« 日本最初のサッカー・リーグ、日本へのFAカップ寄贈、大日本蹴球協会の創立 | Main | 草創期の東京高等師範学校のサッカー 対YCAC戦と2冊の専門書 »

最初の日本代表の出身校

日本代表最初の国際試合1917年第3回極東大会対中華民国戦の出場メンバーは全員東京高等師範学校蹴球部員で、出身校は以下のとおり。右は1921年時点での就職先。

富田玄弥 荘内中 新潟長岡女師教諭
芳賀剛吉 荘内中 東京火災保険会社員
武井群嗣 群馬師範 内務省衛生局在勤
吉木幸三郎 滋賀師範 大阪精華尋小教諭
竹内広三郎 滋賀師範 愛知一中教諭
上山熊之助 滋賀師範 三重師教諭
渡辺敏綱 相馬中 神奈川一横浜中教諭
佐々木等 福島師範 東京高師訓導
大久保準一 姫路師範 奈良女師教諭附属小主事
大杉謹一 豊島師範 本校専攻科生
藤井春吉 滋賀師範 京都帝大理学部学生(北村に改姓)

 主将の竹内広三郎を始めとして滋賀師範OBが4名、荘内中OBが2名、師範学校OB8名に対して中学校OB3名。

 滋賀師範には1909年(明治42年)東京高等師範学校を卒業して滋賀師範に赴任した落合秀保(我が国で2番目に古いサッカー専門書『フットボール』の編者)がサッカーを伝え、同書の共著者の一人新帯国太郎も1912年(明治45年)同校に赴任している。

 1913(大正2)年荘内中学を卒業した文化勲章受賞者、ドイツ語・ドイツ文学の相良守峯は「サッカーの旅」(『山形県サッカー協会四十年誌』山形県サッカー協会,1988 p.10-11)で大正初期の同中サッカーを以下のように回想している。

“・・・ところでその時代、東京以北でサッカー部を置いている中学校は他には1校もなかったので、我々は躍起になって仙台一中に試合を挑んで、先方からも喜んでそれに応戦することになり、こうして或る夕べ、健気な旅装を調えて、2、3人連れで旅路に昇った。

 というと、一体どんな旅路に昇ったのかと言いますと、当時はまだ田舎町であった鶴岡には汽車などいうものは開通していないし、さりとて人力車を駆り立てるほどの勢いもなかったので、我々はひたすら徒歩でテクテク、先ずは最上川の畔からその河上に沿うて上流へ上流へと14里の道をウンウン唸りながら、新庄のあたりへ徒歩の道を遡りゆき、ここで漸く汽車という文明の利器を捉えて仙台までひと走り。夕方から翌朝まで熟睡したのち、翌る日は仙台一中の敵軍を迎えて大いに戦ったが、ここに読者諸君に一言申したいことは、敵軍は一人ずつ勇ましい運動靴であったのに、わが庄内軍の脚がまえは全くの裸足であったことである。素裸足と、逞ましい兵隊靴とどちらが強いかは一目で判明していることであり、両軍の応援隊も敵軍は当方に対して「やあい素裸足!」と唱えるし、庄内軍は敵に対して「兵隊靴、やあい!」と弥次っていたのに、素裸足の方が強かったのは面白い結果であった。当方が3対1で勝ったからである。・・・”

荘内中学の「裸足」については、1917年結成の東京蹴球団を回顧した原島好文著『ソッカー十年の思ひ出』にも、

“修学旅行で上京した山梨師範や庄内中学を迎へたり、修学旅行の徒次奈良師範と戦ったこともあった。”

“庄内中学の諸君が試合当日に白熱といふ時皆足袋を脱いで跣足になって了ふのには当時に於ても私どもは吃驚しちゃった。”

という記述があって、大正蹴球界で「裸足の荘内」として鳴らしていたようだ。

|

« 日本最初のサッカー・リーグ、日本へのFAカップ寄贈、大日本蹴球協会の創立 | Main | 草創期の東京高等師範学校のサッカー 対YCAC戦と2冊の専門書 »