« 野球を止してフットボールをやろう | Main | 考えることができるスポーツ »

大正期の中高等教育拡大とスポーツ

文部省編『学制百年史』(帝国地方行政学会,1972)によれば、

        大正6(1917)年    大正15(1926)年    増加率

中学校数       329            518        157%
中学生数   153,891        316,759        205%

高校数           8             31        387% 
高校生数     6,584         18,107        275% 

大学数           4              37        925%
大学生数     9,044          52,186        577%

第一次世界大戦後約10年間で中学進学者は倍増、大学進学者は約6倍近くになっています。大学数の増加は1918年の大学令により、私学、単科大学が大学として承認された(学士号が授与できるようになった)ことが大きいのですが、中学校数と高校数は新設すなわち純増です。当時スポーツをするのは学生だけだったので、学生数の増加はスポーツ人口の増加に直結しました。

スポーツブームが起こり、『運動界』(運動界社,1920年創刊)、『アサヒスポーツ』(朝日新聞社,1923年創刊)のような商業総合スポーツ誌、『アスレチックス』(大日本体育協会,1922年創刊)、『体育と競技』(大日本体育学会編 目黒書店,1922年創刊)のような非商業スポーツ総合誌が続々と創刊されています。なお、これらに先駆けて『ベースボール』(博文館発売,1908年創刊)とその後継誌『野球界』(野球界社,1911年創刊)が創刊されており、明治末の野球ブームを反映しています。『野球界』の創刊と『東京朝日新聞』の反野球キャンペーンが同じ明治44年なのは表裏の関係といえるでしょう。

サッカーでは、この時期にチーム数が増え各種トーナメント大会、リーグ戦が始まります。

1918年 中学校の「日本フートボール大会」(大阪毎日新聞主催 現在の高校選手権の前身)が大阪で、「関東蹴球大会」(東京蹴球団主催 東京朝日新聞後援)が東京で始まる
1921年 大日本蹴球協会結成 全日本選手権(現在の天皇杯の前身)始まる
1923年 (旧制)高校の全国高校選手権(インターハイ)始まる
1924年 関東、関西で大学リーグ戦始まる   

|

« 野球を止してフットボールをやろう | Main | 考えることができるスポーツ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大正期の中高等教育拡大とスポーツ:

« 野球を止してフットボールをやろう | Main | 考えることができるスポーツ »