« July 2010 | Main | September 2010 »

中等野球に関する野球統制令の内容

『東京朝日新聞』1932年2月27日付記事

未公認大会に参加を禁止
 全国、選抜大会は各一回を公認
  中等学校野球統制

野球統制委員会の中等学校野球統制に関する審議会は廿六日午後六時から工業クラブで開催。森委員長を始め安藤、東、大村、桜井、長与、橋戸、平沼、槇、前田、宮原に山川文部省体育課長、岩原学校衛生官の各委員出席。体育審議会の答申による中等学校野球の統制に関する諸事項につき逐条的に審議決定し同夜発表を見た。右によれば従来各地で挙行されて居た全国優勝大会、又は選抜大会等は全国中等学校野球協会で審議の後、各一大会づつを公認し、未公認の大会には中等学校選手の参加を禁止する事となったので、兎角問題視されて居たこの方面の弊害は四月一日以降は一掃される事となった。尚地方大会で入場料が徴収され得る場合もその地方の府県団体が主催し、全国中等学校野球協会の公認を経なければならなくなったので、地方大会においても大いに清算されることとなる。これ等諸規定は小学校の場合と同様、協会未成立の間は文部省が代行機関となり、各諸規定も文部省訓令として通達されることとなる。決定した諸重要事項左の如し。

△中等学校の野球に関する事項

一、中等学校の野球に関しては府県の体育団体(府県当局者及び学校長と密接なる連絡を有し他の運動種目と共に野球を統制し得るもの)において本令の定む所に従ひ適当に統制すること。

二、野球試合は左記により開催せらるること。

イ、全国的優勝大会及び全国的選抜大会はそれぞれ年一回全国中等学校野球協会の公認の下に開催し得ること。但し明治神宮体育大会に関するものはこの回数に含まず。

ロ、地方大会(「府県対抗試合」又は参加学校が三府県以上にわたる試合をいふ)は関係府県の体育団体(第一項記載の事項参照)共同主催の下に同一地方に関し年一回に限り公認を受けて開催し得ること。

ハ、府県大会は府県の体育[団体](第一項記載の事項参照)の主催もしくはその公認の下に年一回開催し得ること。但し全国的優勝大会地方大会府県対抗試合の府県予選を別に行ふ場合はこの回数に含まず。

ニ、連盟試合(同一府県内に存する三校以上の学校間にて総当り式にて行はるるものをいふ)は近接する学校間にて予め関係学校長において協定をなし、関係学校共同主催の下に府県体育団体(第一項記載の事項を含む)の公認を得て開催し得ること。

ホ、府県内における二校間の対抗試合は当がい学校長において協定をなし、両校共同主催の下に開催し得ること。

へ、府県を異にする二校間の対抗試合はそれぞれ当がい学校長承認の下にその属する府県体育団体において協定をなし開催し得ること。

三、野球試合は総ての学業に差障なき時に行ふはもちろんなれども、時に対外試合は土曜日の午後、日曜日、祭日、休日、休暇に行ふこと。但し府県の事情によりこの期日に行ふを得ざる場合、府県体育団体においてその事情を具し、全国中等学校野球協会等の承認を得てこの期日外に行ふを許すこと。

四、中等学校生徒の参加する試合にして入場料を徴収せんとする時は主催者においてその件に関し承認を得べきこと。

五、試合の入場料は前項により承認を受けたる団体において処理し、その収支は試合終了後直に報告し、当がい学校は直接これに与らざること。参加学校において旅費滞在費等を受くる場合は必ず当がい学校の属する府県体育団体を経て収受すべきこと。

六、学校選手は当がい学年において進級せしものにして、転学者は転学校一ケ年を経過せるものたること。

七、学校選手にして全国的大会、地方大会、府県大会に参加する場合は必ず学校医の健康証明書を学校長より主催者に提出すること。

八、中等学校生徒にして学校を代表する試合に参加せんとするときはその都度学校長の許可を受くべきこと。

九、中等学校生徒は個人として入場料を徴収する試合に出場することを得ず。

十、中等学校選手は「クラブチーム」に加はり優勝大会若しくはこれに準ずべき試合に出場することを得ず。但し学校長の許可ある場合、学校を背景とする「チーム」に加はり府県体育団体の公認ある大会にして収入を伴はざるものに出場するはこの限りあらず。”

野球を統制したこの訓令がサッカーにも影響を与えたようなのですが、詳細については後日に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京高師附中にとっての東京文理大主催全国中等学校大会と東京蹴球団主催関東蹴球大会の位置づけ

