« August 2006 | Main | October 2006 »

サッカー協会の風通し

といっても昨今のことではありません。今から30年前の『サッカーマガジン』誌1976年10月25日号p.74掲載、牛木素吉郎氏のコラムのタイトルです。

モントリオール五輪取材で留守にしていたため、ひさしぶりに協会を訪れたところ、

“・・・事務室の中がすっかり明るく、風通しがよくなっているのに驚かされた。

<中略>

 五年前までは、サッカー協会の事務室のレイアウトは図のようになっていた。(筆者注:「従来の協会事務局」と題する図あり。図を引用できないのが残念。机の数は幹部4、ヒラ14)

 部屋はA、B二つの高い書類棚で区切られていて、窓側の陽の当たる場所は、理事長、専務理事など協会のお偉方の席、書類棚のかげの薄暗い場所は、常勤の事務局職員とコーチの席になっていた。毎日出勤して働く人たちの場所をわざわざ棚で、陽のさしこまないように区切ってあったのだから、ばかげている。<中略>

 五年前に、三菱の会社の重役だった沖朗氏が、協会改革のために事務局長に就任し、沖さんの手で書類棚のうちAが取り除かれた。<中略>

 今回はさらにBの書類棚も片づけられた。<中略>これは新しく長沼健さん(前日本代表チーム監督)が専務理事に就任して行った「小さな改革」の一つ、というわけである。

 <中略>この協会事務室のレイアウトが、日本のサッカー全体を取り仕切る立ち場にある協会実力者の個人的な好みを反映しているところが興味深い。

 最初に二つの仕切り戸棚で部屋を明暗二つに区切ったのは、当時の協会の実力者だった小野卓爾氏である。風通しの悪さに多くの人が、かげでブツブツいっていたのに、小野さんは、このレイアウトを、がんとして変えようとはしなかった。

 反小野さん派のグループが、沖さんを“大物事務局長”として送り込んで、ようやく半分だけ明るくなったが、それだけだった。

 さらに五年かかって、今年の三月に小野さんが退陣し、長沼専務理事ら若手が協会を動かすようになって、ようやく戸棚は二つとも取り除かれた。・・”

この後、「理事会も記者に公開」という小見出しに続けて、1)協会理事会を報道陣に公開したこと、2)協会役員と報道陣との懇談会が毎月1回定期的に開催されるようになったこと、3)長沼専務理事が各地をまわって地域のサッカー協会と話し合っていること、を評価する記事が続きます。

事務室の模様替えにことつけて、外部の人にはわかりにくい協会幹部人事とそれがもたらした「改革」の成果を実名入りで伝えています。当時、協会の動向記事は牛木氏の独壇場だった感がありました。現在牛木氏のHP中のアーカイブスで過去のコラムを復刻しているようですが、協会ウォッチング・シリーズも是非掲載してもらいたいです。記事のタイトルと小見出しだけなら、当サイトの牛木素吉郎氏の『サッカー・マガジン』コラムで辿る日本サッカー史で一覧できます。できたら、当時の歴史的背景も解説していただければ、なおよいと思います。理事長と専務理事のチカラ関係(規則によるものか属人的なものとか)、etc. 理事長や事務局長というポストは現在のJFAには存在しないので、その説明がないと何のことか皆目わからないわけで・・

牛木氏は協会理事会について、

“秘密会でこそこそやっていると、戸棚で大衆の目をさえぎっておいて、自分勝手に日本のサッカーを動かそうと企んでいるのではないか、と疑わしくなってくる。”

とまで書いています。

30年前、サッカーがマイナースポーツだったころでも、商業サッカー誌で協会をここまで突っ込んだ記事を読めたのです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

サッカー報道のあり方

日経で大住良之氏が「サッカー報道が代表がらみになりすぎ」という点に苦言を呈しておられます。

それなら、長年代表選考とも優勝争いとも関係なしに紙面を作ってきた某メディアこそスポーツ報道の鏡というべきでしょう(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

