« 坪井玄道の留学同期生 | Main | 『アッソシエ-ションフットボ-ル』のスローイン »

私鉄・新聞とスポーツ

阪神電鉄は後発の阪急に実質的に吸収されそうな気配です。阪急の創業者小林一三は興行師的才能もあったようで、今日に残る宝塚歌劇や東宝(「東京宝塚」の意)も彼が創始した事業です。

大正2(1913)年には沿線の豊中に豊中グラウンドを作っています。現在まで続いている高校野球の選手権大会(夏の甲子園)は大正4(1915)年、高校サッカーの高校選手権と高校ラグビーの選手権(花園)は大正7(1918)年、この豊中グラウンドを発祥の地として始まりました。サッカーは首都圏に移転して特定私鉄とは無関係になりましたが、野球は現在でも阪神の甲子園球場、ラグビーは近鉄の花園ラグビー場で行なわれています。

高校野球は大阪朝日新聞が、サッカー・ラグビーは大阪毎日新聞主催で始まり、野球とラグビーは現在も同じ主催者です。

大正期におけるスポーツの興隆には、私鉄の沿線開発、新聞の拡販が絡んだ「スポーツの興行化」の側面も否定できません。裏返せば、スポーツの「集客力」が注目されたということにもなります。

サッカーの場合、広島一中(現・国泰寺)や東京府立五中(現・小石川)の校長は新聞社主催大会、すなわち選手権への参加を禁止していた時代があります。

|

« 坪井玄道の留学同期生 | Main | 『アッソシエ-ションフットボ-ル』のスローイン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 私鉄・新聞とスポーツ:

« 坪井玄道の留学同期生 | Main | 『アッソシエ-ションフットボ-ル』のスローイン »