« 内野台嶺著『蹴球思ひ出話』全文紹介 | Main | チョウ・ディン関係資料集 »

新渡戸稲造談『野球と其害毒』

『野球と其害毒』は東京朝日新聞明治44(1911)年8月29日~9月19日にかけて22回掲載された反野球キャンペーンで、第1弾8月29日付けは第一高等学校校長新渡戸稲造の談話。“巾着切の遊戯”たる野球に対比して蹴球が “彼の英国の国技たる蹴球の様に鼻が曲っても顎骨が歪むでも球に齧付いて居る様な勇剛な遊びは米人には出来ぬ。” とりあげられている。“球に齧付いて居る”と述べているところをみると、サッカーよりもラグビーをイメージしていたのかもしれないが、野球禁止、蹴球奨励論ともとれなくない。

 サッカーは1910年代以降中学校にも普及しはじめるが、“巾着切の遊戯”たる野球が中学生に流行するのに反感をもった教育者が蹴球を奨励したのもその一因であると思われる。1920年代創立の東京府立五中(現都立小石川高)、志太中(現藤枝東高)などでは、初代校長が校技として蹴球を奨励し、野球を禁止していた場合もある。

 朝日新聞はこの連載記事のため部数が激減し、反野球から親野球に転じて全国中等学校優勝大会を主催し、今日にいたる。

 原文は縦書き、字体を変更した字があり、句読点を付した。


--------------------------------------------------------------------------------

 近年野球の流行盛なるに従ひて弊風百出し、青年子弟を誤るを多きを以て本紙は屡其真相を記して父兄の参考に供する所ありたり。然るに野球に狂せる一派の人々は本紙の記事が己に便ならざるを以て種々卑劣なる手段を以て本社に妨害を為し、或は担当記者に対して迫害を加えんとす。然れども本社が青年の前途に対する忠実なる憂慮は此に依って益々切ならざるを得ず。茲に数名の記者を派して教育に関係ある先達の公平なる意見を聞き、以て最後の鉄案と為さんと欲す。

▲新渡戸一高校長談
▽野球は賎技なり剛勇の気無し
▽日本選手は運動の作法に暗し
▽本場の米国既に弊害を歎ず
▽父兄の野球を厭へる実例

 私も日本の野球史以前には自分で球を縫ったり打棒を作ったりして野球をやった事もあった。野球と云ふ遊戯は悪く云へば
▲巾着切の遊戯 対手を常にペテンに掛けよう、計略に陥れよう、塁を盗まうなどと眼を四方八面に配り神経を鋭くしてやる遊びである。故に米人には適するが英人や独逸人には決して出来ない。彼の英国の国技たる蹴球の様に鼻が曲っても顎骨が歪むでも球に齧付いて居る様な勇剛な遊びは米人には出来ぬ。

 一体日本の野球選手は作法を知らぬ。昨年早稲田であったかと思ふが軽井沢で外人と試合をして審判上の紛擾から虚言家[ライヤー]と或る一選手が云った。すると外人は非常に怒って虚言家とは何事であると其儘試合は中止になった。米国では虚言家と云はるる事は泥棒と云はるると同じであるのだ。

▲野球選手の不作法 是はホンの一例に過ぎぬが何処の学校の野球選手でも剣道柔道の選手の様に試合する時に禮を尽さぬ。然らば米人が野球をする時にもそんな禮が無いかと云へば決してさうではなくスポーツマンライクと云って非常に禮義正しいものである。日本語に訳して「運動家らしい」と云ば何だか禮義も知らぬ破落漢の様に聞ゑるのも日本の運動家の品性下劣から来て居る。昨今大分野球の対校試合や洋行が流行の様であるが、本国の米国では其弊の極、昨年紐育州立大学総長マッカラン氏が主唱となって学校同志招聘したり招聘されたりする弊風の防止に努め、先づ大学に一流二流を定めて一流大学は一流大学とのみ交際することとし、且学校の授業の防害にならず、費用も沢山かからぬ範囲内に規約を定め大学同盟を組織した。日本に於ても何等かの
▲制限を附する必要がある。

