« 第12回スペイン大会(1982年)ー3 | Main | 第13回メキシコ大会(1986年) »

第12回スペイン大会(1982年)ー4

賀川浩 「マラドーナを見たあと町中はフォゲレスと呼ぶ祭りのピークだった」
『サッカー・マガジン』v.18 no.1 1983.1 p.104-105

アリカンテへの車窓から マラドーナを間近で見る “エル・シッド”再現はならず


--------------------------------------------------------------------------------

牛木素吉郎 「列強が世界に見せた技術と戦術 ブラジル」
『サッカー・マガジン』v.18 no.1 1983.1 p.120-121

魂を揺さぶるもの 黄金のカルテット 良さのすべてを出す


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 スペイン’82 3」
『サッカー・マガジン』v.18 no.1 1983.1 グラビア頁

ジブチ ガボン マリ リベリア


--------------------------------------------------------------------------------

岡野俊一郎 「“世界最強”ブラジルの敗因はインテリジェンスの欠如だった」
『イレブン』v.13 no.1 1983.1 p.94-97

イタリア見事な先制攻撃 同点後、なぜイジドロを投入したのか ブラジルの敗因はなにか?


--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「列強が世界に見せた技術と戦術 西ドイツ」
『サッカー・マガジン』v.18 no.2 1983.2 p.104-105

悲嘆、歓喜のPKドラマ チームの骨組みは一九八〇年に デアバル監督の賭け


--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「ウインブルドンとサッカーがロンドンでのサッカー談義だった」
『サッカー・マガジン』v.18 no.2 1983.2 p.152-153

ウインブルドンとサッカー 無敵艦隊アルマダ 情緒豊かなカタルーニャ人


--------------------------------------------------------------------------------

後藤健生 「エスパーニャ82十の憂鬱と三つの感激(2)」
『Football』 no.65 1983.2 p.1-7

第二部 エスパーニャ82三つの感激 1.ワールドカップを救ったフランス!!イタリア!!西ドイツ? 2.第三世界は大躍進 3.二人のベテラン冷静と熱情


--------------------------------------------------------------------------------

奥沢浩 「スペイン大会を観戦して」
『Football』 no.65 1983.2 p.1-7

暑い街での闘い地元の力不足盛り上がりは欠ける 魅了されたフランス-西ドイツアフリカ勢の健闘も見事 “お祭り”に酔う九万人イタリアの快勝で閉幕


--------------------------------------------------------------------------------

牛木素吉郎 「列強が世界に見せた技術と戦術 スペイン」
『サッカー・マガジン』v.18 no.3 1983.3 p.100-101

血をわかせたゲーム 守備が始まり 点取り屋がいない


--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「休みの日にさまざまなスーベニールを見て歩き “至福”を味わう・・・」
『サッカー・マガジン』v.18 no.3 1983.3 p.150-151

アイリッシュの記者と 超・大・プレスセンター 記念郵便切手とポストカード


--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「列強が世界に見せた技術と戦術 イタリア」
『サッカー・マガジン』v.18 no.4 1983.4 p.104-105

十五人で戦った’82年 オリジナルは’78年 MF陣の成長と強化 整備とロッシの復帰


--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「度重なる戦火を外国人として経験された林屋大使から丁重な御招待」
『サッカー・マガジン』v.18 no.4 1983.4 p.142-143

懐しかった大使の関西弁 文化大使として高い評価 地域の対抗意識が障害


--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「インテリジェンスとセンスに満ちたフランスの華麗なプレーに酔う」
『サッカー・マガジン』v.18 no.5 1983.5 p.88-89

狂会、日の丸、日韓定期戦 激戦地マンサナーレス川 小さなジレス ロシュトーの50メートルドリブル アンギーユ、アングーラ、 イール、ウナギ


--------------------------------------------------------------------------------

牛木素吉郎 「列強が世界に見せた技術と戦術 ベルギーとソ連」
『サッカー・マガジン』v.18 no.5 1983.5 p.104-105

ベルギー-赤い悪魔の網の目 ソ連-目に見えない落とし穴


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 スペイン’82 4」
『サッカー・マガジン』v.18 no.5 1983.5 グラビア頁

キューバ


--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「ブラジルの“黄金の四人”とイタリアの変幻自在なプレーを満喫」
『サッカー・マガジン』v.18 no.6 1983.6 p.94-95

マドリッドで味わった日本料理 不可解なトニーニョ・セレーゾのパスミス バルセロナに移ったイタリアの粘り


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 スペイン’82 5」
『サッカー・マガジン』v.18 no.6 1983.6 グラビア頁

モンゴル ハンガリー


--------------------------------------------------------------------------------

ポール・ムーン 「スペイン・ワールドカップへニュージーランド代表の戦い」
『サッカー・ジャーナル』 no.5 1983.6 p.39-44

ジョーンズ新監督の就任 国際試合で連戦連敗 リーグ発足でレベルアップ ワールドカップへの挑戦 奇跡!!サウジを5対0 ついにスペイン大会へ出場 本大会-三敗でも成果 スペイン後のメンバー交替


--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「予想した利益の半分、スペインW杯収支」
『イレブン』v.13 no.6 1983.6 p.149

76億円の利益 優勝イタリアFAへ4億円 入場券はよく売れた?


--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「桧舞台で実力を出し切れず虚しく去っていった不運のプレーヤー・・・」
『サッカー・マガジン』v.18 no.7 1983.7 p.92-93

人影の消える昼下がり スペインと引き分けに終わったイングランド 不運だったキーガン


--------------------------------------------------------------------------------

吉武利昭 「サッカーの切手 スペイン’82 6」
『サッカー・マガジン』v.18 no.7 1983.7 グラビア頁

ハンガリー マリ ユーゴスラビア


--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「高い技術と熱い興奮を肌で感じ、準決勝の二試合を心から堪能・・・」
『サッカー・マガジン』v.18 no.8 1983.8 p.88-89

照明の勉強に欧州行脚 ノウ・カンプで聞くオーレ アディダス・ラウンジのTV観戦 西ドイツの猛反撃


--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「決勝を前に、改めてサッカーの世界もまんざらではないと思った・・・」
『サッカー・マガジン』v.18 no.9 1983.9 p.146-147

子供を餓えから救うため クラーマー氏の戦術論 ベルナベウ氏の記念碑 チャンピオンズ・カップとレアル・マドリッド 政治を超えたスポーツクラブ


--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「決勝は欧州の中でのアルプスの南と北、ラテンとゲルマンの対戦・・・」
『サッカー・マガジン』v.18 no.10 1983.10 p.146-147

二カ月の夏休み 三位より、全員出場 悲壮、ルムメニゲ PK失敗をはねかえそう 過去と現在を結ぶサッカー


--------------------------------------------------------------------------------

賀川浩 「ムンディアル’82の四十日間の旅で味わった様様な出会いを振り返る」
『サッカー・マガジン』v.18 no.11 1983.11 p.80-82

選手を抱きしめたい-とイタリア大統領 レストラン「黒ダイ」 マヨール広場のドンファン劇 美しかったリバープレートスタジアム 不安もあったがやはり魅力があった


--------------------------------------------------------------------------------

後藤健生訳 「ワールドカップ・スペイン大会FIFA公式報告書(1)」
『サッカー・ジャーナル』no.9 1984.8 p.2-7

選手の育成 計画の周期および選手選抜の問題 一九七八年から八二年、選手の入替 各大陸選手権とワールドカップ 一九八〇年オリンピック出場チームとの関係 ワールドユース大会の影響
チーム作り 長期的な選手選考 中期的な選手選考 短期的強化計画


--------------------------------------------------------------------------------

後藤健生訳 「ワールドカップ・スペイン大会FIFA公式報告書(2)」
『サッカー・ジャーナル』no.10 1985 p.12-17

チーム作り(2) チームの強化計画 各チームの練習量 トレーニングの内容


--------------------------------------------------------------------------------

後藤健生訳 「ワールドカップ・スペイン大会FIFA公式報告書(3)」
『サッカー・ジャーナル』no.11/12 1985.6 p.30-33

結果に影響した諸要因 気候 大会期間中の移動 選手の平均年齢 外国チーム所属の選手数


--------------------------------------------------------------------------------

藤原章司 「ディフェンダーの攻撃参加 スペイン大会のDF攻撃」
『サッカー・マガジン』v.20 no.11 1985.11 p.99-103

攻撃参加の6つのパターン CK、FKでのディフェンダーの攻撃 逆襲速攻でのオーバーラップ これからのディフェンダー


--------------------------------------------------------------------------------

イストバン・ソモス 「レフェリーの回想ワールドカップの想い出」
『サッカー・ジャーナル』 no.11/12 1985.6 p.27-29

第十二回一九八二年スペイン大会-アルナウド・コエーリョ氏(ブラジル) 心臓が止まるかと思った 落ち着かない毎日 幸運のコイン ペナルティキック イタリア、先制 ブライトナーが意地の一点

|

« 第12回スペイン大会(1982年)ー3 | Main | 第13回メキシコ大会(1986年) »