« 全国中等学校蹴球大会の予選地区割り | Main | イギリスでsoccer本が増えている理由 »

東京高師主催「中等学校ア式蹴球大会」優勝校

出拠:『附属中学サッカーのあゆみ』(東京高等師範学校附属中学蹴球部六十周年誌編纂委員会,1984)

東京高師(東京文理大)主催「中等学校ア式蹴球大会」は一部(中学校)、二部(師範学校)の2部制で行われた。毎年秋(主として8月末から9月)に開催された。一部(中学校)の優勝校は以下のとおり(右は準優勝校)。参加校は北は北海道から西は愛知県まで、実質的な東日本大会だった。

第1回(1924年) 暁星中3-0豊山中
第2回(1925年) 高師附中3-1暁星中
第3回(1926年) 高師附中6-0成城中
第4回(1927年) 高師附中2-0東京府立五中
第5回(1928年) 高師附中3-2東京府立五中
第6回(1929年) 高師附中2-0東京府立五中
第7回(1930年) 高師附中3-1湘南中
第8回(1931年) 志太中2-1湘南中 (本年から東京文理大主催)
第9回(1932年) 高師附中5-3志太中

1933年に関東中等学校蹴球選手権大会東京府予選(関東蹴球協会主催 東京朝日新聞後援)が始まっており、東京蹴球団主催(東京朝日後援)の関東蹴球大会(第15回 1933年1月まで開催 青山師範優勝)と合併したもよう。

関東蹴球協会主催第1回関東中等学校蹴球選手権大会(1934年8月)では、朝日が後援から降りている。関東地方(山梨を含む)のみの参加。決勝は青山師範3-1韮崎。

関東蹴球協会主催第2回関東中等学校蹴球選手権大会(1935年8月)の決勝は韮崎3-0埼玉師範。これで終わりか?

埼玉師範は1937年大毎主催の全国中等学校蹴球大会(現在の高校選手権)を制覇。1931年に東日本を制した志太中(現・藤枝東高)、1935年に関東を制した韮崎と、埼玉、静岡、山梨は戦前から実績があり、山神静を1地区とする全国中等学校蹴球大会の予選地区割りは疑問です。

|

« 全国中等学校蹴球大会の予選地区割り | Main | イギリスでsoccer本が増えている理由 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京高師主催「中等学校ア式蹴球大会」優勝校:

« 全国中等学校蹴球大会の予選地区割り | Main | イギリスでsoccer本が増えている理由 »