« 新田純興氏が『サッカー』誌に寄稿した記事 | Main | 『広島スポーツ100年』 »

広島一中の校史

『広島一中国泰寺高百年史』(母校創立百周年記念事業会,1977)p.293-294 に以下の記述があります。

“一八年頃で、蹴球と縁のあるのは、似島にいた外国兵士捕虜との交流である。この捕虜とのことについて、「日本サッカーのあゆみ」から
引用する。

  第一次大戦のとき、似島にあったドイツ兵捕虜収容所のチームが、剣付鉄砲の護衛つきで、広島高師のグラ  ンドへ来て、高師、一中、 師範などと試合をしている。捕虜となったドイツ人はみな青島守備隊にいた人たち  で、収容所では唯一の楽しみ・訓練として、 フットボールが許されていたのである。スコアは0-5、0-8、0- 6などと相当な開きが記録されているが、護衛下の親睦気分で なかったら、スコアはもっともっと大きく開いた  だろうといわれている。パスはよく通り、タッチラインから外へは出さず、見ていて も大いに役に立てたものと思 われる。     (大正8年ごろ)

 このドイツ捕虜のすばらしい蹴球を見て、ちょうど、「蟷螂(カマキリ)の斧で戦争に向かうがごとし」と驚いた広島高師の主将田中敬孝(大5卒)は、毎日曜日似島に渡り、捕虜から本場のプレーを習っては部員に伝え、夏休みには神戸一中、姫路一中、御影師範、八幡商業などへコーチに行った。似島ではドイツ式のサッカーを、とくに一軍のキャプテンのグランサーから習得した。捕虜チームはカイゼルヒゲをつけた海軍の精鋭で、ユニフォームもツートンカラー、広島高師は白い体操着に近いいでたちで、どっちが捕虜か、わかりにくかった。似島のドイツ式サッカー術は西日本一円にひろがったのである。「今日はだれでも知っているヒールキックも、捕虜がはじめて見せてくれた技術で、みんな、たまげたものです。ヒールキープ、サイドキックもそうでした。似島の収容所は、バラックにかいこだなのベッドだったが、羽目板にゴールデンバットの空き箱を壁紙のようにはりつめていたのを覚えています。」(朝日新聞昭和50年6月25日、新風土記、広島県「少年の島」<サッカー>)

 田中敬孝は本校でも蹴球をやっていたが、広島高師に進み、本校で部監の岡部教師が転任したので、その後任として高師卒業後、本校の教諭兼部監となり、やがて全国優勝へ導いたのである。そして男子ばかり五人の子供もみなサッカー選手というサッカー一家の親でもある。・・”

田中敬孝は第4代JFA会長野津謙(一高、東大)と広島一中で同期です。“キャプテン会長”(単なる名誉職ではない会長という意味。現川淵氏も多分野津氏を意識しているのでは)とよばれた野津の最大の功績は西ドイツからクラマー氏を招聘したことです。ドイツ人捕虜と交流したのは野津の卒業後ですが、不思議な因縁を感じます。

広島一中でサッカーが始まったのは弘瀬時治校長時代ですが、この人は東京高師OB、やはりイートンの賛美者で、当時の野球過熱に反感をもっていたそうです。

|

« 新田純興氏が『サッカー』誌に寄稿した記事 | Main | 『広島スポーツ100年』 »

Comments

個人的に作った年表では、戦前を
1896東京高等師範学校にサッカー部創立
1900御影師範(後の神戸大学)にサッカー部創立
1902広島高等師範学校(後の広島大学)創立
1903東京高等師範学校×横浜外国人クラブが初の国際試合
1905広島高等師範学校付属中学創立
1908埼玉師範(後の埼玉大学)にサッカー部設立
1911広島一中(後の広島国泰寺高校)にサッカー部創立
1913神戸一中(後の神戸高校)にサッカー部設立
1917極東選手権大会参加、初の日本代表結成
東京蹴球団結成
1918中学(後の高校)選手権始まる
1921JFA結成
全日本選手権始まる
1922関西大学リーグ始まる
1923東京コッレジリーグ始まる
1929FIFA加盟
1930極東選手権大会参加で初優勝
1931第一次機関紙「蹴球」創刊
1936ベルリンOLでベスト8
1938フランスW杯アジア予選棄権
としています。
各地での普及開始年がわかると、もっと面白いんですが。

Posted by: 藤大納言 | August 02, 2005 at 09:15 PM

広島一中のフットボール部創設は1903年だそうですが、東京高師OB松本寛次が1911年赴任までは円陣フットボールをやっているようなレベルだったらしいです。

国泰寺高校の校史で興味深かったのは、弘瀬校長がやはり野球人気に反感をもっていて、わざわざ東京高師から松本をスカウトしてサッカーを校技にしたことです。

明治末から大正にかけてサッカーを校技にした諸中学校、すなわち、広島一中=国泰寺、神戸一中=神戸、湘南中=湘南、志太=藤枝東、東京府立四中=小石川・・など、なにか共通点がありそうな気配があります。

Posted by: 蹴球閑人 | August 03, 2005 at 10:25 PM

年表の範囲を拡大しました。サッカーを校技にした旧制中学は、都会に立地し、時の校長がアンチ野球、或いは英国紳士志向だったような気がします。

AD0頃 古代中国で蹴鞠
644 中大兄皇子と中臣鎌足が蹴鞠を 楽しむ
中世 イタリアでカルチョ・ストーリコ、イングランドで原始フットボールが盛ん。
1863 イングランドでFA創立(サッカーとラグビーの分離)
1872 FA杯始まる
最初の国際試合 イングランド×スコットランド
1873 英国海軍アーチフオールド・ダグラス少佐が築地の海軍兵学寮でフットボールを指導
1874 英人ライメル・ジョーンズが工学寮(東京大学工学部)でサッカーを指導
1886 東京高等師範学校(後の筑波大学)創立。蹴球授業も。
1896 東京高等師範学校にサッカー部創立
1900 御影師範(後の神戸大学)にサッカー部創立
1902 広島高等師範学校(後の広島大学)創立
1903 東京高等師範学校×横浜外国人クラブが初の国際試合
東京高等師範学校「アッソシエーションフットボール」刊行
1904 FIFA結成
1905 広島高等師範学校付属中学創立
1908 埼玉師範(後の埼玉大学)にサッカー部設立
1911 広島一中(後の広島国泰寺高校)にサッカー部創立
1912 明星商(明星高)にサッカー部創立
1913 神戸一中(神戸高)、明倫中にサッカー部創立
1914 松本中(松本深志高)にサッカー部創立
1917 極東選手権大会参加、初の日本代表結成
東京蹴球団結成
1918 日本フートボール大会/中学(後の高校)選手権始まる
岐阜中(岐阜高)にサッカー部創立
1921 大日本蹴球協会/JFA結成
全日本選手権始まる
1922 関西大学リーグ始まる
京都紫光クラブ誕生(パープルサンガの母体)
1923 浦和中(県浦和高)、志太中(藤枝東高)、刈谷中(刈谷高)、富山中(富山高)にサッカー部。モン・チョー・デイン「サッカー」刊行
1924 東京コレッジリーグ始まる。早稲田大、府立五中(小石川高)、湘南中(湘南高)、浜松中(浜松北高)にサッカー部。明治神宮大会始まる
1927 慶応大、韮崎中(韮崎高)にサッカー部
1928 小田原中(小田原高)、庵原中(清水東高)にサッカー部
1929 FIFA加盟。野津謙・鈴木重義「ア式蹴球」刊行
1930 極東選手権大会参加で初優勝
W杯始まる(ウルグアイ大会)
1931 第一次機関紙「蹴球」創刊
1932 仙台一中(仙台一高)にサッカー部
1936 ベルリンOLでベスト8
1938 フランスW杯アジア予選棄権
1948 第二次機関紙「サッカー」創刊
1949 堀江忠男・加茂健「サッカー」刊行
1950 FIFA復帰
1951 アジア大会3位
1952 大学選手権始まる
1953 第三次機関紙「蹴球」創刊
1954 スイスW杯アジア予選初参加
1956 AFC結成、加盟
メルボルンOLに出場。竹腰重丸「サッカー」刊行
アジア杯始まる
1957 帝京高にサッカー部
1958 市田左右一JFA理事がFIFA理事(アジア地区)に就任
1962 私設応援団「日本サッカー狂会」誕生
1964 東京OLでベスト8
1965 日本サッカーリーグ始まる
1966 サッカーマガジン創刊
1967 アジア・クラブ選手権(ACC)始まる
1968 メキシコOLで3位
1969 野津 謙JFA会長がFIFA理事(アジア地区)に就任
1974 JFAの財団法人化
協会50年史「日本サッカーの歩み」刊行
1978 JFA内でクーデター、会長、専務理事交代で改革へ
1979 U20開催
. 第四次機関紙「JFAニュース」創刊
1981 トヨタ杯(インターコンチネンタル杯)始まる
1985 メキシコW杯アジア最終予選で敗退
1986 古河電工がACCで優勝
1987 読売クラブがACCで優勝
1990 アジア・カップウイナーズ(ACW)選手権始まる
1991 日産がACWで優勝
1992 ダイナステイ杯で優勝
アジア杯で初優勝(広島)
横浜マリノスがACWで優勝
1993 Jリーグ始まる
アフロ-アジア選手権で優勝
アメリカW杯アジア最終予選でドーハの悲劇
女子W杯に出場
1994 横浜フリューゲルスがACWで優勝
1995 U20でベスト8
U17出場
女子W杯でベスト8
インターコンチネンタル杯に参加
英アンブロ杯に参加
ベルマーレ平塚がACWで優勝
1996 アトランタOL男子がブラジルを破るも、GLで敗退
女子もGLで敗退
「協会75年史」刊行
1997 U20でベスト8
W杯初出場を決める(ジョホールバル)
1998 フランスW杯に出場、1R敗退
ジュビロ磐田がACCで優勝
1999 U20で準優勝
女子W杯に出場
パラグアイのコパ・アメリカに参加
清水エスパルスがACWで優勝
2000 モロッコのハッサン2世杯に参加
シドニーOLでベスト8
アジア杯で2度目の優勝(レバノン)
2001 U20出場
U17出場
コンフェデレーションズ杯で準優勝
中田セリエAローマでスクデッド
2002 小野(ロッテルダム・フェイエノールト)UEFA杯優勝
プレミアLでアーセナル優勝(稲本出番なし)
中田(パルマ)コッパ・イタリア優勝
岡野JFA会長、東アジアサッカー連盟初代会長に就任
⑰W杯日韓大会開催、日本はベスト16
小倉純二JFA副会長がFIFA理事(アジア地区)に就任
U21の代表がアジア大会で準優勝
2003 コンフェデレーションズ杯でグループリーグ敗退
女子W杯に出場
U20でベスト8
サッカー博物館オープン
東アジア選手権始まる
ACCとACWが統合してアジア・チャンピオンズリーグに
2004 アジア杯で3度目の優勝(中国)
アテネOLでGL敗退
女子はベスト8
2005 W杯出場を決める
U20出場
コンフェデレーションズ杯でグループリーグ敗退

Posted by: 藤大納言 | August 03, 2005 at 11:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45875/5224876

Listed below are links to weblogs that reference 広島一中の校史:

« 新田純興氏が『サッカー』誌に寄稿した記事 | Main | 『広島スポーツ100年』 »