« 第11回アルゼンチン大会(1978年)ー2 | Main | 第11回アルゼンチン大会(1978年)ー4 »

第11回アルゼンチン大会(1978年)ー3

エリック・バッティ 「西ドイツ 最後のWMに挑む“幸運児”シェーン」
『サッカー・マガジン』v.13 no.1 1978.1 p.82-85

幸運児ヘルムート・シェーン 世界最高のブンデスリーガ 終ったボルシア=バイエルン時代 中盤にやや問題はあるが


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「スコットランド “世界最強”のハーフとバック陣」
『サッカー・マガジン』v.13 no.2 1978.1 p.38-41

チェコの弱体化が幸い マクロード監督の国際経験不足が心配 ハーフとバックはいいが... 控えの層が薄い


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「ポーランド グモッフのもとでふたたび“世界”へ」
『サッカー・マガジン』v.13 no.2 1978.1 p.42-44

グールスキの築いた七四年チーム “最悪の時期”に受け継いだグモッフ GKはトマシェフスキ “若さ”と“老巧”ボニェクとデイナ


--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「アルゼンチンへ!16チーム出そろう」
『サッカー・マガジン』v.13 no.2 1978.1 p.78-80

ブラジル-コウチーニョの攻撃軍団 西ドイツ-ブラジル並みの人材の豊庫 イタリア-守備陣の老化が気がかり ハンガリー-若手中心だが油断できず スウェーデン-今回も“出稼ぎ組”が中心 アルゼンチン-方針変えたメノッティ監督 フランス-点取り屋不足が悩み スペイン-新エース、ルベン・カノ オーストリア-“二十年ぶり”の古豪 ポーランド-西ドイツ大会のメンバー中心 オランダ-クライフが出るか出ないか メキシコ-“古豪”だが期待はできず スコットランド-英国四協会の代表 ペルー-“年寄り中心”で苦悩 イラン、チュニジア-初出場二カ国、健闘を期待


--------------------------------------------------------------------------------

パット・コリンズ 「W杯へ絶望のイングランドが見せた名門の意地と将来への布石」
『イレブン』v.8 no.1 1978.1 p.102-105

若手の成長に将来性を見た 守備一辺倒のイタリア 鉄壁の守りワトソン 見事なキーガンとブルッキングの連係プレー


--------------------------------------------------------------------------------

「激戦のワールドカップ欧州予選」
『イレブン』v.8 no.1 1978.1 p.106-111

ヨーロッパ第4組-豪華メンバーであげた出場決定の決勝点 負傷クライフ、黄金のパス
ヨーロッパ第3組-東独を蹴落とした闘志のオーストリア
ヨーロッパ第7組-見せるか、’78マジャールの奇跡
ヨーロッパ第5組-アイドル、ロシュトーW杯へ起死回生のシュート
ヨーロッパ第8組-ユーゴスラビア、絶望の淵から奇跡の大逆襲


--------------------------------------------------------------------------------

「’78ワールドカップ予選全成績」
『イレブン』v.8 no.1 1978.1 p.112

--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア 「W杯連覇へ西独、疾風怒濤の快進撃 ’78W杯へ西独テストマッチ 西独4-1スイス」
『イレブン』v.8 no.1 1978.1 p.114-116

新人・ブルグスミュラーさっそうと登場 フィッシャーの華麗なゴールでクライマックス ウィークポイントは守備陣


--------------------------------------------------------------------------------

「W杯不出場を宣言したオランダの救世主クライフ」
『イレブン』v.8 no.1 1978.1 p.120-123

本大会への切符が最後のプレゼント 幸運を生んだ退場事件 ミュンヘン大会のスパースター


--------------------------------------------------------------------------------

「’78W杯、イタリアの星ロベルト・ベッテガ」
『イレブン』v.8 no.1 1978.1 p.128-131

病魔を退けたサッカーへの情熱 ぼくに天賦の才能はなかった


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「アルゼンチン ピアッサ、ケンペスが戻れば...」
『サッカー・マガジン』v.13 no.3 1978.2 p.48-51

優秀選手の流出が伝統的な悩み 監督のイスも不安定 “アルゼンチン流”のやり方では通用しない 中央のラインが問題 ピアッサ(サンテチエンヌ)を呼び戻すか...  CFはバレンシアからケンペス


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「オランダ “クライフなし”でも優勝候補」
『サッカー・マガジン』v.13 no.3 1978.2 p.53-56

クライフの後継者はレンセンブリンク 監督はオーストリア人、エルンスト・ハッペル 控えの層が薄い 守備陣も手うす


--------------------------------------------------------------------------------

渡辺よしひろ 「南米二大サッカー王国首脳の間で練られた欧州打倒プラン」
『イレブン』v.8 no.2 1978.2 p.80-84

代表選考に慎重なメノッティ監督 ヨーロッパで力をつけたケンペス 欧州戦法を取り入れるコウチンニョ 彗星の如く出現したレイナルド


--------------------------------------------------------------------------------

パット・コリンズ編 「’78W杯アルゼンチンへ殴り込むヨーロッパのスター軍団(上)」
『イレブン』v.8 no.2 1978.2 p.86-92

優雅なポーランドの星カジミエル・ディナ W杯への救世主ミスター・イタリアロベルト・ベッテガ 野望を担う巨漢のストライカーヨハネス・クランクル 栄光のゴールを生む黄金の足ロブ・レンセンブリンク 個性豊かな才能を持つ暴れん坊ドミニク・バテナー


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「フランス “ヤング・パワー”で波乱を起こすか」
『サッカー・マガジン』v.13 no.4 1978.3 p.48-51

史上最強は58年のチーム 成功を収めたイダルゴ監督 強力な守備陣と中盤 豊富なウイングの駒


--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「開幕戦は西ドイツvsポーランド オランダは第4組のシードを獲得」
『サッカー・マガジン』v.13 no.4 1978.3 p.78-81

華やかな抽選セレモニー “シード”をめぐる闘いオランダにがい歌 イタリアは大激戦グループに かけ率トップはやはり西ドイツ 楽勝ムードの西ドイツ強気のブラジル


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「スウェーデン 固い守備から数少ないチャンスを狙う」
『サッカー・マガジン』v.13 no.5 1978.3 p.44-47

生活水準の高さが災い 栄光の58年チーム エドストレームはいるが... エースはショーベリ 頼みは固い守備陣


--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア 「皇帝のW杯不出場に西独協会の冷ややかな反応」
『イレブン』v.8 no.4 1978.3 p.82-85

1860から助っ人の誘い 筋の通ったコスモスの回答 皇帝復帰の唯一のチャンス 憂鬱な皇帝の周辺


--------------------------------------------------------------------------------

「’78W杯アルゼンチン大会組み分け決定! 6月1日西独vsポーランド戦で華やかに開幕」
『イレブン』v.8 no.4 1978.3 p.86-88

57ヶ国に衛星中継 開幕戦は西独対ポーランド 悲喜こもごも各国首脳部の反応


--------------------------------------------------------------------------------

パット・コリンズ編 「’78W杯アルゼンチンへ殴り込むヨーロッパのスター軍団(下)」
『イレブン』v.8 no.4 1978.3 p.90-94

世界No1のヘディングの名手ラルフ・エンドストレム(スウェーデン) 開花した大器晩成のミッドフィルダードン・マッソン(スコットランド) PKのスペシャリストピリ(スペイン) “魔術師”復活のカギ握る指揮官ティボール・ニラシ(ハンガリー)


--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア 「W杯2連覇を目指す西独の新型爆撃機K・フィッシャー」
『イレブン』v.8 no.4 1978.3 p.96-99

危険覚悟のスーパーゴール 苦しみ抜いた被告の座 私はシャルケを離れない 皇帝もぜひW杯出場を


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「イタリア 1回おきの好成績今回は好チーム」
『サッカー・マガジン』v.13 no.6 1978.4 p.42-45

一回おきに好成績 ウェンブリーで見せた弱点 “カテナチオをやめなければならない”  中盤の将軍アントニョーニ 危険なトップの3人


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「ハンガリー 技術最優先どこからでも点が取れる」
『サッカー・マガジン』v.13 no.7 1978.4 p.44-47

初めての4-2-4 私が見た最高のチーム サッカーは芸術だ チームの起点、ニラシ どこからでも点がとれる


--------------------------------------------------------------------------------

アラン・レブラン 「フランスはベスト4に進出する」
『サッカー・マガジン』v.13 no.7 1978.4 p.78-80

“復活”に二つの要因 なくなった劣等感 プラティニとトレゾール ベスト4に残る!


--------------------------------------------------------------------------------

フベルト・ビーンズ 「台風の眼、オランダの波状攻撃を演出するハッペル代表監督」
『イレブン』v.8 no.5 1978.4 p.84-87

クジ運に恵まれたオランダ 代表監督ハッペルの素顔 波状攻撃の主軸はバン・ハネヘム 注目されるクライフの去就


--------------------------------------------------------------------------------

ジョルジオ・モッターナ 「最大の激戦区入りでチーム編成に頭を悩ますベアルゾット監督」
『イレブン』v.8 no.5 1978.4 p.88-90

意味深長な対フランス戦 若手の投入はかるベアルゾット チーム構成に一抹の不安


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「スペイン 万全の守備陣カマーチョの負傷が心配」
『サッカー・マガジン』v.13 no.8 1978.5 p.42-45

リベロのピリが中心 “輸入FW”が災い ディフェンスは固い ルベン・カノとファニート


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・ウェイル 「突如好転しはじめたメノッティ構想」
『サッカー・マガジン』v.13 no.8 1978.5 p.82-85

ピアッサが合流、改善された守備ライン ペルー戦はすばらしい内容 70パーセントまできた できるだけゆっくり調子を上げる 強豪と対戦したかったが... ケンペスは待つウォルフは待てない


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「オーストリア “ブンダーチーム”は昔話今は悩みだらけ」
『サッカー・マガジン』v.13 no.9 1978.5 p.40-43

英人コーチがまいた種 ファンタスチックな技術のさえ 現在は衰退頼みはチームワークだけ 守備陣は浮き球に弱点 FW陣も頼りにならず


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「アルゼンチン’78の1次リーグを予想する 混戦の1組他の組は問題なし」
『別冊サッカー・マガジン』v.5 no.1 1978.春季 p.47-61

本号は「アルゼンチン’78総合ガイド」
第1組 それぞれに強みと弱点しのぎをけずる4チーム 好チーム、ハンガリーは苦戦 結局はアルゼンチンとイタリア?
第2組 西ドイツとポーランドの1、2位は決定的 未知のチームを見るのは楽しみだが... フィッシャーが頼りの西ドイツ チュニジアとメキシコは問題外 ポーランドは戦力低下
第3組 ブラジルの1位は確実もうひとつはスペインか 優勝候補ナンバー1、ブラジル オーストリアの予選通過は東ドイツのおかげ スウェーデンも問題外 スペインはピリ中心の固い守備
第4組 1位はスコットランドオランダはいいチームだが... ペルーは年をとりすぎ 最近のオランダはレベル・ダウン スコットランドは自分を抑えることが課題


--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士監修 「世界のスターA~Z アルゼンチンで競う各国のエース111人名鑑」
『別冊サッカー・マガジン』v.5 no.1 1978.春季 p.63-94

--------------------------------------------------------------------------------

「アルゼンチンに挑むビッグ4 第1シードの4チームはどんな布陣で臨むか」
『別冊サッカー・マガジン』v.5 no.1 1978.春季 p.95-111

アルゼンチン(エリック・ウェイル) “頭痛のタネ”が続出 昨年のチームと大差なし 一次リーグは固定メンバーで “地元”のプレッシャーに打ち勝つか
西ドイツ(ハインツ・エングラー) 抜けたスターの穴は埋まった 四年前よりも順調 大会を最高のコンディションで 強みは多様性
ブラジル(エリック・ウェイル) マリーニョがはずれた!! 負けてはいないが... 雨と寒さのマルデルプラタ レギュラーは決まった?
オランダ(エディ・プールマン) 決勝大会への準備はゼロ ハッペル監督も苦慮 2トップか3トップか BKとGKは問題なし


--------------------------------------------------------------------------------

「16人のボスたち 出場16チーム監督の横顔をさぐる」
『別冊サッカー・マガジン』v.5 no.1 1978.春季 p.112-113

--------------------------------------------------------------------------------

「スーパースターは失われた!! 不参加が決定的になったクライフとベッケンバウアー」
『別冊サッカー・マガジン』v.5 no.1 1978.春季 p.114-117

「今は西ドイツの幸運を祈るだけ」フランツ・ベッケンバウアー テスト・マッチに出られなければ... 103回で止まり “西ドイツは優勝できない”
「ワールドカップは一度で十分」ヨハン・クライフ 投書の山も動かせず “私には野心がある”


--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「アルゼンチン’78への期待」
『別冊サッカー・マガジン』v.5 no.1 1978.春季 p.118

ちょっとやっかいな 自由なプレーはどこから? “ビッグ・スリー”は? アジアの代表、イランは?


--------------------------------------------------------------------------------

牛木素吉郎 「ワールドカップを楽しむ法」
『別冊サッカー・マガジン』v.5 no.1 1978.春季 p.119

失望させられることはない お好みのチームは? 国をあげてのお祭


--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「アルゼンチン’78への期待」
『別冊サッカー・マガジン』v.5 no.1 1978.春季 p.120

ちょっとやっかいな 自由なプレーはどこから? “ビッグ・スリー”は? アジアの代表、イランは?


--------------------------------------------------------------------------------

「アルゼンチンから世界中へ テレビ中継の準備もOK,日本でも...」
『別冊サッカー・マガジン』v.5 no.1 1978.春季 p.120-121

カラー放送準備も完了 NHKプラス12chでOK!!


--------------------------------------------------------------------------------

「アルゼンチン3行メモ」
『別冊サッカー・マガジン』v.5 no.1 1978.春季 p.122-123

--------------------------------------------------------------------------------

「アルゼンチン5都市の6月の気温と天気」
『別冊サッカー・マガジン』v.5 no.1 1978.春季 p.124

--------------------------------------------------------------------------------

「16チーム過去の対戦成績(ワールドカップ決勝大会に限る)」
『別冊サッカー・マガジン』v.5 no.1 1978.春季 p.125

--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「アルゼンチンへの道 アルゼンチン’78予選全記録」
『別冊サッカー・マガジン』v.5 no.1 1978.春季 p.127-137

--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア 「統率者不在!西独の2連覇に暗いカゲ」
『イレブン』v.8 no.6 1978.5 p.112-115

美しいプレーから闘志へ転換 西独代表薄氷の勝利 “頭”のないシェーン監督の悩み 気力で握った二つの勝ち星


--------------------------------------------------------------------------------

渡辺よしひろ 「南米開催に意地に燃えるブラジルの臨戦態勢」
『イレブン』v.8 no.6 1978.5 p.116-118

消えたパウロ・セザールの名 ’74W杯の生き残りは4人 “とんぼ返りのロメウ”  選考された21人 残り27名のリスト


--------------------------------------------------------------------------------

フベルト・ビーンズ 「このままではオランダに勝ち目はない!」
『イレブン』v.8 no.6 1978.5 p.120-123

意外に重いニースケンスの故障 へールス、W杯出場を固辞 ゲームメーカー不在 ペータースはもう使わない


--------------------------------------------------------------------------------

パット・コリンズ 「スコットランドが担うグレート・ブリテンの栄光」
『イレブン』v.8 no.6 1978.5 p.124-126

ローを彷彿させるウォーレス 熾烈なポジション争い 困難な代表選手選考


--------------------------------------------------------------------------------

ジョルジオ・モッターナ 「イタリアの運命を左右するユベントス」
『イレブン』v.8 no.6 1978.5 p.128-130

痛いザッカレリの負傷 突如狂った後半戦 死んだ馬より生きているロバを


--------------------------------------------------------------------------------

ペレ 「W杯はクライフを必要としている」
『イレブン』v.8 no.6 1978.5 p.132-134

クライフにはクライフの進む道が... クライフを襲う数々のプレッシャー 忘れられない「残れ! 残れ!」の大合唱


--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「アルゼンチン’78出場チーム情報 “優勝候補ナンバー1”の明暗」
『サッカー・マガジン』v.13 no.10 1978.6 p.71-75

ブラジル-ルイス・ペレイラは外す 西ドイツ-新しい戦術を身につける アルゼンチン-ケンペスの帰国決まる! スペイン イラン ハンガリー スウェーデン メキシコ ペルー ポーランド


--------------------------------------------------------------------------------

「参加チーム1次登録選手名簿」
『サッカー・マガジン』v.13 no.10 1978.6 p.76-79

--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「アルゼンチンで戦う世界の強豪」
『サッカー・マガジン』v.13 no.10 1978.6 p.80-92

ブラジル-フォワード・ラインの弱さを克服するか サッカーは芸術だ 無視できない大衆の力 コウチーニョの抱えた問題 守備陣の問題はペレイラ 中盤の四人は文句なし FW陣が悩みのタネ
イラン-国王の力入れで波乱を起こす可能性 手軽に扱える存在ではない オイル・ダラーを背景に 大会前に欧州を転戦 ロウシャンが欠けたら...
メキシコ-有望な攻撃ラインも決定的に経験不足 狂気じみた地元の観衆 欧州ならマルタ、キプロスのクラス 新監督ロカの苦悩 経験の浅さが致命的
チュニジア-かなりの好チームだが完全に力不足 不利な状況で勝ち抜く 西ドイツ仕込みのチェタリ監督 スターはアトゥーガと右ウイングのテミメ ハイ・クロスに弱点


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・ウェイル 「自信満々迎え撃つブラジルとアルゼンチン」
『サッカー・マガジン』v.13 no.10 1978.6 p.98-101

ブラジル ウェンブリーの絶叫 自信深めたコウチーニョ
アルゼンチン まだ攻守のバランスが...
大会運営 心配な海外からの客足


--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「アルゼンチン’78出場チーム情報 2 自信をとり戻した西ドイツ」
『サッカー・マガジン』v.13 no.11 1978.6 p.36-38

ブラジル-FWラインは決まらず 西ドイツ-23人のメンバー決まる イタリア-ファケッティが辞退 スコットランド-準備ができない! オランダ-ハーンかレンセンブリンクか フランス-イランに大苦戦 ポーランド-ゴルゴン登場 ペルー-ソティルはずれる メキシコ-若い選手に自信 アルゼンチン-アロンソが初登場


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「アルゼンチンが優勝候補だ!!」
『サッカー・マガジン』v.13 no.11 1978.6 p.40-43

優勝候補は... アルゼンチンに四つの光明 エンターテインメントがなくなった ブラジルはラフプレーが気がかり 西ドイツには重大な危機
ダークホースは... キー・プレーヤーが欠けた スウェーデン、オーストリアも良くなったが... フランスが上昇中

--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「ペルー」
『サッカー・マガジン』v.13 no.11 1978.6 p.44-47

軍事政権が財政援助 すばらしかった70年の代表チーム やはり問題は守備ライン クビジャスが使えるか 新エースはペルシー・ロハス


--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア 「ブラジル辛勝!依然続く指揮官不在の西独」
『イレブン』v.8 no.7 1978.6 p.84-87

予想裏切った両軍の白熱した真剣勝負 真の指揮官不在で転覆寸前の西独丸 栄光の西独イレブンは過去の残照か?


--------------------------------------------------------------------------------

ジョルジオ・モッターナ 「イタリアの輝く20億リラの『宝石』P.ロッシ」
『イレブン』v.8 no.7 1978.6 p.88-90

眼を見張る得点力 意表をつく俊敏なプレー 代表チームでの役割


--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア 「’78Wカップ展望」
『イレブン』v.8 no.8 1978.6 p.36-43

本号は「’78アルゼンチンWカップ総観戦ガイド」増刊号。
第1組-本命イタリアを追うアルゼンチン、フランスの死闘か 注目される南欧と南米の両雄対決 急上昇のフランス
第2組-連覇へ試練の西独イレブン2位争いへ浮上のメキシコ
第3組-四度目へ挑戦するブラジル、オーストリアにもチャンス 躍進の可能性秘めたスペイン
第4組-オランダは前回より戦力半減、脅威となるかイラン 意外性少ないスコットランド


--------------------------------------------------------------------------------

ウルリッヒ・プラーマン 「西ドイツ2連覇のカギを握るのは新旧4人のプレーヤーだ!」
『イレブン』v.8 no.8 1978.6 p.44-48

フィッシャーとアブラムチックの絶妙なコンビは天下一品だ 偉大な道化者・マイヤーと新キャプテン、フォクツ


--------------------------------------------------------------------------------

ペレ 「王様ペレがW杯を狙うビック3を徹底分析」
『イレブン』v.8 no.8 1978.6 p.50-54

西ドイツ-皇帝・ベッケンバウアーを欠いた西独にはやはり不安がある 私はシェーン監督の勇気ある決断を理解できる
アルゼンチン-ホスト国、アルゼンチンは西独の偉業を継ぐチームだ 南米で最も欧州化されたアルゼンチン・サッカー 私のカムバックは絶対あり得ないことだ!
ブラジル-ブラジルは’74年の失敗を決して繰り返してはならない

--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア 「われわれはW杯でベスト4に残る 直撃インタビュー西ドイツ監督・ヘルムート・シェーン」
『イレブン』v.8 no.8 1978.6 p.56-59

絶対不敗は神話にすぎない 過去の名手にこだわらない 天才が育つ時間がなくなった 優勝候補の筆頭はブラジルだ


--------------------------------------------------------------------------------

「復活するブラジルの芸術家集団」
『イレブン』v.8 no.8 1978.6 p.60-65

静かなるファイター、リベリーノ 神技のフリーキック
第二のペレ“ジッコ” W杯ではペレの代役を!
ブラジルの城壁、レオン ケンカばやく頑固なレオン

--------------------------------------------------------------------------------

「’78アルゼンチンW杯全試合日程表」
『イレブン』v.8 no.8 1978.6 p.69

--------------------------------------------------------------------------------

「W杯史に輝く不滅のストライカー」
『イレブン』v.8 no.8 1978.6 p.70-72

--------------------------------------------------------------------------------

「テレビガイド」
『イレブン』v.8 no.8 1978.6 p.75

--------------------------------------------------------------------------------

「アルゼンチンイラストマップ」
『イレブン』v.8 no.8 1978.6 p.76-77

--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップの話題“あれこれ”」
『イレブン』v.8 no.8 1978.6 p.79

延べ三二〇億人がTV観戦 消えたジュール・リメ杯 本大会のレフェリーは32名 W杯にもフェアプレー賞

--------------------------------------------------------------------------------

「数字で見るWカップの記録」
『イレブン』v.8 no.8 1978.6 p.80-82

--------------------------------------------------------------------------------

「劇画で綴るWカップの歴史」
『イレブン』v.8 no.8 1978.6 p.86-130

--------------------------------------------------------------------------------

[H.]バイスバイラー 「名将バイスバイラー監督が語る’78Wカップに出場する16ヵ国チームの戦略」
『イレブン』v.8 no.9 1978.7 p.84-95

アルゼンチン-世界一級を誇るフォワード陣 フランス-チームの命運握るプラチニーのゴール イタリア-最強のツー・トップで守備一辺倒から脱皮 ポーランド-多くの経験者を擁する長所と短所 西ドイツ-最上の編成ではないがベスト4入りは確実 スペイン-独特の柔軟性を持つサッカーは脅威 ブラジル-優勝候補No1、完璧な芸術家集団 オランダ-選手層も厚く戦術は世界一だ スコットランド-欧州一流プレーヤーの成功のカギは規律 ハンガリー-テレチクとバラディに期待する得点力 チュニジア-浮沈のカギ握る指揮官タレク メキシコ-若手2人のゲッターとアラヤが中心 オーストリア-台風の目アルプスの小国チーム スウェーデン-興味深い独自の攻撃システム イラン-エスカンダリア中心の強力バック ペルー-不安な高齢化によるチーム力の低下


--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップ・ミニ・ニュース」
『イレブン』v.8 no.9 1978.7 p.96-97

’78W杯のスーパースターは 初顔合わせ 開幕戦の観戦者数 アルゼンチンの気温 キーパーの年齢 ’82W杯には24チーム出場か...


--------------------------------------------------------------------------------

パット・コリンズ 「優勝戦線に殴り込むか史上最強のスコットランド」
『イレブン』v.8 no.9 1978.7 p.102-104

確実視される準決勝進出 マクレオド監督の攻撃構想 ダルグリッシュの破壊力に期待


--------------------------------------------------------------------------------

F.ビーンズ 「ヒザの故障を克服してWカップには全精力を注ぎたい! サッカー生命をかけたニースケンスはたった一人最後の調整に励んでいた」
『イレブン』v.8 no.9 1978.7 p.114-115

自己との戦いに勝利を求めて ただひたすら走る“第二のヨハン”

|

« 第11回アルゼンチン大会(1978年)ー2 | Main | 第11回アルゼンチン大会(1978年)ー4 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第11回アルゼンチン大会(1978年)ー3:

« 第11回アルゼンチン大会(1978年)ー2 | Main | 第11回アルゼンチン大会(1978年)ー4 »