« マタイ効果 | Main | 埼玉サッカーの「紀元」 »

滋賀県サッカーの起源

野洲高校が滋賀県初の高校チャンピオンになりましたが、滋賀県のサッカーの歴史は日本でも最も古い方に属していることをご存知の方は少ないでしょう。

滋賀県にサッカーを伝えたのは、1909年(明治42年)東京高等師範学校を卒業して滋賀師範に赴任した落合秀保です。落合は日本で2番目に古いサッカー専門書『フットボール』(大日本図書,1908)の共著者の一人。同書の本サイトの解題は、

“フットボール 東京高等師範学校校友会蹴球部/編
東京:大日本図書,明治41.6
193p;19cm

表紙の書名は「Foot Ball」。序文を蹴球部長坪井玄道、「鍛練」という題字を校長嘉納治五郎が書いている。編者は蹴球部主事新帯国太郎、落合秀保。 『アッソシエーション・フットボール』が競技の紹介にとどまったのに対して、「その不備の点を十分に補ひたい覚悟で、数年間毎年一二回づつ外人等と競技を重ね、少いながら実際上から 其の真髄と興味を味わひ得たと信じ、茲に前著を全然改訂する必要を生じた。」と自序で述べているように、実戦を通して得た経験を「附録 著者の経験」に紹介している。
第1編 第1節:緒論 第2節:フットボールの歴史
第2編 第1節:フィールド 第2節:競技者の人数と位置 第3節:競技者の任務 第4節:レフェリーとラインス・マン 第5節:ゲームに用ふる言葉の意味 第6節:用具
第3編 第1節:ゲームの規定
第4編 第1節:ゲームの例 第2節:ゲーム以外の練習 第3節:服装に就いて
附録 著者の経験 第1節 小引 第2節:ゴール・キーパーに就いて(新帯国太郎) 第3節:フルバックに就いて(重藤省一) 第4節:ハーフ・バックに就いて(落合秀保) 第5節:フォーアワードに就いて 甲 アウトサイド・フォ-アワード(細木志朗) 乙 センター・フォーアワード(落合秀保) 丙 インナー・フォーアワード
第2編第5節「ゲームに用ふる言葉の意味」にあげられている用語は、ドリブリング、パッシング、ヘッディング、フリー・キック、ペナルティ・キック、ゴール・キック、コーナー・キック、オフ・サイド、アウト・オブ・プレー、ゴール。写真や図が多用されており、説明が具体的。”

です。落合はCFだったようです。GK新帯国太郎も1912年(明治45年)同校に赴任しています。『東京教育大学サッカー部史』(恒文社,1974)によれば、

“明治42年3月国語漢文部卒業の落合秀保は、滋賀師範に赴任し、蹴球部を育てた。その部員の中から大正6年の芝浦の極東大会の代表が生れている。”(p.24)

とのことで、名前はわかりませんが、1917年の“最初の日本代表”中に滋賀師範OBがいたようです。同校は1938年(昭和13年)現在の高校選手権に準優勝(優勝は神戸一中)しています。『愛蹴 滋賀大学サッカー部創設70周年記念誌』(的場久城,1985)という部誌も刊行されていますが、滋賀師範でサッカーが始まったのは1909年だと考えられます。京都師範(京都教育大)の紫光クラブはJクラブのパープルサンガに発展したのですが、滋賀師範(滋賀大学)の愛蹴会はJクラブになりそうにないですね。

落合と同期の内野台嶺の「蹴球思ひ出話」という東京高師時代の回顧文(『体育と競技』誌11巻12号(1932年12月)p.128-131)( http://fukuju3.hp.infoseek.co.jp/uchino.htm )によれば、

“一に名ゴールキーパーとして評判を博したものに、現在満鉄の調査所で活躍してゐられる新帯国太郎氏がある。新帯氏は博物科の人であったが、偉大なる体格の持主で、フォアワード乃至ハーフバック等ではあまり活躍されなかったが、ゴールキーパーとしては、当時横濱の外人でさへも舌を捲いた位なものであった。ランニング等は余り早い方でなかったが、ボールの動きに対して気を視る事が非常に早い人で、この人がゴールに居りさへすれば、球は大丈夫入りはしないといふ確信を、選手全体に抱かさせた程の名手であった。”

“その他フォアワードの名手としては現に釜山の高等女学校長をしてゐる落合秀保氏があり、”

とのことです。新帯は日本最初の名GKだったようです。


|

« マタイ効果 | Main | 埼玉サッカーの「紀元」 »

Comments

九州に左遷されてしまったので、藤原から菅原に改名しました(笑)。という流れに沿って、九州各県におけるサッカーの歴史を知りたいものです。やはり、旧制五高が、元祖なんでしょうかね?

Posted by: 菅大納言 | January 21, 2006 03:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 滋賀県サッカーの起源:

« マタイ効果 | Main | 埼玉サッカーの「紀元」 »