« サッカー協会の風通し | Main | 方向性 »

日韓定期戦を

結局ガーナ相手になった10月4日の親善試合ですが、一時日韓戦になりそうだという報道もありました。

日韓戦のメリットは、

1)アジアの公式戦の相手よりも断然レベルが高く、しかも親善試合でも本気モード。
2)そのことにより、選手やチームの真の実力が測れる。
3)上記の理由により、通常の親善試合より観客動員、視聴率も期待できる。「因縁の一戦」、「負けられない一戦」。時差がないので、両国の視聴者がゴールデンタイムで観戦でき、相手国からの放映権料も期待できるのでは。
4)定期戦となればアウェー試合もあるが、近距離なので選手のコンディションに影響が少ない。

1)~4)は韓国にとってもまったく同様のはず。

W杯本戦でフランスと引き分けた隣国がいるのに、西アフリカの国を親善試合相手に選ばなくても・・

|

« サッカー協会の風通し | Main | 方向性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日韓定期戦を:

« サッカー協会の風通し | Main | 方向性 »