« March 2005 | Main | May 2005 »

ダイヤモンド・サッカー

サンテレビは阪神戦だけでなく、同じく60年代末に始った「ダイヤモンド・サッカー」も放映してました。

最初はイングランドリーグを放映してました。1966年W杯イングランド優勝、1968年アーセナル来日により、イングランドはサッカー母国にして最強国とみなされてました。確かに、テンポの速さ、タックルの強烈さは今でも印象に残っており、さすが“本場”やなあ、と感心しながら観てました。

ところが、1936年ベルリン五輪後イングランド1部の“グリムブズタウン対アーセナル”を観戦した竹内悌三は、

“ 「長蹴、物凄く強いロングパス」「キープ乏し」「インサイドは潰し役」「ミス多し」「唯速し」「極端に反対側迄寄る」「速攻」「物凄いゴールチャーヂ」「簡単なミスキックもある」「ポンポンタッチに蹴出す」「凡失凡蹴揃い」「何でも大まかにウイングへロングパス」「ポヂションにこだわらず」「近い人が飛び込み持ち込む」ハーフタイムの感想-「縦のフットボールインサイドは何時も遅れ気味、三人のFW」「速攻盲目パス逆パス、凡蹴タッチアウト多し」「ファウル気味に迄激し」「チャンスは即時物にす寸隙を襲う」「バスケットボール式」「ロングパスの可成りはFBに献上」-後半のノート「間違えて敵にパスする事あり」「速くして寸劇も止らず、突いたり押したりして蹴出すこと日本に似ている」「頻りにマークせる敵中に蹴込む」「時折見方同志蹴付ける」「LWは右側迄チャーヂに来る」「ゴール前にチャーヂボールを上げては押しかく」「頻りにゴールキーパーをチャーヂす」「盛んに蹴出す」「一騎打式蹴球なり」”

とイングランドの“蹴りあい”サッカーを批判的に評価しています。エリック・バッティも顔負けなことをすでに戦前に書いているんですな。戦前日本のショート・パス・サッカーはイングランド・サッカーを批判的に評価するまでに成熟していた、ということがいえるのではないでしょうか。

しかし、ダイヤモンド・サッカーといえばなんといっても’70W杯。西ドイツ対イングランド、西ドイツ対イタリアの“死闘”、ペレ、トスタン、ジャイルジーニョ、リベリーノらがいたタレント集団で優勝したブラジルに代表される大会かもしれませんが、私の印象に残っているのが、優勝候補筆頭ブラジルの1次リーグ初戦だったチェコ戦。

チェコが狭いスペースでポンポンとショート・パスを通すの観て、“こんなサッカーもあるんだ”と感心したことを今でも覚えています。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

阪神タイガースとサンテレビ

私は西宮市甲子園生れ、小学生時代「阪神タイガース子供の会」に入ってました。
年会費200円、1960年代のハナシです(笑)。その頃阪神は今みたいに人気がなく、
巨人戦以外はガラガラでした。野球漫画に『スポーツマン金太郎』というのが
あったのですが、巨人金太郎のライバル桃太郎は阪神ではなく、南海ホークスにいました。
尼崎市育ちの江夏豊も子供のころ南海ファンだったそうです。

成績では南海、阪急(阪急百貨店が毎年優勝記念セールをやっているとき、御堂筋を
隔てた阪神百貨店はいつも“ご声援感謝セール”(笑))に遥かに劣っていたのに、
なぜ全関西的かつ熱狂的なファンを獲得するにいたったか、考察してみましょう。

1969年、兵庫県に日本最初のUHF局サンテレビが誕生します。ウリは阪神戦完全中継。
→ http://www.sun-tv.co.jp/company/index.html

同じくU局の大阪府のテレビ大阪、京都の近畿テレビもサンテレビの阪神戦を放映しました。
関西圏の人口の大部分をカバーする地域で、毎日阪神戦を試合開始から終了まで視聴できる
ようになったのです。当然、関西人はネット系局の巨人-中日戦なんかよりU局の阪神-広島戦
を観るようになります。子供たちも「プロ野球=阪神」と刷り込まれます。

親戚が徳島県にいたのですが、そのころ徳島はNHK総合と教育以外は日テレ系民放が1局だけ。
巨人戦しか観られないので、そこの家は全員巨人ファン。それと同じことが関西全域で起きたのです。

また、初代桂春団治が吉本の禁を犯してラジオ出演したところ、ナマ春団治みたさに花月に客が
した殺到した故事が示すごとく、電波にのったもののナマを観たくなるのが人情、甲子園の観客も
年々増加します。

サンテレビって、阪神タイガース付属放送局みたいなもんですな。解説者の福本豊なんか阪神を
堂々と“ウチ”といってます。

1970年代から80年代にかけて、“ダメトラ”とか“大阪の恥”とかいわれてたくらいで
“コンテンツ”として優れていたわけではありません。かつての鶴岡南海の強さ、西本監督時代の
阪急フロントの涙ぐましいまでの集客努力の方がずっと内容があったのです。

電波を寡占したものが“勝ち組”として生き残ったのです。でも、阪神に“メディア戦略”
があってこうなったのではなく、ただひたすらナリユキでこうなってしまった、というところが
阪神の阪神たるゆえんです(笑)。

教訓:「球団」たるものすべからく地元メディアに露出しつづけるべし。

『蹴球(第2次)』の欠を埋めました。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

蹴球川中島合戦

明治36年最初の早慶戦の試合評はなんと軍記スタイルだったそうです。

http://www.baseball-museum.or.jp/guide/dendo/profile/044_ohta_shigeru.htm

軍記といえば、J2時代のアルビレックスがヴァンフォーレと対戦したとき川中島合戦に
模されたことがありました。今度天皇杯などで対戦するときは試合評も軍記スタイルで、

“越将反町越後守康治旗下の越軍前衛甲軍門前に迫り来て蹴弾を雨霰と打ち掛ければ
甲軍門将孤軍奮闘之を防ぎたり”

みたいにやってみては。ちなみに前衛(FW)、門将(GK)は昔実際に使われた言葉です。

場内アナウンスも詩吟スタイルで“鞭声粛々”と・・(笑)

『Soccer』総目次の欠を埋めました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

この手があったか!

米国議会図書館は2004年度のNational Recording Registryの対象録音物50点を発表しています。
2004年度→ http://www.loc.gov/rr/record/nrpb/nrpb-2004reg.html
パブリック・エネミーやニルヴァ-ナまで入ってるんですね。
2003年度→ http://www.loc.gov/rr/record/nrpb/nrpb-2003reg.html
2002年度→ http://www.loc.gov/rr/record/nrpb/nrpb-2002reg.html

キング牧師の「私には夢がある」、F. ルーズベルトの炉辺談話、マッカーサー将軍の「老兵は死なず」・・のような歴史的スピーチもあれば、クラシック、ジャズ、カントリー、フォーク、ブルース、R&B、ロック、ラップと、クラシックからポピュラーまですべてのジャンルの音楽が網羅されています。

サッカーミュージアムも「試合録画の殿堂」を作って表彰し、かわりにDVDやビデオを寄付してもらう、というアイデアはどうでしょうか。

2004年度にBeach Boysの「Pet Sounds」が入ってます。Brian Wilsonにとっては、昨年秋の「SMiLE」の37年をかけてのリリース、グラミー賞受賞に続く慶事ですね。

コラム「日本最初のサッカー・ジャーナリスト、山田午郎」に「山田午郎氏年譜・略歴」(『東蹴六十年史草稿』所収)を追加しました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

日本におけるサッカー批評の形成

コラム「日本最初のサッカー・ジャーナリスト、山田午郎」を改訂し、資料として『サッカー』1959年1月号掲載の追悼文を追加しました。轡田三男(旧姓横村三男時代に日本が国際戦初勝利した1927年極東大会日本代表)の追悼文に以下があります。

“山田さんも、まだ運動部デスク以前の第一戦で張りきっておられたし、当時の紙面評は、野球の飛田穂州さん張りの独特のものだった。いかに独特また新鮮なものであったか、御参考までに、朝日の中条記者にそのころの二、三を書き抜いてもらって、別に掲げることにした。そしてその紙面の上の扱いも、六大学野球や陸上、水上、ラグビーなどと全く対等であった。これも山田さんの見識と意欲の現れであったし、のち運動部の責任者となった山田さんは、当時のいわゆる小スポーツの記事優遇、ひいて競技の興隆を使命とすると語り、またそれを実行されたのである。”

山田は先行する野球の飛田穂州の野球批評文をサッカーに導入しようとしていたようです。「日本におけるサッカー批評の形成」すなわち「山田午郎におけるサッカー批評文体の確立」は大変魅力的なテーマなんですが、私の能力をはるかに超えています。これをやるためには「飛田穂州における野球批評文体の確立」をこなしておかなければならいのですが、飛田(ベースボールマガジン社から全集が出ている)がクセモノ。他の人がやるとしても、まず飛田で苦戦してサッカーまで行き着くのが大変になると思います。

 また、山田はたたき上げの苦労人らしく、マイナー・スポーツに理解があったようです。

 一橋大学社会学部の博士論文にこんなのがあるのを見つけました。

http://www.soc.hit-u.ac.jp/thesis/doctor/98/exam/yin.html

今季野球のナイターが視聴率で大苦戦してますが、新聞拡販の手段としてはもう限界なんでしょうね。アテネ五輪で馬脚を現したのもそのひとつの要因かもしれませんが。なにせ監督が中畑だよ! オリンピックまで拡販に使うなよ、なんて言ってたらサッカーの監督もTVの視聴率のために選んだのかなと・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

