« 群馬県のサッカー部史、協会史 | Main | なぜ兵庫県代表がかくも高校選手権優勝から遠ざかったのか »

温泉と鰻 諏訪紀行

暮の旅行で使った18切符(東京→大阪、広島→徳島、伊賀上野→東京)が2日分余っているので、消化してきました。

3日分でモトはとったはずなので、ソフトな日程で諏訪に行ってきました。底冷えの日に溝の口→立川→高尾→甲府。Cimg0679

昼飯はうまいもんだよカボチャのほうとう。思ったより量多し。根菜多くてヘルシー。

Cimg0678

甲府城址からみた富士山と南アルプス

Cimg0680

Cimg0684

甲府→小淵沢→上諏訪

Cimg0687

諏訪湖は一部凍結していましたが、お神渡り状態にはほど遠い

Cimg0688

宿に入って温泉で温まり、うなぎの古畑へ まずは肝焼き

Cimg0690

そして鰻重梅 ご飯の下にも関西でゆうところのマムシで蒲焼が隠れています。

Cimg0691

鰻を堪能し、後は温泉に入りまくって、2日目は上諏訪→甲府→高尾→東京→渋谷で直帰。

|

« 群馬県のサッカー部史、協会史 | Main | なぜ兵庫県代表がかくも高校選手権優勝から遠ざかったのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 温泉と鰻 諏訪紀行:

« 群馬県のサッカー部史、協会史 | Main | なぜ兵庫県代表がかくも高校選手権優勝から遠ざかったのか »