« 第11回アルゼンチン大会(1978年) | Main | 第11回アルゼンチン大会(1978年)ー3 »

第11回アルゼンチン大会(1978年)ー2

ピエトロ・バルセッチ 「イタリア快勝!アルゼンチンへ道開く  イングランドは極端な守備作戦で自滅」
『サッカー・マガジン』v.12 no.1 1977.1 p.106-109

沸きに沸くイタリア べテガのすばらしい得点 理解できない守備的戦法 ユーベントスから七人


--------------------------------------------------------------------------------

別所功 「W杯予選に全力!夏には新型の欧州遠征で強化 1977年二宮全日本の強化計画とその狙い」
『サッカー・マガジン』v.12 no.2 1977.1 p.60-63

終わりはやや悪かったが... イスラエル戦前に欧州“キャンプ”作戦 欧州遠征では3段階強化法 ベテラン、若手22~23人で遠征


--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップへの挑戦 新春対談 賀川浩=釜本邦重茂」
『サッカー・マガジン』v.12 no.2 1977.1 p.66-69

不振ヤンマーのこと 個人技向上、古河、日立 ゴールキーパーのこと 奥寺はストライカーになれる シュートの設定がほしい碓井 若い韓国、けっして... サッカーは気力


--------------------------------------------------------------------------------

ズビグニェフ・コセック 「グモツフ監督の“新方式”でよみがえったポーランド・イレブン 早くも本大会へ強気の新監督」
『サッカー・マガジン』v.12 no.2 1977.1 p.84-85

グールスキの有能な助手 成功した“グモッフ方式” WM74よりいい成績を残す


--------------------------------------------------------------------------------

パット・コリンズ 「W杯へ再び赤信号が点滅したイングランド代表」
『イレブン』v.7 no.1 1977.1 p.102-105

キーガンの足に当った不運の失点 完封されたFW陣 敗けても強気のレビー監督 英国全土を襲った暗い一日


--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア 「新指揮官フローエ大活躍’78W杯へ大きく前進する西独」
『イレブン』v.7 no.1 1977.1 p.106-108

名指揮官フローエ 雪辱に燃えた西独 W杯以後の最上の試合


--------------------------------------------------------------------------------

「前哨戦の日・韓戦には全力で必勝を期す Wカップ予選へ二宮監督描く日本代表チーム強化への青写真」
『イレブン』v.7 no.1 1977.1 p.134-136

順風満帆の“二宮丸” 日-韓戦は全力で勝つ 東奔西走のオイソガ氏


--------------------------------------------------------------------------------

リアヌ・ミケルス 「ワールドカップへの準備(上)」
『サッカー・マガジン』v.12 no.3 1977.2 p.116-120

準備の第一段階-組織づくり 監督就任の背景 二人のコーチの“割り振り” 監督がチームの全権を掌握する 役員からチームを守る
準備の第二段階-プラン作り 合宿地の選定 緊張と倦怠を避けるために 十日間の休暇


--------------------------------------------------------------------------------

渡辺よしひろ 「怪情報を否定した’78W杯開催国アルゼンチンの現況」
『イレブン』v.7 no.2 1977.2 p.84-86

問題を解消して開催実現へ 8万人収容のメーンスタジアム 世界一を狙う代表チーム


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「レビーがやめなければイングランドは強くならない」
『サッカー・マガジン』v.12 no.4 1977.3 p.82-85

またも予選落ちか レビーの用兵に疑問 チェリーをなぜ使うのか 認識されないシャノンの戦力低下 ブルッキングへの失望 レビーはサッカーを知らない


--------------------------------------------------------------------------------

リアヌ・ミケルス 「ワールドカップへの準備(中)」
『サッカー・マガジン』v.12 no.4 1977.3 p.104-107

準備の第三段階-チームづくり 代表選手22人の決定 体調づくりトレーニング チームのスタイル 練習試合


--------------------------------------------------------------------------------

庄司悟 「“78年型の構想は固まった! 西ドイツ・シェーン監督は何を考えているか」
『サッカー・マガジン』v.12 no.4 1977.3 p.108-111

“ウイングの強化を!” “フィッシャーを呼べ!” “60分は完成している!”  “二連覇のチャンスはある” “日曜日の電話”


--------------------------------------------------------------------------------

別所功 「二宮全日本、秘策と闘志のテルアビブ行き」
『サッカー・マガジン』v.12 no.5 1977.3 p.60-64

“アウェー作戦”にメド 精度が課題のはつらつFW陣 若手選手にチャンスと特訓 偵察OK!“秘策”を胸に...


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「欧州チャンピオン・チェコを襲った危機」
『サッカー・マガジン』v.12 no.5 1977.3 p.84-87

すぐれたプレーヤーたち オンドルーシュの心構え 新しいムード、新たな自信 しかし、深刻な問題 さらに重大な問題


--------------------------------------------------------------------------------

リアヌ・ミケルス 「ワールドカップへの準備(下)」
『サッカー・マガジン』v.12 no.5 1977.3 p.102-105

準備の総まとめ-メンバーの編成 センターバック ゴールキーパー 開催地西ドイツへ 選ばれた22人の精鋭


--------------------------------------------------------------------------------

「’78W杯奪回に燃えるブラジルの新陣容」
『イレブン』v.7 no.3 1977.3 p.112-114

若返りのエース、セレーゾ 多士済々のバック陣 攻撃陣の主軸ジッコ


--------------------------------------------------------------------------------

「W杯予選へ突入!デュイスブルグで秘策を練った全日本」
『サッカー・マガジン』v.12 no.6 1977.4 p.62-65

ボルシア戦で大混乱の2トップ 2戦目快勝でムード盛り上がる イスラエル-韓国戦引き分けは予想できた


--------------------------------------------------------------------------------

「不振ブラジルブランダン監督が辞任!」
『サッカー・マガジン』v.12 no.6 1977.4 p.104-106

コロンビア戦は“失望”の一言 ブランダン突如辞任後任にコウチーニョ 予選は通過しても...


--------------------------------------------------------------------------------

「準備進むアルゼンチン78」
『サッカー・マガジン』v.12 no.6 1977.4 p.108-110

軍事政権をあげて支援へ 警備態勢もリハーサルOK 大会日程はすでに決定


--------------------------------------------------------------------------------

「W杯の夢消えたテルアビブの戦い」
『サッカー・マガジン』v.12 no.7 1977.4 p.60-63

嵐の出迎え 直前、釜本が故障 またも“空回り” 照準は韓国戦へ


--------------------------------------------------------------------------------

ポール・コーン 「絶好機をのがした第2戦の日本、そしてイスラエルも...」
『サッカー・マガジン』v.12 no.7 1977.4 p.64-66

イスラエル猛攻のスタート 日本、同点の好機のがす すばらしかった田口 マヒネスが再び先制点 永井、藤島...逸機つづく 釜本中心の反撃も実らず


--------------------------------------------------------------------------------

「強豪を迎え撃って“強化大作戦”メノッティ監督のアルゼンチン・イレブン」
『サッカー・マガジン』v.12 no.7 1977.4 p.60-63

主力選手が次つぎと流出 ハンガリーに快勝! 乗り込む強豪六チーム


--------------------------------------------------------------------------------

「W杯“4度目”の夢に賭けるブラジル軍団の臨戦態勢」
『イレブン』v.7 no.4 1977.4 p.98-100

問題残る78年のFW陣 守りのブルガリアに辛勝 練習試合でテスト飛行 若返りを狙うブランドン


--------------------------------------------------------------------------------

「この屈辱を“モスクワ”で晴らせ!! W杯予選の敗退と二宮全日本の前途」
『サッカー・マガジン』v.12 no.8 1977.5 p.62-65

4試合とも1点も奪えず! 後半39分に不可解なPK! シュート数韓国23、日本3 ホームでせめて1点ほしかった 若い芽の伸びが“モスクワ”へのカギ


--------------------------------------------------------------------------------

戸苅晴彦 「タテパス出し方受け方の技術 日本vs韓国(W杯予選) 車、許へ数多く通った長いパス」
『サッカー・マガジン』v.12 no.8 1977.5 p.66-67

車範根と長いタテパス パスと動きの質と量


--------------------------------------------------------------------------------

荒井義行 「またも予選落ちの日本サッカー」
『サッカー・マガジン』v.12 no.8 1977.5 p.70

日韓第一戦は善戦しかし0-0が限界 若者よ、自分たちの新しい時代をつくれ


--------------------------------------------------------------------------------

「入場券売り出しは5月」
『サッカー・マガジン』v.12 no.8 1977.5 p.78

二度延びた発売 抽選は来年1月14日


--------------------------------------------------------------------------------

小嶋明 「イングランド5得点!しかしまだ“決定力”に問題が... ワールドカップ予選イングランド5-0ルクセンブルグ」
『サッカー・マガジン』v.12 no.8 1977.5 p.80-82

大量点を狙う意欲的布陣 空白の時間をつくったロビング攻撃 吉と出たマリナー投入 問題となるのは得点力の不足だ


--------------------------------------------------------------------------------

エディ・プールマン 「“快勝”のあとに残された3つの疑問符 ワールドカップ予選ベルギー0-2オランダ」
『サッカー・マガジン』v.12 no.8 1977.5 p.104-107

“ベルギー有利”の下馬評 しかしベルギーにも悩み “弱かった”ベルギー クライフの気持は変わるか? アルゼンチンへは行きたくない!


--------------------------------------------------------------------------------

エズアルド・ガラルド 「波乱のW杯南米予選期待はブラジルよりもペルー!?」
『サッカー・マガジン』v.12 no.9 1977.5 p.102-105

大揺れの王国ブラジル ベテランと若手の混合 驚異的なペルーの強さ しかし十年前と変わりない


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「ブランダン辞任はブラジルの命取りだ!」
『サッカー・マガジン』v.12 no.9 1977.5 p.106-109

“ペレ”が出なかったから たったひとつの引き分けで 幸運なコウチーニョ 監督に幾多の足かせ 生き残る道は...


--------------------------------------------------------------------------------

渡辺よしひろ 「名将ブランドン監督の辞任で暴露されたブラジル代表チームの不統一」
『イレブン』v.7 no.5 1977.5 p.104-108

ブランドンへの“復讐戦” ブラジルのトリックは見抜かれた 変化に乏しかった苦肉の “四角作戦” すんなりと決まった新監督就任


--------------------------------------------------------------------------------

「敵地で消えた“日本の夢”、ナショナルチームは窮地から立ち上がれるのか??」
『イレブン』v.7 no.5 1977.5 p.138-141

初戦はエースの釜本欠場で完敗 第2戦は5分に渡り合ったが 奥寺、西野、田口ら若手の自覚 “真剣勝負”に打ち勝つには!?


--------------------------------------------------------------------------------

高橋英辰 「釜本欠場とホーム・ディシジョンが響いたイスラエルでの敗北」
『イレブン』v.7 no.5 1977.5 p.142-145

第1戦 魔の時間帯に2失点 第2戦 若手の活躍に光明をみた


--------------------------------------------------------------------------------

庄司悟 「“カイザー”はアルゼンチンへは行けない! 米国行きのベッケンバウアー」
『サッカー・マガジン』v.12 no.10 1977.6 p.78-80

事の起こり カイザーを売った男 カイザーは... シェーン監督は... 新しいリベロは... まだわからない


--------------------------------------------------------------------------------

パット・コリンズ 「英国はもっと点を取るべきだった」
『イレブン』v.7 no.6 1977.6 p.86-89

前半1-0に焦るファン はつらつ!P・マリナー レビー監督は手放しの喜び 故障者に泣く英代表チーム


--------------------------------------------------------------------------------

フベルト・ビーンズ 「クライフの本大会出場拒否宣言に揺れるオランダ・サッカー界」
『イレブン』v.7 no.6 1977.6 p.90-93

自由自在に動くクライフ 自由な時間が欲しい 衰えぬクライフのプレー 力の差認めたスイジス監督 ベルギーとオランダの通算成績


--------------------------------------------------------------------------------

パット・コリンズ 「栄光の欧州チャンピオンを破ったウェールズ代表のW杯への執念」
『イレブン』v.7 no.6 1977.6 p.94-95

英国全土を沸かした夜


--------------------------------------------------------------------------------

パット・コリンズ 「若獅子ブレイディーと名将ギルズの活躍で貴重な1勝」
『イレブン』v.7 no.6 1977.6 p.96

ブレイディ、決勝のゴール


--------------------------------------------------------------------------------

趙東彪 「<幸運のペナルティー>で第一関門を突破した韓国」
『イレブン』v.7 no.6 1977.6 p.120-121

ホームで必勝を期した韓国チーム “シュートの雨”防いだGK田口の好守 車範根を封じた清雲の徹底マーク


--------------------------------------------------------------------------------

田代文雄 「混戦を抜け出したハンガリーにもまだ問題が...」
『サッカー・マガジン』v.12 no.13 1977.7 p.72-73

異常な興奮でのスタート 異変を生じたハンガリー ハンガリーはさえなかったが... とにかく勝ったんだ モハーチの敗戦とエゲルの勝利


--------------------------------------------------------------------------------

大住良之 「各国に問題点、しかし欧州勢には光明が...」
『サッカー・マガジン』v.12 no.13 1977.7 p.78-81

各チームにそれぞれの事情 ポーランド-準備の悪さが敗戦の原因 アルゼンチン-欧州との経験のなさが命とり? イングランド-頼りになるのはGKとBKだけ ブラジル-中盤はいいが得点力がカギ 西ドイツ-シャルケ勢の台頭“核”になるのは? 六月のアルゼンチンは欧州勢が有利


--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア 「ベッケンバウアー不在でも西独は勝てる!!」
『イレブン』v.7 no.7 1977.7 p.102-105

“核”抜きの西独 怒とうの攻撃で5得点 悲報をはね返したイレブン シェーンの勇気ある指揮


--------------------------------------------------------------------------------

ジャイロ・アンシッケ 「ジーコの復帰がブラジルを“ブラジル”にした ブラジル、ペルーとボリビアを連覇してアルゼンチン大会へ進む」
『サッカー・マガジン』v.12 no.15 1977.8 p.78-80

二つのブラジル・チーム 独り舞台のサンバ 王座奪回は可能か


--------------------------------------------------------------------------------

福島清治 「ワールドカップ予選を見た」
『Football』no.42 1977.8 p.8-14

ハンガリー対ソ連の観戦記。


--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア 「中南米ファンを魅了した’78W杯の優勝候補に西独の底力」
『イレブン』v.7 no.9 1977.8 p.86-89

「時には負けたほうがよい」 光るフィッシャーの2得点 マラカナに17万の大観衆 西独のプレーに大歓声


--------------------------------------------------------------------------------

「秋の陣に賭ける欧州強豪チームの新戦力」
『イレブン』v.7 no.10 1977.9 p.80-91

ヨーロッパ第4組 ハッペル新監督で巻き返すオランダ軍団 クライフは必ず参加する
ヨーロッパ第2組 本大会出場を目前にしたアルゾト監督の構想 「輝く宝石」アントニオーニ 出場権獲得後は若手中心
ヨーロッパ第5組 若い力に復活を賭けるフランスの決戦体制
ヨーロッパ第6組 本大会出場へ、スウェーデン代表監督の悩み
ヨーロッパ第7組 当面の敵、チェコ粉砕を目指すスコットランド
ヨーロッパ第8組 スペイン、ルーマニアに挟撃されるユーゴ
ヨーロッパ第9組 ソ連の脱落で浮かびあがったハンガリー


--------------------------------------------------------------------------------

「欧州の列強国相手に苦戦したブラジル代表チームの深刻な問題点!!」
『イレブン』v.7 no.10 1977.9 p.92-95

中盤不在では勝てない 起死回生へ新人の抜擢 期待に反したミナス勢 ’74W杯以後進歩していない


--------------------------------------------------------------------------------

「開催国アルゼンチンの課題はラフプレーの返上」
『イレブン』v.7 no.10 1977.9 p.96-97

遅れるチーム編成 乱暴者を追放せよ


--------------------------------------------------------------------------------

パット・コリンズ 「イタリア決戦を前に逃げ出したD.レビー監督」
『イレブン』v.7 no.10 1977.9 p.98-101

これ以上仕事を続けられない 苦渋に満ちた50歳の誕生日 負傷者をかかえたレビーの不運 むずかしい後任監督問題


--------------------------------------------------------------------------------

「“核抜き”オランダ余裕の勝利 ワールドカップ予選欧州第4組オランダ4-1アイスランド」
『サッカー・マガジン』v.12 no.19 1977.10 p.99-103

--------------------------------------------------------------------------------

アンドリュー・ディットレ 「危機にさらされたオーストラリアの野望」
『サッカー・マガジン』v.12 no.19 1977.10 p.104-106

技術をもった選手がいないオーストラリア


--------------------------------------------------------------------------------

「スコットランド、アルゼンチン切符獲得へスパート」
『サッカー・マガジン』v.12 no.20 1977.11 p.93-98

勢いづくタータン・チェック スコットランドの光と影


--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップ放映権、NHKが獲得」
『サッカー・マガジン』v.12 no.21 1977.11 p.42

--------------------------------------------------------------------------------

ピエロ・バルゼッチ 「アルゼンチンへ最後のスパートをかけるイタリア代表チーム!」
『サッカー・マガジン』v.12 no.21 1977.11 p.82-85

向上しつづけるイタリア 新しい“リーバ”べテガ 守備だけでなく攻撃も! 切り捨てられた英雄たち ユーベントス・プラス・トリノ


--------------------------------------------------------------------------------

「グリーンウッドは奇跡を起こせるか? 宿敵イタリア戦を前に新監督に大きな期待」
『イレブン』v.7 no.13 1977.11 p.88-91

遅すぎたグリーウッドの起用 勝つことより、いいゲームを グリーンウッドの冷静さに期待


--------------------------------------------------------------------------------

ジョルジオ・モッターナ 「フィンランドを叩け!燃えるイタリア軍団」
『イレブン』v.7 no.13 1977.11 p.92-95

ベアルゾット監督絶対の自信 移籍の噂もない有名選手 やはりユベントス、トリノの争い 老雄マッツオーラの忠誠心


--------------------------------------------------------------------------------

「契約途中で辞任したドン・レビーの周辺に漂う黒い霧」
『イレブン』v.7 no.13 1977.11 p.96-98

レビーは強く否定 代理監督グリーンウッド初戦を飾れず!


--------------------------------------------------------------------------------

エディ・プールマン 「オランダ、ベルギーを蹴落としてアルゼンチンへ しかしクライフはチームを去る」
『サッカー・マガジン』v.12 no.22 1977.12 p.78-80

ベルギーを三度退ける 人材豊富な中盤 クライフは今季で引退?


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「鮮かによみがえったイングランド! しかし“アルゼンチン”はイタリアの手に」
『サッカー・マガジン』v.12 no.23 1977.12 p.78-80

復活した二人ウインガー 12分キーガンの先制ゴール コッペルそしてバーンズ 冷酷なイタリアのファウル 苦しみの中、見事な2点目 最高のゲームも空しく...


--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア 「2連覇へのレールを突っ走るシェーン軍団」
『イレブン』v.7 no.14 1977.12 p.84-87

グリーンウッド監督も絶賛 ルンメニゲ初ゴール 皇帝とブライトナーへの執着


--------------------------------------------------------------------------------

パット・コリンズ 「大詰めにきたW杯予選ヨーロッパ激戦地区の明と暗」
『イレブン』v.7 no.14 1977.12 p.88-93

わずか2得点で本大会出場絶望!? 第2組ルクセンブルグ0-2イングランド 喜ぶアルゾット監督
早くもアルゼンチンへの切符を手に入れたスコットランド 第7組ウェールズ0-2スコットランド 運命の“PK事件”
クライフ出場、W杯へ最短距離のオランダ 第4組北アイルランド0-2オランダ
エールが消え、フランスが有利に展開 第5組エール0-0ブルガリア
オーストリア、東独と分け本大会へチャンス 第3組東ドイツ1-1オーストリア

--------------------------------------------------------------------------------

エリック・ウェイル 「アルゼンチン代表チームの悩み それはラフプレーと有力選手の海外流出だ」
『別冊サッカー・マガジン』v.4 no.3 1977.冬季 p.47-54

ワールドカップ優勝という実力は現在のアルゼンチンにはないということ 攻めるときはいいが守備は頼りないBKと仲間を引っぱるリーダーのいないHBと ベルトーニが相手選手をなぐりハウスマンが試合直前に負傷して レベルの低い国内リーグからは国際試合で使える選手は出ない 外国にいる選手だけでやったほうが今より強いチームができることの責任は メノッティがクビになるときにはラフプレーが横行する心配が...


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「優勝を争うのは西ドイツ、ブラジル、アルゼンチンの3国だ! アルゼンチン’78の出場国とスター選手を予想する」
『別冊サッカー・マガジン』v.4 no.3 1977.冬季 p.103-118

優勝候補の四か国 システム優先の現代サッカー アルゼンチン-ケンペスをどこで投入するか ペルー-主力選手の年齢が気がかり ブラジル-ジーコとルイス・ペレイラ 西ドイツ-二人のCFが呼吸を合わせるか “特殊な人物”があらわれるか
あなどれない欧州の強豪たち ハンガリー-新しい黄金チームができるか ポーランド-新監督グモッフの手腕は... イタリア-うまくいけば優勝も狙える イングランド-遅すぎたグリーンウッド? 東ドイツ-強いがレフェリーがよければ... オランダ-クライフ抜きのほうがいい フランス-魅力のある小さなチーム スコットランド-地元での力を南米で出せるか スウェーデン-西ドイツのときよりよくない ルーマニア-あまり期待はできず


--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「“熱い予選”中盤を迎える アルゼンチン’78予選中間状況」
『別冊サッカー・マガジン』v.4 no.3 1977.冬季 p.119-129

ヨーロッパ-ソ連早くも姿を消す 欧州の王者チェコもピンチ またも苦境のイングランド
南アメリカ-ブラジルゆうゆう勝ち抜く 強豪ウルグアイは不覚
アジア・オセアニア-政治がらみで複雑化 イランが有力か
北中米カリブ海-ここも狭き門 決定リーグはメキシコで
アフリカ-一つの座に28チーム! 実力伯仲で予想つかず


--------------------------------------------------------------------------------

大住良之 「“地球の裏側”で会った人びと」
『別冊サッカー・マガジン』v.4 no.3 1977.冬季 p.130-133

五月広場の語学の天才 EAM’78のアミーゴたち ロサリオの日本人一家 豊かな国アルゼンチン

|

« 第11回アルゼンチン大会(1978年) | Main | 第11回アルゼンチン大会(1978年)ー3 »