« 第9回メキシコ大会(1970年)-1 | Main | 第10回西ドイツ大会(1974年)-1 »

第9回メキシコ大会(1970年)-2

長沼健 「ワールドカップ この目で見た名勝負」
『サッカー・マガジン』v.5 no.8 1970.8 p.44-47

勝ち進む強豪 ベスト8決まる 激戦の準々決勝 西ドイツイングランドを破る 歴史的な独-伊の血戦 ブラジルに栄冠輝く 日本の将来を思う


--------------------------------------------------------------------------------

牛木素吉郎 「南米のサッカーを知ろう!」
『サッカー・マガジン』v.5 no.8 1970.8 p.48-49

“イングランドはワールドカップを盗んだんだ!” 南米独特の“お祭り” 二つの“サッカーの世界”  南米のサッカーが勝った


--------------------------------------------------------------------------------

伊高浩昭 「黄金の女神像に狂喜するブラジル国民」
『サッカー・マガジン』v.5 no.8 1970.8 p.50-51

大統領からペレに祝いの電話 始まったカーニバル 選手、リオに帰る 熱狂のブラジル ラテン・アメリカに永遠にほほえむ女神像 世界一の誇り


--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップの審判を務めて 丸山義行氏に聞く」
『サッカー・マガジン』v.5 no.8 1970.8 p.52-53

--------------------------------------------------------------------------------

宮本幸子 「メキシコ人気質」
『サッカー・マガジン』v.5 no.8 1970.8 p.53

著者は世界選手権大会組織委員会エテカン(接待係)。


--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップ全試合経過」
『サッカー・マガジン』v.5 no.8 1970.8 p.55-64

--------------------------------------------------------------------------------

秋庭亮 「フットボール断想」
『サッカー・マガジン』v.5 no.8 1970.8 p.66-67

美しかった夜の街 “これぞサッカー” 評判のよい西ドイツ 好きだが疲れたぁ


--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップ大会点描」
『サッカー・マガジン』v.5 no.8 1970.8 p.68-69

スーベニール(記念品)売り イルミネーション マスコット コレクター テレビ ホテル・マリア・イサベル


--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップ全試合経過」
『サッカー・マガジン』v.5 no.8 1970.8 p.55-64

--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップ全試合出場選手」
『サッカー・マガジン』v.5 no.8 1970.8 p.154-155

--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ワールドカップ 9」
『サッカー・マガジン』v.5 no.8 1970.8 p.125

第九回大会(1) メキシコ ブルガリア
このシリーズはグラビアに写真あり。


--------------------------------------------------------------------------------

長沼健 「ますます進歩する世界のサッカー」
『サッカー』no.108 1970.8 p.6-17

1.はじめに 日本の報道人に感謝 テレビ中継がなく残念 統制のとれた大会 順当なブラジルの優勝
2.1次リーグ まずソ連を見る 得点王ミュラー 順当に勝進んだ強豪 メキシコがベスト8へ
3.準々決勝 ソ連の不運な敗退 歴史に残る英-独の激戦 健闘のメキシコ敗れる ワールド・カップと日本
4.準決勝 ドイツ-イタリア、がっぷり四つ ブラジル、後半に地力 三位決定戦
5.決勝戦 疲労のかげないブラジル ペレが先制のヘディング ブラジル、見事な優勝 すばらしい三人のFW 進歩した技術と戦術 現代のサッカーのすべて


--------------------------------------------------------------------------------

藤田静雄 「メキシコ雑感」
『サッカー』no.108 1970.8 p.18-21

メキシコの魅力 プロ・サッカーのきびしさ メキシコのスポーツ施設 オリンピック村の今日 活躍した5人の侍 アジア・オセアニアの代表 メキシコのサッカー学校


--------------------------------------------------------------------------------

丸山義行 「ワールドカップの審判をつとめて」
『サッカー』no.108 1970.8 p.22-25

ワールドカップと私 メキシコ市でのトレーニングと会議 私の見た審判 大会中の審判員のトレーニング 今後の日本の審判員 審判ほど素敵なものはない


--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップ参加チームに通達された審判上の注意事項 大会審判会議の概要と決定事項」
『サッカー』no.108 1970.8 p.26-29

--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップ見学団報告」
『サッカー』no.108 1970.8 p.34-37

本大会は40人(p.34-35に名簿あり)からなる見学団が準決勝の西ドイツ対イタリア、三位決定戦、決勝の3試合を観戦した。
壮絶な試合に酔う(武者小路知行) 人間を感じさせるサッカー(野中孝一)


--------------------------------------------------------------------------------

牛木素吉郎 「めひこ・せてんた」
『サッカー』no.108 1970.8 p.38-41

ワールドカップの代名詞 取材記者第1号 六千枚と撮りまくる 報道サービス 日本人のエテカン 新カップの名称 プロフェッショナリズム 消えた大ボール コーチか記者か バッティ先生の気炎 単独行の三人


--------------------------------------------------------------------------------

「第9回サッカー世界選手権最終競技会 記録」
『サッカー』no.108 1970.8 p.42-45

--------------------------------------------------------------------------------

デットマール・クラーマー 「“攻撃と防御” その模範としてのブラジル=世界選手権優勝チーム」
『サッカー・マガジン』v.5 no.9 1970.9 p.85

本号はW杯別冊特集号。グラビア写真多数。
中盤のプレーの重要性 バランスの問題


--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「“王者”復活したブラジル」
『サッカー・マガジン』v.5 no.9 1970.9 p.86-89

ボールの芸術家 幸先よいスタート イングランドを破る 決勝に会心のゲーム ブラジルの勝因 優勝の英雄たち


--------------------------------------------------------------------------------

大谷四郎 「技術・戦術の目」
『サッカー・マガジン』v.5 no.9 1970.9 p.90-93

個人技 ゴールキーパー フルバック ミッドフィルダー ストライカー よみがえる攻撃 新興アフリカの将来


--------------------------------------------------------------------------------

牛木素吉朗 「ぼくの見た名勝負五番」
『サッカー・マガジン』v.5 no.9 1970.9 p.94-100

ぼくの見た試合
イングランド-ブラジル もっとも美しかった試合 裏切られた予想 両チームの布陣 手がつけられぬ妙技 不運なイングランド
メキシコ-ベルギー 微妙なPKが決めた試合 この試合の意義 議論を呼んだPK ディフェンシブ
西ドイツ-イングランド ドラマチックな逆転試合 イングランド先制 ゼーラー大活躍 バスの中の論議
西ドイツ-イタリア もっとも壮烈だった試合 一発勝負の激しさ 西独を上回るイタリア 精魂尽きた西独
ブラジル-イタリア ファンタスティックな決勝試合 ブラジルの守備は? 攻めが守りを破る 閉会式の幻想


--------------------------------------------------------------------------------

「世界のトップ・スター印象記」
『サッカー・マガジン』v.5 no.9 1970.9 p.101-103

ルイジ・“ギギ”・リバ 偉大な“神様”に会う 得点王ミュラー


--------------------------------------------------------------------------------

「出場メンバー一覧」
『サッカー・マガジン』v.5 no.9 1970.9 p.104-105

--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「世界のベスト・イレブン」
『サッカー・マガジン』v.5 no.9 1970.9 p.106-109

最優秀選手 優秀選手 敢闘選手 最優秀新人 ベスト・イレブン


--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップを取材して 現地座談会」
『サッカー・マガジン』v.5 no.9 1970.9 p.110-116

出席者は伊高浩昭(共同通信現地通信員)、牛木素吉郎(読売新聞)、大谷四郎(朝日新聞)、岸本健(フォトキシモト)、鈴木武士(共同通信)、谷口博志(日刊スポーツ)、宮本幸子(プレス・センター・エテカン)。
踊って騒いだメキシコ人気質 記者の目に映った各チームの印象 かん詰めの西ドイツ、惜しいソ連の敗退 日本の審判は気の毒だ ワールドカップと日本のサッカー


--------------------------------------------------------------------------------

「全試合熱戦のあと」
『サッカー・マガジン』v.5 no.9 1970.9 p.119-133

--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップ全試合記録」
『サッカー・マガジン』v.5 no.9 1970.9 p.134-139

--------------------------------------------------------------------------------

「第9回’70ワールドカップ予選記録」
『サッカー・マガジン』v.5 no.9 1970.9 p.140-143

--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップと日本の進路 16年後、ワールドカップ日本開催は可能か!? 座談会」
『サッカー・マガジン』v.5 no.10 1970.9 p.36-40

メキシコの教訓 日本とは大きな差 ミュンヘン五輪につながるレベル 地道な努力から
ワールドカップ開催に立候補 サー・スタンレーが示唆 想像を超える十六年後 開催に必要な条件は何か 偏狭なアマチュアリズム


--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップと日本の進路 16年後、ワールドカップ日本開催は可能か!? 座談会」
『サッカー・マガジン』v.5 no.10 1970.9 p.36-40

出席者は竹腰重丸(日本蹴球協会理事長)、長沼健(同技術指導委員長)、牛木素吉郎(読売新聞運動部)。
メキシコの教訓 日本とは大きな差 ミュンヘン五輪につながるレベル 地道な努力から
ワールドカップ開催に立候補 サー・スタンレーが示唆 想像を超える十六年後 開催に必要な条件は何か 偏狭なアマチュアリズム


--------------------------------------------------------------------------------

牛木素吉郎 「ワールドカップ大作戦を展開しよう」
『サッカー・マガジン』v.5 no.10 1970.9 p.54-55

ワールドカップ・レベルを目ざそう 旗じるしを立てて サッカーを世界のものに


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「ラムゼーはまちがっていた!」
『サッカー・マガジン』v.5 no.10 1970.9 p.106-108

著者は『World soccer』誌記者。
二つの見方 ラムゼーの発言について ウィングなしは正しかったか 打ち負かすのは難しい


--------------------------------------------------------------------------------

ロン・グリーンウッド 「選手にのびのびとしたプレーを! メキシコ・ワールドカップを見て」
『サッカー・マガジン』v.5 no.10 1970.9 p.109

著者はウエスト・ハム・ユナイテッド監督


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ワールドカップ 10」
『サッカー・マガジン』v.5 no.10 1970.9 p.116

第九回大会記念(2) メキシコ ダホメ モーリタニア アルバニア
このシリーズはグラビアに写真あり。


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ワールドカップ 11」
『サッカー・マガジン』v.5 no.11 1970.10 p.146

第九回大会記念(3) ブラジル メキシコ トーゴ オートボルタ ソ連
このシリーズはグラビアに写真あり。


--------------------------------------------------------------------------------

「ファン待望!! ワールドカップ放映はじまる! 東京12チャンネルの三菱ダイヤモンドサッカー」
『サッカー・マガジン』v.5 no.12 1970.11 p.120

--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッティ 「1958年のブラジルと1970年のブラジル」
『サッカー・マガジン』v.5 no.12 1970.11 p.122-125

著者は『World soccer』誌記者。
比較は可能か? 守備力は不完全 格段すぐれていた五八年のバックス陣 リベリーノとザガロのちがい ゲルソンのパス 最前線の三人 答は「ノー!」


--------------------------------------------------------------------------------

「今月の三菱ダイヤモンド・サッカー 守備を統率する3人の主将」
『サッカー・マガジン』v.5 no.13 1970.12 p.138-139

--------------------------------------------------------------------------------

サッカー世界のプレー ワールドカップのスターたち 牛木素吉郎/構成 岸本健/写真
東京:講談社,1970
211p;21cm

わが国初のW杯本。牛木素吉郎は読売新聞社運動部。 「はしがき」に「この本は、1970年5月31日から6月21日まで、メキシコで開かれたサッカーの世界選手権、第9回ワールドカップの技術と戦術を、その素晴しい雰囲気とともに、 できるかぎり日本のプレーヤーとサッカーファンにお伝えしたいと思って編集したものです。」とある。
1.ワールドカップから学んだもの(長沼健) 1)最高の技術、最大の熱狂 2)MEXICO’70の教訓 3)日本はどうすればよいか
2.世界のプレーとその戦術(牛木素吉郎) 1)ワールドカップの個人技 2)ゴールキーパーのプレー 3)守備ラインのプレー 4)中盤のプレー 5)ストライカーのプレー 6)システムと戦術
3.ブラジル - 世界一の技術と戦法(大谷四郎) 1)ブラジルの“芸術的”な攻撃力 2)ペレ 3)優勝への歩み
4.世界のサッカー(大谷四郎,鈴木武士,谷口博志,長沼健)1)中南米のサッカー 2)西ヨーロッパのサッカー 3)東ヨーロッパのサッカー 4)アフリカのサッカー 5)アジアのサッカー 6)その他の国のサッカー 7)ワールドカップのスターたち 8)’70ワールドカップ・メキシコ大会出場選手一覧
大谷四郎は朝日新聞社運動部、鈴木武士は共同通信社運動部、谷口博志は日刊スポーツ運動部で牛木とともに新聞社の特派員としてW杯を取材した。
試合のドラマ性よりも技術面を強調した高級技術解説書のような趣がある。連続写真を含む写真多数。


--------------------------------------------------------------------------------

エリック・バッテイ 「ブラジルから学ぶものはないのか」
『サッカー・マガジン』v.6 no.1 1971.1 p.120-122

無価値ではないウイング ジャイルジーニョの役割 リベリーノの役割 実際の試合にあらわれた例


--------------------------------------------------------------------------------

「今月のダイヤモンド・サッカー ミュラー(西独)のハット・トリック」
『サッカー・マガジン』v.6 no.1 1971.1 p.126

--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ワールドカップ 14」
『サッカー・マガジン』v.6 no.1 1971.1 p.160

第九回大会記念(6)
このシリーズはグラビアに写真あり。


--------------------------------------------------------------------------------

「今月のダイヤモンド・サッカー ものすごいリバ選手!」
『サッカー・マガジン』v.6 no.2 1971.2 p.128

--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ワールドカップ 15」
『サッカー・マガジン』v.6 no.1 1971.1 p.160

第九回大会記念(7)


--------------------------------------------------------------------------------

「今月のダイヤモンド・サッカー」
『サッカー・マガジン』v.6 no.3 1971.3 p.78

シュピーゲルのすばらしいシュート! ペレ、2得点!


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ワールドカップ 16」
『サッカー・マガジン』v.6 no.3 1971.3 p.159

第九回大会記念 ルワンダ チェコスロバキア カメルーン
このシリーズはグラビアに写真あり。


--------------------------------------------------------------------------------

「今月のダイヤモンド・サッカー」
『サッカー・マガジン』v.6 no.4 1971.4 p.128

ルーマニア、善戦 “ミュラーのゴール!”


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ワールドカップ 17」
『サッカー・マガジン』v.6 no.4 1971.4 p.148

第九回大会記念(9)
このシリーズはグラビアに写真あり。


--------------------------------------------------------------------------------

「今月のダイヤモンド・サッカー」
『サッカー・マガジン』v.6 no.5 1971.5 p.82

ペルーの追撃、実らず 残り時間“0”の得点 オフサイド・ゴール?


--------------------------------------------------------------------------------

「今月のダイヤモンド・サッカー」
『サッカー・マガジン』v.6 no.6 1971.6 p.132

準々決勝戦に入る 残り時間“0”の得点 イングランド、辛勝


--------------------------------------------------------------------------------

「今月のダイヤモンド・サッカー」
『サッカー・マガジン』v.6 no.8 1971.7 p.90

ゴール・ラッシュの月 イタリアの攻撃、爆発! 攻撃対攻撃の争い


--------------------------------------------------------------------------------

「今月のダイヤモンド・サッカー」
『サッカー・マガジン』v.6 no.10 1971.8 p.130

いよいよ最高潮 西独みごとな逆転 終了直前の同点シュート


--------------------------------------------------------------------------------

「今月のダイヤモンド・サッカー」
『サッカー・マガジン』v.6 no.11 1971.9 p.92

壮烈な大試合 三度目の追撃に、西ドイツ力つきる! ウルグアイ、壮烈な玉砕!


--------------------------------------------------------------------------------

「今月のダイヤモンド・サッカー」
『サッカー・マガジン』v.6 no.12 1971.10 p.82

壮いよいよ決勝戦 ブラジル、完勝!


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ワールドカップ 22」
『サッカー・マガジン』v.6 no.12 1971.10

第九回大会記念 カバー類。グラビアのみ。


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ワールドカップ 22」
『サッカー・マガジン』v.6 no.13 1971.11

