« 日本蹴球協会機関誌『Soccer』総目次(no.1-v.14 no.4 1948.8-1951.8) 全文リンク付き | Main | 日本蹴球協会機関誌『サッカー』総目次(no.1-40 1959.1-1964.7) »

日本蹴球協会機関誌『蹴球(第2次)』総目次(v.10 no.1-1958.1 1953.1-1958.1) 全文リンク付き

『蹴球(第2次)』は『Soccer』(1948年8月~1951年8月)に続く日本蹴球協会機関誌。10巻1号(1953年1月)~1958年1月号(巻号不明)が刊行されている。改題初号の巻頭に掲載されたJFA理事長野津謙の「再刊之辞」の冒頭には“約七ヶ年の年月を経て、本年四月独立国家として認められ、FIFAの加盟も再び認可せられて・・・”とある。サンフランシスコ講和条約が発効して日本が「独立」したのは1952年4月28日。例によって刊行が遅れたようだ。不思議なことに、『Soccer』の巻次を継承せず、戦前の大日本蹴球協会機関誌『蹴球』の巻次を継承している。編集担当も戦前の『蹴球』を担当した山田午郎が復活している。占領期間中「サッカー」だった機関誌名が独立後「蹴球」に変ったことは興味深い。


--------------------------------------------------------------------------------
v.10 no.1 1953.1
再刊之辞(野津謙)・1
第十五回ヘルシンキオリンピック大会報告書(竹腰重丸)・2
第七回国民体育大会 一般の部 高校の部・9
慶関戦随想(堀江忠男)・23
御神火の島に居着いた「蹴球の神様」(轡田三男)・26
慶応関学を降す・28
明大快勝・28
消息・28
編集後記に代えて・29

--------------------------------------------------------------------------------
v.10 no.2/3 1953.2/3
第15回ヘルシンキ・オリンピック報告書 会議 第二十八回コングレス(竹腰重丸)・4
審判への批判(大谷四郎)・20
瑞典チームに学ぶもの 対談(竹腰重丸、川本泰三)・29
第一回全国大学大会(工藤孝一)・9
朝日招待試合(大谷四郎)・14
全国高校選手権大会(木下勇)・22
「ヘルシング・ヴオリー」の足跡(宮本能冬)・25
ブーゲンビルで死んだ右近徳太郎を懐しんで(松丸貞一)・34
ヘルシンキ・オリンピック記録映画を見て(中條一雄)・17
西独チーム六月来日か・37
水戸商高殴打事件真相・18
岩手大不祥事件・19
ルールブックについて・8
ハンガリア優勝・36
全日本選手権関東予選・36
後記・38

--------------------------------------------------------------------------------
v.10 no.4/5 1953.4/5
第15回ヘルシンキ・オリンピック報告書 オリンピック・ゲームを見て(竹腰重丸)・4
美しいヴォレー・ショット(大谷四郎)・18
対談 瑞典チームに学ぶもの(竹腰重丸、川本泰三)・12
初の日独交歓試合・20
海外ニュース(大橋正路)・37
第33回全日本選手権、関学優勝(横山陽三、福島玄一、小長谷亮策、加茂健、久下栄志郎、工藤孝一、市橋時蔵、清水定一)・22
奇跡の十分間(松丸貞一)・34
第20回東西対抗を見る(賀川浩)・37
編集後記・40

--------------------------------------------------------------------------------
v.10 no.6 1953.6
第十五回ヘルシンキ・オリンピック報告書-競技場施設その他、むすび(竹腰重丸)・4
第6回全日本実業団選手権大会・8
 白熱した決勝戦
 日軽金の殊勲
[対談]瑞典チームに学ぶもの(竹腰重丸、川本泰三)・12
関東都市対抗-川崎連覇(福島玄一)・16
コントロールのあるキック(川本泰三)・13
実業団大会の足跡を顧みて・26 豊富な持駒(木下勇)
 黙々とした練習(松永信夫)
 第二次の三年計画(藤田勇雄)
 浮き球(東洋レーヨン・サッカー部)
立教、関学を破る・7
瑞典勝つ・7
慶應快勝・29
編集後記

--------------------------------------------------------------------------------
v.10 no.7 1953.7
西独O・F・Cを迎えて
O・F・Cの残した教訓(堀江忠男)・4
彼等と共に十日間(本堂守男)・27
三試合経過(山田午郎)・17
ワーデ君の短信・53
海外ニュース(大橋正路)・36
学生代表チーム出発・54
代表チームの顔触れと日程・35
松山市の国体大会場を見る(山田午郎)・37
国体大会一般の部参加資格・39
昭和二十七年度事業と決算報告・40
昭和二十八年度事業と予算・45
全国評議員会議事録・51
編集後記・56

--------------------------------------------------------------------------------
v.10 no.8 1953.8/10
西独派遣チームの日誌(代表選手団)・4
代表・ジウルゴルデンと試合(ウルフ・リーバーグ)・41
蹴球規則の改正(日本蹴球協会)・43
対-英学生選抜軍(大谷四郎)・42
海外ニュース(大橋正路)・46
ゲルト選手から西本君に・45
ワーデ君から大橋君に・44
第八回国体代表決る・3
第二回東日本高校選手権大会評(大会役員)・50
?(山田午郎)・47
編集後記・72

--------------------------------------------------------------------------------
v.11 no.1 1954.1
ユールゴルデンを迎えて・4
DIFを分析する(堀江忠男)・17
第一戦を顧みて(竹腰重丸、松丸貞一)・6
評(木下勇)・5
三試合の経過・7
日本選手の長短-Dマーチ(パウル・オスワルト)・8
関大初制覇-東西学生対抗(大谷四郎)・24
関東大学リーグ評(横山陽三)・25
英本土にシミ残した対洪戦・27
第八回国民体育大会-試合評と記録(二宮運次、矢野淳一、横山陽三、福島玄一、清水定一、岡村覚治、高橋英辰、工藤孝一、山崎英雄、木下勇、久下栄志郎、毛利慎三、竹腰重丸、安川清、飯村進、菊地一郎、松丸貞一、山田午郎)
播磨幸太郎君を悼む(田辺五兵衛)・52
全国高校選手権組合せ・28
編集後記・54

--------------------------------------------------------------------------------
v.11 no.2 1954.3
世界選手権予選の跡(松丸貞一)・4
国際審判に学ぶ(福島玄一)・31
東西選抜対抗試合評(堀江忠男)・6
第二回全日本大学大会(中條一雄)・11
朝日招待サッカーを見て(矢野淳一)・27
関東学生選抜を迎えて(柘植仁)・29
イングランドの汚点を解剖する(轡田三男)・34
10万人の驚異-外国通信に見る(中條一雄)・41
第三十二回全国高校大会総評(岩谷俊雄)・16
同 大会評(矢野、井上、岡村(寛)、森、山城、皆木、久下、中垣内、岡村(敬)、木下、岡田)・20
高校生活を卒へるにあたって(高校蹴球児)・39
アジア大会代表・10
全日本選手権は甲府・10
国体大会競技要項・40
編集後記・47

--------------------------------------------------------------------------------
v.11 no.3 1954.7
アジア大会報告書(村岡博人)・4
第一回審判研修会・23
昭和廿九年度評議員会議事録・23
第34回全日本選手権の跡-座談会(竹腰重丸、小野卓爾、村形繁明、杉睦夫、菊地一郎、加茂健、矢野淳一、二宮運次、福島玄一、石井正隆、有馬洪、小長谷亮策、平松富雄、松丸貞一、上田源太、中條一雄、藤田静夫、三宅参次郎、久下栄志郎、吉川静男、丸山芳弘、松田光衛、山村賞、工藤孝一、纐纈八郎、(司会)山田午郎)・10
第八回関東都市対抗(福島玄一)・41
国体会場岩見沢雑信(山田午郎)・30
世界選手権大会詳報(村岡博人)・35
編集余滴・44

--------------------------------------------------------------------------------
v.11 no.4 1954.10
競技規則の一部改正・4
第九回国民体育大会(矢野淳一、逸見文彦、村形繁明、有馬洪、福島玄一、大森一郎、高島保男、杉暁夫、石井正隆、横山陽三、見目正基、毛利博三、松丸貞一、宮本能冬、久下栄志郎、島津誠二)・5
全国理事会の印象(山田午郎)・54
審判放言(福島玄一)・60
第五回五大都市大会(山城英雄)・52
地方球信-浜松の巻・58
団体競技に対する関心・林原健郎・56
第三回東日本高校大会(中條一雄)・25
編集後記(山田午郎)・67

--------------------------------------------------------------------------------
v.12 no.1 1955.5
“ウイング”二十年(加納孝)・64
ビルマ遠征報告(竹腰重丸)・4
日本協会への報告書(岩谷俊夫)・6
グラスホッパーの印象(高橋英辰)・45
アジア大会報告書(竹腰重丸)・29
田辺製薬五連勝の偉業達成-座談会・48
近畿地区大学体育大会(久下栄志郎)・71
イタリア勝つ・72
アルゼンチン、ソ連招待・72
全国高校選手権大会評・73
西日本高校大会・82
牛場氏の土産話・67
GK交代認めらる・70
全関西快勝・66
編集後記・89

--------------------------------------------------------------------------------
昭和31年4月号 1956.4
オリンピック出場決る・4
高校サッカーはどうしたらよいか(長坂勝一)・24
個人技術から見た東日本高校大会(高橋英辰)・27
浦和高校連続優勝 概して東日本が強かった(岩谷俊夫)・30
第36回全日本選手権・10
昭和30年日本協会評議員会議事録・37
球史のひとこま(山田午郎)・40
今の関東大学リーグについて-座談会・19

--------------------------------------------------------------------------------
昭和32年6月号 1957.6
メルボルン報告 対韓国予選-オリンピック大会報告-選手の感想-大会回顧(竹腰重丸、川本泰三、他代表選手)・4
中大ク初優勝に輝く(矢野淳一・横山陽三・竹腰重丸、赤川公一・見目正基・岡村寛治・松山貞一・有馬洪・川本泰三・山田午郎)・26
昭和三十一年度評議員会報告・37
十月二十九日・60
審判研修会・60
大学リーグと審判団の会・53

--------------------------------------------------------------------------------
昭和32年11月号 1957.11
代表軍中共へ・5
中共遠征報告(竹腰重丸)・6
昭和三十二年度全国評議員会・42
蹴球グランド設計覚書(高山英華)・18
蹴球場建設工事進む・20
第一回全国指導者講習会資料(1)・8
八幡製鉄に輝く初優勝(牛木素吉郎)・22
全国審判員登録完了者・24
ブルガリア、ポーランド引分け・18
第一回全国指導者講習会名簿・25
指導者講習に参加して(田中秀夫)・27
田辺製薬の復仇遂に成る(竹腰重丸、福島玄一、村形繁明、赤川公一、松丸貞一、横山陽三、二宮運次、山田午郎)・30
公示・7
或るサッカーファンの眼と耳(池原謙一郎)・39
球史のひとこま(中)(山田午郎)・19
全関東、ハポエル(イスラエル)破る・54
編集後記・56

--------------------------------------------------------------------------------
昭和33年1月号 1958.1
第12回国体大会・4
 国体終って(山田午郎)・28
 秋田商の置き土産・29
 高校サッカーの諸問題(一)(松浦利夫)・47
中共遠征記(中)(団長 竹腰重丸、辻規矩雄)・49
審判は如何あるべきか(1)(日本蹴球協会)・31
サッカーのための基本体操(日本蹴球協会)・40
全国審判員登録報告②・45
お国じまん(静岡県の巻)(槙原徳治)・59
編集後記・64


|

« 日本蹴球協会機関誌『Soccer』総目次(no.1-v.14 no.4 1948.8-1951.8) 全文リンク付き | Main | 日本蹴球協会機関誌『サッカー』総目次(no.1-40 1959.1-1964.7) »