« 福井半治氏と清水サッカー | Main | 慶應の流儀 »

師範学校から見た日本サッカー史

清水における堀田哲爾氏(旧静岡師範の後身である静岡大学教育学部卒)のように、地方におけるサッカーのキー・パーソンは旧師範学校系の教員養成系大学(学部)であることが多いようです。

日本代表からは1920年代後半には師範学校出身者は姿を消してしまうのですが、中等教育レベルでは相変わらず強豪で、選手権では1937年に埼玉師範が優勝しています。戦後もJSL2部には京都紫光クラブ(現パープルサンガ)、埼玉教員といった旧師範学校系OBクラブが存在したくらいです。今年の天皇杯でもヴェルディに勝ってエスパルスに惜敗?した栃木SCのような教員クラブがあるのも、旧師範学校サッカーの底力といえるでしょう。

埼玉師範が優勝した1937年に御影師範は姫路師範と統合されて兵庫師範となり、サッカー部がなくなってしまいます(理由がイマイチわかっていない)。埼玉師範のサッカーが埼玉大学教育学部になっても継続し、戦後埼玉がサッカー王国化したのに対し、戦前のサッカー王国兵庫県は没落の一途をたどります。埼玉・静岡と兵庫の地方サッカー史をみれば、底辺がいかに大事か一目瞭然です。

日本サッカー史というと代表中心になりがちですが、代表という頂点を底辺で支えた文字通りの裾野が旧師範学校関係者です。旧師範学校の視点で書かれた日本サッカー史があれば是非読みたいものです。

|

« 福井半治氏と清水サッカー | Main | 慶應の流儀 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 師範学校から見た日本サッカー史:

« 福井半治氏と清水サッカー | Main | 慶應の流儀 »