« 関東少年蹴球大会(東京蹴球団主催 東京朝日新聞後援)の記録 | Main | HPを移転しました »

大正期におけるサッカーの中学校への普及とその日本サッカーへの影響

【目次】
はじめに
背景 大正期における中・高等教育の拡大とスポーツ
野球の過熱と問題化
伝統校における校技の転換
新設校におけるサッカーの校技化と野球部の禁止
なぜ野球に代わってサッカーが選択されたのか? パブリック・スクールへの関心
サッカーをトップダウンで校技化した校長の出身校
日本サッカーへの影響 1. 進学校のスポーツとしてのサッカー
日本サッカーへの影響 2. サッカーのカレッジ・スポーツ化と日本代表、JFA
むすびにかえて

☆ はじめに

 日本におけるサッカーは、ルーツ校東京高等師範学校において1902年頃に始まり、同校蹴球部OBによって明治時代から各地の師範学校に普及していった。 →「草創期の東京高等師範学校のサッカー 対YCAC戦と2冊の専門書」 大正時代には中学校にも普及していくのであるが、野球熱の興隆が教育問題となり、野球に代替する教育的スポーツとしてサッカーが導入されるという、おそらく諸外国にも例がないであろう大変ユニークな普及パターンであった。また、このことは日本サッカーの構造と歴史に大きな影響を与えたので、以下それについて論考したい。

☆ 背景 大正期における中・高等教育の拡大とスポーツ

 大正時代には中・高等教育進学希望者が増大し、進学競争の激化、進学浪人の増大が社会問題化した。1917(大正6)年に臨時教育会議が設置され、その答申に基づいて中・高等学校が大幅に増設されることになった。また、1918(大正7)年に帝国大学令に代わって大学令が公布され、従来の官立帝国大学以外に私立大学、単科大学の設置が公認された。

 1917(大正6)年から1926(大正15)年にかけての中学校、高等学校、大学の学校数、生徒・学生数の増加は以下のとおりである。

1917年学校数 1926年学校数 増加率 1917年生徒・学生数 1926年生徒・学生数 増加率
中学校 329 518 +57.4% 153,891 316,759 +105.8%
高等学校 8 31 +287.5% 6,584 18,107 +175.0%
大学 4 37 +825.0% 9,044 52,816 +484.0%
(出拠:文部省編『学制百年史 資料編』 帝国地方行政学会 1972)

 こうした中・高等教育人口の拡大、さらに全国的鉄道網の完成、都市交通の充実はスポーツ発展のインフラストラクチャーとなった。この時期に東京六大学野球連盟のリーグ戦、サッカーの東京コレッヂリーグ(現・関東大学サッカーリーグ)、全国中等学校優勝野球大会(現・全国高等学校野球選手権大会)、日本フートボール大会(現・全国高等学校サッカー選手権大会および全国高等学校ラグビーフットボール大会)が開始され、現在に続いている。ナショナル・スタジアムというべき明治神宮外苑競技場、明治神宮野球場、甲子園球場もこの時期に建設されている。実質的なわが国最初の商業スポーツ総合誌『運動界』(1920年創刊)、『アサヒスポーツ』(1923年創刊)が創刊されており、「読む」スポーツ人口も増加していたことがわかる。

 サッカーでは上記以外に、1922年から東京蹴球団主催の関東少年蹴球大会(小学生)、1923年から全国高等学校蹴球大会(インターハイ)が始まっており、この時期に小学校から大学まですべての教育レベルでの各種大会、リーグ戦が揃うことになる。1921(大正10)年には大日本蹴球協会が設立されている。

☆ 野球の過熱と問題化

 1911(明治44)年は野球専門誌『野球界』の創刊年であることが示すように野球が興隆した年であるが、同時に野球史上に名高い野球バッシング、『東京朝日新聞』のアンチ野球キャンペーン『野球と其害毒』が掲載され、野球熱の高まりをめぐって論議がかわされた年でもあった。『野球と其害毒』は1911年8月29日~9月19日にかけて22回連載されたが、その第1回は第一高等学校校長新渡戸稲造によるものであった。全文→「新渡戸稲造談『野球と其害毒』

 一部を抜粋すると、

“野球と云ふ遊戯は悪く云へば巾着切の遊戯、対手を常にペテンに掛けよう、計略に陥れよう、塁を盗まうなどと眼を四方八面に配り神経を鋭くしてやる遊びである。故に米人には適するが英人や独逸人には決して出来ない。彼の英国の国技たる蹴球の様に鼻が曲っても顎骨が歪むでも球に齧付いて居る様な勇剛な遊びは米人には出来ぬ。”

有名な「野球巾着切の遊戯」論であるが、直後に「英国の国技たる蹴球」が「勇剛な遊び」として評価されているのが注目される。

“此処に最も憂ふべきことは私立は勿論の事官公立の学校と雖も選手の試験に手加減することがあり得る ことである。若し一選手が落第でもしさうになると他の選手が教師の処に来て、先生実は彼の人は能く出来る人でありますけれども、試合前でしたから私等が無理に運動場へ引出しましたから出来なかったんです。先生も御承知の通り彼の人は平生出来るんですから今度の学期には勉強させますから、と懇願されると、生徒の平常を知って居る教師はつい手加減をするに至るのである。”

 『野球と其害毒』シリーズ22回には、新渡戸を先頭にのべ30人が登場するが、内訳は国内高等教育関係者7名、中学校校長(事務取扱含む)8名、中学校教員2名、文部省・体育会関係者4名、医学関係者5名、その他4名であった。アンチ野球の人物の大半は教育関係者であり、「野球問題」すなわち「教育問題」であったことを示している。要は野球に熱中するあまり、勉学を顧みなくなるということであるが、この問題は進学の心配のない高等教育機関や実業諸学校(商業学校や工業学校など)よりも、進学成績が学校評価の対象となる中学校においてより深刻であった。第1回に全国中学生の憧れの的であった第一高等学校の校長が登場しているのも、アンチ野球キャンペーンの標的を示唆しているといえよう。もっとも、このキャンペーンは大失敗に終わり、4年後の1915年には大阪朝日新聞主催の全国中等学校優勝野球大会が始まり、朝日新聞社が中学校の野球熱を大いに煽ることになるのであるが。

 明治末には校技を野球からサッカーに転換しようと試み、それに成功した中学校が実際にあった。また、大正時代に新設された中学校の中にはサッカーを校技として導入し、野球部を禁止した例も複数存在する。以下においてそれらの事例を紹介する。

☆ 伝統校における校技の転換

1. 広島一中(現・国泰寺高校)

 同校は1877(明治10)年広島県中学校として開校した広島県のみならず中国地方屈指の名門中学校である。同校野球部は1901(明治34)年松山に遠征して松山中、高松中と対戦しており、 1907(明治40)年には岡山の六高が主催した近県連合野球大会で優勝している。1915(大正4)年に始まった大阪朝日新聞主催の第1回全国中等学校優勝野球大会の予選、山陽大会では修道中、広島商を破って優勝し、山陽代表として出場している。

 ところが、1918(大正7)年校長の命により野球部の新聞社関係の対外試合を禁止され、野球部は存続するものの、その活動は沈滞していく。『広島一中国泰寺高百年史』(広島県立広島国泰寺高等学校百年史編集委員会編 母校創立百周年記念事業会 1977)はその理由として以下をあげている(p.283-285)。

a) 事故:野球部の練習を見物していた一年生に打球が当たり、死亡した。また“一九一七(大正六)年、朝日新聞山陽大会に連敗の直後、流感にかかった田辺選手が野球のウワゴトを言いながら他界したり、無理なスライディングで傷ついた森選手が一年間休学したりするなど不幸な事故が起こって”いた。

b) “「教育は生徒の人格を育成するにあって、プロ選手をつくるのではない。」という運動に対する弘瀬校長の所信”

c) 過熱した応援合戦:“本校と広島商(当時の所在地は竹屋町)は学校が近くにあったので、広島市内が二つに分かれてのけんか応援は、風俗上よくないとの判断がなされた。”

 当時の校長は1906(明治39)年~1925(大正14)年に第9代校長として在任した弘瀬時治(高知師範、東京高師卒)であった。『広島一中国泰寺高百年史』は弘瀬校長が野球に代えてサッカーを校技化した経緯を以下のように記述している。

“本校では野球に生徒が夢中になり、上級学校の進学率が低下し、学校当局を悩ませていた。弘瀬校長は蹴球を校技として奨励したいという願望をもち、一一年日本サッカーの誕生の地東京高師で蹴球部のマネージャー(役員)として活躍していた新進の教師松本寛次(数物科卒業)を懇望した。松本寛次は卒業を前にして校長との間に、本校に就職することを約束し、卒業後の四月に赴任した。この松本寛次の赴任によって蹴球部の道は開かれていくのである。”(p.232)

 松本寛次が赴任したのは1911年4月だが、同年8月29日に『東京朝日新聞』のアンチ野球キャンペーン『野球と其害毒』が始まる。『野球と其害毒』は決して事実無根ではなく、おそらく広島一中以外でも多くの中学校長が「野球問題」に苦慮していたのであろう。

 松本寛次の指導により始まった同校蹴球部は全国屈指のサッカー強豪校となる。戦前の全国中等学校蹴球大会では2回優勝しているが、同大会で優勝した内地の中学校は同校と神戸一中のみである(他は師範学校か朝鮮の中学校)。また、進学校である同校は上級学校におけるサッカーの普及に貢献し、第4代JFA会長野津謙を始めとして多くのサッカー指導者を輩出した。

2. 神戸一中(現・神戸高校)

 同校も1896(明治29)年に神戸尋常中学校として開校した兵庫県屈指の名門中学校である。同校野球部も全国的強豪で、1919(大正8)年の第5回全国中等学校優勝野球大会には兵庫県代表として出場し、優勝している。従って野球部でレギュラーになると猛練習があり、進級・進学に差し支えた。広島一中では校長が「上から」野球に代えてサッカーを導入したが、神戸一中では生徒が「下から」自主的にサッカーを選択した。 『神戸一中蹴球史』(神中蹴球倶楽部,1937)の「座談会」で同校蹴球部OBで1917(大正6)年度主将の範多龍平は次のように述べている。

“範多氏:選手はフットボールの好きな者が寄り集ることに依ってチームが作製された。従って野球もやればフットボールもやるといふ者が多く、中には野球の選手として是非共出場せねばならぬ程の者もあった(久保田等は其の一人である)。部員の中には当時の野球部は実に旺盛で練習が辛く、勉強も出来ない程なので、堪へ兼ねてフリーな蹴球をやらうと云ふ者が多かった。従て部の気分は爽かでよく気が合ひ、互に文句など起らず非常に愉快な部であった。”(p.162)

 同校蹴球部は1913(大正2)年創立。野球部から枝分かれして誕生した。初期の部員は御影師範附属小学校OBがほとんどをしめていた。小学校でサッカーの競技経験があったので、野球に代えてサッカーを選択することができたのである。同好会気分で「フリーな蹴球」を始めたので、当初は当時サッカーの全国的強豪であった御影師範には歯がたたなかった。 1923(大正12)年にビルマ人留学生チョ―・ディンの指導を受けてショートパス戦術とそれに必要な技術を会得し、1924(大正13)年の日本フートボール大会(この年までは実質的には近畿大会)に優勝している。その後中だるみがあったが、1932(昭和7)年に東京高等師範学校蹴球部OBの河本春男を指導者として招へいし、全国的強豪として中等サッカー界に君臨することになる。戦前の全国中等学校蹴球大会では4回優勝しているが、同大会で優勝した内地の中学校は同校と広島一中のみである(他は師範学校か朝鮮の中学校)。→参照:「ボトム・アップでレベル・アップした戦前の日本サッカー

 この時期の同校校長は1924(大正13)年~1945(昭和20)年に第2代校長として在任した池田多助(神戸一中、広島高師、京大文卒)であった。池田は草創期の同校野球部OBであったが、校長としては野球よりもサッカーに肩入れし、蹴球部再建のために河本春男を体育教師として採用する人事を行っている。

☆ 新設校におけるサッカーの校技化と野球部の禁止

 前項で示したように、広島一中第9代校長弘瀬時治は在任19年、神戸一中校長第2代校長池田多助は在任21年で、東京高師蹴球部OBの松本寛次と河本春男をサッカーの指導者として採用している。戦前の中学校長は、在任期間が長く、自校の教師の人事権など強力な権限を持ち、「校風」をトップダウンで自分色に染めることができたようである。大正時代には国策として多くの中学校が新設されたが、新設校の初代校長は自身の信念を存分に実行することができた。新設校の中には伝統校で問題化していた野球部を禁止し、サッカーを校技として採用したものがある。以下、その事例を紹介する。

1. 刈谷中(現・刈谷高校)

 刈谷中は1919(大正8)年愛知県立第八中学校として創立、初代校長は東大文学部で西洋史(英国史)を専攻した羽生隆であった。 同校公式HPの「イ-トン校との国際交流」には以下の記述がある。

“刈谷高校は大正8年(1919年)、愛知県における旧制中学の一つとして創立された男子校であった。東京大学で西洋史を専攻した初代校長羽生隆先生は、刈谷高校創設の際、イートン校をそのモデル校とし、当時この愛知県でとても盛んであった野球を禁止し、生徒にサッカーを奨励したと言う。また、当時としては他に例のないことだが学内に寮を建築した。その寮の跡を示す石碑が今も北門入って右側の自転車置き場の奥にある。「イ-トンに学べ、東海のイ-トンとなれ」という初代校長の創立の心を交流という形に具体化したのは、昭和63年(1988年)の刈谷高校創立70周年記念行事であった。イートン校サッカー部、柔道部を刈谷高校へ招待することから、創立当時の夢であったイートンと刈谷の交流が始まったのである。”

 羽生校長は同校のモデルを英国のパブリック・スクール、イートン校とし、パブリック・スクール由来のサッカーを校技として導入し、野球部を禁止した。蹴球部の実質的 指導者は同校第4代校長となる高橋英治(東京高師1914年卒、子息に日本代表選手、監督で同中OBの高橋英辰がいる)であった。同中蹴球部の創部は1922(大正11)年、選手権の優勝こそないものの、全国大会で好成績を残し、ユニークなユニフォーム、「刈谷の赤ダスキ」として全国にその名を知らしめた。

2. 志太中(現・藤枝東高校)

 志太中は1924(大正13)年創立、初代校長は東京高師1909年卒の錦織兵三郎だった。『静岡県教育史. 通史篇 下巻』(編集:静岡県立教育研修所 静岡県教育史刊行会 1973)に以下の記述がある。

“志太中学は大正十三年創立されると、まもなく蹴球を校技とした。校長錦織兵三郎は「運動競技の目的は体育の振興と精神作興の二方面である。時間浪費が少なく比較的短時間にその目的を達成するものが望ましいので、当時行われていた競技・庭球・野球の長短を厳に考慮したうえ、特に精神作興をバックとしながら運動量・男性的進取の気性・連帯共同性および未発達競技の将来性への期待からサッカーを校技として奨励した」と述べている。通学時にも全校生徒に蹴球靴をはかせ一〇のチームを作って盛んに練習をおこなわせたといわれる。また当時野球熱がすざまじく町議員の野球部創設働きかけをしりぞけたため校長は転勤されたといわれている。大正時代この学校の一卒業生の回顧によれば、草刈・整地・植樹・プール造り等、毎日鎌・鍬をもっての登校であったという。”(p.99)

蹴球部の創立は1926(大正15)年、錦織校長は蹴球部の指導者として浜松師範蹴球部の指導者だった山口秀三郎を招へいしている。“また当時野球熱がすざまじく町議員の野球部創設働きかけをしりぞけたため校長は転勤されたといわれている。”とあるが、その件については、同中5回生の石川二郎が「錦織先生とサッカー」 『藤枝東高五十年史』(静岡県立藤枝東高等学校/編 藤枝東高等学校創立50周年記念事業実行委員会 1974)所収、で以下のように述べている。

“志太中の思い出は、やはり錦織先生と蹴球から始まる。"新興の意気""精力集中"を説かれたお顔や、一緒に作業をされたお姿がなつかしく思い出される。全校生徒の毎週の反省禄に眼を通され感想を記入されたことは、大変な御努力ではなかったかと思う。
 先生は私たちが3年生の9月に伊豆の中学に突然御転任になったが、その理由が蹴球だけやって野球をしなかったことに対する地元有力者の反対によるものだということで、僕らは憤慨した。次の石井校長の野球のすすめはおだやかだったが、全生徒によって拒まれた。
 5年生の時のサッカーの主将は松永行君で、全国大会では決勝までいって惜敗した。担任の稲葉先生が教室で「松永がかわいそうだ」と言われてハンカチで涙を抑えられた光景は、今も記憶に鮮やかである。松永君は東京高師に進学、昭和11年のベルリンオリンピックに出場し貴重な得点をあげ名選手の誉を高めたが、惜しくも大東亜戦争の花と散った。(日本学校給食会常務理事)”(p.109)

 当時人気のあった野球部を禁止することは容易ではなかったようであるが、生徒も不承不承サッカーをしていたのではなく、次の校長の野球のすすめを断っている。野球部があると学外者が学内に介入してくるのも、野球部を禁止した理由のひとつかもしれない。

 同校の創部10年後のベルリン・オリンピックには同校OBが2名代表入りしており、ベルリンの奇跡といわれた対スウェーデン戦では同校OBの松永行が決勝ゴールを決めている。同校のサッカーは藤枝市を「サッカーの町」とし、サッカー王国静岡、さらに日本サッカーを牽引して今日に至っている。日本が世界大会に初出場した 1936年ベルリン・オリンピック、銅メダルを獲得した1968年メキシコ・オリンピック、ワールドカップ初出場した 1998年ワールドカップフランス大会(ワールドカップ初ゴールも)、16強に進出した2002年ワールドカップ日韓大会、そして2010年ワールドカップ南アフリカ大会の各代表に同校OBがいることは、日本サッカー界における同校の傑出した地位を示しているといえよう。

3. 湘南中(現・湘南高校)

 湘南中の創立は1921(大正10)年、初代校長は東京高師1900年卒の赤木愛太郎。『湘南サッカー半世紀を経て 岩淵二郎追悼記念』(湘南サッカー部OB会編 湘南サッカー部OB会 1981)所収の「小史」 に以下の記述がある。

“湘南中学校は大正10年(1921年)の創立であって、当初から校友会には蹴球部を置くことに定められておった。初代校長赤木愛太郎氏の方針は、野球を禁止し、サッカーを校技とするということであった。校庭にゴールポストが立ったのは大正12年秋。翌13年には、当時東京カレッヂリーグの覇者高等師範の主将、後藤基胤氏が赴任され部長として指導を受けることができ倖せなスタートであった。氏の先見性ある気風はその後長く跡を引いた。
 全校チームが結成されたのは大正14年、・・・”

 蹴球部は1925年創部、指導者の後藤基胤は東京高師OBで、日本代表初のアウェー戦、1921年第5回極東大会の日本代表であった。

4. 東京府立五中(現・小石川高校)

 東京府立五中は1919(大正8)年創立、初代校長は東京高師1905年卒の伊藤長七。伊藤校長は『東京朝日新聞』における新聞連載をまとめた教育評論『現代教育観』(同文館 1912)という著作のある、大正自由教育を公立中学校で実践した教育界の著名人であった。伊藤自身は英語専攻であったが、実験室の設置など理数教育に重点を置いた。公立中学であるが、背広にネクタイという異色の制服を定めている。野球部を禁止(現在でも小石川高校には硬式野球部は存在しない)し、蹴球部は1924(大正13)年創部で、指導者は東京高師OBの吉木利光であった。

 同校蹴球部からは、1936年のベルリン・オリンピック代表には主将の竹内悌三をはじめ3名を送り、戦後もJFA第9代会長の岡野俊一郎など多くのサッカー指導者を輩出している。

☆ なぜ野球に代わってサッカーが選択されたのか? パブリック・スクールへの関心

 野球に代えてサッカーを校技に転換した伝統校と最初から野球部を禁止し、サッカーを校技にした新設校の事例を示したが、なぜ野球に代わる競技としてサッカーが選択されたのかという点を考察してみたい。

 明治から大正にかけて日英は同盟関係にあり、当時の覇権国家英国はさまざまの点で日本のモデルであった。中等教育もその例にもれず、学齢と進学校であるという点で共通点のある中学校関係者のパブリック・スクールへの関心は高かったようである。刈谷中の羽生隆校長のように、イートン校をモデルに学校を創立した例もある。神戸一中の池田多助校長は、1925(大正14)年校長在任のままパブリック・スクール研究を目的として英国留学し、実際にパブリック・スクールに起居してパブリック・スクール教育を学んでいる。『広島一中国泰寺高百年史』には「弘瀬校長語録」というコラム中に以下の記述があり、弘瀬校長がイートン校を意識していたことがわかる。

“ナポレオンをウォータールーの戦いで破った英国のウェリントン候がイギリスに凱旋した時、母校イートン(英国の名門校)を訪れ、「ウォータールーの勝利の原因は実にこのイートンの運動場にある」(わが中学校に学ぶ者が次代の日本を背負うて立つ者だとの信念があったという)”(p.195)

東京府立五中OBで文芸春秋社の名編集者・同社社長であった池島信平は「伊藤長七(折り折りの人<7>)」(『朝日新聞』1967年10月24日夕刊収載)で、制服を背広とネクタイに定めた伊藤校長を以下のように回想している。

“校長の口ぐせは「かの英国のイートン校においては・・・・」
 このイートン校が時どき、ハーロウ校になったり、ラグビー校になるが、要するに英国の名門校の校風にならって、服装からまず「紳士」としての自覚と誇りを持てというわけである。
 「諸君は若年といえどもジェントルマンである。故にわが府立五中は紳士の学園である・・・・・」”

 トーマス・ヒューズ(Thomas Hughes)のラグビー校における自伝的学園小説『トム・ブラウンの学校生活(Tom Brown's school days)』の日本における戦前の出版は以下のとおりである。

1) 『Tom Brown's school days at Rugby. : Adapted to Japanese students』 Kobunsha, 1899.
2) 『英国学校生活 : 一名・英国学生気質』岡本鶴松(九皐),村山具政訳 九皐社 1903-4.
3) 『トムブラウンラグビー在校記』橘永生訳 北文館 1912.
4) 『英国の青年』橘永生訳 敬文堂書店 1913.
5) 『Tom Brown's school days at Rugby』 Kobunsha, 1922. (The Kobunsha series for higher schools ; shelf 2, no. 4)
6) 『英國青年物語』橘永生訳述 早稲田図書出版協会, 1922.
7) 『トム・ブラウンの学校時代』時野谷貞訳 文教書院 1925.

原書の方は日本の大学図書館の総合目録Webcat Plusにはさまざまの版が収録されているが、最も所蔵館数が多いのは 1906年刊のJ.M. Dent & Sons, E.P. Dutton版で、62館が所蔵している。日本でサッカーが始まったころから、中学校にサッカーが普及しだした大正時代にかけて、『トム・ブラウンの学校生活』がさかんに読まれたであろうことが推測できる。

 しかし、『トム・ブラウンの学校生活』の影響でパブリック・スクールがモデル化されたとすれば、モデル校はラグビー校でなければならないはずである。刈谷中のようにイートン校をモデルとした学校があったのは、広島一中の「弘瀬校長語録」にもあるような“ウォータールーの戦いはイートンの運動場で勝った(The Battle of Waterloo was won on the playing fields of Eton.)”というウェリントン公爵が述べたことになっている引用句の影響かもしれない。 →参照:「ウォータールーの戦いはイートンの運動場で勝った

 イートン校は1870年代にはイングランド有数のサッカーの強豪で、The FA Cup Archive によれば、FAカップが始まってから最初の11年間、1871-72年度~1881-82年度に、同校のOBクラブOld Etoniansは優勝2回、準優勝3回している。

☆ サッカーをトップダウンで校技化した校長の出身校

 上記6校の事例のうち、御影師範附属小学校OBが自発的に野球に代えてサッカーを選択した神戸一中を除いて、5校は校長がトップダウンでサッカーを校技化している。サッカーを校技化するには、サッカーという競技を理解しているだけでなく、誰がサッカーを指導できるかを知り、その者を自校のサッカー指導者として教員に採用しなければならない。5校のうち、4校の校長は東京高師OBであるが、日本サッカーのルーツ校であり、中等教員の養成機関であった東京高師OBが多数をしめたのは当然といえよう。以下は校長のトップダウンでサッカーを校技化した5校の校長とサッカー指導者の出身校一覧である。

学校名 校長 校長の出身校 東京高師の卒業年次 サッカー指導者 サッカー指導者の出身校
広島一中 弘瀬時治    東京高師 1890年 松本寛次 東京高師
刈谷中 羽生隆 東大    高橋英治 東京高師
志太中 錦織兵三郎 東京高師 1909年 山口秀三郎 ?
湘南中 赤木愛太郎 東京高師    1900年 後藤基胤 東京高師
東京府立五中 伊藤長七 東京高師 1905年 吉木利光 東京高師
 

 東京高師OBの4名の校長のうち、広島一中の弘瀬と湘南中の赤木は東京高師でサッカーが始まる前に卒業している。東京府立五中の伊藤は1905年卒、東京高師でサッカー(アソシエーション・フットボール)を始めた中村覚之助の1年後輩にあたり、日本人最初のサッカー試合、1904年の東京高師対YCAC戦時に在学していた。伊藤は英語専攻であり、1904~1906年に英語教師として勤務し、サッカーを指導したWalter Augustus de Havillandとも交流があったと考えられる。De Havilland はケンブリッジ大修士の学位をもつ英国紳士であり、伊藤は在学中に「紳士のスポーツとしてのサッカー」を印象づけられたのかもしれない。志太中の錦織は 1909年卒で、1908年の対YCAC戦初勝利(於東京高師グラウンド)時に在学していた。豊島師範にサッカーを伝え、1921年の大日本蹴球協会の設立に貢献した内野台嶺、御影師範にサッカーを伝えた玉井幸助、滋賀師範にサッカーを伝えた落合秀保は同期であり、錦織も在学中にサッカーを知ったはずである。大正期にサッカーを校技化した校長たちの一部は、日本サッカーの黎明期に東京高師に在学していたのである。

 東京高師が、師範学校・中学校のサッカー指導者だけでなく、サッカーを校技化した校長たちも輩出した事実は、日本サッカー史において特記されてよいであろう。

☆ 日本サッカーへの影響 1. 進学校のスポーツとしてのサッカー

 戦前の中等教育レベルでは、東京高師蹴球部OBが普及させた師範学校、野球熱の興隆が進学成績に悪影響を及ぼすことを懸念し、パブリック・スクールと親和性のあった一部の中学校(進学校)にのみ普及し、実業系学校にはそれほど普及しなかった。野球が商業学校(松山商、広島商、中京商など)、ラグビーが工業学校(秋田工など)に普及し、全国的名門校として知られてきたのと対照的であった。すでに述べたように、戦前の全国中等学校蹴球大会で優勝した内地の中学校は神戸一中(4回)と広島一中(2回)のみで、他は師範学校か朝鮮の中学校であった。

 『蹴球年鑑 1932年版』収載「昭和七年度加盟チーム調一覧」における中等学校と朝日新聞社編『全国高等学校野球選手権大会史』(朝日新聞社 1958)における第18回全国中等学校野球優勝大会(1932年)予選出場校(p.273-284)で1932年度に蹴球部、野球部があった中等教育レベルの学校を調べることができる。また、 サッカーが地域予選を行う「全国選手権」化してから戦争のために中断するまでの、第9回~第22回全国中等学校蹴球大会(1926.1~1940.8)出場校とそれに対応する第11回~第25回全国中等学校優勝野球大会(1925.8~1939.8)出場校、上位校の校種別分布は以下のとおりである。単純に計算すれば、1932年時点における中等教育レベルでは、野球はサッカーの3.6倍普及していたことになる。

1932(昭和7)年の大日本蹴球協会登録中等学校と第18回全国中等学校野球優勝大会(1932年)予選出場校の校種別分布
登録・予選参加中等学校数 中学校+師範学校数 比率 実業系学校数 比率
サッカー 183 147 80.3% 36 19.7%
野球 663 419 63.2% 244 36.8%


全国大会全出場校の校種別分布
出場校数 中学校+師範学校数 比率 実業系学校数 比率
サッカー 165 148 89.7% 17 10.3%
野球 329 168 51.1% 161 48.9%


