« 1985~1989年 - プロ化への胎動(1989年) | Main | 日本蹴球協会機関誌『Soccer』総目次(no.1-v.14 no.4 1948.8-1951.8) 全文リンク付き »

大日本蹴球協会機関誌『蹴球』総目次(no.1-v.9 no.4 1931.10-1941.4) 全文リンク付き

大日本蹴球協会機関誌『蹴球』は昭和6(1931)年10月創刊。編集責任者は千野正人、島田晋、岩崎玄と慶応OBが3代続き、日本最初のサッカー・ジャーナリスト山田午郎(青山師範OB,朝日新聞運動部長、『アサヒスポーツ』編集同人)に引き継がれる。島田、山田は数少ない戦前のサッカー本の著者でもある。


--------------------------------------------------------------------------------
no.1 1931.10
本誌の使命(今村次吉)
感想(浦下正二)
世界蹴球界に対する日本の態度(野津謙)
今シーズン各軍主将の抱負を聞く(東大、慶、京大、早、関学各主将)
関西学生リーグ展望(前田純一)
ワールド・カップの話(千野正人)
審判制度の確立(中島道雄)
ペナルティ・キック・ルールの改正(島田晋)
蹴球競技規則問答(上)(濱田諭吉)
極東大会の思出(篠島秀雄、玉井操、神田清雄)
蹴球に関する若干の文献(島田巽)
東海蹴球界の現状及今後(松田静)
理事会報告、会計報告
新刊紹介
笛弦と語る
編集後記

--------------------------------------------------------------------------------
no.2 1933.2
東西対抗争覇戦評(鈴木重義)
東京蹴球カレッヂリーグ戦総評(濱田諭吉)
関西蹴球カレッヂリーグ戦総評(斎藤・田辺)
世界一蹴記(千野正人)
試合経過 慶大対京大、早大対帝大、慶大対帝大、慶大対早大、同決勝戦
東西カレッヂリーグ戦一覧
会務報告其の他

--------------------------------------------------------------------------------
no.3 1933.4
全関東対全関西戦評(手島志郎)
東京蹴球カレッヂリーグ戦総評(二)(濱田諭吉)
世界一蹴記(千野正人)
審判の研究(関東協会審判委員会)
記録 第九回中等学校大会 東京中等学校リーグ戦 第二回全国高商大会 第四回全国高工大会 全国高等学校大会 第十五回全国中等学校大会 第十五回関東中等学校大会
海外情報
新刊紹介
会務報告
東京カレッヂリーグ会務報告

--------------------------------------------------------------------------------
no.4 1933.6
先づ極東の覇を!(鈴木重義)
戦術論(島田晋)
審判の研究(関東協会審判委員会)
本の話(城野六三郎)
北海道からの所感一束(浦下正司)
昭和七年度活動報告-北海道協会、北陸協会、東海協会、関東協会
全国地方対抗選手権大会
新刊紹介
海外情報
会務報告

--------------------------------------------------------------------------------
no.5 1933.8
計画と報告(鈴木重義)
極東の覇を目指して(安達太郎)
東北地方の蹴球(千葉幸雄)
戦術論(島田晋)
審判の研究(関東協会審判委員会)
規則の一部改正(審判統制委員会)
会務報告、その他

--------------------------------------------------------------------------------
no.6 1933.10
東京学生蹴球連盟への祝辞(鳩山一郎)
極東大会其の他(鈴木重義)
覇権を目指して(安達太郎)
独逸及北欧の蹴球の話(岩野次郎)
審判の研究(関東協会審判委員会)
競技規則はどう変ってきたか(岩崎玄)
会務報告、其の他

--------------------------------------------------------------------------------
no.7 1933.12
覇権を目指して(山田午郎)
全国地方対抗選手権大会報告(原島好文)
東京学生連盟戦総評(竹腰重丸)
関西学生リーグ総評(永野武)
戦線検察(島田晋)
英国対スペイン国際戦(斎藤才三)
前進せよ蹴球!(島田晋)
記録 全国地方対抗選手権大会各地予選 東京学生蹴球連盟戦 関西蹴球学生リーグ戦 東海地方及北陸地方各大会記録
会務報告

--------------------------------------------------------------------------------
v.2 no.1 1934.2
公示-第十回極東大会派遣蹴球氏名発表 第十回極東大会の意義及び後援基金募集
覇権を目指して(四)(山田午郎)
早大対京大戦の印象(濱田諭吉)
早慶戦の印象(高山忠雄)
京大対関学戦の印象(和泉次郎)
早大対京大戦試合経過
東京学生連盟戦総評(二)(竹腰重丸)
関西学生リーグ第二部総評(福田剛一)
会務報告
試合記録 全国高校大会 全国高商大会 全国高工大会 全国中等学校大会 近畿師範学校大会等
戦術論(三)(島田晋)

--------------------------------------------------------------------------------
v.2 no.2 1934.4
代表選手合宿訪問記(濱田諭吉)
代表選手に贈る言葉(佐々木等、守屋英文、深山静夫、神田清雄、近藤台五郎、手島志郎)
会務報告
試合記録
東西選抜対抗戦の印象(杉村正三郎、松丸貞一)
東西選抜対抗戦試合経過
覇権を目指して(結)(山田午郎)

--------------------------------------------------------------------------------
v.2 no.3/4 1934.8
第十回極東選手権大会オフィシアルリポート(竹腰重丸、田辺治太郎、上野寛)
合宿及び役員選手変更の経緯(田辺)
合宿日誌(田辺)
遠征日誌(田辺)
会議折衝事項(田辺)
生活(田辺)
練習準備・備品(田辺)
天候温度表(田辺)
荷物及運搬(田辺)
費用管理・通貨・両替(田辺)
試合経過(竹腰・上野)
試合批評(竹腰)
代表選手諸君の感想
代表選手後援費応募者氏名
会務報告
編集後記

--------------------------------------------------------------------------------
v.2 no.5 1934.10
FIFAの話(野津謙)
四拾年の経験から(堀江忠男訳)
スローインの研究(辻安三訳)
会務報告
試合記録 関西での満州軍(永野武) 東京での満州軍(工藤孝一) 中等学校招待大会(斎藤才三) 関東中等学校大会(井出多米夫)
蹴球入門(チャ-ルスバカン 岩崎玄訳)
戦術論(四)(島田晋)
極東大会からの教訓の決算(竹腰重丸)

--------------------------------------------------------------------------------
v.2 no.6 1934.12
訪日遠征の感想(梁瀨淑)
郷土を語る(倉林茂)
四拾年の経験から(堀江忠男訳)
蹴球ロマンス(矢島清次訳)
蹴球漫談ボールは語る(山田午郎)
コーナーキックの研究(辻安三訳)
新刊紹介
蹴球入門(岩崎玄訳)
東西リーグ記録

--------------------------------------------------------------------------------
v.3 no.1 1935.2
昨年度のワールドカップ戦に就いて(W・ベンスマン)
学生東西対抗争覇戦(竹腰重丸)
東西対抗選抜戦(井出多米夫)
覇者の感想-「力の蹴球」への成果(立原元夫) 攻撃線の強化(常波常道)
キックオフの研究(ジョン・グレーブス 島田晋訳)
会務報告
試合記録 全国高校大会 全国高工大会 全国高商大会 関東中等学校大会 東西リーグ記録
蹴球入門(チャ-レス・バカン 岩崎玄訳)
  


--------------------------------------------------------------------------------
v.3 no.2 1935.4
ゴールキーパー論(D・ジャック 矢島清次訳)
蹴球入門(C・バカン 岩崎玄訳)
四拾年の経験から(堀江忠男訳)
ゴールキーパー心得帳(島田晋)
ゴールキーパーへの注文(竹内悌三)
台湾の蹴球(川中喜造)
名古屋対浜松都市対抗戦(H・S・C)
国際試合記録 試合記録 会務報告 人事消息
編集後記

--------------------------------------------------------------------------------
v.3 no.3 1935.9
個人の力(深尾会長)
全国の蹴球人に告ぐ(野津謙)
指導 四拾年の経験より(堀江忠男訳) 蹴球入門(C・バカン 岩崎玄訳)
報告及び記録 全国代議員会 理事会 東北協会報告
試合記録 関東実業団大会 東京大学予科リーグ 全日本綜合選手権大会
全日本綜合選手権大会批判(山田午郎)
通信 F・Aカップ決勝戦(堀江忠男訳) 関東実業団大会に優勝して(松丸貞一) 東海協会浜松支部準備会ニュース(準備会) 東海第一回少年蹴球大会(市川忠平) 児玉町より(蓮谷実)