西宮球技場

西宮球技場は1937年完成。賀川浩氏によれば、戦後神宮外苑南甲子園運動場が利用できなかった時代、交通至便かつ芝のグラウンドが極めて限られていたので、国際戦、東西対抗、後には天皇杯決勝のような大試合がここで開催されたようです。

阪急西宮球場に隣接していたのですが、跡地は野球場ともども更地にされてしまったようです。例によって米軍航空写真もどうぞ。

高校選手権が関西で開催されていた頃はここがメイン会場でした。『赤き血のイレブン』のモデルといわれた浦和南高が初芝との決勝戦で勝利し、高校三冠を獲得した(1970年)のもここです(観戦しました)。釜本、吉村、湯口がいたころのヤンマーもよくここで試合してました。

花園ラグビー場があるラグビーは別として、1970年代くらいまでは関西のサッカー、アメフトのメッカでした。アメフト関西学生リーグで京大が関学の146連勝!を阻止した歴史的試合(1976年)も観戦しました。負けた関学の選手が目の前を通ったのですが、表情が青ざめていたのを今でもありありと覚えています。

施設はボロくて、私は駒沢第二球技場に行くとここを連想します。第二球技場も改装後は西宮球技場よりはずっと良くなりました。アメフト試合の写真ですが、スタンドとグラウンド状態に注目。

高級イメージで売っている阪急ですが、ことスポーツ施設に関しては、戦前甲子園にインターナショナル・クラスの野球場、競技場、テニスコート、プールを建設していた阪神と比較すると三流以下。スポーツに対する愛情が感じられない阪急資本傘下になったタイガースの今後は如何に・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神宮外苑競技場

神宮外苑競技場は現在の国立霞ヶ丘競技場の場所にありました。1947年の米軍の空中写真で見ることができます。左下にスクロールしてください。野球場の位置は現在と同じなので、容易にわかるはずです。

1930年日本が優勝した極東大会会場で、1943年10月21日には歴史上有名な「出陣学徒壮行会」が行われました。1947年当時は米軍に接収されて「ナイルキニック・スタジアム」になっていました。

1924年完成。。『明治神宮外苑七十年誌』(明治神宮外苑,1998)p.24-25によれば競技場の概要は以下のとおり。

 “関東大震災で中断された外苑工事が再開したのは、大正十三年五月であった。同年十月、まず競技場が完成、二十五日に秩父宮殿下、奉賛会総裁閑院宮殿下がご臨席になり、竣功式が挙行された。式典では、東京市内より選抜された小学生による徒競走が行われ、競技場開きを盛り上げた。
 競技場は外苑の主要な建造物の一つであり、明治天皇が尚武剛健の気風を奨励されたことに因んでいる。当時、国民のオリンピックへの関心などによりスポーツ熱が起こり、奉賛会は大日本体育協会会長嘉納治五郎などよりの提案を受けて、競技場建設を決定した経緯がある。設計は造営局が当たったが、この種の大施設は欧米でも類例が少なく、専門家の意見を聞くなどして、大正八年十一月にようやく成案を得た。
 敷地は外苑の西北一万四〇〇坪(三万四、三二〇平方メートル)、東南北の三方を自然の地形を利用して芝生傾斜地の観覧席とし、西側に建坪一、二七〇坪(四、一九一平方メートル)の鉄筋コンクリート造りのスタンドを配置した。収容人員は、スタンド約一万五、〇〇〇人、芝生観覧席約五万人の計六万五、〇〇〇人であった。
 楕円形のトラックは一周四〇〇メートル、幅一〇メートル。トラックに囲まれた内庭約二、九八七坪(九、八五七平方メートル)を芝生のフィールド競技場とし、中央にフットボール、バスケットボール、バレーボールなどの団体競技場、南側に走り高跳び、砲丸投げ、円盤投げ、槍投げなど、北側に棒高跳び、走り幅跳び、三段跳びなどの競技場を配置した。”

競技場が完成した1924年に明治神宮大会が始まります。これは、しいて言えば現在の国民体育大会(国体)に相当するもので、毎年神宮外苑で開催されました。神社行政が内務省の所管だった関係で、文部省ではなく、内務省主催でした。この蹴球部門が全日本選手権を兼ねており、現在の天皇杯の前身にあたります。優勝チームと氏名を刻した額が明治神宮に奉納される慣例になっていて、奉納額は秩父宮記念スポーツ博物館で見ることができます。→常設展示場(下スクロールすると明治神宮大会のところに額を展示している写真があります)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

明治時代のサッカーのイメージ - 服装編

サッカーという競技を文章だけで説明することが難しいのは今も昔も変わりません。日本サッカー・ブック・ガイド明治・大正・昭和戦前期に収録した明治期サッカー本に記載された挿絵集です。明治のサッカーがどういうイメージだったかをお楽しみください。

簡易戸外遊戯法』(明治19年)では学生服(軍服?)。各人にどういう動作をさせたらよいのか、戸惑ったようです。

実地体育法』(明治19年)では和服。羽織袴の人がいます。

戸外遊戯法』(明治20年)ではセーラー服。背景まで丁寧に描いてあります。

小学生徒戸外遊戯法』(明治21年)では軍服。レフェリーだけ帽子を被っています。

挿絵画家も実際にサッカーを見て描いたわけではなく、おそらく想像で描いたのでしょう。学校の制服は軍服に由来している場合が多いので、学校の制服のイメージなのか軍服のイメージなのか識別しがたい部分があります。この時代だと普段着は着物だったはずですが。

セーラー服ばかりだったら、「サッカー=海軍のスポーツ」というイメージがあったらしいという説を立てることもできたんですが、セーラー服の本も競技別に服装を変えるという手の込んだことはやってません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

南甲子園運動場

戦前の阪神電鉄は甲子園一帯をスポーツ・パークとして開発する意向をもっていたようで、今日に残る野球場に加えて、南甲子園運動場、甲子園テニスコート、プールなどもありました。南甲子園運動場は1924年完成の甲子園球場に続いて1929年完成。

東の神宮外苑競技場の上をいく施設を目指していたようです。前田純一(阪神電鉄株式会社監査役)「短命に泣く南甲子園運動場」(『高校サッカー60年史』(全国高等学校体育連盟サッカー部,1983)p.47)によれば、

“・・・全国唯一の近代競技場は大正13年に出来た神宮外苑競技場だが御承知の通り一周400米のトラックの中へ投擲場や跳躍場やラグビーやサッカーを無理矢理押込んだような形で、その上スタンド、グラウンドが行け行けで整理がつかず色々欠点の目立つ競技場であった。あれやこれや考えた揚げ句結局の案は、まずトラックは一周500米、コーナーを半円形とせず三心円としてカーブをゆるくし球技場を収まり易くする。サッカーグラウンドとして75米X119米、ラグビーグラウンドとして75ヤードX110ヤード、跳躍の砂場はトラックとスタンドの中間に設ける。すなわちフイルド外に出るから球技の邪魔にならない。スタンドの前面は地上2米の高さとし、かつ大きな弓形をして砂場を抱へ込む。これでいずれの競技も相互に妨げられることなくグラウンド全体が非常に見易くなり、場内整理も非常に便利がよかった。鉄筋コンクリートの観覧席は定員2万人、当時の阪神パークや水族館のすぐ北で海岸に近く、バックストレッチは松林を越して鳴尾の競馬場が眺められた。スタンド内には貴賓室、集会所等の外、宿泊の設備もあった。昭和4年2月16日起工、5月22日に竣工した。昭和4年5月26日秩父宮殿下と妃殿下を迎え開場式を行った。”

現在のサッカーの高校選手権、ラグビーの花園大会の前身もここで開催されたし、サッカーの東西対抗のような国内最重要試合も行われました。大谷四郎「南甲子園の想い出」(同上p.52)によれば、

“・・・ここの陸上競技用トラックは珍しく500メートルだったから、なかのフィールドもやたらに広い感じだった。ウィングの強いチームには都合がよかった。タッチラインとトラックの距離も十分に取れたので、脚の速いウィングなどには全く快適の舞台、LWをやっていたら恐しく走りがいがあった。その代り、平素小さなグラウンドを使っていた中学チームには御しかねる広さだったかもしれぬ。

 神戸には東遊園地という外人クラブのグラウンドがあってその芝生はとくによかったが、南甲子園の芝生もよく手入れしてあったと思う。ことに夏場は緑鮮やかに深々と茂って、ボールが少し浮いたように芝生に乗るので、実にキックしやすかった。とにかく芝のグラウンドでは正しくければ正しく飛ぶから気持がよかった。

<中略>

 ここの欠点といえば風だったろう。スタンドが西側だけで南北が空き、海岸にも近いので大体浜風が吹いていた。それに乗ってアシカの鳴き声が大きく響いてくることもあった。冬は六甲おろしの北風が吹き、とにかく南甲子園はいつも風があるとみてよく、それが時には向きを変えたり、夏は急になぐこともあるので、トスに勝てば先に風上に陣する方が得策だった。”

とのこと。結局この競技場は戦時中の昭和18年4月海軍に接収されました。前田によれば、

 “海軍省の薄暗い廊下で1人の主計少佐は立ったまま阪神パーク、動物園、水族館、南運動場の敷地諸施設一切合財を三百数十万円で買収しますと内訳も言わず、全くの丼勘定で当時事業部長であった私に言い渡すとスタスタと消えて行った。私は涙も出なかった。”  

現在の跡地(西宮市枝川町1丁目)は浜甲子園団地の一部になっていて運動場の痕跡は跡形もありませんが、戦争直後米軍が撮った航空写真に残影をみることができます。写真の中央最下部の楕円形が南甲子園運動場跡です。その少し上にプールが見えます。

なお、阪神甲子園駅から南甲子園運動場のある浜甲子園までは阪神国道線の支線があり、路面電車でのアクセスでした。残っていれば日本のオールド・トラフォード、いや虎フォードか(笑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初代マッキントッシュのCM

アメリカの怪物視聴率番組のトップに位置するスーパーボウルのCMは、この番組専用CMが製作されるほどのもので、とりわけ有名なのが1984年のアップル社初代マッキントッシュのCMです。

当時は大型コンピュータ(大学に大型計算機センターというのがあった)をTSS(タイム・シェアリング・システム)で使用するのが一般的でした。大型コンピュータの発展こそ国の将来を左右する、ということで通産省が大枚をはたいて国策プロジェクト(第五世代コンピュータ)を推進していました。

そうなると、大型コンピュータによる集中処理を管理できるのは政府やIBMのような超大企業だけになり、ジョージ・オーウェルの『1984年』のような全体主義的管理社会が現実化することが危惧されていたのです。CMでBig Brotherに模されているのはもちろんIBM。

パソコンがかつての「大型計算機」なみの性能になり、分散処理が一般化し、IBMはパソコン部門を中国資本に売却し、アップルはオーディオ・メーカーになった(笑)現在しか知らない人がこのCMを見てもメッセージの意味をまったく理解できないでしょう。

何が言いたいのかというと、10年、20年前のことでも歴史的背景がわからないと何のことか理解できないことが多数あるのではないか、ということです。サッカー史も同様でしょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

日比谷公園大運動場

第1回全日本選手権(現在の天皇杯)決勝は1921(大正10)年11月27日午後2時日比谷公園大運動場で開催されました。芝生を中心に、噴水広場の端から公会堂の前あたりが大運動場跡地です。噴水の回りが楕円形になっていて、運動場の名残りをとどめています。

