« 第6回スウェーデン大会(1958年) | Main | 第8回イングランド大会(1966年) »

第7回チリ大会(1962年)

「日本1点差で敗れる 世界選手権予選 第二戦の奮起期待」
『サッカー』 no.9 1961.8 p.14-15

--------------------------------------------------------------------------------

工藤孝一 「体力と気力の充実を 欧州遠征の効果はあった」
『サッカー』 no.9 1961.8 p.15-18

度ぎもを抜く歓迎 強く激しい韓国 日本はスタミナ不足 第二戦雪辱の方策 日韓親善の役果す


--------------------------------------------------------------------------------

高橋英辰 「日韓戦の反省から」
『サッカー』 no.12 1961.8 p.10-12

弁解は無用だが... 不良学生、不良社員になれ 正確な基礎技術を グラウンドとボール


--------------------------------------------------------------------------------

「日本韓国に敗れる 世界選手権予選第二戦」
『サッカー』 no.12 1961.8 p.10-12

--------------------------------------------------------------------------------

「見てきたワールド・カップ」
『サッカー』 no.23 1962.9 p.13

日本からJFA会長野津謙、FIFA理事市田左右一がFIFA総会に出席し、市田は大会のマッチ・コミッサリーも務めている。1964年総会をオリンピックが開催される東京で行うことを決定した。本記事は野津とのインタビューをまとめたもの。
最初の小見出しは「野津会長に聞く世界のサッカー」。野津は大会に先駆けて開催された国際スポーツ医学会(野津の本職はは医師)にも出席。FIFA総会の概略を語ったうえで、大規模なW杯は東京オリンピックの参考になると述べている。
2番目は「各国チームの印象」。野津は5月30日から10試合観戦した。ブラジル、ハンガリー、西ドイツに言及しており、特にハンガリーについては、「ペナルティエリア付近からゴールへ押しよせるスピードとたくましさのすばらしいこと。それが連続してできるんですね。」と絶賛している。
3番目は「大差ない欧州と南米」。「欧州の一流チームがほとんど毎年南米に遠征して南米の個人プレーをとり入れようと努力し、逆に南米も欧州のスタイルをとり入れて、おたがいにいいところをとり合って勉強しているので、いまや欧州も南米もあまりかけ離れたところはなくなってきたように思います。」と述べている。
4番目は「問題でない体格の差」。体格よりもスピード、バネ、耐久力を鍛えること、コーチングの重要性を指摘している。
5番目は「強みはクラブの組織」。1930年代にイギリスのクラブ組織を学んで以来発展しただチリのクラブ組織について述べている。
6番目は「チリの国内情勢」。チリが貧富の差がはげしい社会であり、優勝候補の一角だったソ連について、「しかしソビエトが優勝したら大変だったという人がいますよ。一挙にソ連ブームが来て、革命が起るんじゃないか、というわけです。...チリがソビエトを破ったことは政治的にも意義深いことで、現政権が命をながらえたという人もいるほどですよ。」と、チリ社会におけるサッカーの政治的重要性に言及している。
7番目は「国をあげての大会」。大会会場の概況、地元の熱狂ぶり、入場料、ホテル、ペレが「神さま」視されていたことなど。
8番目は「日系二世のレフリー」。日系ペルー人のヤマザキ審判、「三十五、六のハンサムな実に立派なレフリーをする人です。日本人でもサッカーで世界一流になれるという標本みたいな人ですね」と絶賛している。ただしこの審判は1970年メキシコ大会準決勝、W杯史上に残る死闘となったイタリア対西ドイツの主審を務めたが、ベッケンバウアーは自伝『わたしにライバルはいない ベッケンバウアー自伝』(講談社,1976)でこの人物を酷評している。
最後は「コーチの育成が急務」。代表の強化に関して、「ただ問題はコーチですね。外国はコーチングの方法が進んでいます。片手間ではダメで、プロフェッサー・クラスの人で、三カ国語ぐらい言葉のできる博識の人格者が必要ですね。日本のコーチは今までお粗末でしたよ。コーチの問題を何んとかしなければならないのが目下の急務でしょうね。」と最後を締めくくっている。


--------------------------------------------------------------------------------

「ワールド・カップ総まくり」
『サッカー』 no.23 1962.9 p.9-25

前書きは以下のとおり。

 サッカーの世界選手権、第七回ワールド・カップは五月三十日から六月十七日まで南米のチリで開かれた。以下は英文の新聞などに掲載された大会のもようを翻訳したものである。大会からの外電は莫大な量で、これはもちろん全部ではないし、公式記録ではなく新聞報道だから多少の誤りはあるかも知れないが、これによって世界最大の人気を集めるスポーツ大会のふんい気や水準をうかがうことができればと思う。

「予選」 二年がかりで91試合 「前景気」 「五月三十日(水)」 大統領が開会宣言 出足好調の南米勢 「五月三十一日(木)」 早くも荒れ模様 「六月一日(金)」 荒い試合に警告 「六月二日(土)」 チリ対イタリアで乱闘 「六月三日(日)」 目ざましいハンガリー 「六月四日(月)」 興奮剤使用が問題化 「六月五日(火)」 ラウス会長の要望 生まれる自制の空気 「六月六日(水)」 新人アマリリドの活躍 「六月七日(木)」 ベスト8出そろう 「六月八日(金)」 準決勝の会場を変更 「六月九日(土)」 準々決勝の下馬評 「六月十日(日)」 西欧勢は姿消す 「六月十一日(月)」 喜びにわくチリ 「六月十二日(火)」 「六月十三日(水)」 荒れもようの準決勝 「六月十四日(木)」 ランダ選手に出場停止 「六月十五日(金)」 「六月十六日(土)」 延長寸前に決勝点 「六月十七日(日)」 ブラジル輝くに連勝 静かな閉会式    


--------------------------------------------------------------------------------

「世界の王者ブラジルを語る ワールド・カップを二度つづけてとった国のサッカーとその背景」
『サッカー』no.23 1962.9 p.36-37

本場のテレビ観戦記-「在留邦人の手紙から」 大阪商船サンパウロ在勤の田宮顕太郎から八幡製鉄サッカー部監督寺西忠成にあてた手紙の一節。
クラブの組織が支える-「在日大使館員に聞く」 ブラジル大使館員原田万理夫(マリオ)に聞いた話。


--------------------------------------------------------------------------------

「西欧勢はなぜ負けたか フランス通信の大会評」
『サッカー』 no.23 1962.9 p.38

--------------------------------------------------------------------------------

「独創的な四・二・四 ソ連指導書の紹介したその戦法」
『サッカー』 no.23 1962.9 p.38-39

--------------------------------------------------------------------------------

「選手と監督の談話 決勝の後の更衣室で」
『サッカー』no.23 1962.9 p.39-41

--------------------------------------------------------------------------------

「ワールド・カップ・トピック集」
『サッカー』no.23 1962.9 p.42-45

--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ワールドカップ 5」
『サッカー・マガジン』v.5 no.4 1970.4 p.143

第七回大会 1.チリ 2.ブラジル、チェコ、ブルガリア、モンゴル 3.アルバニア 4.ハンガリー 5.パラグアイ 6.チェコスロバキア 7.ハンガリー 8.ハンガリー
このシリーズはグラビアに写真あり。


--------------------------------------------------------------------------------

岡野俊一郎 「最強ブラジルワールド・カップを二連覇」
『イレブン』v.2 no.5 1972.5 p.154-158

--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「ブラジル2連勝!! ペレも顔負けガリンシャの大活躍!」
『サッカー・マガジン』v.9 no.4 1974.3 p.138-143

--------------------------------------------------------------------------------

ヨー・ビルボア 「W杯2連覇に輝く魔術師集団ブラジル」
『イレブン』v.7 no.2 1977.2

挫折の歴史から栄光への布石 黒い真珠ペレの出現 ブラジル優勝にペレの大活躍 チリ大会に優勝、W杯2連覇


--------------------------------------------------------------------------------

「世界杯を彩った名ポスター 第7回チリ」
『イレブン』v.12 no.1 1982.1 折込頁

--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「地震の悲劇を乗り越え800万国民の興奮」
『イレブン』v.12 no.12 1982.12 p.143

ディトボーン会長の熱意


--------------------------------------------------------------------------------

イストバン・ソモス 「レフェリーの回想ワールドカップの想い出」
『サッカー・ジャーナル』 no.7 1984.3 p.18-23

第七回一九六二年チリ大会-ニコライ・ラティシェフ氏(ソ連) レフェリーは50歳 チリ-生涯の思い出 いよいよ試合だブラジル連覇 試合終了-ボールを奪われる
第八回一九六六年イングランド-ゴットフリート・ディーンスト氏(スイス) イングランド初の決勝進出 主審に指名されて驚くディーンスト 決勝は延長に ハーストのゴール

|

« 第6回スウェーデン大会(1958年) | Main | 第8回イングランド大会(1966年) »