« May 2005 | Main | July 2005 »

東京高師のデ・ハビランド氏

日本のサッカーのルーツ校、東京高等師範学校に正式のサッカーを伝えたというデ・ハビランド氏がオスカー女優姉妹の父親だった、というメールをいただきました。

札幌大学名誉教授、柴田勗(つとむ)著 黎明期・北海道のフットボールの胎動-伝道師役を果たした2人のデ・ハビランドの謎- 『比較文化論叢』 no.12 2003 p.1-24

に記されています。明治時代には姓しか記述しないことが多かったので、デ・ハビランド氏の事跡が混乱していたのですが、実は2人いてしかも兄弟だったことを明らかにしたものです。柴田氏は『ブラジルサッカー総覧 : ブラジルサッカーの歴史から用語まで 』(河出書房新社,2001)の著者でもあります。

サッカーに関係したのは弟の方で、フルネームはWalter Augustus de Havilland、1872年8月31日生、1968年5月20日没。メキシコ五輪の年まで生存されていたようです。東京高師に在籍していたのは1904(明治37)年~1906(明治39)年です。当サイトで全文を紹介した内野台嶺著『蹴球思ひ出話』『体育と競技』誌11巻12号(1932年12月)p.128-131 には氏のことが全然出てこないです。内野は明治38年に入学しているのですが。

氏をフルネームでググルと、氏の伝記情報を含む以下のサイトがありました。

http://www3.telus.net/public/swright2/who.html
http://pages.infinit.net/steven/abcofgo.htm

デ・ハビランドというフランス人的な姓はノルマン・コンクェストでウィリアム征服王に従って渡英した家系でチャンネル諸島の名家のようです。10人兄弟の末、名門パブリック・スクールのハローからケンブリッジに進学しています。ウィンストン・チャーチルは2歳下のはずですが、ハローでチャーチルとサッカーしたかどうかはさだかではありません(笑)。イギリスの軍用機メーカーにデ・ハビランド社(第2次大戦の名機モスキートで著名)というのがありますが、創業者は親戚にあたるそうです。

上記2番目のサイトでは、彼の娘ジョーン・フォンテーンはその自伝で"My father placed the index finger of his left hand on the mouth of the Thames, his right index finger at the same latitude on the opposite side of the globe. He found that he was pointing to Hokkaido, a remote island in the Sea of Japan..." と父親が言っていたように書かれてますが、兄が先に函館にいたのでそれを頼ったようです。函館は東経180度ではないし・・。聖職者として辛気臭い一生を送るのが嫌でイギリスを飛び出したようです。

早稲田でも教鞭をとったようです、同僚の妹と最初の結婚をして、オリビア・デ・ハビランド(『女相続人』と『遥かなる我が子』でアカデミー主演女優賞受賞、『風と共に去りぬ』のメラニー役)、ジョーン・フォンテーン(『断崖』でアカデミー主演女優賞受賞)姉妹が生まれます。上記サイトによれば、彼の伝記情報はもっぱらジョーン・フォンテーンの自伝『No bed of roses』(William Morrow, 1978 邦訳なし? 日本ゆかりの人だから邦訳が出ててもおかしくないが)に負うところが大きいようです。

国会図書館の蔵書に、
『Short stories for composition and conversation』(Sanseido, 1905)
『Laws and rules relating to copy-right, patents, designs, and trade-marks』(1908)
『The ABC of Go; : the national war-game of Japan』(Kelly & Walsh, 1910)
の3著作があります。日本における知財権のパイオニア、囲碁を世界に紹介した人物でもあるようです。

日本人のハウスキーパーと再婚し(娘たちには嫌われた)、晩年はバンクーバーで過ごしたようです。

 

| | Comments (3) | TrackBack (1)

南甲子園運動場の航空写真

http://mapbrowse.gsi.go.jp/cgi-bin/airphoto/photo.cgi?index=523502&group=USA10kKK&course=M18-4&num=12&size=small

国土地理院のHPで、1948年に米軍が撮った航空写真です。中央下海岸近くの楕円形が南甲子園運動場の跡地のようです。

拡大図

http://mapbrowse.gsi.go.jp/cgi-bin/airphoto/photo.cgi?index=523502&group=USA10kKK&course=M18-4&num=12&size=normal

甲子園球場の大銀傘が供出されたまま、露天になっているのが痛ましいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヨカタ ヨカタ

最初ロングフィードが全然決らず、途中からショート・パスの交換に。

バーレーン戦ほどではないが、両サイドもむやみに上らず、ボール・ポゼッション重視。

両サイドでトライアングルを作ってボールキープし、中田英などの効果的なサイド・チェンジで相手を消耗させる戦術がアジアでは有効のようです。

コンフェデでは加地、サントス以外のサイドを試してもらいたいです。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

お家芸復活

戦前からの“お家芸”ショート(ダイレクト)パスの交換からの得点シーンが素晴らしかったです。

中盤を厚くして、両サイドも無理に上らずコンパクトを保ち、テンポの早いパス交換によりボール支配できたのが勝因だと思います。

緩めの横パスやバックパスも多くて危ないな、というケースも多かったのですが、なぜかバーレーンの出足が全然なくて、パスがポンポン通ってました。

コンタクト・プレーの後倒れてるのはバーレーンばっかで、相手の脚が止まった後も動けたのはプロ化の成果なんでしょうね。70、80年代なら倒れてるのはこちらで、脚が止まるのも日本が先だったんじゃないでしょうか。

本年「サッカーの殿堂」入りした故・竹腰重丸氏は自著『サッカー』(旺文社,1956)で1930年前後の日本のショート・パス戦術について以下のように述べています。

“ショート・パス戦法は、その名の示すように短いパスが多く用いられたのであるが、それは表面に現れた形からみたところで、その内面にある基本的な作戦-意図-は、冒険的に突進するよりも確実にボールを保持して進み、一定線に達してのち、鋭く最後の突込みを行うという考え方であった。「中盤(ミッド・フィールド)作戦」と最後の「寄せ」ということばが、サッカー用語として現れたのも、このショート・パス戦法(英国でいうクローズ・パッシング・ゲーム Close passing game に相当)時代にはいってからである。”

竹腰氏に見せたいゴールでした。お家芸(スタイル)さえ確立されていれば、誰が監督やっても・・

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »