« アーロン収容所 | Main | 日本で初めてサッカーをした「可能性」のある人々-工部大学校篇 »

日本で初めてサッカーをした「可能性」のある人々-海軍篇

ここ数日当日誌で紹介してきたように、日本で最初にサッカーをしたのは海軍兵学寮か工部大学校に所属していた人たち、ということになります。

ダグラス在籍時の海軍兵学寮に在籍していた著名人としては、山本権兵衛(2期 日露戦争時の海相 後首相(2回))、斎藤実(6期 日露戦争時の海軍次官 後海相 首相)、加藤友三郎(7期 日露戦争時の連合艦隊参謀長 後海相 首相)の総理大臣経験者3人、さらに日高壮之丞(2期)、片岡七郎(3期)、上村彦之丞(4期 日露戦争時の海軍軍務局長)、出羽重遠(5期)、伊集院五郎(5期 日露戦争時軍令部次長)、三須宗太郎(5期 日露戦争時の海軍人事局長)、島村速雄(7期)などの海軍大将たちがいます。日露戦争時の省部、軍令部、連合艦隊の要職をしめ、政治家としても日本のトップに登りつめた人たちです。

→ http://homepage2.nifty.com/nishidah/p_xcx01.htm

山本権兵衛は1852年生まれ、1870年兵学寮入寮、加藤友三郎は1861年生まれ、1873年入寮。
加藤は12歳で兵学寮に入ってます。随分歳の違う人が学んでいたわけですね。

いないのは東郷平八郎と秋山真之だけ(笑)。 

|

« アーロン収容所 | Main | 日本で初めてサッカーをした「可能性」のある人々-工部大学校篇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本で初めてサッカーをした「可能性」のある人々-海軍篇:

« アーロン収容所 | Main | 日本で初めてサッカーをした「可能性」のある人々-工部大学校篇 »