« 第10回西ドイツ大会(1974年)-5 | Main | 第11回アルゼンチン大会(1978年)ー2 »

第11回アルゼンチン大会(1978年)

ホセ・マリア・オテーロ 「次のワールドカップを迎える南の国アルゼンチン」
『サッカー・マガジン』v.9 no.11 1974.9 p.156-157

新競技場がぞくぞく サッカー組織


--------------------------------------------------------------------------------

フベルト・ビーンズ 「’78W杯にオランダ、ベルギー立候補」
『イレブン』v.5 no.5 1975.3 p.94-95

オランダ、ベルギーの意欲 鼻息荒いミューレマン会長


--------------------------------------------------------------------------------

「攻撃型サッカーをひっさげ王国再建に賭けるブランドン監督 1978年アルゼンチン大会へ早くも始動したブラジルサッカー界」
『イレブン』v.5 no.7 1975.5 p.94-96

攻撃型へ変身はかる “和”を強調するブランドン監督 選手発掘へスタート


--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「動き出したアルゼンチン’78」
『サッカー・マガジン』v.10 no.7 1975.7 p.78-84

根強かったアルゼンチンへの不信 テロとインフレ 代替地はありえない
結局16チームに落ち着く 過去は欧州中心大会 「アルゼンチンが決めた」
パンパスに散在する5都市、6会場 快適な6月のアルゼンチン


--------------------------------------------------------------------------------

フリッツ・ハック 「アルゼンチン代表の新監督セザール・メレッティ」
『サッカー・マガジン』v.10 no.10 1975.8 p.110-112

37歳の若さ 三年計画 三度ヨーロッパへ 「われわれには経験が必要なのだ」 チームはゼロから出発する-メレッティとの一問一答


--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア 「若手成長に賭けるクノーベル監督 次期W杯へ結ぶオランダの構想」
『イレブン』v.5 no.12 1975.9 p.88-89

若手中心のチーム育成 アルゼンチンへの布石


--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「アルゼンチン’78にふたたび赤信号」
『サッカー・マガジン』v.10 no.16 1975.11 p.84-85

政情は不安だが... 代替の名乗りが続々 11月下旬に結論


--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア 「鉄条網と銃に守られる暴力サッカー」
『イレブン』v.5 no.14 1975.11 p.110-112

W杯開催に関する疑問符 乱れ飛ぶ催涙弾 応援団は戦闘部隊


--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「アルゼンチン’78本格的に始動!」
『サッカー・マガジン』v.11 no.1 1976.1 p.104-107

開催問題-「FIFAはアルゼンチンを信じる!」 同行なしの視察団 FIFA“ゴー”のサイン
予選組み分け-日本、イスラエル、韓国、北朝鮮が同一組に 三つの問題点 日本はまたも問題の組へ ふたたびソ連-チリ対戦か


--------------------------------------------------------------------------------

A・ハワード 「’78W杯、アルゼンチン開催FIFA決定は変わらない FIFA会長に単独インタビュー」
『イレブン』v.6 no.1 1976.1 p.130-131

FIFAの権限はサッカーのみ ペレは永遠にブラジルのアイドル


--------------------------------------------------------------------------------

「’78ワールド・カップ組合せ 南米、アフリカに不満の声」
『イレブン』v.6 no.2 1976.2 p.101

--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「アルゼンチン78予選スタート エントリーは103カ国」
『サッカー・マガジン』v.11 no.10 1976.5 p.110-113

再確認された開催国アルゼンチン 参加国は103 再建に必死のイングランド


--------------------------------------------------------------------------------

「’78ワールドカップをめざす豪州チーム」
『サッカー・マガジン』v.11 no.13 1976.7 p.84

三代替わった監督 埋まらない74年代表の穴 予選自体にも難しい問題


--------------------------------------------------------------------------------

「“政府主導型”のワールドカップへ」
『サッカー・マガジン』v.11 no.15 1976.8 p.78

新政権も大会を最優先事業に 準備は間に合うのか? 予選はすでにスタート


--------------------------------------------------------------------------------

スチュワート・フレイザー 「フィンランドを一蹴したイングランドの恐るべき破壊力」
『イレブン』v.6 no.8 1976.8 p.80-83

最初のハードルを突破 イタリア偵察員のため息 4点をもぎとったレビーの賭け 対イタリア戦に大きな自信


--------------------------------------------------------------------------------

パット・コリンズ 「W杯を目指すイングランド米国遠征で突如変身」
『イレブン』v.6 no.8 1976.8 p.88-91

意気消沈のイングランド 強さを見抜いたブランドン 底力を発揮したブラジル戦 汚いイタリアに逆転勝ち


--------------------------------------------------------------------------------

マイク・ウォール 「イングランドを撃破したオーマンド軍団の狙いはWカップだ ホームインターナショナル・ゲームで優勝したスコットランドのチーム力は抜群に強化された」
『イレブン』v.6 no.8 1976.8 p.96-99

信頼できる三人の男 ウィーク・ポイントはGK 空中戦抜群のジョーダン


--------------------------------------------------------------------------------

M・デ・フォス 「’78W杯で世界制覇を目指すオランダの新鋭」
『イレブン』v.6 no.9 1976.9 p.86-88

--------------------------------------------------------------------------------

牛木素吉郎 「ワールドカップ予選の日程決まる!」
『サッカー・マガジン』v.11 no.19 1976.10 p.60-63

1.“二宮全日本”に最初のテスト-新しい個性を見せてほしい 二宮監督の選択
2.日程は日本に有利。だが...-三つのカードに政治の影 日本では一試合だけ?


--------------------------------------------------------------------------------

エディ・プールマン 「“最悪”オランダとベルギーに北アイルランドの不気味な影」
『サッカー・マガジン』v.11 no.20 1976.11 p.110-112

欧州へ乗り出す“孤島” ためされる二人の新監督 エースを二人欠いたベルギー オランダも最悪の出来 不気味な北アイルランド


--------------------------------------------------------------------------------

エディ・プールマン 「悪夢の一夜-76年10月13日 ホームで北アイルランドと引き分けたオランダに重大な危機」
『サッカー・マガジン』v.11 no.21 1976.11 p.80-82

“金のためにプレーするのじゃない” 四番目のキーパー オランダの集中力が消えたとき アルゼンチンへの道ははるかに遠い


--------------------------------------------------------------------------------

ゲーツ・べっくマン 「“2連覇”へ好スタートを切った西ドイツ」
『サッカー・マガジン』v.11 no.21 1976.11 p.102-105

試合ぶりに「明」と「暗」 ルムメニゲとチンマーマン 心配はない守備陣 へーネスのCF起用は失敗 「西ドイツはまた勝つ」


--------------------------------------------------------------------------------

庄司悟 「西ドイツ代表の新メンバー 問題なのはやはりフォワード陣」
『サッカー・マガジン』v.11 no.21 1976.11 p.106-107

ミュンヘン カーディフ ベッケンバウアー フィッシャー


--------------------------------------------------------------------------------

フリッツ・ハック 「アルゼンチンはあきらめていない メルロ組織委員会会長は語る」
『サッカー・マガジン』v.11 no.21 1976.11 p.108-109

大切なのは関係者の一致協力 財政面は心配ない


--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア 「W杯2連覇が私の最後の挑戦だ!  ヘルムート・シェーン西ドイツ監督の’78アルゼンチン・ワールドカップ構想」
『イレブン』v.6 no.11 1976.11 p.92-95

D・ミュラー、フローエ活躍 まだやれるフォクツ 最後まで闘うドイツ魂 ’78もベッケンバウアー中心


--------------------------------------------------------------------------------

「ホーム&アウェー方式が打ち出されたアジアの激戦区、第二組の戦い」
『イレブン』v.6 no.11 1976.11 p.124-126

北朝鮮は席上に不参加 厳密なルールの取り決め 尾をひくイスラエル問題


--------------------------------------------------------------------------------

パット・コリンズ 「W杯へ疑問符、イングランドの無鉄砲アタック」
『イレブン』v.6 no.12 1976.12 p.82-85

問題になる伊とのゴール数 英国の防御がガラ空き にんまりイタリア偵察陣 スコットランドに魔の三分間 オランダ、引分けにショック


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「イングランドかイタリアか結論は出なかった」
『サッカー・マガジン』v.11 no.22 1976.12 p.106-109

10月13日ロンドン イングランド2-1フィンランド 面目まるつぶれのイングランド 意味不明の4-2-4 フィンランド見事な逆襲
10月16日ルクセンブルグ ルクセンブルグ1-4イタリア イタリアも弱よわしい攻め 技巧的には申し分ないが シュートがあまりに不安定

|

« 第10回西ドイツ大会(1974年)-5 | Main | 第11回アルゼンチン大会(1978年)ー2 »