ」乗船記(4回目) 
松島・松本紀行 ① 丸文松島汽船「あすか」乗船記 日本平紀行 
会津・新潟高速バス紀行 ② 信濃川ウォーターシャトル「アナスタシア」乗船記 
会津・新潟高速バス紀行 ① 会津若松へ 
高知・松山紀行 ⑤ 四国開発フェリー「おれんじ7」乗船記 
高知・松山紀行 ④ ごごしま「えひめ2」乗船記 
高知・松山紀行 ③ 高知港フェリー・ターミナル跡の現在 
高知・松山紀行 ② 高知県営渡船「龍馬」乗船記 
高知・松山紀行 ① サンライズ瀬戸乗車記 
岩城島・尾道・鞆の浦紀行 ③ 福山市営渡船「第二べんてん」乗船記 
岩城島・尾道・鞆の浦紀行 ② 芸予汽船「つばめ」乗船記(復路)・尾道渡船「にゅうしまなみ」乗船記 
岩城島・尾道・鞆の浦紀行  ① 芸予汽船「つばめ」乗船記 函館朝獲れイカは不発の記 ③ 太平洋フェリー「きたかみ」乗船記 函館朝獲れイカは不発の記 ② 函館散歩 
函館朝獲れイカは不発の記 ① 恵山温泉旅館宿泊記 
東京湾フェリー「かなや丸」乗船記(3回目) 
諏訪でうなぎ 岩手紀行 ③ 大沢温泉菊水館宿泊記 
岩手紀行 ② 三陸鉄道乗車記 
岩手紀行 ① みやこ浄土ヶ浜観光船(岩手県北交通)「第16陸中丸」乗船記 
新日本海フェリー寄港便フル乗船記 ④ むつ湾フェリー(下北汽船)「かもしか」乗船記 
新日本海フェリー寄港便フル乗船記 ③ 急行「はまなす」乗車記 
新日本海フェリー寄港便フル乗船記 ② 新日本海フェリー「フェリーしらかば」乗船記 
新日本海フェリー寄港便フル乗船記 ① 敦賀へ 
太平洋フェリー「きそ」乗船記(3回目) 
矢切の渡し「新矢切丸」乗船記 
磐梯熱海温泉紀行 
東京湾フェリー「しらはま丸」乗船記(3回目) 
小豆島・本島紀行 ③ 四国開発フェリー「おれんじ7」乗船記 
小豆島・本島紀行 ② 四国フェリー「スーパーマリン」・本島汽船「ほんじま丸」「ブルーオーシャン2」乗船記 
小豆島・本島紀行 ① 小豆島フェリー「第三おりいぶ丸」乗船記 
ハッピーバースデー九州切符の旅 ⑥ 阪九フェリー「いずみ」乗船記(復路) 
ハッピーバースデー九州切符の旅 ⑤ 「つばめ」「ゆふいんの森」「ソニック」乗車記  
ハッピーバースデー九州切符の旅 ④ 「九州横断特急」乗車記・熊本城訪問記 
ハッピーバースデー九州切符の旅 ③ 「はやとの風」「しんぺい」乗車記 
ハッピーバースデー九州切符の旅 ② 「きらめき」「さくら」乗車記・桜島フェリー「第十五櫻島丸」乗船記 
ハッピーバースデー九州切符の旅 ① 阪九フェリー「いずみ」乗船記 
東京湾フェリー「かなや丸」乗船記(2回目) 
18切符会津・越後旅行記 
佐渡汽船「ときわ丸」乗船記 
飯田線鈍行544M紀行 
長崎から船に乗って ④ 伊勢湾フェリー「知多丸」乗船記 
長崎から船に乗って ③ 福岡市営渡船「フラワーのこ」・阪九フェリー「つくし」乗船記 
長崎から船に乗って ② 九州商船「ぺがさす2」・野母商船「太古」乗船記 
長崎から船に乗って ① 長崎まで 
太平洋フェリー「いしかり」乗船記(2回目) 
五箇山・白川郷紀行 
徳島阿房バス・船 海部観光「マイフローラ」乗車記・オーシャン東九フェリー「おーしゃんのーす」乗船記 
東京湾フェリー「かなや丸」乗船記 
清水港水上バス(エスパルスドリームフェリー)「ケー・エス」「フェルケル」乗船記 
横須賀軍港めぐり「Sea friend Ⅴ」乗船記 
天橋立紀行 ③ 京都ダラダラ歩き 
天橋立紀行 ② 茶六本館宿泊記 
天橋立紀行 ① 丹後海陸交通「かもめ12号」「かもめ11号」乗船記 
現存12天守12天守目 丸岡城紀行 ④ 淡路ジェノバライン「まりーんふらわあ2」乗船記 
現存12天守12天守目 丸岡城紀行 ③ 丸岡城訪問記 現存12天守12天守目 丸岡城紀行 ② 新日本海フェリー「すずらん」乗船記 
現存12天守12天守目 丸岡城紀行 ① 津軽海峡フェリー「ブルーマーメイド」乗船記 
温泉津温泉紀行 ④ 現存12天守11天守目 備中松山城 
温泉津温泉紀行 ③ 松江堀川遊覧船「ほりかわ38」乗船記 
温泉津温泉紀行 ② 温泉津温泉「長命館」宿泊記 
温泉津温泉紀行 ① 阪九フェリー「やまと」乗船記 
浦賀渡船「愛宕丸」乗船記 
東京湾フェリー「しらはま丸」乗船記 ② 
卯之町紀行 ③ サンライズ瀬戸乗車記 
卯之町紀行 ② 松屋旅館宿泊記 
卯之町紀行 ① 四国開発フェリー「おれんじ7」乗船記 
越中宮崎でたら汁を食す 
諏訪湖ホテル宿泊記 2013年年末船旅 ⑤ 吉朝一門落語会と西宮戎 
2013年年末船旅 ④ 阪九フェリー「やまと」乗船記 
2013年年末船旅 ③ スオーナダフェリー「ニューくにさき」、若戸渡船「くき丸」乗船記 
2013年年末船旅 ② 防予汽船「おれんじじゅぴたー」乗船記 
2013年年末船旅 ① 四国開発フェリー「おれんじ8」乗船記  
仙台から高山へ ②高山で干支人形を買う
仙台から高山へ ①太平洋フェリー「きそ」乗船記 
富山1泊2日 
横浜クルージング「シーバス5」乗船記 
赤岩渡船(群馬県千代田町-埼玉県熊谷市)「新千代田丸」乗船記 
「カワセミ」日本橋川・神田川めぐり乗船記 
2013年秋北海道紀行 ③ 新日本海フェリー「ゆうかり」乗船記 
2013年秋北海道紀行 ② 小樽「民宿青塚食堂」宿泊記 2013年秋北海道紀行 ① 津軽海峡フェリー「ブルードルフィン」乗船記 
富士急マリンリゾート「イルドバカンス2世号」(伊東→初島→熱海)乗船記 
駿河湾フェリー「富士」乗船記
東京湾フェリー「しらはま丸」

