« 「ドイツからの贈りもの」 | Main | ガンバvsレッズ »

『君に書かずにはいられない』

未読ですが、中丸美繪著『君に書かずにはいられない ひとりの女性に届いた四〇〇通の恋文』(白水社)という新刊書が出たようです。

http://www.hakusuisha.co.jp/osusume/kimini.html

篠島秀雄氏は1930年の極東大会優勝メンバー。戦後JFA副会長を務めています。東京学生リーグを東大が6連覇したときのFWで、3-3で引き分けた極東大会対中国戦(ベルリン五輪対スウェーデン戦と並ぶ戦前の日本代表の歴史に残る名試合)ではゴールもあげています。

三菱化成社長でもあり、ロンドンを訪問したおり、三菱商事駐在員であった諸橋晋六氏(後三菱商事会長)がBBCの“Match of the day”を日本でも放映するよう篠島氏に進言したのが、『三菱ダイヤモンドサッカー』誕生のきっかけだったそうです。『附属中学サッカーのあゆみ』(東京高等師範学校附属中学蹴球部六十周年誌編纂委員会,1984)で諸橋は次のように述べています。

“又多少なりとも日本のサッカーの為に お役に立った事と云えば、現在テレビ東京が連続放映している「ダイヤモンドサッカー」は私が第一回目のロンドン勤務の1967年か68年頃 当時サッカー協会の新理事長、篠島さんが来倫された時、当時BBCの人気番組“Match of the day”を日本サッカー技術向上の為、是非導入されてはと申し上げ、 篠島さんよりそれなら君がやってみろと云われ、自らBBCと掛け合いの結果、日本に初登場したものである。”

『篠島秀雄君を偲ぶ』(篠島秀雄君追想録刊行会編 学生社,1976)という追悼録も刊行されているようです。

|

« 「ドイツからの贈りもの」 | Main | ガンバvsレッズ »

Comments

こんにちはっ
「君に書かずに、、、」読みました。サッカーとは
関係なく楽しめましたが、「ダイヤモンドサッカー」の所では、「へえ〜そうだったんだ」と声を出して驚きました。サッカーの町清水で生まれ育ち
、小学生の頃ダイヤモンドサッカーは民放の再放送で早朝見ていました(^^)

Posted by: 若旦那 | February 19, 2006 12:09 PM

私は兵庫県のUHF局サンテレビでした。ダイヤモンドサッカーは全国的にどの程度カバーしてたんでしょね。

清水といえば『Mr.フットボール堀田哲爾回顧録』を入手したのですが、内容はイマイチでした。なぜかインタビューアは松木安太郎・・

Posted by: 蹴球閑人 | February 20, 2006 09:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『君に書かずにはいられない』:

« 「ドイツからの贈りもの」 | Main | ガンバvsレッズ »