« 温泉と鰻 諏訪紀行 | Main | 1938(昭和13)年第20回全国中等学校蹴球大会優勝校神戸一中の優勝メンバー »

なぜ兵庫県代表がかくも高校選手権優勝から遠ざかったのか

コタツ観戦することが多い高校選手権決勝ですが、兵庫県代表が出場し、相手も近畿勢ということで、観戦してきました。

Cimg0697

Cimg0695

試合評については他でいくらでもご覧になれるでしょうから、戦前のサッカー王国だった兵庫県がなぜ1938年の神戸一中以来70年以上優勝できなかったことについて存念を述べてみます。

上記リンク先でわかるように、兵庫県の中等サッカーは御影師範と神戸一中の2強が引っ張り、兵庫県予選の勝者がそのまま選手権優勝校となっていました。神戸一中の蹴球部(1913年創部)は御影師範附属小学校OBによって創部されました。兵庫県小学校教員の養成機関であった御影師範は御影師範附小以外の小学校でもサッカーを普及させ、それらの小学校OBが中学校に進学して「サッカー王国」兵庫を作ったのです。

ところが、1937(昭和12)年御影師範と姫路師範が合併して兵庫師範が誕生した際、蹴球部が廃部となります。理由の詳細はよくわかりません。以来、兵庫県はサッカー指導者の供給源を失ってしまいます。兵庫師範の後継である神戸大学教育学部から埼玉や静岡のようなサッカー指導者は出ていません。神戸大学サッカー部は強豪ですが、御影師範ではなく、神戸商大の後継です。

対照的に戦後サッカー王国となった埼玉県や静岡県は戦前の師範学校サッカーが埼玉大学教育学部や静岡大学教育学部に引き継がれ、県のサッカー指導者を生んでいます。一例を挙げれば、浦和南高3冠に導いた松本暁司氏は埼玉大学教育学部OB、清水FCの堀田哲爾氏は静岡大学教育学部OBです。

指導者人材供給システムがいったん崩壊すると、回復までに70年かかるという例といえましょう。

|

« 温泉と鰻 諏訪紀行 | Main | 1938(昭和13)年第20回全国中等学校蹴球大会優勝校神戸一中の優勝メンバー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なぜ兵庫県代表がかくも高校選手権優勝から遠ざかったのか:

« 温泉と鰻 諏訪紀行 | Main | 1938(昭和13)年第20回全国中等学校蹴球大会優勝校神戸一中の優勝メンバー »