全国大会ベスト8の校種別分布
中学校+師範学校数 比率 実業系学校数 比率
サッカー 103 92.0% 9 8.0%
野球 59 49.2% 61 50.8%


全国大会ベスト4の校種別分布
中学校+師範学校数 比率 実業系学校数 比率
サッカー 50 89.3% 6 10.7%
野球 26 43.3% 34 56.7%


全国大会決勝出場校の校種別分布
中学校+師範学校数 比率 実業系学校数 比率
サッカー 27 96.4% 1 3.6%
野球 9 30.0% 21 70.0%


 全国大会優勝校の校種別分布
中学校+師範学校数 比率 実業系学校数 比率
サッカー 14 100% 0 0%
野球 4 26.7% 11 73.3%


サッカーでは、協会登録校レベルでも全国大会出場校レベルでも、中学校・師範学校が実業系学校を圧倒しているのに対し、野球では、全国大会予選出場校レベルでもサッカーよりも実業系学校に普及し、全国大会、特にその上位校レベルでは実業系学校(商業学校)が中学校を圧倒していたといえる。また、全国大会出場中学校をさらに詳細に分析すれば、野球における全国大会上位進出中学校には広陵中や平安中などの非進学校系私立中学が含まれており、神戸一中や広島一中のような進学校を頂点とするサッカーとはかなり異なる。 →参照:「戦前におけるサッカーと野球の中等教育への普及度

 戦後、師範学校が大学昇格し、朝鮮が独立すると、「進学校のスポーツとしてのサッカー」はより純化することになる。1948年から始まる全国高等学校蹴球選手権大会の10年間の優勝校、準優勝校は以下のとおりである。

年 優勝校 準優勝校
1948年 鯉城(国泰寺) 上野北
1949年 府池田 宇都宮   
1950年 宇都宮 小田原
1951年 県浦和 三国丘   
1952年 修道 韮崎
1953年 東千田(広大附)・岸和田    (両校優勝)
1954年 県浦和 刈谷   
1955年 県浦和 秋田商
1956年 浦和西 日立一   
1957年 秋田商 刈谷
 

 のべ20校のうち、実業系高校は秋田商のみであり、他は普通科進学校である。大正期に始まった「進学校のスポーツとしてのサッカー」は、戦後サッカーが普及して非進学校の普通科高や実業高が台頭するまで、長期にわたって続くことになる。

☆ 日本サッカーへの影響 2. サッカーのカレッジ・スポーツ化と日本代表、JFA

 進学校でサッカーを始めた中学生は進学先の高校・大学予科、さらに大学でもサッカーを続ける。明治30年代に一高、早慶が覇を競った野球と異なり、サッカーは1920年代に中学校蹴球部OBによって大学に普及した。→参照:「ボトム・アップでレベル・アップした戦前の日本サッカー」 日本代表の構成も1920年代前半と後半では変化する。1920年代前半の極東大会日本代表には、青山師範、豊島師範、御影師範OBが含まれているが、極東大会初勝利した1927年第8回極東大会の日本代表は全員中学校OBの大学生(高校生、大学予科生含む)かそのOBとなっている。卒業後、小学校教員として就職しなければならなかった師範学校OBはサッカー選手としての成長に限界があり、進学先でよりハイレベルなサッカーを経験できた中学校OBの敵ではなくなる。

 1927年以降、ベルリン・オリンピックまで、戦前の日本代表は大学生とそのOBの独占状態となる。ちなみに、1936年ベルリン・オリンピック日本代表16名の学校別内訳は、早大10名、東大3名、慶大1名、東京文理大(旧・東京高師)1名で、他は朝鮮から選抜された金容植だった。この構造は戦後も長く続く。1968年メキシコ・オリンピック日本代表18名のうち、16名は大学卒であり、高卒は宮本輝紀(山陽高→八幡製鉄)と富沢清司(藤枝東高→八幡製鉄)の2名のみであった。1960年代以降、日本サッカーの中心は大学から実業団に移行していわゆる企業アマ化し、1965年には日本サッカーリーグ(JSL)が始まるが、JSLの選手も大学OBが主力をしめた。 JSLを構成したのは丸の内御三家といわれた古河電工、三菱重工、日立製作所や、マツダ(東洋工業)やトヨタのような日本を代表するメーカー系大企業であった。サッカーの強豪高校は進学校が多かったので、もともと進学志向が強かった上に、現役引退後の処遇を考慮した選手は、高卒でJSL入りするよりも、まず大学卒の学歴を入手することを優先したのである。企業側にとっても、てっとり早くサッカー部を強化するには、高卒の選手を育成するより、即戦力の大学卒をスカウトする方が都合がよかったのであろう。しかし、ユース代表クラスの有望選手が、選手として伸び盛りの20歳前後の4年間をトップ・リーグのJSLではなく、二流化した大学リーグで時間を「空費」する問題は、1970年代から1980年代にかけて日本代表が低迷した構造的要因のひとつであった。

世界大会出場日本代表登録選手中の大学生・大学OB比率

大会名 比率
1936年ベルリン五輪 15/16=93.8%
1956年メルボルン五輪 16/17=94.1%
1964年東京五輪 16/19=84.2%
1968年メキシコ五輪 16/18=88.9%
1998年ワールドカップ・フランス大会 9/22=40.9%
2002年ワールドカップ日韓大会 2/23=8.7%
2006年ワールドカップ・ドイツ大会 2/23=8.7%
2010年ワールドカップ・南アフリカ大会 3/23=13.0%


 こうした傾向はアマチュア時代を通して続くが、Jリーグが発足し、プロ化すると日本代表の構成は激的に変化する。ユース代表に選抜されるようなタレントは、大学を経由せず、クラブユースや高校から直接プロ入りするようになる。プロ化して10年目の2002年ワールドカップ日韓大会の日本代表23名中、大学卒(大学サッカー部OB)は秋田豊(愛知高→愛知学院大)と中山雅史(藤枝東高→筑波大)の2名のみになる。 Jリーグの発足による実業団のクラブ化は、上記日本サッカーの構造的問題点を解決し、1990年代以降の日本サッカーの飛躍を導いた「構造改革」であったといえよう。 →参照:「世界大会・同予選における日本代表登録選手中の大学生・大学(サッカー部)OB比率

一方、大日本蹴球協会で師範系OBに代わって大学OBが主導権を握るのは1929年の理事改選であり、同年にはFIFAに加入している。1931年には、早稲田大学ア式蹴球部の創設者であり、 1929年の理事改選を主導した鈴木重義(東京高師附中→早大)が協会の事務方トップ(当時会長は名誉職)の主事に就任している。 1902年生の鈴木は29歳で協会の事実上のトップになっている。鈴木はまた、28歳で1930年極東大会日本代表監督、34歳で 1936年ベルリン・オリンピック日本代表監督も務めている。大学への普及が遅かったサッカーでは、野球における早稲田の飛田穂洲(1886年生)や慶應の腰本寿(1884年生)のような大学OBの指導者がストックされていなかったので、大学OB第一世代が若くしてサッカー界の指導者となった。

 以後、進学校、大学OBによる協会主導はアマチュア時代を通して変わることなく、プロ化後の現在にいたるまで続いている。サッカー・プロパー(名誉職でない)のJFA会長の学歴は以下のとおりである。

会長 代数 学歴
野津謙 4代 広島一中→一高→東大
長沼健    8代 広大附高→関学大→中大
岡野俊一郎 9代 小石川高→東大
川淵三郎    10代 三国丘高→早大
犬飼基昭 11代 県浦和高→慶大
小倉純二 12代 都立西高→早大


☆ むすびにかえて

 上記においてサッカーは野球と比較して実業学校に普及しなかったことを指摘し、その理由として進学校が問題化した野球に代わる競技としてサッカーを積極的に導入した事例を紹介した。もうひとつの理由として、当時中等学校でサッカーを指導できたのは高等師範学校卒業生であったが、東京高等師範学校卒業生は実業学校にほとんど就職していないことによるとも考えられる。「東京高等師範学校1911(明治44)年卒業生の1921(大正10)年現在の就職先」で調査したところ、東京高等師範学校卒業後10年で、中等学校に在職しているもののうち、約95%は師範学校、女子師範学校、中学校、高等女学校に在職しており、実業学校に在職しているものは 5%にすぎなかった。 東京高等師範学校卒業生は何らかの理由で実業学校への就職を忌避していたようであり、そのことがサッカーが実業学校に普及しなかった理由のひとつでありえよう。

 昭和期には社会人(実業団)にもサッカーが普及していくが、ここでも進学校OBが大きな役割を果たしている。東洋工業にサッカー部(現・サンフレッチェ広島)を創部したのは、後にマツダ社長となる山崎芳樹(広島一中→広島高等工業)、三菱重工にサッカー部(現・浦和レッドダイヤモンズ)を創部したのは後に三菱自工会長となる 岡野良定(広島一中→広島高校→京大)であった。 1965年に発足する日本サッカーリーグには日本を代表するようなメーカー系大企業が顔を揃えているが、工場労働者が主体となったわけではない。俗に「丸の内御三家」といわれるように、社会人(実業団)にサッカーが普及したといっても、その主体となったのは本社勤務のホワイトカラーであった。

 1968年メキシコ・オリンピック代表がFIFAフェアプレー賞を受賞しているように、かつてフェアプレーは日本サッカーの美点のひとつであった。 サッカーが「巾着切の遊戯」に代わる、エリートにふさわしい教育的競技として中学校に導入され、大学に普及したという歴史的背景も、フェアプレーの伝統を形成した要因であろう。日本サッカーの欠点として「マリーシアの欠如」があげられるようになったことは、サッカーがエリートのスポーツから大衆のスポーツとなったことを象徴しているのかもしれない。

|

« 関東少年蹴球大会(東京蹴球団主催 東京朝日新聞後援)の記録 | Main | HPを移転しました »