« 蹴球川中島合戦 | Main | ダイヤモンド・サッカー »

阪神タイガースとサンテレビ

私は西宮市甲子園生れ、小学生時代「阪神タイガース子供の会」に入ってました。
年会費200円、1960年代のハナシです(笑)。その頃阪神は今みたいに人気がなく、
巨人戦以外はガラガラでした。野球漫画に『スポーツマン金太郎』というのが
あったのですが、巨人金太郎のライバル桃太郎は阪神ではなく、南海ホークスにいました。
尼崎市育ちの江夏豊も子供のころ南海ファンだったそうです。

成績では南海、阪急(阪急百貨店が毎年優勝記念セールをやっているとき、御堂筋を
隔てた阪神百貨店はいつも“ご声援感謝セール”(笑))に遥かに劣っていたのに、
なぜ全関西的かつ熱狂的なファンを獲得するにいたったか、考察してみましょう。

1969年、兵庫県に日本最初のUHF局サンテレビが誕生します。ウリは阪神戦完全中継。
→ http://www.sun-tv.co.jp/company/index.html

同じくU局の大阪府のテレビ大阪、京都の近畿テレビもサンテレビの阪神戦を放映しました。
関西圏の人口の大部分をカバーする地域で、毎日阪神戦を試合開始から終了まで視聴できる
ようになったのです。当然、関西人はネット系局の巨人-中日戦なんかよりU局の阪神-広島戦
を観るようになります。子供たちも「プロ野球=阪神」と刷り込まれます。

親戚が徳島県にいたのですが、そのころ徳島はNHK総合と教育以外は日テレ系民放が1局だけ。
巨人戦しか観られないので、そこの家は全員巨人ファン。それと同じことが関西全域で起きたのです。

また、初代桂春団治が吉本の禁を犯してラジオ出演したところ、ナマ春団治みたさに花月に客が
した殺到した故事が示すごとく、電波にのったもののナマを観たくなるのが人情、甲子園の観客も
年々増加します。

サンテレビって、阪神タイガース付属放送局みたいなもんですな。解説者の福本豊なんか阪神を
堂々と“ウチ”といってます。

1970年代から80年代にかけて、“ダメトラ”とか“大阪の恥”とかいわれてたくらいで
“コンテンツ”として優れていたわけではありません。かつての鶴岡南海の強さ、西本監督時代の
阪急フロントの涙ぐましいまでの集客努力の方がずっと内容があったのです。

電波を寡占したものが“勝ち組”として生き残ったのです。でも、阪神に“メディア戦略”
があってこうなったのではなく、ただひたすらナリユキでこうなってしまった、というところが
阪神の阪神たるゆえんです(笑)。

教訓:「球団」たるものすべからく地元メディアに露出しつづけるべし。

『蹴球(第2次)』の欠を埋めました。

|

« 蹴球川中島合戦 | Main | ダイヤモンド・サッカー »

Comments

「ベルンの奇蹟」を見てきました。協会の後援会のカードを提示したらちゃんと200円割り引いてくれました。1954のビデオを見直さなくては。あと、サッカー雑誌3誌「サッカーマガジン」・「サッカーダイジェスト」・「イレブン」を増刊、別冊のデータはどこかにあるのでしょうか?ほぼ完全に収集できたのですが、増刊、別冊のデータが揃えませんので。ご存知でしたらお願いします。

Posted by: サッカーおじん | April 22, 2005 at 10:53 PM

W杯邦文文献目録を作っていたとき、気づいたんですが、「イレブン」の増刊は秩父宮、国会ともあまり揃っていないようです。「サカマガ」の増刊は、国会では一部図書(モノグラフ)扱いになっているようです。

増刊、別冊のデータは、結局のところ、本誌の広告などを丹念に調べるしかないのでは、と思います。

Posted by: 蹴球閑人 | April 23, 2005 at 10:40 AM

私、じつはトラキチでして。
東京でもサンTVの阪神戦中継は、掛布が千葉出身のせいかたまに千葉TVがネットしてましたし、当時の甲子園のホエールズ戦はTV神奈川で見ることができました。
クマさん後藤次男、ボ−ル打ちの鎌田実など個性的な解説陣でしたなぁ。
福本は「ブレーブス」がなくなった時から、まるでタイガースOBみたいです。ゼロ行進が続くスコアボードを「タコ焼きが並んでるみたい」などと言ってましたっけ(笑)
TV埼玉のレッズ、千葉TVのジェフ偏重はもう片方のチームのサポ達には忸怩たる思いでしょう。チームの努力が足りないのか?

>サッカーおじんさん
はじめまして。
「ベルンの奇蹟」、出演俳優のサッカー下手過ぎませんか?(笑)

Posted by: Fever Pitch | April 23, 2005 at 11:20 AM

甲子園の中等野球や1960年以前の早慶戦と同じで、メデイアが作ったスポーツと言えますね。
ところで、サカ博では、海外の連盟や協会の史料もでDBされているのでしょうか?また、国内も含めた資料の閲覧は出来るのでしょうかね?

Posted by: 藤大納言 | April 23, 2005 at 11:26 PM

現役時代の鎌田をナマで観てますが、とんでもない高めのくそボールをヒットにするかとおもえば、ど真ん中のボールが打てない「大根切りの鎌田」といわれたユニークな選手でしたが、解説も・・

TV埼玉=サンテレビ、埼玉新聞=(神戸新聞+デイリースポーツ)/2、浦和レッズ=阪神タイガース、か? でも阪神の方が優勝回数が多いし、2部落ちしたことない(笑)のでタイガース>レッズかな

洋書、JFA、国内地方協会がDB化されているので、多分していると思います。今度行ったとき確認します。閲覧、それに複写も可能です。閲覧申請書に目的を書く欄があるのですが、事前に資料を準備しておいてくれ、こちらの要求を具体的に伝えると、お役所仕事でない柔軟な対応をしてくれて、大変好感をもちました。

Posted by: 蹴球閑人 | April 24, 2005 at 09:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45875/3810439

Listed below are links to weblogs that reference 阪神タイガースとサンテレビ:

« 蹴球川中島合戦 | Main | ダイヤモンド・サッカー »