« 戦前のキーパーチャージ | Main | 全国中等学校蹴球大会の光と陰 »

朝日と読売の「蹴球」初出記事

朝日新聞データベース「聞蔵Ⅱビジュアル」と読売新聞データベース「ヨミダス歴史館」で「蹴球」の初出記事を調べたところ、以下のとおりでした。

朝日新聞:1902年4月9日付「蹴球会椿事」

蹴球会椿事

グラスゴー市に催せる英蘇聯合蹴球会に於て観覧人山をなし為めに会場を仕切りたる欄柵破壊したる結果死者廿名負傷者百廿五名を出したり”

読売新聞:1902年4月9日付「グラスゴーの椿事」

グラスゴーの椿事
(七日倫敦ルートル發)

グラスゴー市に催せる英蘇聯合蹴球会に於て観覧人山を成し為めに会場を仕切りたる欄柵破毀したる結果死者二十名負傷者百二十五名を出したり”

同一年月日で、同じ事件、すなわち1902年4月5日グラスゴー・レンジャーズの本拠アイブロックス・パークで起きたスコットランド対イングランド戦の観客席崩壊事故を扱ったものです。文面はほとんど同じなので、情報源は同じ外電であろうと思われます。慶應義塾のラグビーが蹴球部を名乗るのは1903年ですが、その前に「football」を「蹴球」と訳した例が新聞記事にあったということです。

|

« 戦前のキーパーチャージ | Main | 全国中等学校蹴球大会の光と陰 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 朝日と読売の「蹴球」初出記事:

« 戦前のキーパーチャージ | Main | 全国中等学校蹴球大会の光と陰 »