« 第10回西ドイツ大会(1974年)-1 | Main | 第10回西ドイツ大会(1974年)-3 »

第10回西ドイツ大会(1974年)-2

「1974年-ワールドカップンの年 あと180日! 開幕を待つワールドカップ西独大会」
『サッカー・マガジン』v.9 no.1 1974.1 p.96-99

本大会組み分けは一月五日に... 入場券総数二百十三万枚 六〇ヵ国四千人の取材員


--------------------------------------------------------------------------------

「出場16チームほぼ出そろう! 予選状況」
『サッカー・マガジン』v.9 no.1 1974.1 p.100-101

--------------------------------------------------------------------------------

レズリー・バーノン 「予選に残された問題 しかし西ドイツでは...」
『サッカー・マガジン』v.9 no.1 1974.1 p.102-106

アムステルダムでの失望 予選に残された重大な問題 大きな比重を占める審判 「三強」の優勝争いか 得点力の落ちたブラジル 期待される選手たち


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「ワールドカップ出場の強豪たち 地元開催で優勝候補の筆頭西ドイツ」
『サッカー・マガジン』v.9 no.1 1974.1 p.146-150

論理上の優勝候補 新しい芸術家たちの世代の登場 バイエルンとボルシアの結合 光沢が薄れた最近のチーム


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「ワールドカップ出場の強豪たち 英国サッカーの旗手となったスコットランド」
『サッカー・マガジン』v.9 no.1 1974.1 p.128-131

卓越した選手群...しかし、悲しい分裂! 監督のチーム選考を“助ける”委員会 自分のチームを選んだオーマンド監督 プレー内容はイングランド代表と類似 望まれるスコットランド協会の自重


--------------------------------------------------------------------------------

「激戦を勝ち抜いた強豪チームの現有戦力」
『イレブン』v.4 no.1 1974.1 p.102-109

1.イタリア-世界制覇に燃える純血チーム(ジョルジオ・モッターナ) 2.ポーランド-英国の野望を砕いた東欧の荒武者(パット・コリンズ) 3.オーストラリア-韓国を圧倒したゴール前の波状攻撃(趙東彪)


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「ワールドカップ出場の強豪たち 欧州大陸で勝つ試練に挑戦ブラジル」
『サッカー・マガジン』v.9 no.2 1974.2 p.140-144

非難にさらされるザガロ監督 三回優勝のかげにあったザガロの役割 欧州遠征は若手に経験を与えるため 新人成長、問題のない守備、中盤 ペレ、トストンに替わる者は...? 表面上は4-3-3システムだが


--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「ワールドカップ74の組み分け決定!! 参加各国の反響をさぐる」
『サッカー・マガジン』v.9 no.3 1974.2 p.108-111

本号はワールドカップ展望号。グラビアに参加16ヶ国の紹介あり。
45分間の抽選セレモニー FIFA理事会の三つの決定... 「東西ドイツの対決」に湧くどよめき ブラジル...ユーゴがいいか、スペインか? 余裕みせる西ドイツ、とぼけるバルカレギ・イタリア監督 各国の声を総合してみると... 掛け率のトップは西ドイツ


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「決勝戦は西ドイツ対イタリアか???」
『サッカー・マガジン』v.9 no.3 1974.2 p.112-116

見通しは明るくない... 問題をかかえている各チーム FIFAのシード方法は問題 東西両ドイツが残る ブラジル以外は不確実だが... オランダは人が騒ぐほど強くない? 厳しいグループ ベスト4には...? 犯罪に報酬を支払うな!


--------------------------------------------------------------------------------

岡野俊一郎 「スピードと変化の多様性 ワールドカップ74の戦術的展望」
『サッカー・マガジン』v.9 no.3 1974.2 p.117-119

一九六六年大会から七〇年代へ-戦術の発展 攻守における変化の多様性 スピードが必要だ! 読みの勝負の時代


--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「ショッキングなイングランドの敗退 史上最高の参加国 1974ワールドカップ予選総まくり」
『サッカー・マガジン』v.9 no.3 1974.2 p.120-123

伝統の古豪チーム次々と脱落 フル・メンバーが出場の形 新顔ザイール、ハイチ、オーストラリア


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「イングランドはなぜ敗れたか?!フットボールかファイトボールか」
『サッカー・マガジン』v.9 no.3 1974.2 p.124-128

監督ラムゼーの犯した誤り ファンを誤った方向に導く 誤った選手の起用と作戦 FIFAのシードの誤り フットボールかファイトボールか 欧州の相手には通じない英国のサッカー 少年の指導からやり直すべきだ