第1回大会で優勝したのは東京蹴球団、主将は山田午郎氏。山田氏は日本最初のサッカー・ジャーナリストというべき存在なのですが、面白いことに、第1回FAカップの優勝チームワンダラーズの主将Charles William Alcock氏もイギリス(ということは世界)最初のサッカー・ジャーナリストでした。2002年にAlcock氏の伝記が刊行されたようです。Booth, Keith. The Father of Modern Sport: The Life and Times of Charles W. Alcock, Parrs Wood Press. 2002. ISBN 1-90-315834-6

| | Comments (1) | TrackBack (0)

滝川二の黒田氏ヴィッセルの育成部長に

神戸新聞によれば、滝川第二高校の黒田和生監督がヴィッセル神戸の育成部長に就任とのこと。

関西では代表を輩出しているガンバユースに人材が集中していると聞いたことがありますが、高校サッカーの“名将”がどのような手腕を発揮するのか、元兵庫県人として期待したいところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JFAの財務構造-ジーコ・カワブチ問題の本質

JFAの財務報告はJFAのHPには見当たりませんが、文科省のHP中に少し前のがあります。

平成15年度収支予算書(2003年4月1日~2004年3月31日)の主要項目を要約すると、
                                          
収入総額(前期繰越を含まない) 約161億円  前年比+31%
 登録料                約12億円  前年比+2%
 代表関連事業収入         約53億円  前年比+95%
 特定預金取崩収入         約35億円

特定預金取崩収入は支出のビル購入関係費と同額、すなわちW杯の剰余金で購入したというJFAビルの購入費なのでしょう。

注目すべきは、 登録料 収入が前年比微増にとどまっているのに対し、代表関連事業収入倍増していることです。

かつて長沼健氏が専務理事であった時代(1970年代後半か1980年代前半だったと思う)、やはりそれまで代表関連事業収入に依存していた協会の財務体質を、登録料収入を主体とするよう財政改革したことがありました。しかし、平成14年度に1:2.3だった「登録料:代表関連事業収入」比は、平成15年度には1:4.4に拡大しています。“長沼改革”は元の木阿弥に。平成18年度はどうなってることやら・・

JFAの財務が代表関連事業収入に依存すればするほど、「客を呼べる」、「視聴率を取れる」監督、選手が代表に必要になるわけです。野球の巨人が歴代自チーム出身のスター選手を監督に起用しているように、代表監督・選手が“実力”ではなく“人気”優先で選出されることになるのです(神+黄金の中盤)。サムライブルー・ブランドは人気と常勝を両立させないといけないのだから、巨人ブランドを抱えるナベツネ氏の悩みを最も理解できる立場にいるのはカワブチ氏ではないでしょうか(笑

仮に会長が代わっても、代表関連事業収入依存財務が同じなら、何も変わらないはずです。代表関連事業収入依存を解消するには、

1)代表関連事業収入以外の収入を増やす
2)支出を削減する(事業を縮小する)
3)その両方

しかないわけですが、そのいずれも困難でしょう。例えば、登録料収入を代表関連事業収入に匹敵するくらい上げるとすれば、1)登録者を増やす、2)登録料を値上げする、3)その両方、がありえますが、いずれも簡単に実現できることではありません(単なる事業関連収入というのが27億円もあるが、これの実態はいかに?)。

というわけで、カワブチ氏の後継者も同氏とまったく同じ問題に直面することは100%確実です。ワールドカップに出るほどの国はいずこも同じなんでしょうが。                              

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ワールドカップ決勝動画集 1930-1950

第5回スイス大会(1954)以降はFIFAの公式映画記録があってTSUTAYAで借りて観たことがあるのですが、それ以前はトント・・ ということでYou Tubeで見られるものにリンクしました。

第1回ウルグアイ大会(1930) ウルグアイ vs アルゼンチン →試合詳細

第2回イタリア大会(1934) イタリア vs チェコスロバキア(イタリア全試合) →試合詳細

第3回フランス大会(1938) イタリア vs ハンガリー →試合詳細
 
第4回ブラジル大会(1950) ウルグアイ vs ブラジル →試合詳細 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »