« July 2005 | Main | September 2005 »

JFAのエリート主義(1)

1910年代から中学校にサッカーが普及し始め、1920年代にはその中学生が進学した高等学校、大学にもサッカーが普及していきます。→ http://fukuju3.hp.infoseek.co.jp/colum5.htm

1918年の大学令によって私立大学や単科大学が大学として正式に認定され(大学令以前は東京、京都、東北、北海道の4帝国大学のみが“正式”の大学だった)、1920年代には大学生人口が爆発的に拡大します。野球の東京六“大学”リーグやサッカーの東京“コレッヂ”リーグが始まり、ほぼ同時に全国紙が成立し、ラジオ放送(実況されたのは野球)が開始され、カレッジ・スポーツとしての野球が全国的人気を得ることになります。

サッカーの場合、極東大会日本代表の構成が変化します。初勝利した1927年の代表は全員大学生、高校生(現在でいえば大学生)になり、代表における大学生(OBを含む)の優勢は、プロ化するごく最近まで続くことになります。

こうした大学生の進出を背景に、大日本蹴球協会では、協会運営の主導権を大学OBが握ろうとする動きがでます。1921年に設立された大日本蹴球協会は、東京高等師範学校校長嘉納治五郎の指示により、同校教授の内野台嶺が事務方の中心で、理事7名のうち4名は東京蹴球団(東京高師、青山師範、豊島師範のOBチーム)から横滑りしていることからわかるように、師範学校系の人脈を中心に動いていました。1929年の理事改選の内幕が、「日本のサッカー古代史(下)」(『サッカー』no.15 1962所収)という座談会で語られています。

“新田(純興):「このあと協会の改造がありますね。日本サッカーは高等師範や青山、豊島の師範系の人がリードして来たんだが、大学の関係者が理事に多数送りこまれるようになっている。」

鈴木(重義):「昭和四年の改選だね。今や日本のサッカーが国際蹴球連盟(FIFA)に加盟して世界的に伸びるためには、ぜひとも大学の連中が出なければいかん。大学系の人たちが基幹となって全国的にまとめていこうといううんでやったんですよ。」

野村(正二郎):「僕らはそのころのことしか知らないんだ。今までの古代史はどうもネ(笑い)」

鈴木:「それで各大学の主だった人々が私の家に集まって、どうも協会はこのままではいかん。大改造をするか、つぶしてしまうかという動きが出ましてネ。私が遅く家に帰ると私の家は各大学の主だった人がもういっぱいに集まっていて今度の(昭和四年)改選期にはぜひ何とかしたいと協議中だった。そのころ大学出で協会の役員をしていたのは野津さん、岸本武夫さん、慶応の千野正人さんと僕。それが並び大名的存在だった地方代表の理事にも呼びかけて、従来のような白紙委任や、前回通りという投票ではなく、新らたに堂々と投票してもらいたいという運動をやったんだ。理事会の席上での野津さんとのチームワークも成功して、われわれの提案が採用された。その結果われわれの申し合わせた人達は最下点ではあったが、とにかく理事に就任した。その顔振れは、中島道雄、井染道夫、峯岸春雄、竹腰重丸の四人だった。その時の最高点は山田の午郎さん。」

新田:「しかも一年ばかりすると、その午郎さんを、運動部担当の新聞記者を理事にしておくのは具合が悪いといって辞めてもらったりしている。他の理事が辞めた時に例をみない記念品贈呈なんかをやってるところをみると、よっぽど苦心したんだネ。(笑い)」”

発言者の新田は東大、鈴木、野村は早稲田OB、文中に出てくる野津、岸本、中島、竹越は東大、井染は明大、峯岸は農大OB,山田は青山師範OBで朝日新聞記者。

日本協会は1929年にFIFA加盟しており、1932年のロサンゼルス五輪(結局サッカーは競技として採用されなかった)で世界大会初参加を目指していたようです。

それにしても、大学OBの進出、言い方を変えれば師範系OBの“排除”が露骨に語られています。この大学OBの協会への進出は左翼弾圧と関係あるのではないかというメールをいただいたことがあるのですが、定かなことは不明です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

野球史とサッカー史における日系移民の役割

『広島一中国泰寺高百年史』に1913年野球部は広島に遠征してきたハワイハイスクールチームと対戦、9-7で勝利(p.277)、とありました。1905年、すなわち東京高師で正式のサッカーが始まった直後、早稲田野球部は米国本土に遠征し、ワインドアップ投法など本場の技術・戦術を学んで帰国しています。英語もろくにできない早稲田チームの世話を焼いたのは日系人。http://www.ochanoma.info/sc_baseball.html によれば、日本チームが渡米しただけでなく、主として日系人からなる米国チームも早くから来日し、本場のプレーを伝えたようです。

サッカーが初めて“本場”に遠征するのは1936年のベルリン・オリンピックですから、その差はあまりにも大きいです。野球の場合、ハワイや西海岸に多くの日系人が居住していたことが、“本場”との交流に役立ったのですが、サッカーでは戦後のブラジルとの交流を待たなければなりませんでした。

野球では、米国(ハワイ)生まれ若林忠志(野球の殿堂入り http://www.baseball-museum.or.jp/baseball_hallo/detail/detail_017.html)、与那嶺要(野球の殿堂入り http://www.baseball-museum.or.jp/baseball_hallo/detail/detail_112.html)、カイザーこと田中義雄らが名選手・監督として野球史に大きな足跡を残しています。野球では、若林や田中のようにすでに戦前から多くの日系人が活躍しています。

サッカーでもJSL時代、ネルソン吉村をはじめとしてセルジオ越後、ジョージ与那城らが来日し、本場ブラジルのプレースタイルを伝え、日本サッカーの発展に寄与したことは記憶に新しいところです。

日本の南米移民が本格化したのは、米国で排日移民法が成立した1924年以降のこと、現地のスポーツに親しむことができる二世・三世が成人するまでかなりのタイム・ラグがあり、それが野球史とサッカー史における日系人の活躍の“時差”になったというべきでしょう。

野球本でもサッカー本でも“外人”をとりあげた本はあるのですが、それぞれの競技の範囲内にとどまっています。移民史も含めて野球とサッカーにおける日系人の役割をトータルな視点でとりあげれば面白いヨミモノができそうな気がするのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

“紳士のスポーツ”としてのサッカー

サッカーが中学校に普及しだすのは1910年代、大正1年=1912年なので、大正時代以降といってよいでしょう。明治末には野球人気が過熱気味で、東京朝日新聞が「野球と其害毒」という反野球キャンペーンを張ったのは明治44(1911)年8月29日~9月19日です。第一高等学校校長新渡戸稲造の談話では“巾着切の遊戯”たる野球に対比して蹴球が “彼の英国の国技たる蹴球の様に鼻が曲っても顎骨が歪むでも球に齧付いて居る様な勇剛な遊びは米人には出来ぬ。”ととりあげられています。

http://fukuju3.hp.infoseek.co.jp/yakyu.htm

こうした反野球の風潮のもとでサッカーが奨励されることになります。

広島一中の校長弘瀬時治、神戸一中の池田多助はいずれも高師の卒業生で、英国流のパブリック・スクール教育の信奉者、弘瀬が野球に代えてサッカーを校技としたがっていたことは校史に明記されています。広島一中や神戸一中では既存の野球部を廃止するまでにはいたりませんでしたが、大正時代の新設校、刈谷、志太、湘南、東京府立五中などでは最初からサッカーを校技にする方針で、野球部を作らせなかったようです。

中学校におけるサッカーは自然に普及したのではなく、過熱する野球人気に反感をもった教育者たち(おしなべて英国流のパブリック・スクール教育の賛美者)によって、“巾着切の遊戯”たる野球に染まらないように、紳士たるにふさわしい競技として上から奨励されて普及したのです。

サッカーが“巾着切の遊戯”に対する“紳士のスポーツ”として普及してしまったので、規律正しくフェアプレー重視ではあるが、アソビがなくて融通が利かないという、「日本サッカーの伝統」が形づくられたのではないでしょうか。また、“紳士のスポーツ”として自らを定義することにより、競技の“大衆化”という点でも限界をつくってしまったのかもしれません。

もっともこの伝統も最近はブラジル流マリーシアに侵食されてかなりアヤシクなっていますが、レフェリーだけは完全に伝統を墨守しているようです。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

大正時代に蹴球を校技にした校長たち

広島一中(国泰寺) 弘瀬時治 1906~1925 東京高師から松本寛次をスカウト 

神戸一中(神戸) 池田多助 1924~1945 東京高師から河本春男をスカウト
池田は神戸一中OB。広島高師、京大卒。1925年4月~1926年2月英国留学、
パブリック・スクールに自ら起居して英国流教育を学ぶ。

刈谷中(刈谷) 羽生隆 1919~? 野球を禁止 イートンをモデルとする

志太中(藤枝東) 錦織兵三郎 1924~1930
http://www.city.fujieda.shizuoka.jp/asp/f0040.asp?eno=L698184462

湘南中(湘南) 赤木愛一郎 1921~? 東京高師から後藤基胤をスカウト 野球を禁止
http://www.shonan-soccer.com/shonan_obkai/pages/kinensi/mokuji.html

東京府立五中(小石川) 伊藤長七 1919~1930? 野球を禁止
伊藤は異色の経歴の持ち主。東京高師卒。
→ http://www.asahi-net.or.jp/~yi9e-mzn/t-itou.htm
    

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『広島一中国泰寺高百年史』より(2)

蹴球を奨励した広島一中校長弘瀬時治の略歴。

慶応年高知県生。明治16年高知中学校初等中学科、明治18年高知県師範学校、明治23年東京高師卒。
千葉県、岩手県、東京府師範学校教諭を経て明治35年広島師範校長。
明治39(1906)年広島一中校長、以後大正14(1925)年まで19年にわたって校長を務める。

1913年野球部は広島に遠征してきたハワイハイスクールチームと対戦、9-7で勝利(p.277)

“ハワイハイスクールチームは、ハワイ在留邦人・米人の混合チームで投手は米人ロペス、本場の野球をやって強く、横浜上陸以来連戦連勝であった。”(p.277)

野球部、1915(大正4)年朝日新聞社主催第1回全国優勝野球大会に出場。

1918(大正7)年弘瀬校長は野球部の新聞社関係の対外試合を禁止。その理由として、

1)野球関係で事故が続いた。打球が見物していた生徒に当って死亡、“山陽大会に連敗の直後、流感にかかった田辺選手が野球のウワゴトを言いながら他界”、・・
2)“十六年六月早々弘瀬校長は三年生以上の生徒に対して講堂で訓話をしている。そのメモからその一部を採録してみよう。「教育は生徒の人格を育成するにあって、プロ選手をつくるのではない。」という運動に対する弘瀬校長の所信が出ている。本校は野球に代えてサッカーを学校の中心競技にしたいとの意向もあったようである。”(p.283-284)
3)“また過熱な応援合戦も心配の種だった。本校と広島商(当時の所在地は竹屋町)は学校が近くにあったので、広島市内が二つに分れてのけんか応援は、風俗上よくないとの判断がなされた。”(p.284)

“かくして、山陽野球界に覇を競った本校は、これ以来沈滞していくのである。この対外試合は蹴球部にも及び、神戸高商主催の大会で優勝しながらも、毎日新聞社主催の全国中等学校蹴球大会に参加できず、二六年に初めて(弘瀬校長が大正十三年退職後)参加するのである。誕生したばかりの徒歩部も、織田、沖田の名選手を持ちながら朝日新聞社主催の全国中等学校陸上競技大会に出場できず、二二年九月神戸高商主催の全国大会に優勝するのである。生徒はこれを全国大会と称して、全国制覇成ると信じてやまなかったのである。”(p.285)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『広島一中国泰寺高百年史』より

p.231-233

“蹴球部

 日本でのサッカーの始まりは、一八七三(明治六)年ダグラス少佐ら英国軍人が東京築地海軍兵学寮でフットボールを紹介したことで、これは「押し合う、打ち合う、ける、なげる、猛烈なこと、野蛮なことはその比を見ないほど」というように、現在のサッカーとはイメージの異なった形で行われ、学校の中にも早くから取り扱われていたようである。

 日本の蹴球の元祖は、一八九六(明治二十七)年東京高師にフットボール部が誕生した時である。現在に近い形の蹴球の始まりは、一九〇三(明治三十六)年東京高師フットボール部による『アッソシエーションフットボール』の出版と、一九〇四年東京高師と東京築地外人学校の対外試合であった。この蹴球が全国に普及される形には、各地の中学校や師範学校に教員として赴任した東京高師出身者の手によるもの、高等学校や師範学校に外国語教師としてきた外人教師の手によるものの二つの形があった。

 広島地方の蹴球は広島高師、広島師範、本校の三つの系統で発達した。広島高師は一九〇六年に課外活動として蹴球をはじめ、翌年に同校幹事が東京高師で紅白試合を実際に見てきた。一九〇七年同校卒業生岩田久吉が神戸一中を本格的に指導し、一一年にはオックスフォードを出たプリングルが広島高師へ赴任して蹴球も指導したのを見て、広島付属中学校でも蹴球をやり始めた。広島師範は一三年に東京高師卒業の出射栄が赴任してから始めたと言われる。

 本校では、早くから郡友会を中心にフットボールをやっていた。ルールもなしにボールを蹴り、校庭でも数人が集まって輪になってボール蹴りをしていたので、サッカーの下地はすでにあったとみるべきである。また明治末年には東京高師出身の教員がサッカーやラグビーをルールを交えて教えていたようであるが、まだ本格的には実施されていなかった。本校では野球に生徒が夢中になり、上級学校の進学率が低下し、学校当局を悩ませていた。弘瀬校長は蹴球を校技として奨励したいという願望をもち、一一年日本サッカー誕生の地東京高師で蹴球部のマネージャー(役員)として活躍していた新進の教師松本寛次(数物科卒業)を懇望した。松本寛次は卒業を前にして校長との間に、本校に就職することを約束し、卒業後の四月に赴任した。この松本寛次の赴任によって蹴球部の道は開かれていくのである。

 蹴球部誕生のきっかけは松本寛次が蹴球の指導を命ぜられたことに始まる。松本は運動場を東西に二分し、東部を野球が、西部を蹴球が使用することとし、西部の北と南にゴールを建て、蹴球の場を確保することを手始めとした。次に普及、指導のため、毎日運動場に出て生徒とともにボールを蹴ることを始めた。「あまり職員が生徒と一緒に遊ぶことがなかった」当時、この行動によって大変生徒に親しまれ、蹴球部ができた後も続いた。こうして蹴球部誕生の基礎はできあがり、練習に参加する生徒も次第に増加して、翌一二年蹴球部は、校友会の中に予算を与えられて発足した。一九一三(大正三)年度「部勢を盛んにせねばならぬと考えて、新入生を講堂に集めて肩を怒らせて大いにぶった」結果、二百名の新入生中約百二十名の入部者があった。当時の予算は、五十円位のボールを買う余裕さえなかった。当時は対外試合の規則はきびしく、広高師主催蹴球大会で高師と対する以外に行われなかった。このような状態で満足できなかった蹴球部員が一九一五(大正四)年の冬休暇に学校に無断で神戸遠征を企てることになるのである。”

「弘瀬校長語録」(p.195)

“○ナポレオンをウォータールーの戦いで破った英国のウェリントン侯がイギリスに凱旋した時、母校イートン(英国の名門校)を訪れ、「ウォータールーの勝利の原因は実にこのイートンの運動場にある」(わが中学校に学ぶ者が次代の日本を背負うて立つ者だとの信念があったという)”

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『広島スポーツ100年』

『広島スポーツ100年』金桝晴海著(中国新聞社,1979)p.61に以下の記事がありました。

“「ドイツ捕虜のサッカー 交歓試合で欧州の高級技術を披露」

 大正八年一月、ドイツ人捕虜の体育大会が広島高師グラウンドで開かれている。

 大正三年に第一次大戦が始まり、日本は青島を占領した。そのときのドイツ人捕虜
が七百人余り、広島湾の似島にいた。収容所はバラック囲いだけの粗末なものだった。

 大会は広島県教育会が体育奨励とドイツ人の競技を見学する目的で開いた。広島の
人たちは初めてヨーロッパのスポーツに接した。

 記事によると、第一日は拳(けん)ボールとホッケー。第二日は陸上競技とサッカー、
体操が行われた。バッチヒ中尉以下五十人の捕虜団は上田歩兵大尉の引率で入場し、
雪混じりの強い風の中で規律正しく、競技を楽しんだ。

 拳ボールとは聞きなれないが、庭球とバレーボールを混合したようなもので、五人一組
でサッカーのボールをネット越しにこぶしで打って得点を争った。広島にホッケーが
入ってくるのは数年後だが、このときホッケーの模範競技が行われている。

 体操では大車輪を見事に演じたとある。陸上は鉄塊投げが11メートル、棒高跳び、
走り高跳びで好記録が出た。「これらの競技は一般にわが学生の方法と多少の差なきに
あらざるも、彼らの技術に至りてはわが学生の遠く及ぶところではない。サッカーでは
彼らの規則正しき点と、各人の連絡の良さと、機敏の警戒とはわが学生に決して
見られない点である」(原文のまま)の記事がある。

 この大会とは別に、一月十六日、ドイツ人捕虜と高師、県師がサッカーの交歓試合
をしている。ドイツ人側から申し込んできたもので勝負は問題にならず、県師は5-0
で敗れた。しかし、この試合は広島のサッカー界に大きな影響を与えた。

 県中サッカー部の出身で、当時高師の主将だった田中敬孝(八〇)=広島市翠町=は
「ヘディングで競り合っても届かない。体力も技術も問題にならなかった。広島の選手
とはボールのけり方から違っていた。ドイツ人は自在にボールを操った。プロまがいの
選手もいた」と話す。

 ケタ違いのサッカーに接した田中は、ぜひドイツのサッカーを学びたいと思った。
わざわざ陸軍運輸部の許可を取り付けて小船を出してもらい、日曜日ごと似島に渡った。
捕虜たちのチームに入ってプレーした。一軍のキャプテンだったグラーザという若い
人が親切に教えてくれた。本までもらった。

 似島でドイツ式サッカーを学んだ田中は学校の休みには姫路、御影の師範、神戸一中
などを回って指導した。似島のドイツ・サッカーは広島だけではなく、関西まで浸透
したのである。

 田中は翌九年、県中の教諭になった。サッカー部監としてチームを育てた。大正十年、
広島一中は神戸高商主催の関西中等大会で初優勝を飾る。”

「交歓試合をしたドイツ人捕虜と県師のサッカーチーム」(惣野真澄氏提供)という写真もあります。

また、「跳躍一路・織田幹雄」(p.77)には、

“一中はサッカーが強かった。左利きの織田は不思議に両足がうまく使え、どちらの足でも同じようにけることができた。足も速かった。三年のころはフルバックをやったり、フォワードのレフトウイングを務めたこともあるという。「もともとサッカーがやりたかった」と話す。”

日本最初のゴールド・メダリストは“道を誤らなければ”日本代表クラスになってたはず(広島一中から早稲田という「サッカーの黄金コース」を歩んでいるのですが)。Hop Step Jumpを「三段跳び」と訳したのは織田自身とのこと。

「蹴球の草分け時代」(p.48)には、

“明治四十四年二月の中国新聞に、広島高師の蹴(しゅう)球大会の記事がある。校内大会のほかに高師三年組と広島商の試合が行われ、2-0で広島高師が勝った。大正元年の大会には広島中と高師数物科、広島商と高師一、二年組。同二年には高師と広島中(県中)広島商の連合軍が試合をしている。

 広島高師では早くからサッカーに注目、明治三十九年には課外運動に採り入れていた。四十四年、オックスフォード出のC・M・プリングル教授が着任して、本格的にサッカーを指導、ラグビーも始めていた。”

という記述もあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »