« 師範学校から見た日本サッカー史 | Main | ベースボールを野球と訳したのは中馬庚なのか? »

慶應の流儀

慶應義塾体育会小史をみると、同会は1892年創設。1903年に蹴球部が加入するまでに、剣術、柔術、野球、端艇、弓術、操練、徒歩、庭球、水泳、自転車の各部がありました。あることに気づきませんか。

すべて部名が漢字名です。1888年三田ベースボール倶楽部として創設された野球も体育会結成時に野球部になったようです。初めてカタカナ名の部が加入するのは1919年のホッケー部です。体育会結成当初は部名を漢字名にする内規でもあったのでしょうか。もしそうだとすると、体育会加盟(加盟すると学校から少なくない部費が支出された)のために「蹴球」という語を案出した可能性があります(慶應のラグビーは1899年にフットボール部として創部、1903年体育会加盟時に蹴球部となる)。

1911年刊の『慶応義塾総覧 明治44年版』には「体育会規則」が掲載されていますが、部名に関する規定は見当たりません。

興味深いのは、1903年刊の『慶応義塾便覧』の「体育会各部」に“端艇部、野球部、庭球部”とあってそれぞれに「ボート」、「ベースボール」、「ローンテニス」とルビがふってあることです。“フートボール及びクリケット部等新設の計画あり”とありますが、加入していれば、蹴球に「フットボール」または「フートボール」とルビがふられていたはずです。

蹴球と漢字表記して、フットボールを呼称とするのが慶應の流儀だったのでしょうか?

|

« 師範学校から見た日本サッカー史 | Main | ベースボールを野球と訳したのは中馬庚なのか? »

Comments

慶応が蹴球の名付け親ですか。確かに本邦ラグビーの草分けであり、サッカー部の前にラグビー部が出来ていますから、ありうべき話ですね。ここでラグビーに引っ掛けますが、日本ラグビー雑誌の歴史解明が少し進みました。①日本協会の「ラグビー」1巻1号~2巻1号(1930-31)②関東協会の「RUGBY FOOTBALL」1巻1号~9巻2号?(1933-37?)*終刊不明③ラグビー社の「月刊ラグビー」1~21号?(1948-50?)*長い間14号が終刊と思われていたが、「関西協会史」(1983年)に18~20号から引用の記載があり、更に最近神田の古本屋で1~21号までの揃い本を販売。終刊かは不明④日本協会の復刊「ラグビー」(1951-)です。サッカーのように日本協会が一貫して発行して来たわけではありませんが、熱意のある人達が繋いで来たのがわかります。神田の古本屋では復刊「ラグビー」の創刊号からも販売しているので、ラグビー関係者がまとめて手放したようです。稀少本は、こういう形で世に出て来るのですね。

Posted by: 菅大納言 | November 14, 2006 12:03 AM

『慶應義塾体育会蹴球部百年史』には誰がいつ蹴球としたかについての記述はありませんでした、というかラグビーの方は名称には全然関心がないようです。野球も慶應が最初かもしれません。『若き血燃ゆ : 慶応義塾体育会百年の軌跡 慶応義塾体育会創立百年記念誌』も調べてみようと思っています。

『蹴球』は1931年創刊ですからラグビーの方が1年早いわけですね。どちらも昭和に入ってからで非商業誌。1911(明治44)年創刊の『野球界』(野球界社は当時最大の出版社だった博文館内にあったので実質は博文館発行)は商業誌。やはり野球の普及度は段違いであったと、出版史からも裏付けられそうです。

Posted by: 蹴球閑人 | November 14, 2006 08:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 慶應の流儀:

« 師範学校から見た日本サッカー史 | Main | ベースボールを野球と訳したのは中馬庚なのか? »