« 私鉄vsマスコミ | Main | 師範学校から見た日本サッカー史 »

福井半治氏と清水サッカー

清水のサッカーといえば、1955(昭和30)年江尻小学校に赴任し、後に清水FCを作ることになる堀田哲爾氏の事跡が中心ということになるでしょう。

清水サッカー史の好著に「地域社会のスポーツの発展~清水市の事例」(卒業論文の一部とのこと→論文全体サイト全体著者プロフィール)がありますが、やはり上記の例にもれません。

ところで、静岡県立清水東高等学校サッカー部編『静岡県立清水東高等学校サッカー部史』(静岡県立清水東高等学校サッカー部後援会,1986)中の勝沢要「清水東高サッカー部小史」によれば、

“清水東高サッカー部創設当時、本高生徒を可能な限り「教員養成学校に進学させて指導者を増やす以外に強化の近道はなし」と達観された福井先生の影響を受けて、現在小学校に小花公生氏を筆頭に7名、中学校に浄見元紹氏を筆頭に4名、高校は名高連部長としてその重責を果たすこと11年の福本利幸氏を筆頭に15名を数え、指導者の数としては県下屈指である。”

と、1951(昭和26)年清水東高サッカー部を再興した福井半治氏が、清水東サッカー部OBを教員養成系大学に進学させて地元にサッカー指導者のストックを図る遠大な意図を、堀田氏の清水着任以前に実行していたことが記されています。

清水のサッカーの特徴は、サッカー少年団への小学校開放など、サッカーが教育行政と密着していることですが、これは教育委員会内にサッカー部OBがストックされていたことと無関係とは思えません。

福井門下生と堀田氏(静岡高→静岡大学教育学部なので福井門下生ではない)の活動が具体的にどう絡んだのかを紹介するような文献はないのでしょうか?

|

« 私鉄vsマスコミ | Main | 師範学校から見た日本サッカー史 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 福井半治氏と清水サッカー:

« 私鉄vsマスコミ | Main | 師範学校から見た日本サッカー史 »