« バレーボール | Main | ストライカーを生む風土 »

日本最初の蹴球文学 大和田建樹「フートボール」

現在のところ私の知るかぎりでは、鉄道唱歌の作詞者大和田建樹の「フートボール」で、『雪月花 散文韻文』(博文館,1897)所収。

“うらうらと霞みわたれる空は。
暮れんとしてまだ暮れず。
ものより帰るさに見れば。
近きあたりの書生なるべし。
五六人ひろやかなる芝生にあつまりて。
フートボール蹴あそぶ処あり。
高くあがりては黄昏月の如くしづかに落ちきたるを。
人々あらそひおしたふしつつ。
我さきにと両手にうけ。
或は蹴そこなひて横に飛ばすを。
かたへの童が馳せゆきて奪ひとるなど。
いとにぎわしき見物なりけり。
彼らがためにここちよげなる春の風は。
時々に来りて熱き顔の汗を吹く。”

5,6人でラグビーのハイパントのようにボールを蹴り上げて手で受けるだけの他愛のない遊びも“フートボール”とみなされていたことがわかります。“人々あらそひおしたふしつつ。我さきにと両手にうけ。”という部分はラグビーに近い感じがします。“黄昏月”とは三日月のような細長い月のことだそうですが、“しづかに落ちきたる”ボールの落ちるさまの形容なのか、はたまたボールの形状なのか?(笑 

1897(明治30)年は東京高師でサッカーが、慶應義塾でラグビーが始まる直前の時点です。大和田は東京高師教授でもあったのですが、1891年に辞職しており、サッカーとの接点はないようです。

|

« バレーボール | Main | ストライカーを生む風土 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本最初の蹴球文学 大和田建樹「フートボール」:

« バレーボール | Main | ストライカーを生む風土 »