« 第10回西ドイツ大会(1974年)-3 | Main | 第10回西ドイツ大会(1974年)-5 »

第10回西ドイツ大会(1974年)-4

吉武利昭 「サッカーの切手 ’74ワールドカップ 6」
『サッカー・マガジン』v.9 no.11 1974.9 グラビア頁

--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「全世界を熱狂に包んだワールドカップ1974年総決算の明と暗」
『サッカー・マガジン』v.9 no.11 1974.9 p.98-100

クラーマー、米国監督に 西ドイツの興奮 優勝なみのオランダ 胸を張るポーランド 悲しみ怒るブラジル 絶望的なイタリア


--------------------------------------------------------------------------------

フリッツ・ハック 「世界の頂上に立つフランツ・ベッケンバウアー」
『サッカー・マガジン』v.9 no.11 1974.9 p.102-106

ボールの手品師からファイターへ ベッケンバウアーのプレーの秘密 億万長者ベッケンバウアー


--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップ広場」
『サッカー・マガジン』v.9 no.11 1974.9 p.108-109

--------------------------------------------------------------------------------

アンドリュー・ディットレ 「WM74のオーストラリア」
『サッカー・マガジン』v.9 no.11 1974.9 p.110-111

東独、西独に善戦 持てる力をフルに発揮 今後の重要な問題


--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「ワールドカップの旅から 1 ベルティ・フォクツはいい男」
『サッカー・マガジン』v.9 no.11 1974.9 p.112-113

街角の回想 小さなファイター フォクツの真価 双眼鏡のシーン クライフをマーク


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ、岡野俊一郎 「WM74現地対談 ワールドカップ’74を斬る」
『サッカー・マガジン』v.9 no.11 1974.9 p.131-136

ポーランドがベスト・チームだ オランダの見せたサッカー カネ目当てでなく楽しいサッカーを! ワールドカップのベスト11


--------------------------------------------------------------------------------

荒井義行 「『超スピード時代』に突入したワールド・サッカー WM74のプレーと戦術」
『サッカー・マガジン』v.9 no.11 1974.9 p.138-141

攻撃のスピード ディフェンス テクニック 運動量 ゲーム・メーク フリー・キック 勝敗分けたスピード、運動量


--------------------------------------------------------------------------------

二宮寛 「西ドイツの救世主はボンホフだった」
『サッカー・マガジン』v.9 no.11 1974.9 p.142-145

西独のエンジン部、若手トリオ 厳しいプロの自信と責任感 少なかった内容のある試合 ブラジル不調の原因


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「エリック・バッティのワールドカップ1974年決勝レポート」
『サッカー・マガジン』v.9 no.11 1974.9 p.146-149

期待はずれの決勝戦 汚ないプレーの連続 西ドイツの敢闘精神 ミュラーのリトルゴール オランダを振り切る 現代サッカーの悲劇


--------------------------------------------------------------------------------

岡野俊一郎 「私のサッカーコーチ ワールドカップから 個性とサッカー」
『サッカー・マガジン』v.9 no.11 1974.9 p.150-153

1.チームと選手の個性 2.選手の個性 日本の場合


--------------------------------------------------------------------------------

秋庭亮 「フットボール断想 ワールドカップ決勝のテレビから」
『サッカー・マガジン』v.9 no.11 1974.9 p.160-161

--------------------------------------------------------------------------------

「今月のダイヤモンド・サッカー」
『サッカー・マガジン』v.9 no.11 1974.9 p.162

ウルグアイ0-2オランダ ポーランド3-2アルゼンチン


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「ワールドカップ’74各国チーム、選手を採点する!」
『サッカー・マガジン』v.9 no.11 1974.9 p.186-190

予想できなかったイタリアの惨敗 よかったポーランド、アルゼンチン ブラジルよりもブラジルらしかったザイール はがゆいユーゴ ここ一番に光らないスターのクライフ 二年遅かったワールドカップ


--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア 「F・ベッケンバウアーvsJ・クライフ 果たしてどちらが世界No.1プレーヤーか?」
『イレブン』v.4 no.10 1974.9 p.78-82

記者投票ではクライフ一位 二人ともひ弱な少年だった 二人の天才その質の差は... 真の勝利者はどちらか?


--------------------------------------------------------------------------------

ピーター・ビッツア 「次期西独監督の座をめぐる噂の二人 シェーン現監督、 クラマー氏にその胸中を直撃」
『イレブン』v.4 no.10 1974.9 p.84-87

私は監督をやめない まだ契約が残っている ネッツアはまだやれる
ヘルタBSCの解消は個人的理由 協会に媚は売らない 体育教師でもやる


--------------------------------------------------------------------------------

ステーブ・リチャーズ構成 「ペレのワールドカップ日記(上) ブラジルは伝統のサッカーを忘れてしまったのか」
『イレブン』v.4 no.10 1974.9 p.92-95

芸術家クライフのプレー アルゼンチンの変身 さまざまなブラジルの戦法 すばらしい東独チーム


--------------------------------------------------------------------------------

岡野俊一郎 「ワールドカップ名勝負物語 スコットランド無念の“不敗の敗退”」
『イレブン』v.4 no.10 1974.9 p.96-98

危うしスコットランド 相ゆずらぬ前半戦 すでに遅い同点シュート


--------------------------------------------------------------------------------

「私たちは感動し、多くの教訓を得た!」
『イレブン』v.4 no.10 1974.9 p.99-101

手本になったオランダ(森孝慈) 素晴らしい個人プレー!(釜本邦茂) 西独ゲルマン魂の勝利(小城得達) トマシェフスキーに魅了(横山謙三) ミュラーのプレーに興奮(永井良和) 千変万化のサッカー(足利道夫) 感動的だった決勝戦!(川上信夫) これがサッカーだと痛感(藤島信雄) オレもやらねば...(高田一美) 立派なレフェリーの態度(丸山義行)


--------------------------------------------------------------------------------

ウオルフガング・ウェーバー 「オランダのPKで奮いたった西独イレブン」
『イレブン』v.4 no.10 1974.9 p.102-104

薬になった対東独の敗戦 荷が重すぎたクライフ ミュラーという男


--------------------------------------------------------------------------------

高橋英辰 「W杯の舞台に日の丸を掲げよう」
『イレブン』v.4 no.10 1974.9 p.136-140

前途多難なブラジルを見た アジア代表に失望 組立ての主役クライフ ひとつのシュートに泣いた西独 スピードに乗ったポーランド 闘志をむき出しにした好ゲーム ラトーの右からの一撃 西ドイツ、二重、三重の守備


--------------------------------------------------------------------------------

杉山隆一 「リュウさんのガッツサッカーへの道 4 フォクツに見たガッツなプレー」
『イレブン』v.4 no.10 1974.9 p.142-143

クールな西独応援団 センタリングはシュートだった


--------------------------------------------------------------------------------

福島広樹 「Wカップにモダンサッカーを見た!」
『イレブン』v.4 no.10 1974.9 p.144-145

ブラジルの敗退 英国とイタリア 三強のモダンサッカー モダンサッカーとは


--------------------------------------------------------------------------------

池原謙一郎 「二十一世紀への日本サッカーヴィジョンを!」
『Football』no.29 1974.9 p.1-6

--------------------------------------------------------------------------------

寺沢太郎 「ワールドカップを観戦して」
『Football』no.29 1974.9 p.6-8

--------------------------------------------------------------------------------

原田純子 「ワールドカップ要約」
『Football』no.29 1974.9 p.9-10

--------------------------------------------------------------------------------

平林幹司 「ドイツワールドカップ便り 或るクレイジードクターの偏見より」
『Football』no.29 1974.9 p.10-25

--------------------------------------------------------------------------------

奥沢浩 「ワールドカップ西ドイツ大会の審判を見て」
『Football』no.29 1974.9 p.26-29

--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「ワールドカップの旅から オランダ-力強さと、早さと、やわらかさ」
『サッカー・マガジン』v.9 no.12 1974.10 p.104-105

デパートでの写真展 驚きと感嘆 守りを引き出す理想の攻撃 力強さとやわらかさ


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 74ワールドカップ 7」
『サッカー・マガジン』v.9 no.12 1974.10 グラビア頁

--------------------------------------------------------------------------------

二宮寛 「オールラウンド・プレーヤーはその前にスペシャリストだった」
『サッカー・マガジン』v.9 no.12 1974.10 p.128-131

ポーランド、オランダの活躍 スーパースターの働きどころ なぜ優秀なタレントが現れないのか 必要な個性ある選手の育成


--------------------------------------------------------------------------------

松本暁司 「自分の責任をはたすため万全の準備をするキーパーたち」
『サッカー・マガジン』v.9 no.12 1974.10 p.133-135

試合前の練習 キーパーの練習 メキシコ大会と西ドイツ大会を見て


--------------------------------------------------------------------------------

長池実 「世界のサッカーのためにはオランダに優勝してもらいたかった!」
『サッカー・マガジン』v.9 no.12 1974.10 p.136-138

大きかった期待 イメージ崩れたブラジル 観衆の厳しい態度 思い切りの悪かった主審 すばらしかったオランダ 今後のサッカーは...


--------------------------------------------------------------------------------

「今月のダイヤモンド・サッカー」
『サッカー・マガジン』v.9 no.12 1974.10 p.154

西ドイツ2-1オランダ イタリア3-1ハイチ


--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップ名場面集 1 WM74“このプレー”」
『サッカー・マガジン』v.9 no.12 1974.10 頁付けなし

ブラジルのゴール前のフリー・キック(中条一雄) マイヤーの連続ファインプレー(鈴木武士) オランダの初得点-オーバーラップと引きつけるドリブル(荒井義行) オランダのオフサイド・トラップとカバーリング(大住良之)


--------------------------------------------------------------------------------

牛木素吉郎 「ワールドカップ’74」
『別冊サッカー・マガジン』v.2 no.1 1974.10(秋) p.207-213

本号は’74西ドイツ・ワールドカップ特集号。前半は写真集。
関心 優勝 大衆 戦術 王様 統計


--------------------------------------------------------------------------------

「74年大会の16チームを振り返る」
『別冊サッカー・マガジン』v.2 no.1 1974.10(秋) p.214-238

西ドイツ(中条一雄) 涙で歌った国歌 西ドイツの精神的勝利
オランダ(荒井義行) 新しいサッカーの確立 分業を拒否した集団 現代最高のプレーヤー、クライフ
ポーランド(牛木素吉郎)
ブラジル(賀川浩) ブラジル本来のものを
東ドイツ(鈴木武士) 西ドイツを破る大金星 新興国の域を出ない
アルゼンチン(賀川浩) 守備面に問題があった ソフトなボールタッチ
スウェーデン(荒井義行) 若手“出稼ぎ組”とベテランで編成 三人のエース・プレーヤー
ユーゴスラビア(賀川浩) 不思議な魅力
チリ(鈴木武士) 伝統のショート・パス戦法
オーストラリア(鈴木武士) 予想外の好成績 アルゼンチンへは若返りが必要
スコットランド(荒井義行) 闘将ブレムナーが基点 英国サッカーの限界
ザイール(荒井義行) 目をみはる足腰の強さ 将来性十分の“黒豹軍団”
ブルガリア(鈴木武士) 1勝の悲願実らず
ウルグアイ(鈴木武士)
イタリア(賀川浩) カテナチオはどこへ行く
ハイチ(大住良之) 逆襲-サノンの一発
    


--------------------------------------------------------------------------------

ステーブ・リチャーズ構成 「ペレのワールドカップ日記(中) この目で見たヨーロッパの新しいサッカー」
『イレブン』v.4 no.11 1974.10 p.98-100

パウロ・セザールの悩み 敗れたラテン・サッカー選手生活最後の花道


--------------------------------------------------------------------------------

岡野俊一郎 「’74ワールド・カップ名勝負物語(2) 優勝候補イタリア敗れるの日」
『イレブン』v.4 no.11 1974.10 p.102-104

電子頭脳リベラの不振 ご気嫌なゴルスキー監督 頭を抱えるバルカレッジ監督


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 74ワールドカップ 8」
『サッカー・マガジン』v.9 no.13 1974.11 グラビア頁

--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「ポーランド 1974年ワールドカップの“ブラジル”」
『サッカー・マガジン』v.9 no.13 1974.11 p.124-128

東欧から初の優勝も可能だった! 最初から火を吹いたポーランドの攻撃 単純で効果的!しかも、たやすそうに 守備のスター、GKトマシェフスキー ラトーとガドーハ絶妙の両ウイング 「イン・アンド・アウト」 今大会で最も創造力に富んだチーム


--------------------------------------------------------------------------------

二宮寛 「新しいサッカーの母体は優秀なタレントだ」
『サッカー・マガジン』v.9 no.13 1974.11 p.130-133

イングランド大会までのシステムの変遷 メキシコ大会でみられた戦術の特徴 新しいタイプのプレーをみせたボンホフ


--------------------------------------------------------------------------------

「今月のダイヤモンド・サッカー」
『サッカー・マガジン』v.9 no.13 1974.11 p.154

オーストラリア0-3西ドイツ スコットランド0-0ブラジル


--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップ名場面集 2 WM74“このプレー”」
『サッカー・マガジン』v.9 no.13 1974.11 頁付けなし

マリーニョのスケールの大きな守備から攻撃への転換(高橋英辰) 西ドイツの世界制覇を決定づけたミュラーの貴重な決勝点(二宮寛)一対二の状況でのベッケンバウアーの冷静な誘導(賀川浩) 王者ブラジルを破ったオランダの二つのセット・プレー(牛木素吉郎)


--------------------------------------------------------------------------------

岡野俊一郎 「’74ワールド・カップ名勝負物語(3) 東西両ドイツ、国威をかけた対決」
『イレブン』v.4 no.12 1974.11 p.94-96

厳しい“皇帝”の表情 点をとれない西ドイツの攻撃 無人の西独ゴールを襲った一発


--------------------------------------------------------------------------------

ステーブ・リチャーズ構成 「ペレのワールドカップ日記(下) 攻めないブラジルに世界制覇はない」
『イレブン』v.4 no.12 1974.11 p.98-100

国の名誉を賭けた戦い 押え切れない感情の爆発 西独の作戦勝ち


--------------------------------------------------------------------------------

デットマール・クラマー 「良いサッカーはきれいなものだ そして、必ず成功する」
『イレブン』v.4 no.12 1974.11 p.102-103

攻撃のために門を開け ミュンヘンの教訓


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 74ワールドカップ 9」
『サッカー・マガジン』v.9 no.14 1974.12 グラビア頁

--------------------------------------------------------------------------------

「今月のダイヤモンド・サッカー」
『サッカー・マガジン』v.9 no.14 1974.12 p.106

チリ1-1東ドイツ オランダ0-0スウェーデン


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「“ブラジル1974”-成功だったか、失敗だったか?」
『サッカー・マガジン』v.9 no.14 1974.12 p.132-136

ザガロはメダルを与えられるべきだ サルダーニャの批判は当たっているか? ラッキーだった第二次リーグ進出 ブラジル不振の罪はベテラン選手たちに ブラジルも、全欧と同じ網に入った! 新しいペレを待たねばならない


--------------------------------------------------------------------------------

岡野俊一郎 「’74ワールド・カップ名勝負物語(4) ドルトムントで吹き荒れたオレンジの旋風」
『イレブン』v.4 no.13 1974.12 p.98-100

準決勝リーグ進出をかけて 大応援団の見守る中で 孤軍奮闘したデネフ


--------------------------------------------------------------------------------

中村信美 「あ々ワールドカップ狂々想」
『Football』no.30 1974.12 p.31

|

« 第10回西ドイツ大会(1974年)-3 | Main | 第10回西ドイツ大会(1974年)-5 »