--------------------------------------------------------------------------------

セルジオ・レイトン 「ワールドカップ74を目ざすブラジル優勝計画の全貌」
『サッカー・マガジン』v.9 no.3 1974.2 p.130-133

けし飛んだ楽観論苦しい戦いを予想 六月まで四か月の集中強化に期待 二十二人を予想することがむつかしい国


--------------------------------------------------------------------------------

エンリコ・ジャコミニ 「戦後初の世界制覇に燃えるイタリアの自信」
『サッカー・マガジン』v.9 no.3 1974.2 p.120-123

メキシコ大会に出たチームより強い! 出場メンバーはもう固まっている 万全の本番対策 ほとんど不安のない陣容 国内リーグの混戦が心配


--------------------------------------------------------------------------------

「やっとつかんだミュンヘンに暗影」
『イレブン』v.4 no.2 1974.2 p.86-91

オランダ-主力2選手の出場に赤信号(フベルト・ビーンズ) ウルグアイ-幸運を呼ぶか水色のユニフォーム(渡辺よしひろ)


--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア「世界の強豪を迎え撃つシェーン監督と西独代表」
『イレブン』v.4 no.2 1974.2 p.93-96

ウェンブレーでの感激 偉大な指導者シェーン監督 オベラートかネッツアか


--------------------------------------------------------------------------------

牛木素吉郎 「本大会の組合せ決まる! 前景気盛りあがるワールドカップ!!」
『サッカー・マガジン』v.9 no.4 1974.3 p.76-79

新しいカップと方式 組み合わせ抽選の裏側 優勝の最右翼西ドイツ ペレに代わるものは誰か カテナチオに賭けるイタリア ドラマの交錯する25日間


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「ワールドカップ出場の強豪たち 無敵の“カテナチオ”イタリア」
『サッカー・マガジン』v.9 no.4 1974.3 p.124-128

カテナチオ守備は変わらず! 雨散霧消したバルカレギ批判 群を抜く一九七三年度の成績 陣容と選手たち イタリアを破るのは難しい...


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「ワールドカップ出場の強豪たち たくましい進歩をみせる東ドイツ」
『サッカー・マガジン』v.9 no.4 1974.3 p.130-134

進歩をはばんできた戦後の体制 西ヨーロッパでの試合経験はわずか8試合 転換を生んだいくつかの決定 賢明なブッシュナーの代表編成


--------------------------------------------------------------------------------

「これが’74Wカップに出場する16ヵ国代表だ!」
『イレブン』v.4 no.3 1974.3 グラビア頁

--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア 「西ドイツはWカップを制覇できるか!」
『イレブン』v.4 no.3 1974.3 p.78-81

初の東西ドイツの激突! イングランドなきW・カップ 日没近いオランダ ブラジルは恐くない 西ドイツは優勝できるか?


--------------------------------------------------------------------------------

「スウェーデン幸運の本大会出場」
『イレブン』v.4 no.3 1974.3 p.82-83

不運に泣いたオーストリア 防戦一方のスウェーデン


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「無失点を続けたイタリア 問題かかえ後退の西ドイツ」
『サッカー・マガジン』v.9 no.5 1974.4 p.92-96

バルカレギ(イタリア)年間最優秀監督に! 割引かれるスウェーデン、ベルギー 進歩みせるポーランド、東ドイツ 点のとれないソ連 メンバー豊富な西ドイツだが... 悪くないブラジルの成績


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ’74ワールドカップ 1」
『サッカー・マガジン』v.9 no.5 1974.4 グラビア頁

--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「ワールドカップ出場の強豪たち 本領を出せる亜k?! オランダ」
『サッカー・マガジン』v.9 no.5 1974.4 p.124-128

おそかったプロ化 二大クラブの天下 解け合わぬアヤックスとフェイエノールト ゆらぐ監督の座 クライフとカイザーの反目 ミケルスが監督に!? 手直しが必要...


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「ワールドカップ出場の強豪たち ブラック・アフリカからの初出場ザイール」
『サッカー・マガジン』v.9 no.5 1974.4 p.130-134

登録プレーヤーは10万人以上... サッカー・タレントの宝庫? “黒のベッケンバウアー”  アフリカのトップの資格は十分 モロッコでも成功したビデニッチ監督


--------------------------------------------------------------------------------

「WM74ミニ情報」
『サッカー・マガジン』v.9 no.5 1974.4 p.182-186

西ドイツとイタリア戦う!! 大会レフェリー30人決まる! ブラジル代表のメンバー決まる! アルゼンチン代表もメンバー発表、ほか


--------------------------------------------------------------------------------

渡辺よしひろ 「怪情報乱れとぶブラジルのチーム編成」
『イレブン』v.4 no.4 1974.4 p.82-85

ほのめかす若手起用 注目される好調ペレの去就 奇怪なゲルソンの態度 チャンス到来?悲劇のヒーロー


--------------------------------------------------------------------------------

ジョルジオ・モッターナ 「オレの胸のうちは決まっている! イタリアのガンコ親爺バルカレッジの世界制覇プラン」
『イレブン』v.4 no.4 1974.4 p.87-89

エリート意識は捨てる 若手を使うつもりはない まだ代表決定はできない


--------------------------------------------------------------------------------

フベルト・ビーンズ 「台風の目、オランダが誇る世界的スター」
『イレブン』v.4 no.4 1974.4 p.90-93

ファイト秘めるオランダの“ミュラー”ヨハン・ニースケンス 乱闘も辞さないオランダの主砲ピ-ト・カイザー 攻撃力のある現代的プレーヤーリュート・クロル つねにレギュラーを堅持するウイム・シュルビール 勝利へ結びつけるチームの主軸ウイレム・ハネイム オランダが生んだ国際的なGKヤン・バン・べべレン オランダの誇る世界的な核弾頭ヨハン・クライフ


--------------------------------------------------------------------------------

パット・コリンズ 「暴れん坊スコットランドがねらう標的はブラジルだ」
『イレブン』v.4 no.4 1974.4 p.94-96

イングランドとの宿命の戦い オーマンド監督の自信 心強いリーズ所属の五人 老雄デニス・ローの存在


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ’74ワールドカップ 2」
『サッカー・マガジン』v.9 no.6 1974.5 グラビア頁

--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「ワールドカップ出場の強豪たち 出稼ぎプロが顔そろえるスウェーデン」
『サッカー・マガジン』v.9 no.6 1974.5 p.130-134

“グレ・ノ・リ”...栄光に満ちた過去 輝かしかった一九五八年のチーム 楽な予選グループに予想外の苦戦 全員好調で臨めばあるいは...


--------------------------------------------------------------------------------

長谷川昌久 「ワールドカップ連覇をめざすブラジル最新情報 フォーワードに新鋭・若手を多数起用」
『サッカー・マガジン』v.9 no.6 1974.5 p.132-136

代表の顔見せ興行は2-2の引分け ザガロ監督の悩みはフォワードの人選


--------------------------------------------------------------------------------

「ワールド・カップに燃える6人の核弾頭」
『イレブン』v.4 no.5 1974.5 p.82-91

欧州を震撼させる“黄金の足”-ゲルト・ミュラー(ピーター・ビッツア) イタリアサッカーの革命児-ピエトロ・アナスタシ(ジョルジオ・モッターナ) オランダの主柱を揺るがす移籍説-ヨハン・ニースケンス(フベルト・ビーンズ) 強烈なパワー “ダイナマイト”ロリマー-ピーター・ロリマー(パット・コリンズ) 戦線に復帰したポーランドの星-ウラジミール・ルバンスキー(パット・コリンズ) 吹き荒れるかブラジルの台風男-ジャイルジンニョ(渡辺よしひろ)


--------------------------------------------------------------------------------

渡辺よしひろ 「こうして22人の代表は決まった! ドキュメント2・18ブラジル代表決定の日」
『イレブン』v.4 no.5 1974.5 p.93-96

“当を得た選考”への反論 ミナス州に巻き起る非難の声 冷静だったアデミール・ダ・ギア ザガロとゲルソンの激論


--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア 「果たして豪州は英国の三流以下か」
『イレブン』v.4 no.5 1974.5 p.98-100

あわれな豪州サッカー 陽が当たらないサッカー 日本は豪州よりも強い


--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「ワールドカップ開幕まであと1ヵ月!! 南米・東欧勢の強化は白熱」
『サッカー・マガジン』v.9 no.7 1974.6 p.76-81

入場券の売りあげ百万枚を越す! ユーゴの代表候補登録40選手発表 ウルグアイ、ブルガリアもメンバー発表 出場各チーム準備試合の状況


--------------------------------------------------------------------------------

レズリー・バーノン 「ワールドカップ決勝大会の“スーパー・ヒーロー”は誰か」
『サッカー・マガジン』v.9 no.7 1974.6 p.82-87

“闘争と暴力” ラテン系の“手おの師”たち 血の気の多いテクニシャンたち ブラジルのやり方は... フランツ・ベッケンバウアー 八人のスーパー・ヒーローたち


--------------------------------------------------------------------------------

酒井理順 「ブラジル代表、最後の仕上げ段階へ!! すばらしいエズー、マリーニョの左ライン...」
『サッカー・マガジン』v.9 no.7 1974.6 p.88-91

真剣なトレーニング激しいレギュラー・ポジション争い 苦戦の第1戦、メキシコと引分け アルベルトの離脱にピアザらが号泣 マリーニョ、デビュー戦で決勝点 ジャイルジーニョ、貫禄の一発! 待望されるセザール(パルメイラス)の登場


--------------------------------------------------------------------------------

アンドリュー・デットレ 「大会を目前にしてオーストラリアは準備不足...!!」
『サッカー・マガジン』v.9 no.7 1974.6 p.92-95

最も弱く最も<準備不足... 目だつストライカー不在 ポイント握る守備陣 つきっぱなしのラジッチ監督だが... 東西両ドイツには歯が立たない? オーストラリアの敗北はアジアの敗北

|

« 第10回西ドイツ大会(1974年)-1 | Main | 第10回西ドイツ大会(1974年)-3 »