« 「蹴球」という語が2番目に現れたのは | Main | 『大日本体育協会史』における大日本蹴球協会の創立 »

FC東京1-1ガンバ大阪

お日柄もよいので、飛田給まで出かけてきました。上位3着以内に残りたいチームと下位3着以内に入りたくないチームの、この時期ならではのガチンコ勝負。

Cimg0284


Cimg0285


Cimg0286

前半はFC東京の両ボランチが大健闘して、ガンバのパスを寸断。石川も完全復活して安田をチンチンにしてました。石川起点のチャンスから1点でも取っていればFC東京は勝ち点3ゲットだった試合。ガンバは遠藤がイマイチでした、というかFC東京ボランチがよくチェックしてました。川崎、神戸が勝ったので、当分混戦が続きそうです。

|

« 「蹴球」という語が2番目に現れたのは | Main | 『大日本体育協会史』における大日本蹴球協会の創立 »

Comments

あらら、この写真では「敵陣」にいましたね!
モチベーションに違いはあれどお互いに勝ちたいという気持ちは伝わってきましたね。FC東京は19歳の米本というボランチ復帰でチームに「命」が宿りました!!ここからがしびれる戦いが待ってます。

Posted by: 蹴球亭・東京 | November 07, 2010 at 11:22 PM

FC東京がJ2になると、1時間以内でいけるスタジアムが等々力だけになってしまうので、是非残留していたきたいです。顔ぶれをみても、明神、遠藤が老化しつつあるガンバよりもノビシロがありそうな。

Posted by: 蹴球閑人 | November 08, 2010 at 07:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45875/49954799

Listed below are links to weblogs that reference FC東京1-1ガンバ大阪:

« 「蹴球」という語が2番目に現れたのは | Main | 『大日本体育協会史』における大日本蹴球協会の創立 »