« 滋賀県サッカーの起源 | Main | 「ドイツからの贈りもの」 »

埼玉サッカーの「紀元」

『東京教育大学サッカー部史』(恒文社,1974)には草創期の東京高師OBたちが各地にサッカーを伝えた記述がります。

“明治39年3月博物学部を卒業した堀桑吉は、名古屋の愛知第一師範学校に赴任し、三浦校長の同意のもとに同校に蹴球部を設置しこれを発展せしめた。同時に、市内の明倫中学や陸軍幼年学校、あるいは岡崎や岐阜の師範学校をも指導し、中部サッカー界発展の基礎を拓いた。

 明治41年3月博物学部卒業の細木志朗は、埼玉師範に赴任し、優秀なチームを育てた。

 明治42年3月国語漢文部卒業の落合秀保は、滋賀師範に赴任し、蹴球部を育てた。その部員の中から大正6年の芝浦の極東大会の代表が生れている。

 明治42年3月国語漢文部卒業の内野台嶺は、豊島師範に赴任し、優秀なチームを育てた。

 明治42年3月国語漢文部卒業の玉井幸助は、御影師範に赴任し、初代蹴球部長として優秀なチームを育てた。

 明治44年3月数物化学部を卒業した松本寛次は、広島一中に赴任し、今日のサッカー王国広島の基礎を築いた。”(p.24)

1908年(明治41年)が埼玉サッカーの始まりで、『輝く埼玉サッカー75年の歩み 埼玉サッカー創始75年記念誌』(埼玉県サッカー協会,1983)は1908年から75年目に刊行されています。普通地方サッカー協会史は「協会創立○十周年記念」という形で刊行されることが多いのですが、埼玉県は細木志朗の埼玉師範赴任を「紀元」としています。多分当時大宮市に在住されていた故・新田純興氏の影響だと思います。

内野台嶺は細木志朗について以下のように回想しています。

“次にフォアワードとしえ最も傑出した人に、現に家政学院の教授をして居られる細木志朗氏がある。この人も博物科の人であったが、体はきはめてほっそりとして居って、一見いかにも弱々しく見えたにかかはらず、一度球を持たせると、その球さばきの巧妙なことは実に驚くばかりで、一度この人に球を奪はれると、何人居ってもぬかれてしまって、結局一人でゴールにはこびこむ様なうまさを持ってゐたのであった。又何処にそんな力があるのかと不思議に思はれる程キックの強い且つ正確な人であった。この人は大抵フォアワードのセンター若くはウイングとして活躍されたのであるが、この人も亦特に目についたものと見え、横濱の外人達も之を賞賛しておかなかった。”

細木志朗は外国人にも一目置かれた名ドリブラーだったようです。細木志朗に始まって田中達也まで、埼玉には名ドリブラーが育つ伝統があるようです。というのはコジツケ・・

|

« 滋賀県サッカーの起源 | Main | 「ドイツからの贈りもの」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 埼玉サッカーの「紀元」:

« 滋賀県サッカーの起源 | Main | 「ドイツからの贈りもの」 »