乗船記 湯野上温泉再訪

「ジェットフォイルつくば号」(土浦→潮来)乗船記

太平洋フェリー「きそ」乗船記

湯ノ田温泉再訪 四国開発フェリー「おれんじ8」乗船記

宇和島運輸「さくら」乗船記

庄内温泉紀行 湯野上温泉と大内宿

竹生島と北陸路面電車 ④ 帰路は飛騨高山経由で
竹生島と北陸路面電車 ③ 万葉線乗車記・富山県営渡船「海竜」乗船記・富山地鉄市内線乗車記

竹生島と北陸路面電車 ② 福井鉄道乗車記

竹生島と北陸路面電車 ① 琵琶湖汽船「megumi」「RIO GRANDE」乗船記

津軽海峡秋景色 ② 津軽海峡フェリー「えさん2000」乗船記

津軽海峡秋景色 ① 新日本海フェリー「フェリーあざれあ」乗船記

伊豆大島日帰り紀行

18切符チープ旅越後編

18切符チープ旅会津編 太平洋フェリー「いしかり」乗船記

酸ヶ湯でプチ湯治②

酸ヶ湯でプチ湯治① 京都ブラブラ

阪九フェリー「フェリーすおう」乗船記

関門海峡周遊 別府温泉ホテル雄飛宿泊記

水の子島灯台を見に行く

雪見旅 酸ヶ湯でプチ湯治

三島紀行(4)

大三島紀行(3)

大三島紀行(2)

大三島紀行(1)

会津に行ってきました

佐渡紀行

富岡製糸場

またまた諏訪に

梅より鰻 水戸偕楽園雪中紀行

温泉と鰻 諏訪紀行 瀬戸内紀行

このたびの旅 高山と富山

このたびの船旅 「はくつる」、「きたかみ」、「らいらっく」

|

瀬戸内2泊3日 ④ 三原から帰京

Cimg4324

本日宿泊するセンターホテル三原。

Cimg4325

Cimg4326

Cimg4327

室内。

Cimg4328

海に面しています。

Cimg4343

駅前通りにある寿司割烹かわ蝶。

Cimg4336

生ビールと突出し。

Cimg4337

生タコ刺身。

Cimg4339

三原の地酒酔心。

Cimg4341

具だくさんだった大きな卵とじ。

Cimg4342

地魚にぎり盛り合わせ。

Cimg4340

店内にあった三原城の古地図。城が海に浮かんでた感じ。

Cimg4345

センターホテルの朝食バイキング。

Cimg4348

三原はタコの町。

Cimg4349

JR三原駅から。

Cimg4351

在来線で福山へ。

Cimg4353

三原駅から「のぞみ」に乗車。

Cimg4356

Cimg4357

ランチは浜吉のあなご飯。

| | Comments (0)

瀬戸内2泊3日 ③ 弓場汽船「シーホーク」(三原→瀬戸田)乗船記・瀬戸内クルージング「シトラス」(瀬戸田→尾道)乗船記

Cimg4273_20191207150001

三原港で生口島の瀬戸田行き高速船「シーホーク」に乗船。

Cimg4274

デッキもあります。

Cimg4275

航路。

Cimg4276

昭和の船でした。

Cimg4289

三原を出航。

Cimg4290

瀬戸田到着。

Cimg4291

瀬戸田の町並み。

Cimg4292

「西日光」耕三寺。入山料1400円なので入らず。

Cimg4294

耕三寺のそばにあった「万作」でランチ。

Cimg4293

メニューにあったあなご重を注文したが、あなごの入荷がないとのことで、タコ飯定食。タコ飯、タコの塩辛、タコの酢の物。

Cimg4295

平山郁夫美術館。入場料920円のところ、身障者割引で410円に。

Cimg4296

写真撮影可。

Cimg4297

瀬戸田と言えばレモン。

Cimg4298

生口島と大三島を結ぶ多々羅大橋。

Cimg4299

瀬戸田から尾道行き「シトラス」に乗船。

Cimg4300

船内。

Cimg4311

尾道方面。

Cimg4312

帆船がいた。

Cimg4313

尾道港。

Cimg4314

船名がカタカナ。

Cimg4315

尾道・向島間のフェリー。

Cimg4316

千光寺ロープウェイ。

Cimg4317

尾道大橋方面。

Cimg4318

JRで三原へ。

 

| | Comments (0)

瀬戸内2泊3日 ② 芸予汽船「つばめ」(今治→土生)乗船記・土生商船「しまなみ」(土生→三原)乗船記

Cimg4234

芸予汽船で今治から因島の土生に渡ります。橋ができる前は今治から三原までフェリーで直行できたんですが、現在では高速船の乗り継ぎになります。

Cimg4235

Cimg4236

高速船「しまなみ」。

 

Cimg4237

デッキもありますが、この時期は船室で。

Cimg4258

大島の友浦港。

Cimg4259

伯方島の木浦港。

Cimg4260

岩城島の岩城港。

Cimg4261

佐島の佐島港。

Cimg4262

Cimg4263

生名島の生名港にそれぞれ寄港して。

Cimg4264

土生港に到着。

 

 

Cimg4265

 

土生港から土生商船の高速船「しまなみ」に乗船。

Cimg4266

生名島の立石港。

Cimg4267

因島モール桟橋。

Cimg4268

Cimg4269

因島と生口島を結ぶい生口橋。

Cimg4270

因島の重井港。

Cimg4271

佐木島の鷺港に寄港して。

Cimg4272

三原港に到着。

 

 

| | Comments (0)

瀬戸内2泊3日 ① オレンジフェリー「おれんじ おおさか」乗船記

Cimg4191

透析の後、クリニックから東京駅へ。14:30発「のぞみ41号」に乗車。 

Cimg4192

大阪駅で下車。マイソウルフードのスタンドカレー「ミンガス」へ。

Cimg4193

後何回食べらるか、ミンガスのカレー。

Cimg4194

西梅田駅から四つ橋線とニュートラムを乗り継いで、南港フェリーターミナルへ。

Cimg4197

Cimg4198

「おれんじ おおさか」のシングルDX。

Cimg4211

22:00出航。

Cimg4212_20191202171301

Cimg4215

明石海峡大橋。このあたりまで起きていた模様。

Cimg4217

このあたりで目覚めた。

Cimg4222

船のレストラン。500円の簡素な朝食

Cimg4223

無料の今治行き連絡バス。

Cimg4224

バス車内から撮影。

 

Cimg4232

バスは今治駅だけでなく、今治桟橋にも停車します。

Cimg4233

今治港から見えた今治城。

| | Comments (0)

三浦半島1泊2日

Cimg4083

品川から三崎口行き快特で出発。

Cimg4084

特急料金不要のクロスシート車両。

Cimg4085

切符は三浦半島2DAYきっぷ。金沢文庫以南の京急、京急バスがフリー区間。

Cimg4097

三浦海岸付近。

Cimg4098

三崎口で城ケ島行きバスに乗り換え。

Cimg4099

Cimg4100

車窓から城ケ島大橋。

Cimg4101

終点の城ケ島バス停。

Cimg4102

富士山が見えた。

Cimg4103

灯台。

Cimg4104

城ケ島大橋。

Cimg4106

港。

Cimg4107

Cimg4108

サンゴでもあるのか、ダイビングしてる人がいた。

Cimg4110

城ケ島から三崎港に渡船があるらしいが、時刻表の時間になっても船が来ない。仕方ないので、バスで三崎港にバック。

Cimg4114

三崎港の寿司屋に入り。

Cimg4113

地魚握り2000円。白身が好きで、マグロはそれほど好きではない。

Cimg4117

バスで三崎口にバック。

Cimg4118

再び京急で横須賀中央へ。

Cimg4131

観音崎行バスに乗車。

Cimg4132

終点の観音崎バス停。

Cimg4133

観音崎入口。

Cimg4134

灯台。

Cimg4135_20191112155001

『喜びも悲しみも幾歳月』にも登場。

Cimg4136

灯台から。

Cimg4137

Cimg4138

浦賀水道。

Cimg4139

灯台を下から。

Cimg4140

Cimg4141

Cimg4142

浦賀水道を行きかう大型船。

Cimg4149

横須賀中央に戻り、カレー店へ。

Cimg4148

ビーフカレー。関西人なので、生卵付きを。

Cimg4150

ホテルにチェックインして、2Fにあったガストで生ビール。

Cimg4151

ほうれん草ベーコン。

Cimg4152

イカリンクフライ。

Cimg4158

朝食もガストで。

Cimg4159

Cimg4160

スープ、野菜ジュース、コーヒーがついて549円。

Cimg4161

横須賀中央から京急で久里浜へ。

Cimg4162

フェリー行きバスも無料。

Cimg4167

「かなや丸」に乗船。

Cimg4168

新日本海フェリーの新航路の埠頭はどこにできるのだろうか?

Cimg4169

Cimg4170

Cimg4175

だんだん近づく金谷港。

Cimg4176

金谷港の売店にあった生簀。

Cimg4177

台風で破損したというレストラン。

Cimg4178

再び「かなや丸」に乗船。

Cimg4181

Cimg4182

久里浜港。

Cimg4185

Cimg4186

帰路も快急のクロスシート車。

| | Comments (0)

会津若松1泊2日

Cimg4047

東京駅から東北新幹線で出発。

Cimg4048

Cimg4049

ブランチは新潟駅弁。

Cimg4051

郡山で磐越西線に乗り換え。

Cimg4059

会津磐梯山。

Cimg4060

会津若松駅で下車。

Cimg4061

町をブラブラ。カフェで一服。

Cimg4062

湧水?

Cimg4063

コーヒーは旨かった。

Cimg4069

紅葉はいまひとつ。

Cimg4070

身体障害者なので、公立博物館・美術館はたいてい無料。

Cimg4074

晩飯は会津若松駅内の郷土料理屋で。

Cimg4071

地酒飲み比べセット。

Cimg4073

会津郷土料理のセット。

Cimg4078

翌日の朝食は駅蕎麦。

Cimg4079

会津若松発磐越西線郡山行きに乗車。デジカメを車内に忘れ物。自宅からJR東日本の忘れ物センターに電話したところ、郡山駅で保管とのこと。着払い宅急便で送付してくれるとのことで、新宿駅の忘れ物コーナーで申請書を作成。郡山まで取りに行くことなく、930円で戻ってきた。

| | Comments (0)

小豆島1拍2日 ② 小豆島フェリー「第七しょうどしま丸」乗船記

Cimg3988

オーキドホテルの朝食バイキング。

Cimg3989

「フェリーてしま」が接岸中。

Cimg3990

Cimg3991

乗船する「第七しょうどしま丸」全景。

Cimg3992

展望デッキから宿泊したオーキドホテルを。

Cimg3996

豊島経由宇野行きの「ふぇりーてしま」。

Cimg3997

岡山行きの「おりんぴあどりーむせと」。

Cimg3998

ごま油のかどや工場。この日はごま油の匂いがしませんでした。

Cimg4003

一本釣りらしき漁船が多数。

Cimg4004

瀬戸内らしい多島海の風景。

Cimg4005

男木島と女木島。

Cimg4011

男木島の北端にある男木島灯台。木下恵介監督『喜びも悲しみも幾歳月』にも登場した。背景は香川・岡山県境の大槌島。

Cimg4012

八栗山。

Cimg4013

メサ地形の屋島。

Cimg4019

僚船との反航。

Cimg4020

前方に高松市街。

Cimg4021

女木島をバックに「めおん2」。

Cimg4027

高松港に着岸。

Cimg4036

マリンライナーに乗車。

Cimg4028

瀬戸大橋から本島。

 

Cimg4029_20191009023101

与島。

Cimg4030_20191009023201

漁船。

Cimg4031

鷲羽山方面。

Cimg4037

岡山で乗り換えに1時間ほどあったので途中下車。

Cimg4038

Cimg4039

岡山電気軌道のトラム。

Cimg4041

11:53発「のぞみ22号」に乗車。

Cimg4043

いずれなくなりそうな車内販売でメチャ堅アイスクリームを。

品川着15:06。

 

| | Comments (0)

小豆島1拍2日 ① 小豆島汽船「第三おりいぶ丸」乗船記

Cimg3881

品川駅のカフェでモーニング・セットの朝食。

Cimg3882

8:57発「のぞみ103号」に乗車。

Cimg3883

姫路で下車。

Cimg3884

北口正面に姫路城。

Cimg3888

Cimg3889

姫路港行きバスに乗車。

Cimg3897

姫路港フェリーターミナル。

Cimg3898

家島諸島への航路もあります。

Cimg3896

坊勢島行き高速船。

Cimg3908

家島行き高速船。

Cimg3909

Cimg3910

「第三おりいぶ丸」全景。

Cimg3911

出航。

Cimg3912

淡路島が見えます。

Cimg3917

Cimg3922

海の武甲山、伊吹山。でもこのおかげで家島は離島にありがちな人口減を免れているとか。

Cimg3918

僚船と反航。

Cimg3923

瀬戸内の島でもとりわけ標高の高い小豆島。

Cimg3928

Cimg3929

Cimg3930

小豆島福田港。

Cimg3931

福田港バス停に実をつけたオリーブの木があった。

Cimg3941

土庄行きバスに乗車。

Cimg3942

以前乗車したときは本降りの雨だったが、今回は晴天。

Cimg3944

Cimg3945

Cimg3946

Cimg3947

Cimg3948

Cimg3949

Cimg3950

Cimg3955

草壁港。

Cimg3956

Cimg3957

Cimg3958

ずっと海沿いの車窓でした。

Cimg3971

オーキドホテルにチェックイン。奥から岡山行き、豊島経由宇野行き、高松行きが3艘揃い踏み。

Cimg3972

夕食。

Cimg3973

ビールに茶碗蒸し。

Cimg3974

刺身。

Cimg3975

陶板焼き。

Cimg3976

天ぷら。

Cimg3977

ご飯は鯛釜飯。おこげがおいしい。

Cimg3978

ソーメン入りお澄まし。

Cimg3979

デザートはプリン。完食。

Cimg3982

夜景。

| | Comments (0)

«船旅復活!北海道1拍2日 ② 帰路は鉄道で