« September 2006 | Main | November 2006 »

“士道の後継者”としての学生

慶応義塾蹴球部編『ラグビ-式フットボ-ル』(1909)になにげなく書かれている士道に生活する学生という語句を教育史的に考察してみましょう。

国立教育研究所編『日本近代教育百年史 4 学校教育 2(1886年-1917年)』(国立教育研究所,1974)p.657に掲載された「高等教育機関卒業者の族籍別(%)」(以下は抜粋)によれば、士族の占める比率は以下のとおり。

              1890    1895    1900

帝国大学         63.3    59.0    50.8

高等学校         61.6    59.3    47.7

私立専門学校(文理) 59.8    44.1    35.3

減少傾向にはあるものの、全人口における士族人口比は5~6%にもかかわらず、19世紀中を通して高等教育の中心であった帝国大学と高等学校卒業者の過半は士族出身者で占められていたのです。同書によれば、専門分野によってシェアの差があり、

“かれらがめざしたのはかっての支配階級としての職業的伝統にもっとも近く、またその階級的威信を傷つけることのない学校や専門分野、具体的にいえばなによりも官僚養成を目的とした官立諸学校だったのである。旧幕期にすでに、平民層に開かれたほとんど唯一の知的職業として確立をみていた医療の分野や、農業・商業などの分野に士族層の比重が小さく、また官学にくらべて平民層が多い私学のうちでも、中等教員の養成機能をはたす文学・理学の分野に士族層が多いことは、教育機会の享受に、そうした価値的な選択が強く働いていたことを示唆している。”(p.652)

とのことです。「官立専門学校」に教育の項がなく、高等師範学校の士族シェアは不明ですが、中等教員の養成機関であった同校もおそらく帝国大学や高等学校とさほど変わらない数値だったろうと推測できます。

学生の出身族籍別構成比だけでなく、旧制第七高等学校造士館や、現存する修猶館、時習館などのように中・高等教育機関名が旧藩校名を継承した事実からも、学生が士道の後継者たることを期待されたことがうかがえます。

おそらく、1909年には士族出身者比率はさらに減少していたはずですが、1900年に新渡戸稲造の『Bushido : the soul of Japan』が刊行されベストセラーになったことが示すように、当時日本社会の倫理的基盤としての武士道が国内外で再評価される機運にありました。「侍の子」として家庭教育を受けた士族出身者だけでなく、農民出身者が多かった新撰組がかえって強く士道に拘ったように、平民出身の学生も自らを士道の後継者として自覚していたのではないでしょうか。
   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

“士道に生活する学生”のスポーツ

日ハムの札幌、楽天の仙台移転はJリーグの、WBCやラグビーのワールドカップはFIFAワールドカップの成功に刺激されたものであることはいうまでもないでしょう。

こうした異種競技間の影響は明治時代の競技導入時から存在したようです。本邦最初のラグビー専門書、慶応義塾蹴球部編『ラグビ-式フットボ-ル』(1909)の本文冒頭は「野球を止してフットボールをやろう」で始まっています。また、ラグビーの紳士性を強調するために、野球の非紳士性を批判している一文もあります。

・・・其審判者に対して彼れ此れ文句をつけるのみならず所謂野次迄之れに加はりて喧嘩するは今日野球界の状態なり(四十二年五月八日早稲田大学対第一高等学校野球試合は其好適例なり)。痛はしからずとせんや。互に給金の増進換言すれば直接生活問題に影響する国技館に於ける角力に於てすら、余りに勝敗に悶着を惹起せしむる力士は見苦るしきもの也。況や士道に生活する学生が彼等が自から選べる審判者に対して不平を並ぶるに至りては到底吾人フットボール、プレーヤーの耐ゆる能はざる所也。・・・

“士道に生活する学生”というのが当時の気風を表しています。『武士道』の著者新渡戸稲造が、

野球と云ふ遊戯は悪く云へば巾着切の遊戯、対手を常にペテンに掛けよう、計略に陥れよう、塁を盗まうなどと眼を四方八面に配り神経を鋭くしてやる遊びである。故に米人には適するが英人や独逸人には決して出来ない。彼の英国の国技たる蹴球の様に鼻が曲っても顎骨が歪むでも球に齧付いて居る様な勇剛な遊びは米人には出来ぬ。”(「野球と其害毒」『東京朝日新聞』1911年8月29日付け)

と述べたことと好一対をなしているといえるでしょう。本邦最初のサッカー専門書、東京高等師範学校フットボ-ル部編『アッソシエ-ションフットボ-ル』(1903)にはラグビーに見られるようなあからさまな野球への敵愾心はみられません。おそらく、野球が花形スポーツであった慶應義塾とそうでもなかった東京高等師範学校の学内事情の差によるものでしょう。

