« September 2007 | Main | November 2007 »

大相撲にしのび寄る高学歴化の危機

時津風部屋のリンチ事件で時津海(東農大出)が引退・襲名し、学生相撲出身の親方がまた1人増えました。

日本人幕内力士(番付けは秋場所)の学歴をみると、

東                    西
千代大海(中卒)           琴光喜(日大)
魁皇(中卒)              豊真将(日大中退)
安美錦(高卒)            琴奨菊(高卒)
稀勢の里(中卒)           若の里(中卒)
栃乃洋(拓殖大)           雅山(明大中退)
北勝力(中卒)            海鵬(日大)
出島(中大)              時津海(東農大)
豊ノ島(高卒)             土佐ノ海(同大)
豊響(高卒)              高見盛(日大)
玉乃島(東洋大中退)        普天王(日大)
豪風(中大)              栃煌山(高卒)
岩木山(青森大大学院休学中!) 豪栄道(高卒)
玉春日(中大)            嘉風(日体大)
北桜(中卒)              垣添(日体大)
春日錦(中卒)

日本人幕内力士29人中、大卒は12人(41%)、中退(大学在籍経験者)も含めれば15人(52%)と過半数を超えます。日本人全体より、「お相撲さん」の方がずっと高学歴なのです。かつては典型的なカレッジスポーツだったサッカーの日本代表と比較しても大相撲の方が大卒率がはるかに高い、という逆転現象がおきています。

2001年以降、アマ相撲の全日本、全国学生、日本実業団、国体成年Aの4冠のうち1冠で幕下15枚目格、2冠以上で幕下10枚目格付出となっています。アマ2冠以上で初土俵を踏んだ者は全勝優勝すれば幕下を1場所で通過、下積みの苦労をまったく味わうことなく関取になることができるようになっています。アマ1冠でも最低2場所で十両昇進が可能です。最多で年間4人づつ(2年で8人、3年で12人、4年で16人)幕下15枚目格でデビューできる資格者が輩出されます。中・高卒で前相撲からとるより、大学に進学して1冠でも獲得した後付出デビューする方がずっと関取になれる確率が高くて、昇進スピードも速く、親方株取得(時津風は今後東農大出の「指定席」となるのでは)でも有利なのが現実。

現役力士だけでなく、高砂(元・朝潮 近大)に続いて時津風のような○○一門と呼ばれる名門部屋の親方が次々と大学出身者で占められるようになり、日本相撲協会理事会が同じ財団法人の日本何某協会化するのも時間の問題w 付出デビューできる「金の卵」をスカウトするにも、親方が同じ大学相撲部OBである方が有利に決まっています。高卒の有望力士(高校相撲経験者)の高校時代の指導者は大学相撲部OBで、スカウトにはやはり大学相撲部人脈が有効です。JSL時代の三菱(慶応)、古河(早稲田)のように、今後相撲部屋の学閥化が進展し、中・高卒力士の肩身はますます狭くなるでしょう。

そこへもってきて、今回のリンチ事件により“褌担ぎ”のなり手がますますいなくなり、高学歴化に拍車がかかることになるに違いありません。大相撲が年々つまらなくなっているのは、大卒力士が親方株の保険つきで“就職”し、力士がサラリーマン化しているのも原因のひとつでしょう。親方株取得のメドがつけば、親方株取得資格である関取在籍場所数をクリアすればよいので、無理してまで「上を目指す」より、「安全運転」を心掛ければよい仕組みになっているのです。これがない外国人力士とはモチベーションからして全然違います。

かつては中卒(中学生もいた 現理事長はその最終世代)を自前で育成していたのが、大学・高校の相撲部、すなわち学校スポーツへの依存度を深めつつあります。サッカーにたとえれば、大相撲はJリーグからJSLに退化している過程にあるのではないでしょうか。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

