« 野球史とサッカー史における日系移民の役割 | Main | やっと完成 »

JFAのエリート主義(1)

1910年代から中学校にサッカーが普及し始め、1920年代にはその中学生が進学した高等学校、大学にもサッカーが普及していきます。→ http://fukuju3.hp.infoseek.co.jp/colum5.htm

1918年の大学令によって私立大学や単科大学が大学として正式に認定され(大学令以前は東京、京都、東北、北海道の4帝国大学のみが“正式”の大学だった)、1920年代には大学生人口が爆発的に拡大します。野球の東京六“大学”リーグやサッカーの東京“コレッヂ”リーグが始まり、ほぼ同時に全国紙が成立し、ラジオ放送(実況されたのは野球)が開始され、カレッジ・スポーツとしての野球が全国的人気を得ることになります。

サッカーの場合、極東大会日本代表の構成が変化します。初勝利した1927年の代表は全員大学生、高校生(現在でいえば大学生)になり、代表における大学生(OBを含む)の優勢は、プロ化するごく最近まで続くことになります。

こうした大学生の進出を背景に、大日本蹴球協会では、協会運営の主導権を大学OBが握ろうとする動きがでます。1921年に設立された大日本蹴球協会は、東京高等師範学校校長嘉納治五郎の指示により、同校教授の内野台嶺が事務方の中心で、理事7名のうち4名は東京蹴球団(東京高師、青山師範、豊島師範のOBチーム)から横滑りしていることからわかるように、師範学校系の人脈を中心に動いていました。1929年の理事改選の内幕が、「日本のサッカー古代史(下)」(『サッカー』no.15 1962所収)という座談会で語られています。

“新田(純興):「このあと協会の改造がありますね。日本サッカーは高等師範や青山、豊島の師範系の人がリードして来たんだが、大学の関係者が理事に多数送りこまれるようになっている。」

鈴木(重義):「昭和四年の改選だね。今や日本のサッカーが国際蹴球連盟(FIFA)に加盟して世界的に伸びるためには、ぜひとも大学の連中が出なければいかん。大学系の人たちが基幹となって全国的にまとめていこうといううんでやったんですよ。」

野村(正二郎):「僕らはそのころのことしか知らないんだ。今までの古代史はどうもネ(笑い)」

鈴木:「それで各大学の主だった人々が私の家に集まって、どうも協会はこのままではいかん。大改造をするか、つぶしてしまうかという動きが出ましてネ。私が遅く家に帰ると私の家は各大学の主だった人がもういっぱいに集まっていて今度の(昭和四年)改選期にはぜひ何とかしたいと協議中だった。そのころ大学出で協会の役員をしていたのは野津さん、岸本武夫さん、慶応の千野正人さんと僕。それが並び大名的存在だった地方代表の理事にも呼びかけて、従来のような白紙委任や、前回通りという投票ではなく、新らたに堂々と投票してもらいたいという運動をやったんだ。理事会の席上での野津さんとのチームワークも成功して、われわれの提案が採用された。その結果われわれの申し合わせた人達は最下点ではあったが、とにかく理事に就任した。その顔振れは、中島道雄、井染道夫、峯岸春雄、竹腰重丸の四人だった。その時の最高点は山田の午郎さん。」

新田:「しかも一年ばかりすると、その午郎さんを、運動部担当の新聞記者を理事にしておくのは具合が悪いといって辞めてもらったりしている。他の理事が辞めた時に例をみない記念品贈呈なんかをやってるところをみると、よっぽど苦心したんだネ。(笑い)」”

発言者の新田は東大、鈴木、野村は早稲田OB、文中に出てくる野津、岸本、中島、竹越は東大、井染は明大、峯岸は農大OB,山田は青山師範OBで朝日新聞記者。

日本協会は1929年にFIFA加盟しており、1932年のロサンゼルス五輪(結局サッカーは競技として採用されなかった)で世界大会初参加を目指していたようです。

それにしても、大学OBの進出、言い方を変えれば師範系OBの“排除”が露骨に語られています。この大学OBの協会への進出は左翼弾圧と関係あるのではないかというメールをいただいたことがあるのですが、定かなことは不明です。

|

« 野球史とサッカー史における日系移民の役割 | Main | やっと完成 »

Comments

日本がユニバーシアード3連覇、どう位置付けていいのか、よく分かりません。

エルゴラッソに、決勝の相手イタリアの選手の名前が載っていましたが、どの大学の所属か、記載がありませんでした。

Posted by: さけのべ | August 23, 2005 11:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JFAのエリート主義(1):

« 野球史とサッカー史における日系移民の役割 | Main | やっと完成 »