第九回大会記念カバーとペレ一〇〇〇ゴール記念カバー。グラビアのみ。


--------------------------------------------------------------------------------

「ワールドカップのプレーと戦術」
『サッカー・マガジン』v.6 no.15 1971.12

1970年W杯を特集した『サッカー・マガジン』2冊目の別冊増刊号。単行本の原著 Roger MacDonald, Eric Batty『Scientific soccer in the seventies'』(Pelham, 1971)を牛木素吉郎が翻訳し、さらに解説文など加えて再構成したもの。『三菱ダイヤモンド・サッカー』が前年から約1年間W杯を放映し、ブームの余熱が続いていたようだ。
カラーグラビア:美と興奮のワールドカップ
グラビア:写真で見るワールドカップのプレー(岡野俊一郎)
以下、ベスト8のブラジル、イングランド、西ドイツ、イタリア、メキシコ、ペルー、ソ連、ウルグアイの順に、各チーム別に、(国別)のプレーと戦術(原著の翻訳)、布陣と急所(岡野俊一郎)、(国別)のスターたち(鈴木武士)、私のワールドカップ(各国監督)。
さらに、テレビを通してみたワールドカップ決勝トーナメント(金子勝彦)、私の見たワールドカップ1(二宮寛)、私の見たワールドカップ2(松本暁司)、世界51番目、8億+3000万人目(金子勝彦)が付されている。


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 ワールドカップ 24」
『サッカー・マガジン』v.7 no.1 1972.1

第九回大会記念。グラビアのみ。


--------------------------------------------------------------------------------

岡野俊一郎 「放送解説を終えて」
『サッカー・マガジン』v.7 no.1 1972.1 p.151-154

世界のベスト16が集まっていたか? 開催時期の問題 作戦的な問題 その他の問題


--------------------------------------------------------------------------------

岡野俊一郎 「面目かけた欧州対南米の大熱戦」
『イレブン』v.3 no.2 1973.2 p.152-156

ブラジル対イングランド


--------------------------------------------------------------------------------

岡野俊一郎 「ロンドン大会の雪辱はたしたゲルマン魂」
『イレブン』v.3 no.3 1973.3 p.112-116

西ドイツ対イングランド


--------------------------------------------------------------------------------

岡野俊一郎 「準決勝10万人の大観衆が酔った壮絶な男の闘い」
『イレブン』v.3 no.4 1973.4 p.98-102

西ドイツ対イタリア


--------------------------------------------------------------------------------

岡野俊一郎 「ブラジル3度目の優勝、ジュール・リメ杯を永久保持」
『イレブン』v.3 no.5 1973.5 p.144-148

--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「ファンタスチックなブラジルの3度目の優勝」
『サッカー・マガジン』v.9 no.6 1974.5 p.142-147

--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「サッカー戦争」
『サッカー・マガジン』v.9 no.13 1974.11 頁付けなし

憎悪を引き起こす悪感情が潜在した両国 ファンの行動が敵対感情をあおりたてる 国交は断絶!戒厳下のプレーオフ戦 ついに戦争状態に突入! 米州機構、調停に乗り出す 夢の舞台に登ったエルサルバドル

--------------------------------------------------------------------------------

ウルフェルト・シュレーダー 「世界を陶酔させたキング・ペレの神技」
『イレブン』v.7 no.5 1977.5 p.130-133

サッカーは民衆のアヘンか? 影の監督コウチンニョ ペレ登場を熱望する国民の声 ’70年と’58年の代表チームの差


--------------------------------------------------------------------------------

鈴木武士 「アステカ120分の死闘 1970年メキシコ・ワールドカップ準決勝イタリア対西ドイツ」
『サッカー・マガジン』v.14 no.23 1979.12 p.37

--------------------------------------------------------------------------------

「世界杯を彩った名ポスター 第9回メキシコ」
『イレブン』v.12 no.3 1982.3 折込頁

--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「ヨーロッパ選手がメキシコの強烈な太陽に悩まされた’70W杯」
『イレブン』v.13 no.3 1983.3 p.149

日本、初放映のメキシコ大会 ブラジル、3回目の優勝


--------------------------------------------------------------------------------

イストバン・ソモス 「レフェリーの回想ワールドカップの想い出」
『サッカー・ジャーナル』 no.8 1984.8 p.38-43

第九回一九七〇年メキシコ大会-ルディ・グレックナー氏(東ドイツ) 暗い一九六〇年代のサッカー アステカ、一二〇分の死闘 フェアプレーの決勝 試合後のフィエスタ
 第十回一九七四年西ドイツ大会-ジョン・テイラー氏(イングランド) テイラー氏指名さる 言葉の障害を克服するために 自信をもって宣した最初のPK 再びPK!同点に ハーフタイム、クライフに警告

|

« 第9回メキシコ大会(1970年)-1 | Main | 第10回西ドイツ大会(1974年)-1 »