日奈子実三の彫刻

JFAのエンブレム八咫烏(三足烏)の作者、日奈子実三の本職は彫刻で、現在に残る作品に八紘之基柱があり、宮崎神宮に現存しているそうです。

八咫烏も八紘一宇もともに神武天皇がらみという共通点があり、作者のテーマとしては一貫していたんですね。

それとは関係ありませんが、日刊スポーツの天皇杯歴代優勝チームとスポニチの天皇杯歴代優勝チームの1935(昭和10)年準優勝チームは東京文理大学になっていますが、慶応RBRの間違いでスコアも2-0です。Wikipediaの天皇杯全日本サッカー選手権大会も同様です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

歴史は繰り返す-天皇杯の手抜き

天皇杯3回戦でJ2の上位4チームが枕を並べて討ち死にしました。

リーグとカップ戦のどちらにプライオリティを置くかという問題は戦前からありました。

リーグ>カップ」という図式も戦前と同じです。

『天皇杯65年史』(日本サッカー協会、1987)中に「草創期から「ベルリン」後まで」と題する座談会があり、以下のように述べられています。戦前は明治神宮大会(現在の国体のようなもので、毎年神宮外苑で開催された)の蹴球部門(天皇杯の前身)が全日本選手権を兼ねていました。

“鈴木(武士):東京帝大LBが初優勝した昭和6年10月の第11回大会は神宮大会とともに第1回全国地方大会を兼ねていますね。この地方対抗というのは?
小野(卓爾):大会をなんとかにぎやかなものにしようというところから、そのタイトルをつけたんだと思うよ。北海道の函館蹴球団なども参加した。
鈴木:早大WMW,慶応BRBなどはOB現役の混成チームですが、東大LBもそうだったのですか。
新田(純興):コーチのノコさん(竹腰重丸氏)があんまりやかましいので、のんびりやれるチームを作った(笑い)。学生リーグに出ているレギュラーでない連中が、全日本に出て勝ったんだよ。
鈴木:ということは、学生の意識は全日本より大学リーグの方が重要、ということだったんですね。
新田:そうです。LBの方は文句を言われないでやりたい、という連中の集まりだったんだ。”

サッカーがカレッジスポーツだった当時、東京コレッヂリーグは日本のトップリーグであり、大学チームにとって“全日本より大学リーグの方が重要”だったと明言されています。東大は二軍を出したら、それでも優勝してしまったようです。

しかしながら、試合の「格」としては全日本選手権の方が形式的には上で、その矛盾が露呈したのがベルリン五輪代表選考でした。五輪の前年1935(昭和10)年リーグを全勝優勝(3連覇)し、関西リーグ1位との対抗戦にも大勝(これも3連覇)した早稲田(WMW 現役・OB混成チーム、当時大学チームはリーグ戦は現役、カップ戦は現役・OB混成チームが出場した)は関東地区予選で敗退、1935年の全日本選手権(明治神宮大会)で優勝したのはベルリン出場をめざして遠路駆けつけたモチベーション満点の京城蹴球団でした。リーグ戦の覇者早稲田とカップ戦の覇者京城蹴球団のどちらがベルリン五輪代表の中核チームになるべきかが当時の協会内で問題になった痕跡はまったくありません(五輪代表の監督、コーチは早稲田OBで選手も早稲田が大半をしめた)が、ベルリン五輪代表選考をめぐって朝鮮と内地で対立したことは、後藤健生『日本サッカー史』をはじめとする数々のサッカー史書に記されています。当サイトにも「『蹴球』誌掲載ベルリン・オリンピック選考経過」、「ベルリン・オリンピック代表選考の舞台裏」がありますので、ご参照ください。問題の根底にあるのは、代表選考参考試合に神宮大会を指定しているにもかかわらず、大学チームが神宮大会にモチベーションをもっていなかったことです。

国際公式戦直前の重要試合を代表選考参考試合とする愚を悟ったのか、大日本蹴球協会は五輪後、国際公式戦に関係なく毎年代表候補を召集して合宿を行なう“常備軍”方式に代表選考法を変更しています。

リーグとカップとどちらが大事かという問題にプロ・アマは関係ないことがわかります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »