« 体協関西支部も実質上の「独立」論 | Main | 日本人と南米サッカーとの出合い 1924年パリ・オリンピックサッカー決勝ウルグアイ対スイス戦観戦記 竹内広三郎「ウルガイ蹴球チーム」 »

日本の南米サッカーとの出会い 1924年パリ・オリンピックのサッカー決勝観戦記

1924年パリ・オリンピックのサッカー決勝観戦記を見つけました。竹内広三郎「ウルガイ蹴球チーム」『オリムピックみやげ 第八回巴里大会記念 第2輯』(大阪毎日新聞社 1924)p.131-140 です。いずれ日本サッカー・ブック・ガイドの「全文紹介」に加えたいと思います。

このオリンピックはサッカー史上、ウルグアイすなわち南米サッカーが世界一となり、サッカー界に衝撃を与えたことで著名です。ウルグアイは続く1928年アムステルダム・オリンピックでも連続優勝し、1930年第1回ワールドカップ開催国となり、ワールドカップでも優勝します。

著者の竹内広三郎は1917年第3回極東選手権大会、すなわち最初のサッカー日本代表主将です。本職?は陸上競技で、パリ・オリンピックには陸上競技の役員として参加しています。日本が初めて金メダル(織田幹雄 三段跳び)を獲得した1928年アムステルダム・オリンピックの陸上競技監督でした。

|

« 体協関西支部も実質上の「独立」論 | Main | 日本人と南米サッカーとの出合い 1924年パリ・オリンピックサッカー決勝ウルグアイ対スイス戦観戦記 竹内広三郎「ウルガイ蹴球チーム」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本の南米サッカーとの出会い 1924年パリ・オリンピックのサッカー決勝観戦記:

« 体協関西支部も実質上の「独立」論 | Main | 日本人と南米サッカーとの出合い 1924年パリ・オリンピックサッカー決勝ウルグアイ対スイス戦観戦記 竹内広三郎「ウルガイ蹴球チーム」 »