コラム「“サッカー”という用語考」

を改訂しました。[資料]として協会機関誌『蹴球』が『サッカー』に改題した改題初号(1959年1月号)の「編集後記」全文を掲載しました。以下がポイントの部分です。

“◇新編集委員による再発足に際して、従来の誌名「蹴球」を「サッカー」と改めることにした。「蹴」が制限漢字であることと、蹴球というより、一般はサッカーという言葉により親しんでいる現状からである。日本蹴球協会とか、早大ア式蹴球部というような場合は、固有名詞だからさしつかえないが、現在「蹴る」とか「蹴球史」「蹴球人」というときに「蹴」といら(ママ)字は使わない。メートル法のような法律ではないが、学校でも使っていないし、本誌も当用漢字、新かなづかいでいきたいので、協会常任理事会の承認を得て、そう改めた。もっとも理事会席上で異論がなかったわけではない。竹腰、川本理事、とくに川本君はかなり強硬に反対した。筆者とても「蹴球」に多大の郷愁を感ずるのだが、それとこれとは別だと踏み切ったわけだ。川本君は「“わが蹴球人は”という調子で原稿を書くぞ」とおどすので「編集のとき “わがしゅう球人”と書き直すだけだ」と言ったら「感じが出ねえなあ」と笑い話になった。”

 “「蹴」が制限漢字であること”、“学校でも使っていない”ことにより「蹴球」→「サッカー」に変えたことが明記されています。竹腰重丸と川本泰三が“守旧派”だったこともわかります。

 ところで、この前年1958(昭和33)年度の学習指導要領からサッカーは義務教育課程化するのですが、学習指導要領の歴史上でも、この年度は画期的だったことをご存知でしょうか。すなわち、それまで教師の“参考資料”に過ぎなかった学習指導要領がこの年度から教科内容の基準となったのです。

 学習指導要領が強制力を持つことになったということは、ゴールポスト、空気入れのような備品、ボールのような消耗品購入が予算化されたということです。

 堀田哲爾氏が清水市立江尻小学校に赴任したのが1956年。清水における学校開放による少年サッカー普及運動が、サッカーが義務教育課程化され、各学校に用具が用意されていたという学校体育史の流れと符合していることに注目すべきだと思います。もちろん、日本中が清水化した(そうなっていたら、今回W杯予選もヒダリウチワで観られたんでしょうが)わけではないので、清水の関係者の偉大な業績が減じるわけではありません。

 1958年以前から、球技の4類型として、フットボール(サッカー)、ベースボール(ソフトボール)、バレーボール、バスケットボールが認識されており、この4競技が1958年に義務教育課程化されています。サッカー関係者が体育にサッカーを“押し込んだ”ということはないようです。

 東京オリンピック以降、サッカーブームやバレーボールブームが起きるのは、これらが義務教育課程化して競技に関する知識がある程度普及していたことが、重要な要因であると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカーミュージアムのレファレンスルーム

に本日行ってまいりました。

 協会機関誌総目次の欠号分を補充でき、完全化するという念願を果せそうです。
担当者の方によれば、協会機関誌記事のデータベース化は計画されていて、
目次を入力しただけの当方より、現物にあたってより緻密なものが将来作成
されるようです。

 ほかに、山田午郎氏関係と『サッカー』改題初号の編集後記(「サッカー」という
用語がいかにして普及したかを示す重要史料)をコピーしてきたので、いずれアップします。

 データベースは資料種別(「書籍」、「地方協会・個別のサッカー部」など)と出版年
(「~1989」)の論理検索ができるというウレシイもの。結果をプリントアウトさせてくれ
と言ったら、それはできないけどEXCELに落としてメールで送りましょうかと言われました。
是非そうしてほしい旨答えたら、すでに送られていました。こんなサービスされたら悪口書けません
がな(笑)。というか某国立図書館や○父宮図書館は爪の垢煎じて飲むべし!(爆)

 というわけで新規レコードや解題を追加すべきものがかなり見つかりました。
久しぶりに当サイトが活性化するのではないでしょうか(笑)。最近勤務先のHPの
コンテンツを作るのが「本職」になってしまい、家に帰ってまでヤル気がせんわ、
と思ってたんですが・・

 現物は見なかったのですが、Otto Nerzの『Fussball』の原著があるようです。クラマー氏
の原著もありましたが、ドイツ語の本の多くは岡野俊一郎氏が寄贈したとのこと。書き込み
なんかがあったら興味深いですね。残念ながらBuchanやJackの原著はありませんでした。

 山田午郎氏の父は山田左馬吉、その当主は丹羽(山田)左馬吉で百石取り、
藩主(丹羽氏、織田信長の重臣丹羽長秀を祖とする)と同じ姓なのでそれなりの
名族だったのかもしれません。

http://www5e.biglobe.ne.jp/~j-nosuke/index06.html

臼杵藩の家老の娘が母親だった同じく殿堂入りの竹腰重丸氏といい勝負ですね(笑)。

後はFootball Loversか・・

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »