« 第7回チリ大会(1962年) | Main | 第9回メキシコ大会(1970年)-1 »

第8回イングランド大会(1966年)

鈴木武士 「世界最大のショーワールドカップの舞台裏 二四〇万の観衆をどうさばくか? 主催国の英国はてんやわんや...」
『スポーツマガジン』v.8 no.3 1966.3 p.84-85

“宗家”の面目にかけて ケタはずれのスケール


--------------------------------------------------------------------------------

槇原徳治 「日本サッカーの未来のために ワールド・カップ見学団の学んだもの」
『サッカー』 no.60 1966.7 p.2-9

著者は静岡県蹴球協会理事長。
時機を得た試み 1.ウエンブレ-・サッカー場 万全の競技場設備 2.観衆 選手とともに楽しむ 3.プレーヤー 先を読んだ攻防 4.審判 一貫した評価の基準 5.記録 親切味のある報道 6.スポーツ広場 果てしない平坦な芝生 7.スポーツ学校 サッカーくじの益金で 8.まとめ 日本の将来のために
p.8-9に世界選手権見学旅行団参加者名簿あり。


--------------------------------------------------------------------------------

「ワールド・カップ見学団報告」
『サッカー』 no.60 1966.7 p.10-13

審判の立場から(上野俊幸 九州蹴球協会副理事長) 1.競技場 スタンドは屋根つきに 2.ボール すっきりした一色もの 3.審判 ゼスチュアが大きい 感心できない線審
緑したたる芝生(市橋七雄 東海蹴球協会理事長) 1.サッカー人口とサッカー熱について 2.会場(施設)の規模について 3.試合と気象条件 準決勝イングランド対ポルトガルの試合評 基本に忠実なイングランド


--------------------------------------------------------------------------------

「見学団報告」
『サッカー』no.60 1966.7 p.14-15

女性の目でみたワールドカップ(村木宣子、村木和子) ひとこと“素晴らしい” 女王のお姿に感激 日本も出てほしい
少年たちにボールをける環境を与えよう(渡部真也 教大OB)


--------------------------------------------------------------------------------

駒井康人 「団長雑記」
『サッカー』no.60 1966.7 p.16-17

著者は奈良県蹴球協会会長、本旅行団団長。心からの満足感 ワールドカップ一色 反則あれこれ 最高級の凡エラー クラマー氏との再会 闘牛よりサッカー


--------------------------------------------------------------------------------

新田純弘 「サッカー旅日記 ワールドカップ旅行団報告」
『サッカー』 no.60 1966.7 p.18-28

著者は浦和高校教諭。7月19日羽田出発、同日ハワイ着、さらに同日中にロサンゼルス着。7月20日ロス市内観光夜発、21日コペンハーゲン着。22日午前市内観光、午後ロンドン着。23日準々決勝イングランド対アルゼンチン観戦。24日市内観光。25日市内観光、夜準決勝西ドイツ対ソ連をTV観戦。26日準決勝イングランド対ポルトガル観戦。27日ロンドン郊外のニュータウン、ワーレン・シティ訪問。28日三位決定戦ソ連対ポルトガル観戦。29日自由行動、ドーバーへ。30日決勝イングランド対西ドイツ観戦。31日パリへ移動。8月一日市内観光。2日自由行動。3日フランクフルトへ移動。4日ザールブリュッケンで遠征中の日本代表対ザールランド・プロチーム・ジュニアの試合観戦。5日チューリッヒへ移動、市内観光。6日ローマへ移動。7日市内観光、オリンピック施設も見学。8日ローマ出発、テヘラン、カラチ、バンコク、マニラ経由、9日羽田着。


--------------------------------------------------------------------------------

飯島徳治 「この感激を生かして」
『サッカー』 no.60 1966.7 p.28

著者は館林高校教諭。


--------------------------------------------------------------------------------

長沼健 「ソ連・西ドイツ遠征とワールドカップ見学の報告」
『サッカー』no.63 1966.10 p.10-16

--------------------------------------------------------------------------------

平木隆三 「世界の超一流チームが示した技術と戦法の方向 ワールドカップに学ぶ」
『サッカー』no.63 1966.10 p.18-25

著者は日本代表コーチ。
数的優位による守備
1.クローズド・マーキングの強化 1)相手プレーヤーとの関係位置 2)アタック(相手よりボールを奪う)のさい注意せねばならぬこと 3)チームの守備(クローズド・マークの徹底)
2.積極果敢な守備 1)先手を取れ 2)スライディング・タックルの重要性 3)ヘッディングの強さ
組織的攻撃の条件
1.状況判断の良い、単純な、組織プレー(そして速さと正確さを兼ね備えている) 2.ダイレクト・シュートのうまさ 3.スルーパスのうまさ 4.接触プレーのうまさ、強さ 5.ボール・トラップのうまさ 6.すばらしいシュート力 7.バックスの攻撃参加 8.攻撃層の厚さ
チーム全体について
1.リーダーの必要性 2.精神的支柱の偉大さ 3.チームのリズム

--------------------------------------------------------------------------------

「選手たちの「レポート」 ワールドカップに学ぶ」
『サッカー』no.63 1966.10 p.25-47

あのファイトを思い出して(船本幸路) キーパーのリード力(横山謙三) 接近守備の長所と短所(鎌田光夫) ブラジルのチーム力もすごい(宮本征勝) 攻守の切替えの早さ(片山洋) 特筆すべき北朝鮮の活躍(今西和男) 強烈な一対一の強さ(上久雄) スライディング・タックルの重要性(山口芳忠) あのふんい気の中でプレーしたい(鈴木良三) 中盤の組立て役を見て(小城得達) 和製チャールトンを目ざす(森孝慈)  最善の戦況判断の連続(八重樫茂生) 今度の大会の三つの焦点(渡部正) オリンピック以上の感激(宮本輝紀) 印象深い二つの試合(桑田隆幸) 私の見た三つのポイント(松本育夫) ミスは見逃してくれない(桑原楽之) チャールトンのシュート(釜本邦茂) 誰もがやっていた基本のプレー(山田弘)


--------------------------------------------------------------------------------

牛木素吉郎 「ワールド・カップ予想」
『サッカー・マガジン』v.1 no.1 1966.6 p.86-89

世界最大の大会 試合の組合せ ブラジルの三連覇なるか イングランドへの期待 世界をリードするサッカーは... サッカー試合の賭け 


--------------------------------------------------------------------------------

クリストファー・マクドナルド 「ワールド・カップ1966」
『サッカー・マガジン』v.1 no.2 1966.7 p.80-83

著者はロンドン出身、日本NCR勤務、FIFA会長スタンレー・ラウスと親しい。
ああ、ワールド・カップ その歴史 ことしの予想 ことしの規模


--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「ワールド・カップ 出そろった強豪チーム(1)」
『サッカー・マガジン』v.1 no.2 1966.7 p.84-85

ブラジル 北朝鮮 ポルトガル


--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「ワールド・カップ 出そろった強豪チーム(2)」
『サッカー・マガジン』v.1 no.3 1966.8 p.82-87

イングランド メキシコ ウルグアイ フランス アルゼンチン スペイン 西ドイツ スイス ブルガリア ハンガリー ソ連 チリ イタリア


--------------------------------------------------------------------------------

牛木素吉郎 「ワールド・カップ予選リーグ総決算」
『サッカー・マガジン』v.1 no.4 1966.9 p.26-30

この号の巻頭グラビアもW杯開会式など。7月11日の開会式から20日までの予選リーグの各試合の戦評。ブラジル、イタリアが予選リーグで敗退し、北朝鮮がイタリアを破ったことが大ニュース。著者は観戦したのではなく、外電をまとめたもの。


--------------------------------------------------------------------------------

クリストファー・マクドナルド 「ロンドンの街角で」
『サッカー・マガジン』v.1 no.5 1966.10 p.28-30

この号の巻頭グラビアもW杯、女王によるジュール・リメ杯授与など。
クレージーの街 楽しき数々


--------------------------------------------------------------------------------

村木宣子,村木和子「私たちの見たワールド・カップ」
『サッカー・マガジン』v.1 no.5 1966.10 p.30-31

世界選手権見学旅行団に若い女性2人姉妹が参加したのが目立ったらしく、この2人は『サッカー』誌にも観戦記を載せている。この2人とその父親村木恒夫とのインタビューをまとめたもの。
遠大な計画 好きだから 本物はすごい


--------------------------------------------------------------------------------

「外国だより ワールド・カップこぼれ話」
『サッカー・マガジン』v.1 no.5 1966.10 p.32-33

えんぎをかついだが FIFA熱欧州を襲う ペレのバカ 涙ながらに引退を表明 アルゼンチンの反逆 オイセビオ百万円を獲得 最優秀選手にムーア 新記録の入場料収入


--------------------------------------------------------------------------------

「座談会 この目で見て来たワールド・カップ」
『サッカー・マガジン』v.1 no.5 1966.10 p.34-39

出席者は河面道三(中国新聞社記者)、多和健雄(東京教育大学助教授)、新田純弘(県立浦和高校教諭)、渡部真也(志木高校教諭)。
ロンドンのふんい気 強烈な応援風景 英国の「聖者の行進」 やっぱりダフ屋はいた 世界最強チームは... 英国のみせた必勝法


--------------------------------------------------------------------------------

レッグ・ドラッリー 「“サッカーの静かなる男”アルフ・ラムゼー」
『サッカー・マガジン』v.1 no.5 1966.10 p.39

著者はニューズ・オブ・ザ・ワールド紙記者。優勝チーム、イングランド監督のラムゼーのエピソード、略歴など。


--------------------------------------------------------------------------------

牛木素吉郎 「ワールド・カップ1966総決算(2)」
『サッカー・マガジン』v.1 no.5 1966.10 p.40-42

準々決勝、準決勝、三位決定戦、決勝の戦評。


--------------------------------------------------------------------------------

竹腰重丸 「決勝戦を見て」
『サッカー・マガジン』v.1 no.5 1966.10 p.42-43

--------------------------------------------------------------------------------

「海外サッカー ワールド・カップ」
『サッカーグラフ』v.1 no.1 1967.2 p.38-39

見開き写真。キャプションは英語、左ワキに日本語の説明あり。
『サッカーグラフ』はこの号を創刊号とする月刊のグラフ誌。版元はサッカーグラフ社、スポーツグラフ社、球界グラフ社と変わる。編集発行人の池田球一は、元新聞記者、映画にも関係していたとのこと。1969年から半月刊になるが、ほどなく廃刊になったもよう。


--------------------------------------------------------------------------------

「’66ワールドカップ誌上封切」
『サッカーグラフ』v.1 no.4 1967.6 p.56-61

映画『ゴール サッカー1966世界選手権』の紹介。


--------------------------------------------------------------------------------

坂入浩一 「ボビーチャールトン一九六六年・ワールドカップの回想(下)」
『Football』 no.7 1968.5 p.1-10

--------------------------------------------------------------------------------

鈴木良韶 「ゴールを見て」
『Football』 no.7 1968.5 p.11-12

--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ワールドカップ 6」
『サッカー・マガジン』v.5 no.5 1970.5 p.66

第八回大会 イギリス 英領および保護領の切手 アルバニア ブルガリア ソ連
このシリーズはグラビアに写真あり。


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ワールドカップ 7」
『サッカー・マガジン』v.5 no.5 1970.5 p.66

第八回大会(2) 北朝鮮 アフリカ諸国
このシリーズはグラビアに写真あり。


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ワールドカップ 8」
『サッカー・マガジン』v.5 no.7 1970.7 p.127

第八回大会(3) ハンガリー ポーランド モンゴル マルディブ諸島
このシリーズはグラビアに写真あり。


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ワールドカップ」
『サッカー・マガジン』v.6 no.6 1971.6

グラビアのみ。


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ワールドカップ 19」
『サッカー・マガジン』v.6 no.8 1971.7

第八回大会記念。グラビアのみ。


--------------------------------------------------------------------------------

河面道三 「私の見た’66ワールドカップ」
『サッカー・マガジン』v.6 no.9 1971.7 p.121-123

著者は中国新聞記者。本号は英国サッカー総特集号。
ウェンブレ-の壮観 熱狂と興奮のうず 英-独戦の感激 大スターの印象 盛んな報道合戦


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ワールドカップ 20」
『サッカー・マガジン』v.6 no.10 1971.8

第八回大会記念。グラビアのみ。


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ワールドカップ 21」
『サッカー・マガジン』v.6 no.11 1971.9

第八回大会記念。グラビアのみ。


--------------------------------------------------------------------------------

岡野俊一郎 「ハンガリー、三連覇狙うブラジルにストップ」
『イレブン』v.2 no.7 1972.7 p.143-147

--------------------------------------------------------------------------------

岡野俊一郎 「北朝鮮ポルトガルを恐怖のどん底に!」
『イレブン』v.2 no.9 1972.8 p.116-119

--------------------------------------------------------------------------------

岡野俊一郎 「史上初の延長戦、ついに西独を降ろしたイングランド」
『イレブン』v.2 no.10 1972.9 p.151-155

--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「サッカーの母国、イングランド初優勝を飾る!」
『サッカー・マガジン』v.9 no.5 1974.4 p.138-143

--------------------------------------------------------------------------------

ウルフェルト・シュレーダー 「サッカーの母国に初の栄光をもたらしたB・チャールトン」
『イレブン』v.7 no.4 1977.4 p.108-110

嘲笑されたラムゼーの優勝宣言 ウイングなしの布陣 天才ボビー・チャールトンの誕生


--------------------------------------------------------------------------------

「世界杯を彩った名ポスター 第8回イングランド」
『イレブン』v.12 no.2 1982.2 折込頁

--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「サッカーの母国、イングランドの威信を回復した’66W杯」
『イレブン』v.13 no.2 1983.2 p.145

南米勢を退けた欧州2強 延長で西独を降す


--------------------------------------------------------------------------------

「Mr.B氏のコレクションストーリー 4」
『サッカー・マガジン』v.18 no.7 1983.7 グラビア頁

西ドイツの復興とイングランドの栄光


--------------------------------------------------------------------------------

イストバン・ソモス 「レフェリーの回想ワールドカップの想い出」
『サッカー・ジャーナル』 no.7 1984.3 p.18-23

第七回一九六二年チリ大会-ニコライ・ラティシェフ氏(ソ連) レフェリーは50歳 チリ-生涯の思い出 いよいよ試合だブラジル連覇 試合終了-ボールを奪われる
第八回一九六六年イングランド-ゴットフリート・ディーンスト氏(スイス) イングランド初の決勝進出 主審に指名されて驚くディーンスト 決勝は延長に ハーストのゴール

|

« 第7回チリ大会(1962年) | Main | 第9回メキシコ大会(1970年)-1 »