卑怯を蔑視し、金銭に拘泥しないことを倫理観とする武士道の後継者にふさわしいスポーツとしてフットボールが選ばれたことが、フェアプレーとアマチュアリズムが重要視されてきた日本サッカーの歴史(1970年代くらいまでです、モチロン)を世界的にみてユニークたらしめたのではないでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカーの社会的特色

1) 高校選手権歴代優勝校-サッカー
2) 同             -ラグビー
3) 同             -野球

を比較し、1955年くらいまでを大雑把にまとめると、

サッカー:師範学校→進学校
ラグビー:進学校→工業校
野球:進学校→商業校

という感じでしょうか。工業校(秋田工など)や商業校(広島商、松山商、中京商など)が戦後の学制改革後も中等教育にとどまってラグビーや野球のエリート色を薄めた、あるいは払拭したのに対し、師範学校が大学昇格したまま戦後10年ほどは進学校以外(浦和市立、南など)からの進出がなかったサッカーは戦後進学校スポーツとしてより純化しました。

かくして、学制改革の偶然によりサッカーは上記3種の中で最も先鋭的なエリートスポーツとなったのです(笑)。同時に師範学校の離脱は中等教育におけるサッカーのレベルを大幅に低下させたはずです。埼玉師範が健在なら浦和高は全国制覇どころか地区大会を勝ち抜くのも難しかったでしょう。

進学校スポーツだった痕跡はJFA理事会に色濃く残っているようです。現任者を含めて過去3代の会長はすべて戦後10年間の高校(中学)サッカー経験者で、広大附、小石川、三国丘高卒、副会長のD氏は神戸、Jリーグチェアマン兼務のO氏は広大附、常務理事でJリーグ専務理事兼務のI氏は浦和、理事ではありませんが、元日本代表監督のO氏は天王寺高卒・・

後藤健生氏の著作などを読むと、母国イングランドも含めてどの国でも最初はエリートのスポーツなのですが、欧州、南米では比較的早く労働者階級に普及しています。

では、なぜ日本では大衆化が遅れたのかというと、

1) 先行する野球が普及していて後発のサッカーが苦戦した(米国、カリブ海地域と同様)
2) 師範学校(小学校教員の養成機関)にはかなり普及していて小学校に普及する素地があったのに、昭和初期に協会理事会から師範系の人々が追放され、戦前協会自らが普及の道を閉ざした

のではないかと私は考えています。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

この道はいつか来た道

「ラグビーワールドカップ2007アジア地区最終予選」日本代表メンバーが発表されてます。

なんと全員大学OB

サッカーも約40年前(メキシコ五輪代表)は同様だったんですが(富沢と宮本輝以外は全員大学OB)。

トップリーグができても、クラブで代表クラスの高校出身選手を育成できていないようです。社会人の“トップ”リーグができても、有望高校生は大学に迂回し(4年間をユルーイ2流リーグで過ごし)、“トップ”リーグは結局ユルーイ2流リーグのOBリーグになってしまう、というのはまさしく日本サッカーリーグ(JSL)が辿った道です。サッカーはプロ化(Jリーグ)によってこのジレンマから脱却しました。

トップリーグができたとき、ラグビーにもJリーグができたとカンチガイしてる人がいました。Jリーグは高卒やクラブユース出身者をダイレクトに“トップ”リーグを体験させ、代表に抜擢することができるようになった、という構造改革だったのです。Jリーグとトップリーグがどう違うかは代表メンバーの経歴を見れば一目瞭然です。ラグビーは育成型の釜石が強かったときよりむしろ後退してるんじゃないでしょうか。

ビスマルクは「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」と述べたそうですが、ラグビー関係者はJリーグという経験よりも日本サッカーリーグという歴史から学ぶべきことが多いのでは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本サッカーはエリートのスポーツだった

Wikipediaに全国高等学校サッカー選手権歴代優勝校があります。

戦前の優勝校は大きく3つのグループに類別することができます(括弧内は優勝回数)。

1) 師範学校:御影師範(11)、岐阜師範(1)、埼玉師範(1)
2) 中学校(エリート進学校):神戸一中(6)、広島一中(2)
3) 朝鮮の学校:崇実(1)、普成中(1)

ところが、戦後師範学校の大学昇格と朝鮮の独立により、1)と3)が抜け、2)のみが残ります。新制「高校選手権」となった1948年~1955年の優勝校をラグビーと比較してみると、

      サッカー       ラグビー
1948年 鯉城(現国泰寺)  秋田工
1949年 池田          秋田工
1950年 宇都宮        天王寺
1951年 浦和          秋田工
1952年 修道          秋田工
1953年 東千田・岸和田   福岡
1954年 浦和          慶応
1955年 浦和          秋田工

母国イギリスでは、

ラグビー=エリートのスポーツ
サッカー=労働者のスポーツ

のように階層分化したそうですが、日本においてはサッカーもラグビーもエリートのスポーツとして同一レベルにあり、“分化”現象は見られません。

というか、サッカー:浦和高、ラグビー:秋田工、ではどちらが労働者のスポーツなのか・・(笑

| | Comments (3) | TrackBack (0)

サッカー出身の野球フロント

パリーグ優勝を果たした日本ハムファイターズの球団社長藤井純一氏はセレッソ大阪のトップを4年間務め、その間学んだバイエルン・ミュンヘンの選手評価システムを日ハムに導入して、獲得した無名選手が今シーズン大活躍する素地を作ったそうです。

サッカー関係者でプロ野球フロントで成功した大先輩に広島カープ黄金時代を築いた重松良典氏がいます。

共通点は、

1) とても裕福とはいえない球団を優勝に導いたこと
2) 中央球界では無名の選手を獲得して一流選手に育成したこと
3) 外国人監督を起用したこと(カープのルーツ監督起用は日本プロ野球史に特記されるべき)

ことでしょう。3)はいかにもサッカー出身者ならではという感じがします。落合、岡田、原、古田と判で押したように自チーム出身のスター選手を監督に起用したチームではなく、バレンタインやヒルマンのチームが日本一になったほうが日本野球の進歩発展に貢献するのではないでしょうか。

カープやファイターズで成功したノウハウがなぜベルマーレやセレッソで生かせなかったのか、誰かレポートを書いてくれないかなあ・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本人ワールドカップ観戦者~1970

1930年ウルグアイ大会 不明

1934年イタリア大会 不明

1938年フランス大会 野村正二郎(協会理事)、島田孝一(早大教授、ア式蹴球部長、協会顧問?)

1950年ブラジル大会 不明

1954年スイス大会 不明

1958年スウェーデン大会 市田左右一(FIFA理事)

1962年チリ大会 野津謙(協会会長)、市田左右一(FIFA理事)

1966年イングランド大会 JFA“ワールド・カップ見学団” 欧州遠征中の日本代表 見学団中に河面道三氏(中国新聞社記者 社の派遣ではなく個人参加 本職のジャーナリストが初取材)

1970年メキシコ大会 丸山義行氏日本人審判として初参加 JFA“ワールドカップ見学団” 完全な“特派員”ではなかったようだが、牛木素吉郎(読売)、大谷四郎(朝日)、鈴木武士(共同)、谷口博志(日刊スポーツ)の各氏が取材、写真家の岸本健も その成果は最初の市販W杯本『サッカー世界のプレー ワールドカップのスターたち』(講談社,1970)に結実。

私の知る限りでは、1974年西ドイツ大会から賀川浩(産経)、中条一雄(朝日)、後藤健生氏らが取材・観戦。

不明と記しておきましたが、当時の海外渡航事情とサッカーの普及度から考えれば、まず観戦者はいなかったはず。1938年の野村・島田氏は1940年に開催が予定されていた東京五輪をFIFA総会で宣伝するため。

ワールドカップといっても協会役員以外の人が観戦しだしたのは1966年から。ジャーナリストに限れば、1974年まで含めても指折って数えられるほどの人数です。それも最初は会社ではなく自費で負担だったらしい・・

当時外国のサッカー情報紹介は、外電に接することのできる新聞社系ライターが重要な役割を果たしていました。いわば“井戸を掘った”人たちなんですが・・

| | Comments (2) | TrackBack (1)

中条一雄氏の一文

中条一雄氏の一文がなぜか牛木氏のHPに載ってます。

ご一読の価値あり。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

方向性

残業があったので、前半途中からTVで観ました。

前回ガーナの“二軍”と書いたのですが、エシアン、アッピアなんかも入ってたんですね。リーグ戦の方はええんやろか?

なにをやりたいのかよくわからなかった前任者時代より方向性が明確で、選手もそれを理解しているので、期待できそうです。ガーナのCBはスゴイですな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

日韓定期戦を

結局ガーナ相手になった10月4日の親善試合ですが、一時日韓戦になりそうだという報道もありました。

日韓戦のメリットは、

1)アジアの公式戦の相手よりも断然レベルが高く、しかも親善試合でも本気モード。
2)そのことにより、選手やチームの真の実力が測れる。
3)上記の理由により、通常の親善試合より観客動員、視聴率も期待できる。「因縁の一戦」、「負けられない一戦」。時差がないので、両国の視聴者がゴールデンタイムで観戦でき、相手国からの放映権料も期待できるのでは。
4)定期戦となればアウェー試合もあるが、近距離なので選手のコンディションに影響が少ない。

1)~4)は韓国にとってもまったく同様のはず。

W杯本戦でフランスと引き分けた隣国がいるのに、西アフリカの国を親善試合相手に選ばなくても・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »