« 日本蹴球協会機関誌『サッカー』総目次(no.116-130 1972.10-1974.4) | Main | 『Kick-Off』総目次 »

『蹴球評論』総目次

『蹴球評論』は昭和6(1931)年8月創刊、大日本蹴球協会機関誌『蹴球』(同年10月創刊)より僅か2カ月だが早く創刊された日本最初のサッカー専門誌。出版者は大阪の蹴球同好会。編集発行人は田辺治太郎(後14代五兵衛、田辺製薬会長、1908~1972)。同人誌で同人は、浜田諭吉、市橋時蔵、岩野次郎、中島道雄、斎藤才三、杉村正三郎、高田正夫、竹腰重丸、田辺治太郎、田中芳一、玉井操、手島志郎。不定期刊。田辺文庫に第5号、昭和14(1939)年1月まで合綴製本されて収蔵されている。


--------------------------------------------------------------------------------
創刊号 昭和6(1931)年8月
発刊の挨拶・1
祝辞(高橋禮本)・2
祝辞(神田清雄)・3
名選手一人一話(浜田諭吉)・4
断想(竹腰重丸)・18
見たま々(中沢米太郎)・24
早慶戦の思出(玉井操)・28
分解的・段階的練習の基礎並に其長所短所(竹腰重丸)・33
汪子秀・43
寄書・49
御約束・54
編輯後記・55

--------------------------------------------------------------------------------
第2号 昭和6(1931)年12月
巻頭言(田辺治太郎)・1
名選手一人一話(二)(浜田諭吉)・5
練習に対する態度の一つ玉(玉井操)・21
英国だより(斎藤才三)・25
蹴球基本練習としての準備運動(岩野次郎)・39
英国選手権試合決勝戦の記(はまだ・ゆきち)・42
雑考一束(田辺治太郎)・52
思ひ入吹女尺八・55
寄書・59
新刊紹介・65
編輯後記・69

--------------------------------------------------------------------------------
第3号 昭和11(1936)年4月
お断り(田辺治太郎)・1
名選手一人一話(三)(浜田諭吉)・12
運動と酸素(東龍太郎)・12
伯国蹴球所感(畑歡三)・27
英蘭から(末広恭二)・31
「二人の自信強き男の話」(千葉四郎、竹腰重丸)・33
雑談(中澤米太郎)・41
落噺・42
関大ジヤバア遠征記(津田弘)・45

--------------------------------------------------------------------------------
第4号 昭和12(1937)年12月
我国蹴球の進路(田辺治太郎)・1
名選手一人一話(四)(浜田諭吉)・7
今秋東京に於て行はる々蹴球試合に就て(竹腰重丸)・21
紋章に現れたる鞠(田辺治太郎)・29
編輯後記・37

--------------------------------------------------------------------------------
第5号 昭和14(1939)年1月
国策蹴球の道(田辺治太郎)・1
日本スポーツ道(野津謙)・5
我国蹴球界の発展(竹腰重丸)・9
大兄靴(頼山陽日本楽府)・22
素人偶感(吉江昌世)・23
蹴球と抛毬(田辺治太郎)・25
編輯後記


|

« 日本蹴球協会機関誌『サッカー』総目次(no.116-130 1972.10-1974.4) | Main | 『Kick-Off』総目次 »