 此処に最も憂ふべきことは私立は勿論の事官公立の学校と雖も選手の試験に手加減することがあり得る ことである。若し一選手が落第でもしさうになると他の選手が教師の処に来て、先生実は彼の人は能く出来る人でありますけれども、試合前でしたから私等が無理に運動場へ引出しましたから出来なかったんです。先生も御承知の通り彼の人は平生出来るんですから今度の学期には勉強させますから、と懇願されると、生徒の平常を知って居る教師はつい手加減をするに至るのである。

 父兄が野球の選手になることを好まぬのは非常なもので、
▲沢山の父兄の懇請 私は幾人か数を忘れた位沢山の父兄から其子弟に野球選手を止める様に忠告して下さい、親兄弟では云ふことを容きませぬから、と頼まれた云々。(座に法制局参事官法学士柳田国男氏あり曰く)野球は官私立共に色々の弊風がある様です。第一私等は選手等の未来が心配です。利口なものは大抵高等学校の中は選手をしても大学に行けば止めるか制限をするが、私達の様に大学卒業迄も野球で騒いで居ては卒業後困りませう。私の甥は今年一高へ入りましたが体格も成績も良いから選手になれと勧誘されるかも知れませんが、若しそんな事があれば私は出掛けて行って打壊してやる考へです。


--------------------------------------------------------------------------------
 連載22回の登場人物は以下のとおりである。

連載年月日 登場人物・肩書き
1911年8月29日 新渡戸稲造一高校長
1911年8月30日 川田府立一中校長
1911年8月31日 福原文部省専門学務局長・田所普通学務局長
1911年9月1日 中村安太郎静岡中学校長
1911年9月2日 廣田金吾攻玉社中学講師・早稲田大学講師某氏
1911年9月3日 米国人某氏
1911年9月4日 永井(道明)東京高等師範教授
1911年9月5日 河野安通志早稲田大学旧選手
1911年9月6日 松見順天中学校長・寺尾熊三山梨県都留中学校長
1911年9月7日 加納日本体育会長・米国人某氏
1911年9月8日 田中道光曹洞宗第一中学校長
1911年9月9日 菊池謙二郎水戸中学校長事務取扱
1911年9月10日 中野早稲田中学幹事
1911年9月11日 ジョルダンスタンフォード大学総長・金子魁一東大医科整形外科医局長
1911年9月12日 磯部検三日本医学校幹事・古瀬安俊文部省学校衛生係嘱託
1911年9月13日 榊保三郎九州帝国医科大学医学博士
1911年9月14日 玉利[?]士鹿児島高等農林学校長・大里猪熊大阪府富田林中学校長
1911年9月15日 乃木希典学習院長・服部他助学習院野球部長
1911年9月16日 佐久間文部大臣秘書官・三好愛吉第二高等学校長
1911年9月17日 池原康造新潟医学専門学校長
1911年9月18日 江口俊博広島県立忠海中学校長
1911年9月19日 まとめのため登場人物なし
 

 のべ30人の登場人物の内訳は、国内高等教育関係者7名、中学校校長(事務取扱含む)8名、中学校教員2名、文部省・体育会関係者4名、医学関係者5名、その他4名であった。中等教育関係では、中学校関係者のみが登場し、実業系諸学校(商業学校、工業学校など)が登場していなことに留意すべきであろう。

 最終回の第22回連載(1911年9月19日)では、「全国中学校及同程度以上の学校長諸氏」に対するアンケート調査を行ったことが記されている。144通の回答を得、

・“学校の方針にて野球部の設置なきもの”38校
・“野球部あるも創立日尚浅くして未だ其利益の程度を知る能はざるもの”9校
・計47校

を除く98校の回答を分類すると、

・利害共に在り其比較程度不明(利害はともにあるが比較はできない) 11
・害ありて利なし(害があって、利はない) 9
・弊害利より更に大なり(害のほうが利より大きい) 64
・利ある者(利がある) 7
・利害を認めず(利害ともに認めない) 3

となっている(数値が合っていないが)。


--------------------------------------------------------------------------------
 このアンチ野球キャンペーンに登場するサッカー関係者は第7回(1911年9月4日)に登場する永井道明東京高等師範学校教授のみである。永井は1917年に結成する東京蹴球団初代団長、1921年に設立する大日本蹴球協会の初代理事に就任することになる。以下、永井道明の部分の全文を紹介する。

“今日の日本の野球界の状態はを見ると選手に堅忍持久の気なく、気が早く勝負に重きを置いてコセつき、弥次が下品である。東部米国大学及び英国のクリケット蹴球の競技は決して日本の如く不作法下品なるものでなくして堂々として実に礼儀正しい。 負けても失望せぬ。勝っても泣いたり笑ったりせぬ。”

とあって、新渡戸同様、野球に対する蹴球の優位が述べられている。


--------------------------------------------------------------------------------


▲運動の本旨を没却せる日本の野球
▽永井東京高等師範教授談

私は日本現在の野球に就て幾多の異議がある。総じて運動の目的は体力の養成にあらねばならぬ、即ち青年学生を疲労衰弱せしめてはならぬのだが、現在の状態では野球は面白いから学生が耽り易く、従って大切な時間を空費し、身体を疲労衰弱せしめる迄に至って居る。野球選手が学科の出来ぬのは此理由からである。

▲運動堕落の径路 精神上から云ふても昨今日本の野球は余りに勝負に重きを措き過ぎて居るから、種々の弊害がある。相手を怒らす様な拍手や弥次り方をしたり、悪口を云ったり、相手の行動を妨害する様な卑劣な行為が選手によって行はれて居る。由来選手とは沢山の運動者遊戯者中より試合の時に選ばれたるものと云ふ意味である。然るに次第に勝負に重きを置く結果、特殊家と称して或る特定の者のみが運動をし、他は見物人になると云ふ傾向を生じ、終には商売人が生じ、入場料を取って見せる様になる。特殊家及び商売人が生ずると云ふ事は、運動で青年学生の心身を鍛練すると云ふ運動本来の目的からは大なる堕落である。日本の相撲、米国の野球商売人が其好適例である。日本にも現時此悪傾向が見られて来た。

▲下劣大学の排斥 米国大学では野球選手が学生らしくあらん為に非常に苦心して居る。其為には先づ選手は七十点位以上取らなければ選手にはなれぬ。又少しでもチームが商売人らしい行動、例ば試合をして報酬を貰ふ様な事があるとか或は商売人と試合したとか云ふ事になれば、他の大学は其大学を堕落した者として試合を拒む。米国でも特に東部ななる程学生野球の風儀がよく、西部には堕落せる傾向が多い。慶應義塾が招いたり招かれたりしたウイスコンシン大学は商売人化して居るとて他の大学で試合を快諾しなかった事がある。斯の如く大学間で下劣大学を排斥した事は、私の滞米中に二三回あった。市俄高大学は中部に在る故にウイスコンシン大学よりは上品である。

▲生徒が憫然だ 日本の野球は私の実際に見た処、又は報告記事等を綜合して考へると如何にも米国西部の堕落したる野球に似て居る。日本人の直に熱狂すれば前後を忘却する欠点が日本の野球にもよく現れて居る。古来武士は堪忍を重んじて容易に刀を抜かぬ事を誇りとして居た位だが、今日の日本の野球界の状態はを見ると選手に堅忍持久の気なく、気が早く勝負に重きを置いてコセつき、弥次が下品である。東部米国大学及び英国のクリケット蹴球の競技は決して日本の如く不作法下品なるものでなくして堂々として実に礼儀正しい。負けても失望せぬ。勝っても泣いたり笑ったりせぬ。米国大学でも試合の時に入場料を取る。併し米国の法律は之を興行とは見て居らぬが、日本の法律では明かに興行であって、日本人として考へれば学生が入場料を取ることは大なる教育上の問題だ。野球を或利益の手段に利用する学校の如きに至って論外で、犠牲にさるる学生は只一言憫然だと云ひたい。

|

« 内野台嶺著『蹴球思ひ出話』全文紹介 | Main | チョウ・ディン関係資料集 »