--------------------------------------------------------------------------------
v.3 no.4 1935.10
世界の覇を-理事論説(鈴木重義)
大日本蹴球協会公告
丁満州蹴球協会長メッセーヂ
満州報告(大日本蹴球協会)
中等学校大会合評座談会
理事会報告
両リーグ報告
『蹴球』浜松支局通信
リーグ戦線展望(山田午郎)
試合日割 試合記録
読者の声 一読者に答ふ
蹴球行はる
ハルビン蹴球協会長メッセ-ヂ
外字諸新聞評
遠征選手感想録
偶感一束
翻訳 四十年の経験から(渡辺芳夫訳) 蹴球入門(岩崎玄訳)

--------------------------------------------------------------------------------
v.3 no.5 1935.12
巻頭(新田純興)
ベルリン派遣費募集(大日本蹴球協会)
ベルリンで日本は勝てるか(スティーヴンス)
勉学と運動との関係(早坂長次郎)
特集神宮大会記録
浜松支局通信
オリムピックニュース
審判に関する愚見(TCSO生)
児玉町遠征の記(清水芳介)
試合記録
新刊紹介
読者の声
四十年の経験から(堀江忠男訳)
蹴球入門(C・バカン 岩崎玄訳)

--------------------------------------------------------------------------------
v.4 no.1 1936.1
巻頭・1
ベルリン派遣費募集(大日本蹴球協会)・2
東京学生リーグ座談会・8
関西学生リーグ総評(永野武)・4
函館支局設立に就て(浦下正司)・27
全国に「蹴球」支局を造れ・29
浜松支局通信・24
函館支局通信・25
蹴球児玉の誇り(?舎、倉林、高橋)・30
蹴球漫談(堀江耕造)・19
試合記録(加藤正信)・39
TCSO君に答ふ(野村正二郎)・36
四十年の経験から(堀江忠男訳)・40
蹴球入門(C・バカン 岩崎玄訳)・42
新刊紹介・18
読者の声・18
次号予告・18

--------------------------------------------------------------------------------
v.4 no.2 1936.6
オリムピック特集 選手氏名発表(大日本蹴球協会)・1 選手候補者決定ノ顛末(大日本蹴球協会)・2 オリムピック選手紹介(大日本蹴球協会)・4 今迄のオリムピックで何所の国が優勝したか?(島田晋)・8 オリムピックニュース・22 オリムピックニュース・42
スポーツと勉学の問題(野口源三郎)
記録と批判 東西OB選抜対抗(伊藤進)・24 全国高等学校大会(大内弘)・26 全国高等工業大会(玉井篤)・29 全国高等商業大会(高見敏之)・31 関西協会管下記録(柴谷吉郎)・32
翻訳 四拾年の経験から(堀江忠男訳)・35 蹴球入門(岩崎玄訳)・37
編集部支局通信 浜松支局通信(萩原毅)・21 函館支局通信(浦下正司)・22
編集部より・43
新刊紹介・43

--------------------------------------------------------------------------------
v.4 no.3 1936.7
オリムピック特集 代表選手に与ふ(深尾隆太郎)・2 出発に際して(鈴木重義)・3 出発に当って(竹腰重丸)・4 出発に当って(工藤孝一)・5 オリムピックへ我らは行く(竹内主将外各選手一同)・6
オリムピックニュース 独逸オリムピック候補対エヴァートンの試合(堀江忠男訳)・12 オリムピック村の設備(堀江忠男訳)・13 オリムピック代表旅程・14
批判 第二回日本選手権大会(濱田諭吉)・20
各地の蹴球 ジャバの蹴球(渡辺芳夫)・28 台湾の蹴球(久保一雄)・27
試合記録 関西協会管下試合記録・43
会務報告 オリムピック代表選手後援費応募者名簿・16 大日本協会理事会記録・40 関東協会理事会記録・43
読者及編集部支局通信 読者の声・15、33 浜松支局通信・33 函館支局通信・31 編集部改組強化さる・45
翻訳 蹴球入門(岩崎玄訳)
 


--------------------------------------------------------------------------------
v.4 no.4 1936.9
大日本蹴球協会公告 蹴球規則改正(審判統制委員会)・40
オリムピック報告 日本対瑞典三対二-大会公報(沖朗訳)・2 オリムピック通信-第一信(堀江忠男)・12 伯林だより(佐野理平)・25
オリムピック大会の成果 伯林大会偶感(野村正二郎)・6 伯林大会の成果(野津謙)・7 伯林大会の成果(吉川準治郎)・8 捷報入る!(山田午郎)・9
各地の蹴球 ジャバの蹴球-二(渡辺芳夫)・23
試合記録 大毎主催全国中等学校大会・26 関西協会管下試合記録(柴谷吉郎)・28 北海道協会管下試合記録(加太孝男)・33
会務報告 オリムピック代表選手後援費応募者名簿-続・11
読者及編集部支局通信 浜松支局通信(萩原毅)・19 函館支局通信(浦下正司)・20 中国協会岡山支部誕生其他(加藤正信)・33
 実業団にリーグ制度を(栗田茂)・38
質疑応答 質問(島川三平)・39 解答(野村正二郎)・39
翻訳 蹴球入門(岩崎玄訳)
 


--------------------------------------------------------------------------------
v.4 no.5 1936.12
オリムピック大会公報 報告(鈴木重義)・2 我らは如何に戦ったか(工藤孝一)・4 オリムピック通信(堀江忠男)・14
こぼれた話・43

--------------------------------------------------------------------------------
v.4 no.6 1937.1
オリムピック大会報告号
我らは如何に戦ったか-二(工藤孝一)・2
遠征より帰りて(派遣軍選手一同)・6
欧州の蹴球(竹内悌三)・26
審判統制委員会諸兄に(鈴木重義)・22
競技場に就て(鈴木重義)・34
オリムピックヒュ-マー 堀江選手の假夢・40 立原選手の一馬克・40 運動会・25 寝坊・21
 


--------------------------------------------------------------------------------
v.5 no.1 1937.5
オリンピックの成果(一)(竹腰重丸)・2
欧州の蹴球(竹内悌三)・9
函館支局通信(浦下正司)・16
関東大学リーグ戦評(高師康夫)・18
関西リーグ戦評(津田弘)・20
朝日招待試合の感想(市橋忠治)・22
スタンドの一角から(斜視生)・25
OBリーグを見て(横関大示)・29
蹴球入門(岩崎玄訳)・30
希望二三(M・O)・34
記録一括・39

--------------------------------------------------------------------------------
v.5 no.2 1937.7
会長の挨拶(深尾隆太郎)・1
理事の挨拶(野村正二郎・2 野津謙・2 鈴木重義・12 濱田諭吉・12 山田午郎・18 前田純一・18 竹腰重丸・30 田辺治太郎・40)
全日本選手権大会(小長谷亮策)・3
六人制の効果-関東大会評(小野卓爾)・45
研究指導 蹴球入門(13)-主将論とトレーニング(岩崎玄訳)・25 コーチング便覧(1)(大橋正路訳)・41
オリンピックの成果(2)(竹腰重丸)・13
英国の蹴球に就て-竹内君に贈る(濱田諭吉)・31
随筆 蹴球断想(1)(千野正人)・38
オリンピック委員会報告(競技場委員会)・19
全国代議員会・7
ルールの改正・44
海外ニュース・24
明治神宮選手権・30
理事会・49
編集委員・20
地方協会報告・50
北海道春の報告・22
編集後記・51
国際代表選手候補者決定・21
 


--------------------------------------------------------------------------------
v.5 no.3 1937.9
指導練習会の効果(竹腰重丸)・1
合宿日誌・20
審判員報告(竹内悌三)・4
国際代表選手候補所感・8-19 裨益する所は大きい(笠原隆) 完全に捉へた(田中元一) 偶感二項(裵宗[コウ]) 先づ自粛自戒(松元一見) 捨石の気構へ(石川洋平) 進境を見出す(朴奎禎) 3FBの実戦化(木下勇) 精神的の収穫(林信二郎) 明日を約束した(金容植) 日本独特のシステム(津田信男) 効果を讃ふ(前川光男) 練習は意識の上に立つ(篠崎三郎) 飛躍への緒(野沢幸四郎) 一歩抜け出た(中垣内勝久) 手堅い道を選べ(李裕[?])
研究指導 コーチング便覧(2)(大橋正路訳)・42 蹴球入門(14)-手当・用具・総括(岩崎玄訳)・35
死のドリヴリング(濱田諭吉)・48
地方予選を見て(福田剛一)・59
埼玉師範の功業(高田正夫・市橋忠治)・70
和蘭に見る強化発展策(濱田諭吉)・29
蹴球十年の記(上)(川本泰三)・46
瑞典撃破祝賀の宴・44
惨敗短信・60
神宮選手権大会計画決定・40
関西学生リーグ日割・58
残本調査・41
東海学生リーグ日割・39
前号正誤表・72
球人・69
編集後記・73
理事会・3
地方協会報告 関西協会・61 東北協会・63 東海協会・65 関東協会・67 函館通信(浦下正司)・68

--------------------------------------------------------------------------------
v.5 no.4 1937.12
蹴球精神と国民精神総動員(野津謙)・1
関東代表WMWの制覇-神宮大会(記録委員)・19
日満交歓試合・27
研究指導 コーチング便覧(3)-練習、全般トレーニング、特別トレーニング(大橋正路訳)・29
燃える問題(一)-システムに関する一考察(濱田諭吉)・2
指導に関する断想(小長谷亮策)・24
蹴球十年の記(下)(川本泰三)・45
読後感・26
最後の一分(1)-午前八時(堀江忠男訳)・33
海外ニュース・28
フリーキック・32
地方協会報告・47
戦線から・44
編集後記・49

--------------------------------------------------------------------------------
v.5 no.5/6 1938.1
関東関西学生リーグ戦母校チームの検討 関東 慶応(松丸貞一)・17 早大(川本泰三)・27 文大(槙原徳治)・28 明大(川井庄一郎)・31 第二部の深い印象(西川慎治郎)・34 関西 京大(今川義六)・36 関学大(三崎四郎)・37 神商大(大谷一二)・39 関大(津田弘)・40 神高商(山本定男)・41  二、三部の印象(津田弘)・42 東海高専リーグの印象(曽田洋)・45
八度関東(慶大)に凱歌は挙がる・44
戦線慰問・47
燃える問題(二)-或るレフェリーの手帳から(濱田諭吉)・1
伊太利危く引分・63
コリンシャンの世界一周・64
観衆実に六十万・66
リーグ戦記録集・45
話のタネ・66
海外ニュース・63
編集後記・78

--------------------------------------------------------------------------------
v.5 no.7 1938.3
第7回東西選抜対抗戦評(竹腰重丸)・18
研究指導 コーチング便覧(4)-奨めたいコーチングの計画(大橋正路)・14
戦線だより(立原元夫、西邑昌一、杉浦三児)・12
燃える問題(3)-審判員よ勉強せよ(野村正二郎)
西班牙惜敗・21
読後感・32
朝日招待大会・22
全国高校大会-広島に凱歌あがる(記録委員)・26
全国高商大会(重見敏之)・33
全国高工大会(都築幸男)・38
チェッコの英国遠征・24
第八・九回理事会議事録-コリンシアン倶来征・11
瑞典大勝す・23
最後の一分(2)-午前九時(堀江忠男訳)・42個人消息・41
地方球信・49
札幌支部から・52
編集後記・53
球友弔慰醵金陣美し・23
国際試合への常備軍・25

--------------------------------------------------------------------------------
v.6 no.1 1938.6
日英国際試合(記録委員会)・1 印象記(内野台嶺・芝地光・千野正人・福田剛一・福島玄一・久保田司・三宅二郎・松丸貞一・手島志郎・野村正二郎・朝生要人・清水隆三・乗富丈夫・溝口博・松田静・田辺治太郎・島田晋・奥井鎗之助・植木徹・塚部徳三・竹内悌三・塩沢幹・小野卓爾・小長谷亮策)
英軍の横顔(大橋正路)・15
世界選手権東京ゾーン設置・41
国際蹴球連盟総会・41
東西OB選抜対抗試合(安部亮)・19
関東六人制大会・21
全国代議員会議事録・44
協会憲章改正綱領案・44
指導研究 コーチング便覧(5)-コーチングの諸計画(大橋正路訳)・23
全日本選手権予選・46
最後の一分(2)-午前十時、午前十一時(堀江忠男訳)・31
球友弔慰金報告・45
個人消息・26
武勲を偲ぶ“鉄兜盃”・30
愚言偶語(山田午郎)・27
理事会議事録・43
記録法の革新(記録委員会)・14
編集後記・47

--------------------------------------------------------------------------------
v.6 no.2 1938.8
説苑(山田午郎)・1
早大の制覇成る-第四回全日本選手権・2
慶応の敗因は?(手島志朗)・4
北日本高専大会・40
山中夏の合宿鍛錬・8 合宿感想(田中元一・9 渡辺吉郎・9 岡本純一・10 二宮洋一・10 小畑実・11 加藤嗣男・11 津田幸男・11 笠原隆・12 篠崎三郎・12 播磨幸太郎・12 三田英夫・13 岡村二郎・13 松浦利夫・14 室山知・14 小野禮年・14 大山政行・15 三宅恒好・15)
指導研究 全関東軍対I・C試合に関連して(竹腰重丸)・16 コーチング便覧(6)-コントロール、トラッピング(千野正人訳)・22
野村代表のパリ通信・26
最後の一分(4)-正午、午後一時(堀江忠男訳)・31
戦線だより・28
個人消息・29
海外ニュース・36
スミス監督の礼状・21
鈴木氏送別会・37
編集後記・41
評議員会成立-新理事の決定・35
関東医歯薬連盟成る(福島玄一)・39

--------------------------------------------------------------------------------
v.6 no.3 1938.10
東西大学リーグ展望 関東(工藤孝一)・7 関西(津田弘)・10
巴里の報告(上)(野村正二郎)・1
球・靴・ユニホーム・41
全国中等選手権観戦記(小長谷亮策)・13
戦の跡・18
コーチング便覧(7)-ドリヴリング(千野正人訳)・24
地方主事会議・6
満鮮遠征感想(播磨幸太郎)・20
理事会・12
島田・野村両代表歓迎会・12
中等校各地予選・45
消息・47
編集後記・47
海外ニュース-ヘルシンキ大会、選手十戒、参加七百・23
最後の一分(5)-午後二時、午後三時(堀江忠男訳)・30
嗚呼澤野定長君(永野武)・44
 


--------------------------------------------------------------------------------
v.6 no.4 1938.11
早明戦評(乗富丈夫)・15
帝農戦評(辻規矩雄)・17
コーチング便覧(8)-タックリングとヘッディング(千野正人訳)・1
戦線だより・13
消息・5
編集後記・19
海外ニュース・14
最後の一分(6)-午後三時十五分(堀江忠男訳)・6
 


--------------------------------------------------------------------------------
v.6 no.5 1938.12
巴里の報告(中)(野村正二郎)・1
東西大学リーグ戦を観る 関西の中間展望(市橋忠治)・10 慶農戦(芝地光)・6 早慶戦(川本泰三)・7
二ヶ月を顧て(木堂守男)・8
病床の蹴球(長坂謙三)・33
青年団チーム対抗戦(乗富丈夫)・29
コーチング便覧(9)-戦術詳論(千野正人訳)・13
最後の一分(7)-午後三時半(堀江忠男訳)・23
球叢(海江田康雄)・30
海外ニュース・22
個人消息・38
編集後記・39
 


--------------------------------------------------------------------------------
v.7 no.1 1939.1
年頭所感(深尾隆太郎)・1
関西リーグ戦後半の総評(大谷一二)・6
関西初制覇(小長谷亮策、小野卓爾、斎藤才三、手島志朗、津田弘、川本泰三、竹腰重丸)・2
最後の一分(8)-午後三時四十五分(堀江忠男訳)・13
人情部隊長の一家・28
関東大学リーグ戦績・21
コーチング便覧(10)-ポジション・プレイに就いて(千野正人訳)・10
報告 技術指導委員会・18
海外ニュース・9
フリーキック・12
個人消息・29
編集後記・19
 


--------------------------------------------------------------------------------
v.7 no.2 1939.2
巴里の報告(下)(野村正二郎)・1
第一回全国専門大会(小長谷亮策)・17
六高・五連覇(菊池宏)・20
最後の一分(9)-午後三時四十五分(下)(堀江忠男訳)・30
関東・西敗る(小長谷亮策)・7
朝日招待試合-慶応対京大、東大対関学大(竹腰重丸)・10
豆ニュース・21
コーチング便覧(11)-フルバック論、センターハーフ論(千野正人訳)・13
戦跡・22 三地域対抗 朝日招待大会 全国専門大会 六高連覇 関東府県対抗 関西中等 全国高工 全大阪勝つ 徳島球信 朝鮮球信 北陸球信
海外ニュース・34
元気で入営・16
編集後記・35
 


--------------------------------------------------------------------------------
v.7 no.3 1939.3
東西OB引分・9
戦線から(杉浦三児)・15
全関東軍辛勝(濱田諭吉)・1
豆ニュース・16
コーチング便覧(12)-ウイングハーフ、センターホワード(千野正人訳)・11
海外ニュース・10
個人消息・13
編集後記・17
 


--------------------------------------------------------------------------------
v.7 no.4 1939.4
日本代表選手・5
Switching Fowards(川本泰三)・11
春期評議員会・10
豆ニュース・25
コーチング便覧(13)-インサイドホワード、ウイングプレー(千野正人訳)・1
全国主事会議・9
傷兵蹴球観戦記(川本泰三)・14
心得帳 皮革、ゴム使用統制の現状 蹴球人の心構へ 球を愛護せよ 公認球 公認球の価格 公認球の使用者の注意(小野卓爾)・6
海外ニュース・13
最後の一分(12)-午後四時(堀江忠男訳)・15
原崎武君を悼む(小長谷亮策)・23
個人消息・25
戦線から・26
編集後記・27
 


--------------------------------------------------------------------------------
v.7 no.5 1939.5

日本代表選手合宿現地報告(手島志郎、津田幸男、不破整、菊池宏、西田竹松、高島良輔、二宮洋一、金容植、閔丙大、岡野二郎、李裕[?]、笠原隆、加藤嗣夫、高橋英辰、金喜守、朴奎禎、播磨幸太郎、韋恵徳、直木和、金成[?]、中島秀夫、室山和、田辺信彦)・1
協会役員対新聞記者団(亮策生)・30
戦線から・29
海外ニュース・32
最後の一分(13)-午後四時(下)(堀江忠男訳)・24
編集後記・33
 


--------------------------------------------------------------------------------
v.7 no.6 1939.6
日本代表合宿現地報告(竹腰重丸)・1
日記抜粋 3月25日-4月3日(参加選手)・4
全日本選手権迫る・34
最後の一分(14)-午後四時十五分(上)(堀江忠男訳)・29
地方予選・28
個人消息・33
海外ニュース・25
蹴球とドイツ魂(久米直三)・26
 


--------------------------------------------------------------------------------
v.7 no.7 1939.7
全日本選手権大会 試合各評(竹腰重丸)・2 大会経過(工藤、本堂、久保田)・12 早大対神高商・12 全普成対関学・12 慶応対全延禧・13 東大対大阪倶・14 関学対神高商・15 全延禧対大阪倶・16 早大対全普成・17 慶応対東大・17 大阪倶対神高商・18 全延禧対関学・19 全普成対東大・20 慶応対早大・20
予選の跡・21 東北第一次評(岩崎玄)・25 中国第一次評(中野重美)・29 北陸第一次評(奥田康助)・30
明日の半島フットボール(本堂守男)・32
最後の一分(15)-午後四時十五分(下)(堀江忠男訳)・35
台北一中代表となる・34
個人消息・34
協会公報・22、31、42
戦線だより・41
編集後記・43

--------------------------------------------------------------------------------
v.7 no.8 1939.8
若き蹴球人へ(野津謙)・1
WMW京城遠征(工藤孝一)・5
中華第一候補・8
日本代表候補決定・2
東医優勝・8
蹴球読本-(1)フルバック (2)ウイングハーフ(技術指導委員会)・11
最後の一分(16)-午後四時半(堀江忠男訳)・17
全国中等大会迫る・8
関東協会役員決る・4
関東医歯薬リーグ戦(福島玄一)・9
編集後記・25

--------------------------------------------------------------------------------
v.7 no.9 1939.9
代表候補合宿報告(竹腰重丸)・1
日満交歓競技の戦績・9
蹴球読本(2)-(3)センターハーフ (4)ウイングホワード (5)インサイドホワード (6)センターホワード (7)ゴールキーパー(技術指導委員会)・11
日本代表選手決定・8
最後の一分(17)-午後四時四十分(堀江忠男訳)・25
コーチング便覧(14)(千野正人訳)・20
個人消息・22
代表選手の変更・8
編集後記・31

--------------------------------------------------------------------------------
v.7 no.10 1939.10
広島一中の制覇(斎藤才三)・1
蹴球読本(3)-戦術論-概説(技術指導委員会)・14
個人消息・17
最後の一分(18)-午後四時四十分(堀江忠男訳)・18
コーチング便覧(15)(千野正人訳)・10
公告・9
編集後記・25

--------------------------------------------------------------------------------
v.7 no.11 1939.11
球人の光栄-神宮選手権終る・1
蹴球読本(4)-サードバックゲーム(技術指導委員会)・7
Two center halves plan(川本泰三)・4
コーチング便覧(16)-(九)フリーフットボール (十)スキットルフットボール (十一)ウォ-キングフットボール (十二)ホッピングフットボール (十三)セブン又はファイブサイド 附用具(千野正人訳)・17

--------------------------------------------------------------------------------
v.7 no.12 1939.12
蹴球読本(5)-(1)中央突破 (2)ウイングに捌く法 (3)ロービングセンターハーフを中心としたゲーム(技術指導委員会)・1
兵営だより・29
個人消息・29
明治神宮選手権報告・12 一般選手権・12 師範選手権・19 中等選手権・22
東・慶応、西・関学大-東西リーグ戦終る・8

--------------------------------------------------------------------------------
v.8 no.1 1940.1
錬成合宿の跡-深尾会長の挨拶、参加団体大勢、部隊編成、合宿日誌、炊事報告、選手の日誌・6
慶応堂々優勝-堀江忠男、斎藤才三、本田秀治三氏、新聞評・1
蹴球読本(6)-テームワーク及び体力(技術指導員会)・32
蹴球王国敗る・38
理事会・36
朝鮮協会報告・37
個人消息・37

--------------------------------------------------------------------------------
v.8 no.2 1940.2
噫大崎大尉(松丸貞一)・12
全国高校大会-松山の制覇(天藤明)・4
朝日招待大会(小野卓爾)・1
岸本武夫君を悼む(中島道雄、野津謙、山田午郎)・7
個人消息・6
戦線だより・19
明治神宮大会特別会計報告・20


--------------------------------------------------------------------------------
v.8 no.3 1940.3
明治神宮大会合評会・3
東西OB引分・19
第一軍の編成完了・1
東軍快勝・18
カン(川本泰三)・20
個人消息・19
編集後記・23

--------------------------------------------------------------------------------
v.8 no.4 1940.4
第十二回オリンピック中止決定・5
ヘルシンキ放棄声明・5
全国評議員会-新役員の決定、十五年度事業計画、全日本選手権実施計画、新評議員・1
独伊定期戦・20
春の錬成合宿(竹腰重丸)・6
全国主事会議・4
関西学生トーナメント・16
関東六人制選手権・17
個人消息・20
戦線だより・20

--------------------------------------------------------------------------------
v.8 no.5 1940.5
慶應BRBの連覇成る(小野卓爾)・1
無題(川本泰三)・27
東亜大会の跡 華比引分け、首途の血祭り、華軍汚点を残す、比軍不覚の引分け、功技阻まれて危勝(本多秀洽)・7
強化練成合宿・15
戦線だより(堀江忠男)・33
海外ニュース・32
民族の祭典・34

--------------------------------------------------------------------------------
v.9 no.1 1941.1
青年日本の実力発揮-第十一回神宮大会・1 中学の部・2 師範の部
錬成合宿-日誌ところどころ・9
蹴球選手錬成合宿要綱・27
関東大学、高専連盟戦総評(小長谷良策)・46
普成中学制覇(斎藤才三)・51
大会出場記(浦和中学蹴球部、青山師範蹴球部、函館師範・葛西、湘南中学蹴球部、富山師範蹴球部)・53
蹴球練習心得(関東蹴球協会指導部)・59
国防線に立ちて(石井正隆、熊谷英一、堀江忠男)・67

--------------------------------------------------------------------------------
v.9 no.4 1941.4
錬成合宿について(野村正二郎)・1
明治神宮大会決算報告・5
同大会戦績(一般の部)(本多秀治)・7
同合宿回顧(露木松雄)・13
東西対抗・19
朝日招待大会・19
東西OB対抗・20
神戸三菱快勝・20
全国専門学校大会・21
蹴球練習心得・26


|

« 1985~1989年 - プロ化への胎動(1989年) | Main | 日本蹴球協会機関誌『Soccer』総目次(no.1-v.14 no.4 1948.8-1951.8) 全文リンク付き »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45875/49613639

Listed below are links to weblogs that reference 大日本蹴球協会機関誌『蹴球』総目次(no.1-v.9 no.4 1931.10-1941.4) 全文リンク付き:

« 1985~1989年 - プロ化への胎動(1989年) | Main | 日本蹴球協会機関誌『Soccer』総目次(no.1-v.14 no.4 1948.8-1951.8) 全文リンク付き »