蹴球年鑑 1932年版』に東京文理大主催第9回全国中等学校大会(1932年8月)と東京蹴球団主催第15回関東中等学校大会(1933年1月)の記録が出ています。東京高師附中は前者で優勝、後者でベスト4の成績を残していますが、そのメンバーはかなり変っているようです。

東京文理大主催第9回全国中等学校大会決勝(対志太中 1932年8月30日)
GK:佐々田
FB:真鍋 西田
HB:安達 辻田 石川
FW:千葉 小野田 大和田 安藤 崎山

東京蹴球団主催第15回関東中等学校大会準決勝(対茨城師範 1933年1月22日)
GK:佐々田
FB:永野 安達
HB:藤尾 石川 江中
FW:千葉 小野田 菊地 二階 馬島

東京文理大主催第9回全国中等学校大会優勝イレブンから真鍋、西田、辻田、大和田、安藤、崎山の6人が抜けています。この6人はおそらく最上級生(5年生)だったのではないでしょうか。全国有数の進学校である東京高師附中は東京文理大主催全国中等学校大会をもって5年生は引退、大阪毎日新聞主催全国中等学校蹴球大会(現在の高校選手権の前身、1月開催)予選や東京蹴球団主催関東蹴球大会は4年生以下が出場していた可能性があります。この年度の大阪毎日新聞主催第15回全国中等学校蹴球大会の東京代表は青山師範なので、確認はできませんが。

東京高師附中の大阪毎日新聞主催第全国中等学校蹴球大会出場は、

第10回(1928.1) ベスト4
第12回(1930.1) ベスト4
第17回(1935.8) ベスト8

の3回で、出ればそれなりに健闘しています。東京地区の同校以外の中学校は暁星中(第9回(1926.1) ベスト4)と府立八中(第18回(1936.8))のみで、他は青山師範か豊島師範が出場しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

全国中等学校蹴球大会の光と陰

全国中等学校蹴球大会の年齢制限は第12回1930年と第17回1935(昭和10)年の2回強化されたようです。それぞれの前年の大会と該当の大会の出場校、上位校は以下のとおりです。

第11回(1929.1) 8校
【関東】青山師 【北陸】富山師 【東海】愛知一師 【京滋奈】滋賀師 【阪和】明星商 【兵庫】御影師 【中国】広島一中 【朝鮮】平壌高普
ベスト8 同上
ベスト4 明星商 平壌高普 青山師 御影師
優勝 御影師 準優勝 平壌高普

出場8校中師範学校5校(62.5%)、商業学校1校、中学校1校、朝鮮の高等普通学校1校。ベスト4に中学校なし。優勝は師範学校、準優勝は朝鮮の高等普通学校。

第12回(1930.1) 9校
【北海道】函館商 【関東】東京高師附中 【北陸】富山師 【東海】愛知一師 【京滋奈】京都師 【阪和】市岡中 【兵庫】神戸一中 【中国】広島師 【九州】熊本二師
ベスト8 函館商 東京高師附中 富山師 愛知一師 京都師 市岡中 神戸一中 広島師
ベスト4 東京高師附中 広島師 市岡中 神戸一中
優勝 神戸一中 準優勝 広島師

出場9校中師範学校5校(55.6%)、中学校3校、商業学校1校、ベスト4に中学校3校優勝は中学校

第16回(1934.1) 12校
【北海道】函館師 【東北】宮城師 【北関東】埼玉師 【東京】青山師 【北陸】富山師 【東海】岐阜師 【京滋奈】京都師 【阪和】明星商 【兵庫】御影師 【中国】広島一中 【四国】徳島商 【九州】長崎師
ベスト8 青山師 京都師 長崎師 明星商 埼玉師 御影師 広島一中 岐阜師
ベスト4 京都師 明星商 御影師 岐阜師
優勝 岐阜師 準優勝 明星商

出場12校中師範学校9校(75%)、商業学校2校、中学校1校ベスト4に中学校なし。優勝は師範学校。

第17回(1935.8) 12校
【北海道】函館師 【東北】宮城師 【関東】韮崎中 【東京】東京高師附中 【北陸】富山師 【東海】刈谷中 【京滋奈】滋賀師 【阪和】天王寺師 【兵庫】神戸一中 【中国】広島一中 【四国】香川師 【九州】長崎師
ベスト8 宮城師 富山師 東京高師附中 天王寺師 韮崎中 刈谷中 広島一中 神戸一中
ベスト4 富山師 天王寺師 刈谷中 神戸一中
優勝 神戸一中 天王寺師

出場12校中師範学校7校(58.3%)、中学校5校ベスト4に中学校2校優勝は中学校

2回の年齢制限で出場中学校数は1→3、1→5校に増加し、ベスト4中の中学校数も0→3、0→2校に増加。優勝校も師範学校から中学校(2回とも兵庫地区大会で御影師範を破った神戸一中)に変っています。年齢制限は中学校の出場校数増加、上位進出を促進する効果をあげています。

主催の大阪毎日新聞としては、地味な師範学校よりも「文武両道」で華のある中学校が多く出場した方がイベントとして盛り上がるので、年齢制限でコントロールしようとしたのかもしれません。同じく毎日新聞主催の選抜高等学校野球大会における21世紀枠で、「文武両道」が重視されているのと軌を一にしているといえましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝日と読売の「蹴球」初出記事

朝日新聞データベース「聞蔵Ⅱビジュアル」と読売新聞データベース「ヨミダス歴史館」で「蹴球」の初出記事を調べたところ、以下のとおりでした。

朝日新聞:1902年4月9日付「蹴球会椿事」

蹴球会椿事

グラスゴー市に催せる英蘇聯合蹴球会に於て観覧人山をなし為めに会場を仕切りたる欄柵破壊したる結果死者廿名負傷者百廿五名を出したり”

読売新聞:1902年4月9日付「グラスゴーの椿事」

グラスゴーの椿事
(七日倫敦ルートル發)

グラスゴー市に催せる英蘇聯合蹴球会に於て観覧人山を成し為めに会場を仕切りたる欄柵破毀したる結果死者二十名負傷者百二十五名を出したり”

同一年月日で、同じ事件、すなわち1902年4月5日グラスゴー・レンジャーズの本拠アイブロックス・パークで起きたスコットランド対イングランド戦の観客席崩壊事故を扱ったものです。文面はほとんど同じなので、情報源は同じ外電であろうと思われます。慶應義塾のラグビーが蹴球部を名乗るのは1903年ですが、その前に「football」を「蹴球」と訳した例が新聞記事にあったということです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

戦前のキーパーチャージ

東京高等師範学校々友会蹴球部編『フットボール』(大日本図書 1908)で「センターフォーアワード」を担当した落合秀保は、「(三)ゴールに蹴込む時」で以下のように述べています。

“若しも蹴ったボールを敵のゴール・キーパーがうまく手で受け取ったら、すかさず飛んで行って、体で以てゴール・キーパーをボール諸共ゴールの中に押し込む。ゴールキーパーには常に誰も触れる事は出来ないけれども、ボールを持ってゐる時にはさはってもかまわないから、ゴール・キーパーの方でもボールを捕ったら躊躇はしない。直様蹴るか、蹴る間がなければ投げる。そのゴール・キーパーの蹴る間も投げる間もない内に逸早く衝きかかってゴールに押し込むのである。この時兎角手で押したくなるが、手を用ひてはならぬ。体で押さなければ反則となる。体を少し横に向けて腰と肩とで押せば大抵は入ってしまふ。”(p.181-182)(太字化は筆者)

落合は1908年東京高師を卒業、滋賀師範に就職して滋賀県サッカーの祖となっています。彼の教え子から1917年極東大会日本代表FWで日本代表初得点を記録する北村春吉が出ます。

上記のようなキーパーチャージに甘いイングランド式の規則解釈が昭和期まで続いていたのですが、1936年ベルリン・オリンピックでキーパーチャージに厳しい大陸式の規則解釈に驚いたことを、日本代表監督だった鈴木重義が「オリンピック大会よりの教訓 審判統制委員の諸兄に」『蹴球』v.4 no.6 1937.1 p.22-25 に記しています。

“第一にはゴールキーパーへのチャージである。キーパーは欧州のレフェリーに依れば絶対に保護されてゐる。日本で現に行はれ正当として許されてゐるキーパーへのチャージは殆んど総てファアルであると云っても過言ではあるまい。吾代表が独逸との練習試合の時キーパーがボールを持ったので日本でやる様にチャージし、片足をあげボールを蹴らうとしたら敵も観衆もあきれ果てて、日本はルールの出来ない以前のプレーをすると驚いてゐた始末で彼らはこんな事は絶対にしない。・・・”(p.22)

この規則解釈はキーパーが小柄な日本にとって有利に作用し、「ベルリンの奇跡」を生んだ要因のひとつでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

戦前浦和の小学生サッカー

東京・メキシコオリンピックの日本代表だった鈴木良三氏の日本サッカー殿堂入りが決定しました。氏の浦和西高時代の指導者は藤浪武三氏です。藤浪武三「教壇生活50年」、「サッカーと私」、「藤浪武三先生略歴」『栄冠かけて : サッカー部創部50周年記念誌』(埼玉県立浦和西高等学校サッカー部OB会 2000)所収によれば、藤浪氏は1915年生、1921年埼玉師範附属小入学、1926年関東少年蹴球大会優勝。埼玉師範在学中全国中等学校蹴球大会に3年連続出場(第14回~16回)。1936年~1941年浦和第二小学校教員、同小関東少年蹴球大会で5連覇。検定試験を受けて中等教員資格をとり、1945年県立粕壁中教員となり日本代表高林隆を指導。1946年浦和西高の前身浦和第二高等女学校に転じ、1950~1970年同校サッカー部監督。

戦前の小学校サッカー選手、指導者が戦後高校サッカー指導者になったわけです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホワイトカラーのスポーツとしてのサッカー

大正期におけるサッカーの中学校への普及とその日本サッカーへの影響」において、大正時代にパブリック・スクールと親和性のある進学校が、問題化した野球に代えて、サッカーを積極的に導入した事例を紹介しました。「ボトム・アップでレベル・アップした戦前の日本サッカー」では、東京高師附中(現・筑波大学附属高校)、神戸一中(現・神戸高校)、広島一中(現)OBが大学へのサッカーの普及に際して大きな役割を果たしたことについて記しました。

昭和期には社会人(実業団)にもサッカーが普及していきますが、やはり上記のような進学校OBがキーパーソンとなっています。東洋工業にサッカー部(現・サンフレッチェ広島)を創部したのは、後にマツダ社長となる山崎芳樹(広島一中→広島高等工業)でした。三菱重工にサッカー部(現・浦和レッドダイヤモンズ)を創部したのは後に三菱自工会長となる岡野良定(広島一中→広島高校→京大)でした。

日本サッカーリーグには日本を代表するようなメーカー系大企業が顔を揃えていますが、工場労働者が主体となったわけではありませんでした。俗に「丸の内御三家」といわれるように、社会人(実業団)にサッカーが普及したといっても、その主体となったのは本社勤務のホワイトカラーでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

押川春浪の新渡戸稲造に対する反論

1911(明治44)年8月29日付け『東京朝日新聞』に掲載された「野球と其害毒」において第一高等学校校長新渡戸稲造が、

“野球と云ふ遊戯は悪く云へば巾着切の遊戯 対手を常にペテンに掛けよう、計略に陥れよう、塁を盗まうなどと眼を四方八面に配り神経を鋭くしてやる遊びである。故に米人には適するが英人や独逸人には決して出来ない。彼の英国の国技たる蹴球の様に鼻が曲っても顎骨が歪むでも球に齧付いて居る様な勇剛な遊びは米人には出来ぬ。”

と述べたことに対する反論を押川春浪が『東京日日新聞』(日付不明)で行っており、単行本安部磯雄,押川春浪(方存)著『野球と学生』(広文堂 1911)中の「学生界のために弁ず」として収録されています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明治時代の野球における審判へのヤジ

慶応義塾蹴球部編『ラグビー式フットボール』(博文館 1909)に、

然るに其審判者に対して彼れ此れ文句をつけるのみならず所謂野次迄之れに加はりて喧嘩するは今日野球界の状態なり

とあります。実際どんなヤジが飛ばされていたかは、1905年5月の慶應義塾対一高野球戦を記述した運動術士著『運動界之裏面』(中興館 1906)に記されています。

一高の弥次は猛烈である。彼等は、アンパイヤー不信任! 無能と認む! 馬鹿! 撲れ! など、果ては悪語、誹語さへ放って来た。

この試合の審判は慶應OBの守山氏で、その審判ぶりは以下のように記されています。

守山氏の審判は、由来不公平である、併も此の日のは、不公平なる守山氏の審判中、最も不公平なるもので、恐くは有史以来の不公平なるものであろう。殆ど無茶苦茶であった。

この試合は慶應グラウンドで行われましたが、当時はホーム側がOBを審判にし、自チームに有利なジャッジをしていたようです。同カードの前試合は一高で行われ、一高OBの審判が一高に偏ったジャッジをしたので、その「報復」だったとのことです。フェアプレー精神のカケラもなく、天下の名門校一高のマナーも最悪でした。結局この試合は中止になりました。

一高校長新渡戸稲造が『東京朝日新聞』に掲載された「野球と其害毒」で、

“一体日本の野球選手は作法を知らぬ。昨年早稲田であったかと思ふが軽井沢で外人と試合をして審判上の紛擾から虚言家[ライヤー]と或る一選手が云った。すると外人は非常に怒って虚言家とは何事であると其儘試合は中止になった。米国では虚言家と云はるる事は泥棒と云はるると同じであるのだ。
▲野球選手の不作法 是はホンの一例に過ぎぬが何処の学校の野球選手でも剣道柔道の選手の様に試合する時に禮を尽さぬ。”

と述べたのは1911年のことです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

関東少年蹴球大会(続)

第11~19回は、

第11回 未確認
第12回 1933(昭和8)年9月10日 青山師範 4チーム 第1部:豊島師範附小 第2部:油面小
第13回 1934(昭和9)年9月30日 青山師範 6チーム 第1部:豊島師範附小 第2部:油面小5年
第14回 1935(昭和10)年9月29日 青山師範 3校 第1部:油面小 第2部:浦和第二小
第15回 1936(昭和11)年10月17日 青山師範 3校 浦和第二小
第16回 1937(昭和12)年11月14日 青山師範 2校 浦和第二小
第17回 1938(昭和13)年11月27日 明治神宮競技場 4校 第1部:浦和第二小 第2部:浦和第二小
第18回 1939(昭和14)年11月12日 青山師範 8校 第1部:浦和第二小 第2部:浦和第二小
第19回 1940(昭和15)年11月23日 青山師範 5校 第1部:児玉小 第2部:浦和第二小

大正時代には20チーム以上が参加し、3日間の日程で行われたこともあったのですが、参加校が固定化する傾向が見られます。末期は浦和第二小学校のブッチギリになっていて、児玉小も含めて、埼玉大会化しています。埼玉師範附小以外の浦和第二小や児玉小への底辺の拡大が、戦後の埼玉県サッカー王国化につながったのではないでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

関東少年蹴球大会

東京蹴球団主催、東京朝日新聞後援の関東少年蹴球大会は1922(大正11)年に第1回が開催され、1940(昭和15)年まで続いたようです。戦前の少年(小学生)サッカーの記録は少ないのですが、東京朝日新聞後援なので、同紙に記事があります。第1部が尋常小学校の部、第2部が高等小学校の部です。第10回までの日付、開催地、参加チーム数、優勝校は次のとおりです。

第1回 1922(大正11)年10月15~16日 日比谷公園 14チーム 第1部:豊島師範附小 第2部:豊島師範附小
第2回 1924(大正13)年3月1~2日 青山師範 14チーム 第1部:青山師範附小 第2部:目黒小
第3回 1924(大正13)年9月21~23日 青山師範 25チーム 第1部:青山師範附小 第2部:目黒小
第4回 1925(大正14)年9月19、20、23日 青山師範 22チーム 第1部:豊島師範附小 第2部:浦和小
第5回 1926(大正15)年9月24~26日 羽田蹴球場 13チーム 第1部:埼玉師範附小 第2部:浦和小
第6回 1927(昭和2)年9月24~25日 青山師範 13チーム 第1部:埼玉師範附小 第2部:浦和小
第7回 1928(昭和3)年9月22~23日 青山師範 11チーム 第1部:埼玉師範附小 第2部:埼玉師範附小
第8回 1929(昭和4)年9月22~23日 青山師範 8チーム 第1部:青山師範附小 第2部:埼玉師範附小
第9回 1930(昭和5)年9月20~21日 青山師範 9チーム 豊島師範附小
第10回 1931(昭和6)年9月19~20日 青山師範 11チーム 第1部:豊島師範附小 第2部:油面小

師範学校附属小学校、埼玉勢の強さが目立ちます。1925(大正14)年の第4回大会には埼玉から浦和勢だけでなく、児玉小も参加しています。   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

甲子園の土

夏の甲子園の土を踏む学校が出そろいました。

おそらくご存知ないでしょうが、西宮市の小学生は小学校連合体育大会(小連体)全員甲子園の土を踏めるのです。

私は第9回~11回と3年連続出場しました。といってもマスゲーム、当然最下層に位置してましたが。

11_5

せっかく土に近いポジションにいるので、甲子園の土をポケット一杯に詰め込んだ記憶があるのですが、その後その土をどうしたか、全然覚えてません。

中学校に入って、宝塚市から通学している子に聞くと、宝塚では小学生は全員宝塚歌劇を鑑賞するのだそうです。

勝った!と思いました。

1912年5月11日は明治45年だったので、「大正元年(1912年)5月11日の東北ダービー」を「明治45年(1912年)5月11日の東北ダービー」に改題しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2010 | Main | September 2010 »