« February 2005 | Main | April 2005 »

平塚に行ってきました

J2の全勝対決湘南-京都戦を見に平塚まで行ってきました。
渋谷から東京駅まで出て駅弁とビール買って湘南電車に乗り込みます。
平塚駅からシャトル・バスで競技場へ。関西人なのでバック・スタンド京都サイド側で観戦。

湘南はショート・パスを繋いで両サイドを徹底活用する私好みのチームでした。
しかし、繋ぎのサッカーなのである程度仕方はないのですが、攻めのテンポが遅い。
素早く展開できたときは決定的なチャンスをつくれていましたが・・
昨年どんなチームだったか知らないのですが、上田氏の手腕は相当なものがありそうです。

対照的に京都は両サイドをほとんど使わず、ロング・ボール一発で2トップのブラジル人?の
個人技に依存するサッカー。

結果は2トップの2ゴールが効いて京都の勝ち。内容的には圧倒的に湘南でしたが。
“資金量”の差で京都が勝ったとしかいいようがありません。

3ゴールともびゅーちふるで、湘南は最後まで頑張り、平塚まで行ったかいのある試合でした。
スシヅメ電車でクソ寒い埼スタのカテ1(といっても選手はケシ粒のようにしか見えない)
の1/3価格(2500円)は安い!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

山田午郎氏殿堂入り

3月10日付けでJFAから「日本サッカー殿堂」の掲額者20名が発表されました。
特別選考枠6名の中に山田午郎氏の名がありました。

他の5名は川本泰三、竹腰重丸、デトマール・クラマー、田辺五兵衛、村形繁明氏。
こうした華々しい人達の中に日本サッカーを裏から支えた山田氏が選ばれた
ことを心から嬉しく思います。JFA、というか選考委員会か?はなかなか
やってくれますね。

山田氏は日本のサッカー・ジャーナリストの祖というべき人物。
選手としても第1回全日本選手権(現在の天皇杯)に東京蹴球団の主将として優勝。
また、少年サッカー普及の祖というべき存在でもあります。

これからも年2回追加があるとのことなので、新田純興氏なども掲額してもらいたいです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

神戸一中蹴球史の座談会

合計3回あるうち、ようやく第2回を収録し終えました。
長くなりそうなので、第1、2回と第3回のファイルを分離しました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »