« April 2005 | Main | June 2005 »

科学出版とサッカー

1980年代イングランド1部(現在のプレミア)にマンUやアーセナルと肩を並べてオックスフォード・ユナイテッドがいました。→ http://www.oufc.premiumtv.co.uk/page/History/0,,10342,00.html

3部にいたこのチームを3部、2部を2年連続優勝させて1部入りさせたオーナーがロバート・マクスウェル(Robert Maxwell)。→ http://www.ketupa.net/maxwell.htm

大衆紙『デイリー・ミラー』などを所有するメディア王で、ルパート・マードックと覇を競っていました。ジェフリー・アーチャーの『メディア買収の野望』(新潮社,1996 原題は“The fourth estate”(言論界))はこの2人をモデルにしています。保守党議員でもあったアーチャーは労働党議員だったマクスウェルを悪し様に描いており、保守党寄りのマードックを好意的に扱っています。

小説にも描かれているのですが、マクスウェルが財を築くきっかけとなったのが、敗戦後のベルリンでドイツの名門科学出版社シュプリンガー社(Springer Verlag)の版権を得たことで、イギリスで名門科学出版社となるPergamon社を創業します。『Nature』の版元であったMacMillanの米国支社も所有したことがあったようです。MacMillanの創業一族から保守党の英国首相Harold MacMillanが出ています。

あまり知られていないことなのですが、名声が確立した学術雑誌を保有する科学出版は独占企業で、論文の著者に原稿料を払うこともなく版権を独占し、製品(出版物)の価格を完全にコントロールできるのです。著者が自分の論文を自身のHPで公開しようとすると、逆に出版社に使用料を払わないといけないことがあるくらいです。
→ http://www2d.biglobe.ne.jp/~st886ngw/hasegawa/ssk9909.htm  これ以外にも「雑誌 高騰」でググッてみてください。

マクスウェルは1991年怪死(モサドやKGBに消されたという説もある)し、Pergamon社はReed-Elsevierグループに吸収されます。現在科学出版の世界はReed-ElsevierグループとSpringer社に寡占化される傾向にあり、その出版物の価格は世界のインフレ率をはるかに超えています。

ところで、御茶ノ水駅からJFAビル(サッカーミュージアム)に行く途中にSpringer Verlag Tokyoがあります。
→ http://www.springer-tokyo.co.jp/

やはり科学出版とサッカーは近い位置にある・・ ということでオチに

ディープインパクトを見てタニノムーティエを思い出す←(古!)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

赤の強さ

本日AM3:00起き。非移動時差生活はツライものがあります。こんな試合もあるんですな。これからPK戦ではタコ踊りが大流行するのでしょうか(笑)

1週くらい前日刊スポーツにこんな記事が → http://www.nikkansports.com/ns/soccer/p-sc-tp0-050519-0015.html

モトネタはこちら → http://www.nature.com/nature/journal/v435/n7040/abs/435293a.html

『Nature』誌435巻(2005年5月19日)p.293に掲載されたRussell A. Hill and Robert A. Barton著
“Red enhances human performance in contests”というBrief communicationsです。最初のパラグラフだけ無料で読めます。オンラインでペイ・パー・ビューできますが、A4判1頁で30米ドルもします。読みたければ図書館でコピーしましょう。

著者の所属はEvolutionary Anthropology Research Group, University of Durhamとのことですが『裸のサル』の著者で『サッカー人間学 マンウォッチング2 』(小学館,1983)の著者でもあるデスモンド・モリスと同系の学者なんでしょうか。参照文献にCharles Darwin著『The expression of the emotions in man and animals 』(J. Murray, 1872)があげられていました。ダーウィンは進化論だけでなく、「人間と動物の感情表現」も研究してたんですね。イギリス人類学の奥は深い・・

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Jの憂鬱

J2で京都が走っている。J2の「勝利の方程式」は、昨年の川崎同様、守備をガッチリ固めて攻撃は反則モンのスピードと決定力をもつ外国(ブラジル)人の個人技にオマカセする、ということのようだ。

この「方程式」はJ2勝ち抜けに有効なだけでない。昇格した川崎はJ1でも健闘してるし、最近の大分の好調もこの「方程式」に従っている。昨年J1後期の覇者浦和もこのパターンにあてはまるといってよかろう。攻撃におけるエメルソン依存は、80年代中頃の阪神タイガースにおけるRandy Bass様依存のようにみえる。浦和の成績は、エメルソンの好不調、在不在によって決定される、といっても過言ではあるまい。エメルソン不在になった浦和がどうなるかは、現在の成績から推して知るべし(Bass様不在後のタイガースのように)。

この「勝利の方程式」がJ1昇格だけでなく、J1残留、さらにJ1優勝にまで通用してよいのだろうか。方程式の有効性がJだけでなく、世界でも通用することは2002W杯でブラジルが証明済みなのだが(ブラジルのFWはブラジル人だから何の問題もない)。

問題はJの方程式が代表ではまったく通用しない、すなわちエメルソンやジュニーニョのようなFWは現在の日本代表にいないし、多分今後とも誕生しそうもないことである。国内トップ・クラブのスタイルと代表のそれとが一致しなくなってしまってよいのだろうか。最近こそイタリアやスペインなどに世界中のタレントが集中しているが、1970年代の西独(バイエルン)やオランダ(アヤックス)のように、かつては国内トップ・クラブと代表のメンバーとスタイルが一致していることが強豪国の条件だった。

ロナウド、リバウド、ロナウジーニョが“所与のものである”国出身の代表監督になにか言いたいわけではない。フトコロに多少とも余裕のあるJクラブの“スタイル”が画一化され、しかもそれが代表チームと乖離してしまうことを恐れているのである。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ハンガリーの4-2-4

寄稿者の顔ぶれが豪華な『サッカー上達の秘訣』を読んでいるところです。映画『ベルンの奇跡』でヘルベルガーが「プスカシュよりもヒデグチに注意しろ」というようなことを言ってた記憶がありますが、そのヒデグチがハンガリーの戦術を説明した「4-2-4の発達と将来の戦術」を書いています。冒頭部分は以下のとおり。

“ブラジル以前に4-2-4はあった

 4-2-4として知られる戦術組織は、一般にブラジル・サッカー界の生み出したものと受け取られている。確かに、この型のシステムを初めて使ったのはブラジルで、彼らが1958年のワールド・カップで優勝したときに広く知られるようになったが、このシステムはまちがいなく1958年より数年前にすでに行なわれていたのである。

 私が確実に知っているところによれば、4-2-4の型は、ハンガリーで1950年代初めに使われていて、ハンガリー・ナショナル・チームがずば抜けた強さで全世界に勇名を誇っていたとき、戦法は4-2-4にもとづくものであった。

 ブラジルのこの4-2-4システムのやり方とハンガリーのそれとの差は、根本的に中盤へ下がるフォワードが着たユニフォームの背番号の違いだけであった。

 1958年にブラジルは、インサイド・ライトのジジを下げ、一方ハンガリーは、センター・フォワードを下げていたにすぎない。両チームとも、下げられたフォワードはレフト・ミッド・フィールドとでも呼べる所でプレーをし、また両チームともレフト・ハーフが下がってさらに守備的な役割をつとめ、ライト・ハーフは中盤にいてバランスを保ちながらオープン攻撃のゲームをしたのであった。

 すぐれた戦術の発展途上にはよくあることだが、ハンガリーの4-2-4は天才的なひらめきから生まれたのではなくて、ただ単に、ハンガリー中どこを探しても“典型的なセンター・フォワード”がいなかったせいなのである。”

“典型的なセンター・フォワード”、すなわち現在ならビエリのような重戦車型のCFがいなかったので、CFヒデグチが中盤に引いて相手CHをつり出し、その空いたスペースにプスカシュ、コチシュが侵入するという戦術だったようです。

 この本が出たのは1972年、2年後にはトータル・フットボール革命が到来します。原著の出版年は1966年。今日の情報速度、普及度からみるといかにもノンビリとしたテンポ・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

脱亜入欧

オーストラリアがAFC入りするらしいです。
こんなに簡単に所属連盟を変えられるなら、日本もUEFAに転属すればいいのではないでしょうか。

UEFA入りのメリット
1.W杯以外にユーロ予選(難しいだろうが本戦出場の可能性もある)に出場できる。
2.Jリーグ優勝、上位チームにCL、UEFA杯出場の機会ができ、Jリーグが活性化する。
3.欧州組がチームの中心であれば、時差なしで代表公式戦に出場できる。
4.逆に日本のホームゲームでは国内組のいる日本が圧倒的に優位にたてる。
5.少なくともW杯、ユーロ予選をガチンコ勝負することにより、代表チームの大幅な水準向上が期待できる。

UEFA入りのデメリット
1.W杯出場機会が限りなく減少する。

直行便のないバーレーンに行くことを考えれば、直行便の多いヨーロッパの方が“近い”といえるのでは。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

山田午郎と竹腰重丸-日本サッカーの2つの流れ

日本サッカーのルーツ校東京高等師範学校は師範学校、中学校教員の養成機関だったので、日本におけるサッカーの普及は以下のような形で進展しました。

底辺拡大の流れ           :東京高師→師範学校→小学校
トップ・チームの水準向上の流れ :東京高師→中学校→高等学校→大学

この2つの流れは1920年代に同時に進展し、小学生大会が開催されるのとほぼ同時期に高等学校の全国選手権、関東、関西の大学リーグが始ります。

トップ(代表)チームが高学歴化した1927年極東大会で国際戦初勝利、1930年極東大会では優勝するまでに至るのですが、1927年の代表高師康は埼玉師範附属小の学童サッカー1期生であり、底辺拡大がかなり早い時期から功を奏していたことがわかります。ベルリン五輪代表は1920年代前半には小学生だったのですが、スウェーデン戦先発イレブンのうち、堀江、加茂兄弟(浜松師範附小)、右近(御影師範附小)の少なくとも4人は学童サッカー出身でした。

戦前日本サッカーの急成長の要因は、代表チームの構成が師範・高等師範から大学に変っただけでなく、師範学校OBによる学童サッカーの普及も重要視されるべきだと思います。

この2つの流れを象徴するのが山田午郎と竹腰重丸の両氏でしょう。
青山師範OBで、自ら小学生にサッカーを教え、東京蹴球団主催で小学生大会を開催した山田。
大連一中OB、山口高校時代高校選手権で大活躍、東大時代はリーグ戦6連覇の立役者、1927年、1930年の極東大会代表で日本躍進の原動力、その後もベルリン五輪コーチ、メルボルン五輪監督と日本代表の中枢に位置した竹腰。

両氏の著作も対照的です。
山田午郎著『ア式フットボール』(杉田日進堂,1925)は日本最初の少年サッカー本。
竹腰重丸著『サッカー』(旺文社,1956)は、当時全盛を誇ったマジック・マジャールことハンガリーの戦術までフォローされた、当時の水準からみれば卓越した指導書。

ベルンの奇跡の1年前、1953年に竹腰団長で長沼、岡野、平木氏等を含む日本学生代表が西ドイツに長期遠征してます。具体的数値は忘れましたが、JFAの全予算から考えれば莫大な費用をかけて「選抜エリート」を集中強化したわけです。1960年には日本代表がヨーロッパに長期遠征し、東京、メキシコの両五輪で成果をあげるのですが、底辺拡大抜きの選抜エリート集中強化のツケが1970年代以降の代表に祟ることに・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベルンの奇跡

を観てきました。

制作費の大部分は1954年大会決勝の再現に費やされたような・・
エンディング・ロールにもプスカシュやコチシュなどハンガリー代表選手役を演じた人の名前まで出てました。
プスカシュ役の人は金髪で当然左利き、といったディテイルにもこだわっているようでした。個々のゴール・シーンも「史実」を再現してるんでしょうね。

代表監督のヘルベルガーは1936~1964年、すなわちベルリン五輪後から東京五輪当時までずっと代表監督を務め、Bundes Zeppといわれたミスター代表監督。軟弱者が大嫌いだったそうで、ベッケンバウアーの自伝によれば、彼の若い頃あまり好かれていなかったそうです。あまりにもプレースタイルがエレガントすぎたんでしょうね。映画には出てこなかったですが、鉄拳も辞さずということもあったそうです。

『サッカー上達の秘訣』エリック・バッティ・ストラトン・スミス著(ベースボール・マガジン社,1972)にヘルベルガーの著作が含まれています。目次は、
1.現代のコーチング(ゼップ・ヘルベルガー)
2.4-2-4の発達と将来の戦術(ナンドル・ヒデグチ)
3.選手とチームづくりに重要な心理学(マット・バスビー)
4.速くて正確なパス(トミー・ドカーティ)
5.現在におけるポジションの機能の特性と将来のゲームが要求するその活動性(ミヘル・ムニョス)
6.基礎技術のコーチング(ジョージ・レイナー)
7.守備の発展と近代サッカーに要求されるもの(エレニオ・エレラ)
8.最も重要なことは得点と攻撃的サッカーである(アルベール・バトー)
9.ナショナル チームの編成(ビセンテ・フィオラ)
10.現代の守備ニ必要な技術的、戦術的知識
11.いかにしてスター選手を発見するか
本映画にも登場していたヒデグチの著作もあります。バスビーやエレラなどの著名監督も書いています。読んだはずですが、何が書いてあったか全然記憶にありません(笑)。

フリッツ・ヴァルターは2002年大会中に亡くなって、ドイツ代表が喪章をつけてプレーしていたはずです。

主人公一家の姓はルバンスキー。ポーランド系炭鉱労働者でカトリック、かのリトバルスキー氏と似たような境遇なんでしょうか。父親の帰還が、日本なら舞鶴港になるはずなのが、列車なのが大陸国らしい。

『マリア・ブラウンの結婚』も1954年大会決勝の放送がエンディングに使われてました。ドイツ復興の象徴なんでしょうね。サッカーではないのですが、スウェーデン映画『My life as a dog』も、子役が主人公で、子供がサッカーで遊ぶシーンがあり、ラストはイングマル・ヨハンソンがボクシング世界ヘビー級チャンピオンになる実況中継放送(多分スウェーデンの国民的記憶)で終るところが似てるなと思いました。

| | Comments (3) | TrackBack (2)

« April 2005 | Main | June 2005 »