« 高峰譲吉、辰野金吾はサッカーをしたか? | Main | 海軍兵学寮におけるフットボール »

『旧工部大学校史料』におけるサッカー

東京帝国大学五十年記念行事のひとつとして旧工部大学校史料編纂会編『旧工部大学校史料』(虎之門会,1931)が刊行されています。『旧工部大学校史料・同附録』(青史社,1978)として復刻もされています。工部大学校は現在の霞ヶ関ビルのあたりにあったようです。

「運動」という項目は、一、歩兵操練 二、フート・ボール 三、遊泳術 四、シンチー 五、テニス 六、クリッケット 七、ベースボール 八、ボートレース からなり、「二、フート・ボール」は以下のように記述されています。

“フート・ボールハ明治七年大和屋敷ノ頃ヨリノ唯一ノ運動トシテライメル・ジョンス氏之ヲ指導シ虎ノ門ヘ移転後モ引続キバー氏ヤマーシャル氏ガ更ニ指導者トナリ。明治十五年頃ニ於テモ運動中最モ盛ナルモノナリシ、規程モ至極簡単ニテ二班ニ分レ蹴ルノヲ主トシテ行ハレタリ。”(p.184-185)

これがライメル・ジョーンズ氏-工部大学校1874年起源説の“証拠文献”だと考えられます。

復刻本の「附録」は在校生の回想文で、曽根達蔵(国指定重要文化財・慶應義塾図書館旧館の設計者 工部大学校でジョサイア・コンドルに学ぶ)の「工部大学の思ひ出話」によれば、

“工部大学校の測量学の教師はライマー・ジョンスと云ふ英人であって特に工部大学校設立の為めに英国より聘せられたるにあらずして以前より工部省測量司の御雇測量士であった。従て他の教師と違ひ資格と学力も下位だったのである。”(p.77-78)

とあります。ジョーンズは測量技師で、Dyerのように伝記情報が残るような存在ではなかったようです。ライマーと記されているので、Rymer Jonesなのかもしれません。

古川阪次郎「工部大学に於ける運動其他」には、

“・・それから上の組の頭が玉木弁太郎君及田辺朔郎君であったと記憶して居るが、玉木君は丈が高い(後には肥ったが)ので、フットボールの時分には、いつでも玉木君がゲートキーパーであった。”(p.137)

とあり、GKを置いた「サッカー」だったことがわかります。弱冠20代で琵琶湖疎水を完成させるという偉業をなしとげた田辺朔郎もサッカーをしていたようです。

門野重九郎「工部大学に於けるスポーツ」には、

“四、フートボール
 此のゲームは溜池運動場にて盛なりしが今日のアッソシエーションの前身とも云ふべく其のルールも至って簡単にして今日の如く前営、中堅、後営などと確然と定まった陣営も無く唯早く球をゴールに蹴込むに勉めたるものなり。”(p.142)

とあり、「サッカー」だったことを“証言”しています。

この本が出た1931年といえば、東大が東京コレッヂ・リーグを竹腰重丸を中心として6連覇中、赤門スポーツとして唯一気を吐いていました。OBの中にはサッカーに関心があった人もいたかもしれません。『日本サッカーのあゆみ』編纂の中心人物、新田純興氏も東大工学部(冶金科)OBなので、工部大学校OBと接触があっても不思議はないのですが。


|

« 高峰譲吉、辰野金吾はサッカーをしたか? | Main | 海軍兵学寮におけるフットボール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『旧工部大学校史料』におけるサッカー:

« 高峰譲吉、辰野金吾はサッカーをしたか? | Main | 海軍兵学寮におけるフットボール »