« 『日本運動具新報』データベース | Main | 戦前サッカーに関係していた映画関係者 »

東京蹴球団と大日本蹴球協会

1921年の大日本蹴球協会創設に先立つこと4年、1917年創立の東京蹴球団は単なるクラブではなく、各種大会の開催や普及活動など、実質的な“協会”の役割を果たしていました。サッカーのルーツ校東京高等師範学校、青山師範、豊島師範のOBがチームの主体でした。

当然、大日本蹴球協会創設には東京蹴球団は大きな役割を果たしています。 初代理事は、近藤茂吉、内野台嶺、熊坂圭三、吉川準治郎、永井道明、武井群嗣、高橋禮本の7人ですが、内野、熊坂、吉川、永井の少なくとも4人が東京蹴球団関係者(永井は団長)です。

このように初期の協会は師範系人脈が中心だったのですが、1924年に関東・関西で大学リーグが始まり、日本サッカーのトップ・チームが大学になり、代表チームの構成も大学生とそのOBが占めるようになると、大学生(OB)は協会運営に不満をもつようになります。JFAの機関誌に掲載された、「日本のサッカー古代史(下)」(『サッカー』no.15 1962所収)という座談会で以下のように記されています。

“新田(純興):「このあと協会の改造がありますね。日本サッカーは高等師範や青山、豊島の師範系の人がリードして来たんだが、大学の関係者が理事に多数送りこまれるようになっている。」
鈴木(重義):「昭和四年の改選だね。今や日本のサッカーが国際蹴球連盟(FIFA)に加盟して世界的に伸びるためには、ぜひとも大学の連中が出なければいかん。大学系の人たちが基幹となって全国的にまとめていこうといううんでやったんですよ。」
野村(正二郎):「僕らはそのころのことしか知らないんだ。今までの古代史はどうもネ(笑い)」
鈴木:「それで各大学の主だった人々が私の家に集まって、どうも協会はこのままではいかん。大改造をするか、つぶしてしまうかという動きが出ましてネ。私が遅く家に帰ると私の家は各大学の主だった人がもういっぱいに集まっていて今度の(昭和四年)改選期にはぜひ何とかしたいと協議中だった。そのころ大学出で協会の役員をしていたのは野津さん、岸本武夫さん、慶応の千野正人さんと僕。それが並び大名的存在だった地方代表の理事にも呼びかけて、従来のような白紙委任や、前回通りという投票ではなく、新らたに堂々と投票してもらいたいという運動をやったんだ。理事会の席上での野津さんとのチームワークも成功して、われわれの提案が採用された。その結果われわれの申し合わせた人達は最下点ではあったが、とにかく理事に就任した。その顔振れは、中島道雄、井染道夫、峯岸春雄、竹腰重丸の四人だった。その時の最高点は山田の午郎さん。」
新田:「しかも一年ばかりすると、その午郎さんを、運動部担当の新聞記者を理事にしておくのは具合が悪いといって辞めてもらったりしている。他の理事が辞めた時に例をみない記念品贈呈なんかをやってるところをみると、よっぽど苦心したんだネ。(笑い)」”

発言者の新田は東大、鈴木、野村は早大OB、発言中に出てくる中島、竹越は東大、井染は明大、峯岸は農大OB,山田は青山師範OBで朝日新聞記者。この座談会の司会は牛木素吉郎氏。1929年の理事改選で大学勢が協会の主導権を握ります。また、『神戸一中蹴球史』(神中蹴球倶楽部,1937)の座談会で同中卒で慶應OBの範多龍平は以下のように発言しています。

“範多氏:日本の蹴球協会といふのは師範系統で牛耳られてゐた。師範出の連中が牛耳るが為めにサッカーの発達を阻害せられてゐるといふので、何とかしてブチ破らうじゃないかといふ考へか大分あった。そこで大学に片端からサッカーを拵えて行った。東京帝大なんか其の時に出来た。大村、佐伯なんかも居たので引掴んでお前とこもやれといふので大学にサッカーが出来た。初めそれ等が蹴球協会を牛耳ろうといふのでやって見たがどうしても師範出の奴は物が判らない・・・。東京に蹴球団といふものがあって、之が日本蹴球協会を左右して居た。それが不愉快でたまらない、それでとうとう別れるより仕方がない。別の物を拵えて、大学リーグを始めた。その方から蹴球協会の理事とか何かが這入って行って余程よくなったと思ひます。”

東京蹴球団の活動については、当サイトで原島好文「ソッカー十年の思ひ出」を掲載しています。↓
http://fukuju3.hp.infoseek.co.jp/harashima.htm

小学生の大会を開催したり、女性をチームに入れて試合に出したり、遠方に講習に出かけたり、と普及活動を盛んに行っています。

一方、代表チームを独占するようになった大学勢は、当然代表チームの強化を最重要課題として考えていたはずです。1927年極東大会初勝利、1929年FIFA加盟、1930年極東大会初優勝、の流れの中で、上記に引用した協会内の対立、そして1929年の協会理事選がありました。

私は、1920年代後半に協会内で師範OBvs.大学OB、普及vs.代表チーム強化という「路線論争」があったと思うのですが、それらしい資料は見つかっていません。

|

« 『日本運動具新報』データベース | Main | 戦前サッカーに関係していた映画関係者 »

Comments

以前、高等師範学校→師範学校→旧制中学という日本におけるサッカーの伝播経路を指摘されていましたが、都市部の旧制中学→旧制高校→地方の旧制中学という経路もあるようで、鹿児島県では1919年(大正8年)の七高蹴球部誕生がサッカー元年のようです。第七高等学校造士館蹴球部史(1990年)、魂のキックオフ~鹿児島県サッカー50年のあゆみ(1999年)が有ります。

Posted by: 菅大納言 | June 02, 2006 07:48 PM

おっしゃるとおりだと思います。東京近辺から地元の一高、東京、浦和など国公立の旧制高校に進学できる人数は限られていたので、地方の高校に進学してサッカー部を創立し、普及のために地方大会を開催する、というパターンが存在するようです。この点で、旧制中学サッカー御三家、東京高師附中、神戸一中、広島一中が大きな役割を果したようです。

サッカーをプレーしたわけでも普及させたわけでもない人ですが、日本最初のFIFA理事に市田左右一の学歴は、
東京高師附中→旧制広島高校→九州帝国大学
と上の学校にいくほど東京から遠ざかっています。変った学歴ですが、著作を読むとやはりユニークな人だったようです。

Posted by: 蹴球閑人 | June 03, 2006 12:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京蹴球団と大日本蹴球協会:

« 『日本運動具新報』データベース | Main | 戦前サッカーに関係していた映画関係者 »