« 全国中等学校蹴球大会の年齢制限 | Main | 女のやるスポーツ »

天下のサッカー稀書

『兵庫県御影師範学校創立六十周年記念誌』(兵庫県御影師範学校同窓義会,1936)の蹴球部の項の末尾は以下のとおり。

“二三年来御影のラストを飾れと叫ばれつつある中に大きな汚点を印したりとはいへ募集人員の漸減運動部数の膨張部員皆選手といふ状態で人選の往時の如く意の如くならない怒があり時勢の然らしむる所である。”(p.683)

御影師範は1937年に姫路師範と統合されて兵庫師範となり、運動部制度が廃止されます。上記のように、末期には部員が減って、選手層が薄くなっていたようです。

御影師範には、御影蹴球団編『兵庫県御影師範学校蹴球部回顧録』(神戸:御影蹴球団本部,1967)という部史があるのですが、これは神戸FCの田辺文庫以外で見たことがありません。ライバル神戸一中(神戸高校)には『神戸一中蹴球史』(1937)、『ボールを蹴って50年』(1966)という数あるサッカー部史中でも傑出したできばえの部史があって、神戸市立中央図書館などで閲覧できるのですが、戦前の中等サッカー界で極めて大きな存在であった御影師範の部史に容易にアクセスできないのは残念です。

神戸一中の部史に、年齢制限のオカゲで御影師範に勝って全国制覇できた、などということは絶対に記されるはずがありません。

|

« 全国中等学校蹴球大会の年齢制限 | Main | 女のやるスポーツ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45875/13821319

Listed below are links to weblogs that reference 天下のサッカー稀書:

« 全国中等学校蹴球大会の年齢制限 | Main | 女のやるスポーツ »