« 第4回ブラジル大会(1950年) | Main | 第6回スウェーデン大会(1958年) »

第5回スイス大会(1954年)

松丸貞一 「世界選手権予選の跡 日韓第一戦の印象」
『蹴球』v.11 no.2 1954.3 p.4-5

--------------------------------------------------------------------------------

村岡博人 「国際蹴球史上、最大の番狂わせ ジュールリメール杯に輝く西独」
『蹴球』v.11 no.3 1954 p.35-40

村岡博人は東京教育大学卒、共同通信勤務。1953年ユニバーシアード代表として2ヶ月間ヨーロッパ遠征しており、スイスにも行っている。日本が初参加したW杯予選の韓国戦(初の日韓戦)第1戦(1954年3月7日 神宮競技場)に 日本代表GKとして出場している。後に日本最初の観戦ガイド型サッカー本『これがサッカーだ』(至誠堂,1966)の著者となる。本記事は著者が現地観戦したのではなく、勤務先の利点を生かして外電をまとめたもののようである。
最初のセンテンスは、

 一九五四年度世界サッカー選手権大会は非常な人気をあつめて六月十六日からスイス各地で開催、西独の優勝という夢にも考えなかった結果を生んでその幕をとじた。出場チームは各地のはげしい予選をへてきた十四チームに加えて地元のスイスと前回の勝者ウルグアイとで計十六チームであった。このなかにははじめてのアジア代表韓国の参加もあり、準々決勝ハンガリーとブラジルの試合には史上最大の大乱闘が起るなど話題の多い大会であった。

次に、この大会に合わせて開催されたFIFA総会で台湾、香港などアジア諸国の加盟が承認されたこと、今回からTV中継が始まったこと、韓国が予選リーグで優勝国西独、準優勝国ハンガリーと同居してしまったこと、過去4年無敗のハンガリーが優勝候補であること、各予選リーグの見所が述べられている。
「予選リーグ試合成績」の見だしのもと、第一、三、四グル-プは結果のみ、韓国が参加した第二グループのみ戦評が付されている。
「決勝トーナメント」の準々決勝は、ハンガリー対ブラジルのみが戦評が付されている。とはいっても、内容は試合経過よりも乱闘の方に重点を置いている。準決勝の2試合とも簡単な戦評つきで紹介されている。決勝の試合経過は以下のとおり。

 さて試合は、ドイツのキックオフで開始されたが、グラウンド・コンディションが悪くハンガリーは、日ごろの妙技を十分に発揮できず、実力以下のゲームをしたのに対し、ドイツはこの悪コンディションによく適応してすばらしいチーム・ワークで攻防に出色の出来映えを示し、ついにドイツが優勝、国際サッカー史上最大の番狂わせを演じた。

ついで優勝したドイツ国内の反応を報じ、敗れたハンガリーが決勝トーナメントでブラジル、ウルグアイと連戦するという不運があったことを指摘して稿を終えている。

--------------------------------------------------------------------------------

秋庭亮 「世界選手権物語」
『Kick-off』no.1 1954.8 p.2-11,30

大会予想記事のはずが刊行遅れで結果まで記載されることになったようだ。
その誕生と歴史 語り草になった第4回 第5回大会の輪郭 南米かハンガリーか イングランドの名誉挽回なるか 出場16ヶ国の横顔 ドイツ優勝


--------------------------------------------------------------------------------

岡野俊一郎 「西ドイツに砕かれたハンガリーの夢」
『イレブン』v.2 no.2 1972.2 p.97-101

コンチネンタル同士の対決 ハンガリー優勢の下馬評 同点で前半を終了 トウレクの超人的美技


--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「新ワールドカップ物語 第5回 またも本命倒る! 驚異の西ドイツ、みごとな策略で優勝!」
『サッカー・マガジン』v.9 no.1 1974.12 p.164-169

--------------------------------------------------------------------------------

ジョー・フィールフォイエ 「名誉をかけて戦ったベルリンの勇者たち」
『イレブン』v.7 no.1 1977.1 p.118-121

わざと敗退?対ハンガリー 強い団結力と不屈の闘志 ハンガリーの先制攻撃 名誉を重んじたイレブン


--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「一九七四年三月七日、雪と泥と寒さの日韓戦」
『イレブン』v.11 no.5 1981.5 p.171

韓国はこの勝利でW杯に参加し、世界の技術に目を開いた


--------------------------------------------------------------------------------

「世界杯を彩った名ポスター 第5回スイス」
『イレブン』v.11 no.11 1981.11 折込頁

--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「強豪ハンガリーを破り、敗戦国民の志気をたかめた西独」
『イレブン』v.12 no.7 1982.7 p.147

ハンガリーのM型FW 極東予選に日本も参加 1次リーグは負けておいて相手を偵察 F・ワルターと取り替え式スタッド


--------------------------------------------------------------------------------

イストバン・ソモス 「レフェリーの回想ワールドカップの想い出」
『サッカー・ジャーナル』 no.6 1983.9 p.36-41

第五回一九五四年スイス大会-ウィリアム・リング氏(イングランド) 悲劇の国ハンガリーにまた悲運 同点で迎えた後半・・・実況放送 西ドイツ、逆転 リング氏の回想
第六回一九五八年スウェーデン-モーリス・ギーグ氏(フランス) スターはフランス人 レフェリーもフランスから ブラジル圧勝 ブラジルに招待される その後は不運


--------------------------------------------------------------------------------

「Mr.B氏のコレクションストーリー 4」
『サッカー・マガジン』v.18 no.7 1983.7 グラビア頁

西ドイツの復興とイングランドの栄光


--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「ハンガリー代表(1950年から1954年) 三十二戦無敗記録“無冠の帝王”マジック・マジャール」
『サッカー・マガジン』v.20 no.9 1985.9 p.140-142

上等のワインの味わい 個性をもったスターたち “三度の決勝”で夢破れる

|

« 第4回ブラジル大会(1950年) | Main | 第6回スウェーデン大会(1958年) »